Simple life Natural colors

 バセンジーのジーナとアンジーに親バカっぷりを発揮しつつ
 日々の小ちゃな感動にシャッターをきったPhoto Blogです。

適温がむずかしい…

IMG_7394
昨日も今日も、相変わらず午前中から、
アフリカの風を浴びに行くジーナさん。
午前中とはいえ、気温29度、
体感温度は、すでに30度を超えているっていうのに、
涼しい場所で療養をのキミ、なぜわざわざ外へ出るぅぅww。
ジーナさん、ごはんは、一応ちゃんと食べてくれてるけど、
昨日今日と調子があんまりよろしくない、、。
愛犬の膵炎経験の方々からも言われてはいたけど
回復への道は、三歩歩いて二歩下がる、、。
一進一退を繰り返しながら少しづつ回復していくと。
ぼちぼちです、、。ぼちぼちでいいので、良くなってくれればぁ。
それでも体重は、1週間で100g増えました。
最悪痩せていた初診の時からは、300gの回復です。
IMG_7396
IMG_7399
毎日、掃除洗濯が終わるまでは、窓を開けています。
そんなエアコンの聞いてない部屋では、
こうして二人とも気持ち良さげにスヤスヤ食後の睡眠をしているのに
一たび、窓をしめてエアコンONにすると、
ジーナさんは、直ぐに「ベランダに出るぅぅ!」と
窓をガリガリ訴える。
「お外ないないよ。」と言い聞かせ、諦めさせるが、
また、30分くらいすると「出るぅぅぅ!」とガリガリ
そして窓を開けると、いそいそと室外機の前へ(^^;)
ほっとくと、いつまででも出ているので
15分したら、呼び戻して、部屋に入れています。
まったく、、アフリカンDNAの適正気温がわからん…。
ちなみにアンジーは、エアコンがついてても、
毛布に潜って入れば、大人しく寛いでいます。
IMG_7403
こんな感じで(^^;)

「土曜日のむせ抱えるような暑さから、
同じ暑さにしても、風が変わった気がする。」とお散歩友達が言ってたけど、
確かに、昨日の5時過ぎにしても
今日の午後にしても、風の質が変わった気がします。
暑いは、暑いんですが、吹く風にホッとするのは、
風の湿度かなぁ。


昨日のお散歩の帰り道。
風が気持ちよくて、汗が引いていく帰り道でした。
なぜか、家が近づくと二人して前のめり、、(^^;)
今日も夕方、いい散歩ができますように。
にほんブログ村 犬ブログ バセンジーへ

アフリカの風 の季節(^^;)

IMG_7374
朝5時だいでも、蒸し蒸し蒸し蒸し蒸し蒸し…。
2サイクル目のアンジー散歩では、すでに汗だくの私です、、。
IMG_7381
そんな当たり前のように日中体感温度37度を表示する中。
我が家のアフリカン'sは、午前中から毎日こんな感じ…。
日向ぼっこする茶色に
今年も出ました室外機の温風、またの名をアフリカの風を浴びる茶色…。
ベランダに立っているだけでも
汗がじわ〜〜っと湧いてくるってぇのに
その心地よさ気が雰囲気は、なんだ…。
特にアフリカの風を満喫しているお嬢さん(ジーナ)
チミは、先生から「お昼間は、涼しい場所でゆっくり療養してくださいね。」
と言われておるだろが
IMG_7382
しかもそのまま日向ぼっこに入るありさま…。
まぁ、毎年恒例のことではありますが、、
病み上がってる途中でも、これがいいというアフリカンDNA。
IMG_7379
さらに、室内でもアフリカの風の存在を追い求め、
掃除機の排気口に付いて回るという…。
温風好きにもほどがある。
IMG_7369
そんな母さんの心配を他所に、
ありがたいことに食欲も安定。
朝からしっかり完食してくれています。
IMG_7393
相変わらずの手作り療法食、雑炊ごはんですが(^^;)
トロロにオカヒジキ、納豆トッピングで、
スタミナもつけていかないとね。
IMG_7383
時間の無い夕方散歩は、ジーナをバギーにのせ、
公園のグラウンドや広場で降ろして、ゆっくりお散歩。
日没後7時前後の公園は、いい風が吹いて気持ちがいい。
IMG_7384
この日の空。ほんの数分間、ピンク〜紫のグラデーションに包まれた。
ホントは、暗くなる前に終えたいお散歩だけど、、
この夏は、この時間帯の散歩を楽しんでいこう。
にほんブログ村 犬ブログ バセンジーへ

まだまだこれからだねぇ、、。

IMG_7333
なんとなく精神的な部分の緊張感が解けてきたせいか
表情も穏やかになってきた気がするジーナさんです。
IMG_7336
ジーナの食欲も戻ってきてくれて、
それだけで大分私も落ち着いてきました。
久しぶりに、美容室へも行って来れました。
行き掛けに、いつもの弘明寺さんでお参り。
IMG_7337
「ジーナが膵炎から回復しますよう、お力をお貸しください。>人<」
「家族が健やかにすごせますように。」
IMG_7338
IMG_7339
境内の水鉢の蓮が、咲き始めていい雰囲気でした。
IMG_7349
まだまだ体力もなく、体調もよくないジーナさん。
夕方のお散歩は、「行かない!」と言うこともしばしば
そんな時は、無理に連れ出さず、アンジーさんだけお散歩。
最近は、このパターンのお散歩にも慣れてきて
ソフトディスクとロングリードでの駆けっこを
楽しみにしているようです(^^;)
IMG_7362
この日は、帰りにグラウンドによったら、
お友達達が、夕涼みしていたぁ。
ボルゾイ、シェルティー、秋田犬、スプリンガー、
みんななんか優雅だなぁ
アンジーだけ、わちゃわちゃしてたもんなぁ(^^;)
IMG_7357
普段遠目にご挨拶だけだった秋田犬のシロくんと初めてのお近づき。
なんだか恋の予感なアンジーさん
自分からおチリの匂いを「どうぞぉ。」としたり
「クンクンしてもいいですか?」と近づいて行ったり
ギャオギャオアンジーには、かなり珍しい態度
シロくんは、本当に穏やかで優しい男の子だからねぇ、、。
しかも立ち耳、大型、巻き尻尾に白と茶の毛並み。
まさにアンちゃんのタイプだもんね
IMG_7361のコピー
さて、昨日は、ジーナさんの膵炎の中間診察の日。
ごはんは、毎回残さずキレイに食べてくれるようになり、
好きなものの匂いには、
「それ食べたいです。」とアピールもするようになりました。
ごはんの量も、健康な時の9割の量を
完食できるようになりました。
が、まだまだ回復の途中。
チッコに出ていた黄疸もなくなり、
以前のように一人別部屋に篭ったり、
尻尾を下げてフリーズすることもなくなりましたが、
先生からは、「体力もまだまだ無い状態。無理をさせないように
朝6時よりもう少し涼しい早い時間、
夕方も出来れば6時すぎの涼しくなった時間に、
ゆっくりゆっくりで30分程度の散歩に留めるように。」と言われました。
あと30分は早く起きねば(^^;)
お昼間も、涼しいお部屋でゆっくり療養するように言われました。
お薬もひと月分処方され、1ヶ月後に、
もう一度血液検査と肝臓、膵臓等のエコー。
その間、少しでも具合が悪化するようなことがあれば、
すぐ来院するようにと。
そのくらい膵炎というのは、一筋縄では行かない、
重い病気だってことなんですよね。
ふぅ〜、まだまだこれからだ
油断しないで、頑張ろう
IMG_7367
涼しいお部屋でゆっくりと…
言われた矢先、お気に入りの日課の一つ
室外機の熱風(アフリカの風ともいう)を浴びに行くジーナさん…。
この夏も健在です
にほんブログ村 犬ブログ バセンジーへ

お疲れ週末

IMG_7328
こりゃ大変だぁ==と動物病院へ駆け込んでから2週間。
ジーナの食欲も回復してきて、
ごはんも残さずキレイに食べてくれるようになり
お散歩もゆっくりだけど、自力歩行で1時間半、
できるようになってきました。
徐々に元のジーナを取り戻しつつある姿に
私も張り詰めてた気持ちと体が
ほぐれてきたようで、この土日にドッと疲労感、、。
家族でお疲れ休みの週末になりました。
IMG_7329
大分、回復してはきましたが、まだまだ病み上がり中のジーナさん。
じっとり湿度が高く蒸し暑い今日は、少々、辛かったようで
またお腹痛いのかな…と心配になるほど、
少し歩いては、休憩して、少し歩いては、休憩して
のお散歩でした、、。
健康な人間だって、雨続きの天候から、急に蒸し暑い夏日になったら
体調悪くなったりするんだから、
まだまだ体力回復中のジーナには、キツい週末だったよね。
IMG_7327
それでも、「ごはんまだ?」と様子を見にくるようになり、
キレイに毎回ごはんを完食してくれるようになりました。
IMG_7326
昨日の夜ごはんは、いつもの雑炊(大麦、ごはん、はと麦、カブ、カブの葉、
じゃがいも、えのき氷、白菜、擂り胡麻、干し椎茸粉、昆布粉、イワシ干し粉)
にパプリカ、人参、キャベツの温野菜、鹿肉、
オカヒジキと納豆をトッピング。
IMG_7332
そして今日も、大麦、はと麦、しめじ、カブ、カブの葉、
ミニトマト、擂り胡麻、干し椎茸粉、海藻粉、イワシ干し粉の雑炊。
カンガルー肉とパプリカ、人参、キャベツの温野菜。オクラのトッピング。
いずれも、写真の状態からミルサーにかけたものをあげています。
色々、作って上げたいけど、膵炎がキチンと治るまでは、
消化によくて、しっかり水分も摂れる雑炊で。

最後は、我が家の今年生まれたメダカの赤ちゃん達の映像をどうぞ(^^;)
ちょっとだけでも涼を感じていただければぁ。

マンモス保育園状態です(^^;)
にほんブログ村 犬ブログ バセンジーへ

ジーナの膵炎(6)膵炎の兆候ジーナの場合

IMG_7322
横浜山賊山地区、なんだかんだ
朝から雨が降ったり止んだりの1日でした。
夕方、雨があがった隙を見て散歩に
出たものの、公園のグラウンドに着いた途端、
大粒の土砂降り
親子で合羽着用だったものの
ずぶ濡れになり、プラタナスの木下に避難…。
10分ほどで小降りになり、その隙に帰ってまりました、、。
ふぅ〜、、。まぁ、こんな日もあるけど
梅雨明けしたんじゃないのかぁ〜い
IMG_7323
ジーナさん、だいぶ食べられるようになってきまして、
食欲も健康な時と変わらぬくらいに戻ってまいりました。
でもまだ、お薬服用中でもあるので、
ご飯は、消化のいいもの、消化のいい状態
にしたものを食べています。
今日は、大麦(押麦)とご飯、はと麦、
カブ、カブの葉、じゃがいも、プチトマト、おから、
擂り胡麻、海藻粉(ケルプ)、干し椎茸粉、イワシ干し粉の雑炊
鹿肉、人参とキャベツの温野菜、納豆。
アンジーは、アレルギーでじゃが芋ダメなので、代わりにブロッコリー。
それとお米もダメなので、粟。
ジーナは、写真のをミルサーにかけたものを食べます。
IMG_7324
今日も、ちゃんと「ごはんだよぉ」の声に
わーい
とやってきて、キレイに完食してくれました。
当たり前だと思ってた、ごはんの風景が、
こんなに幸せな光景だったとはなぁ
IMG_7318
今回のジーナの膵炎について、
今思えば…という兆候らしきものや、
もしや膵炎ではと病院へ駆け込むきっかけになった状況を、
自分の為にもまとめておこうと思います。
通常、膵炎の主な症状として現れる、下痢嘔吐は、一切ありませんでした。
まず、日頃の状況としては、
3ヶ月に一度の血液検査をしています。
胆泥の症状があり、胆道薬、利胆剤を服用しています。
血液検査の項目中ALT(GOT)のみ、AランクとBランクを行ったり来たり。
他に病的以上は、ありません。
今思えば兆候だったのではと思うこと。
今まで喜んで食べてたものに好き嫌いが現れる。
ごはんの器をキレイにすることなく食べ終わる。
朝ごはんを直ぐ食べない。
一人、静かな別部屋で寝ていることが多くなる。
「ごはんだよ。」「ヨーグルトだと。」と今まで、喜んで飛んでくる言葉に反応しない。
だけど、オヤツは食べる。ウンさんも健康な良いものが出る。
散歩もいつも通りに歩き、オヤツもおねだりする。
これらのことが、約3週間。ハンガーストライキと思っていた。
もしや膵炎と気が付いた症状。
ごはんを拒否する。鼻先に持って行っても逃げる。
普段飲まない水をよく飲む。(一度に50mlぐらい)
ジーナは、普段真水をほとんど飲みません。
なので、ヨーグルトをといたお水や
お肉の煮汁スープなどで水分補給しています。
痛みがあるのか尻尾を下げてフリーズしたり、
犬の腹痛時のポーズ(頭を低くお尻を上げた伸び)を頻繁にする。
朝、びっくりするような濃い黄色いオシッコをした。
これで、黄疸だ!と思い直ぐ病院へ。
病院では、状況を説明した上、血液検査とエコーをお願いし、レントゲンも撮りました。
膵炎リパーゼ検査結果、陽性。
来院初日に皮下点滴、痛み止め等皮下注射3本。
その後の治療としては、
翌日から1日おきに朝9時〜19時まで点滴。(5回)
抗生剤とタンパク質分解酵素阻害剤の服用。(朝晩)現在も服用中。
パッチ式痛み止め貼付。(3日有効3回)
手作りで療法食(ジャガイモ、豆腐、鹿肉のペースト)
量を調整しながら1週間。
1週間後、膵炎リパーゼ検査、陰性に。これを機会に点滴、パッチ式痛み止め卒業。
治療開始から12日目の現在、抗生剤と蛋白質分解酵素阻害剤を服用しつつ、
体力の回復と食事量の調整を行なっています。
食欲も回復傾向にあり、痛みでフリーズしたり、
一人別部屋にこもる事もなくなりました。
膵炎は、早く気づき、直ぐに治療をすることが大事な病気だそうで、
いかに我が子(犬)の普段と違う異変に気づいてあげられるかが
重症化させない鍵になるようです。
ジーナの場合、下痢嘔吐が一切なく、食事拒否、濃いオシッコが出るまで、
病的な異変に気づくことができませんでした。
直前に歯茎の炎症もあったことから、
食べ物への変化も、歯茎の痛みや不快感ムカムカや腹痛による
食欲不振への移行の境界もわかりませんでした。
幸い、この下痢嘔吐がなかったことで、
日帰りの点滴と薬の服用で、
1日、1日
回復してくることができましたが、
もっと食べ物への変化や行動で、気づいて上げられたら…
いや、それ以上に、4月のイボの病理に始まり、
父さんの香港赴任、アンジーの神経毒系食中毒、
ジーナの歯茎の炎症と膵炎発症までの2ヶ月間、
知らず知らずに出ていた私のナーバスな態度が、
ジーナに不安感とストレスを与えていた訳で、
大ボス不在の不安を発散させてあげるような
環境づくりを してあげるべきでした、、。
一度なると再発の可能性が高くなる膵炎。
この子達の微妙な変化、特に食に対する変化は、
体調異変の兆候と心得よです。
IMG_7319
先月は、お休みしてしまった地域猫・保護猫ちゃんバザーのためのポーチ
今月の分は、なんとか完成。

にほんブログ村 犬ブログ バセンジーへ
twitterプロフィール
時々、呟いてます。
ジーナ&アンジー
Gina(ジーナ)11歳(female)
犬種:バセンジー(レッド&ホワイト)
違法繁殖業崩壊により処分に出されるところを保護された8頭のうちの1頭。保護当時1歳、直ぐ我が家の子になりました。
引っ込み思案で人見知り、だけど頑固。母性が強く、アンジーをとことん可愛がる。
沢山の食物アレルギーあり。
牛・豚・鶏・鯵・鯖・小麦(グルテンを含む)・コーン・ズッキーニ・りんご。
現在、手作り食により元気で健康。
日々、アンジーに世話をやく姉というより母であります。

Angie(アンジー)6歳(female)
犬種:バセンジー(ブリンドル)
熊本生まれ。天真爛漫で積極的、だけど甘えん坊。
少々おチビバセだけど、気の強さと態度は、犬一倍。
食物アレルギーあり。
生しいたけ・お米・小麦・芋類。
ジーナと共に手作り食を食べ、元気モリモリ。
常にジーナと一緒がいい、永遠の末っ子キャラ。
2nd Brog開設しました
◆◆◆ Whisper ◆◆◆
livedoor プロフィール

cocozoo

Archives
  • ライブドアブログ