2018年09月19日

Field Report 2018.09.19 Home River No.1 源流域徹底調査 完結編

前回の続き…

秋雨のいぢわると仕事のタイミングの悪さでなかなか出撃できず、ようやく晴れたと思ったらまた明日から雨の予報。今日無理してでも行かないと!

ってなわけで、Home River No.1 源流域徹底調査 完結編 です。左の沢未到達点を目指します。

先週ゲリラ豪雨もあり林道はさらに大荒れでした。つづら折れの掘れ掘れゾーンはさらに掘れてまして残りわずかなアスファルトの真ん中部分はかろうじてタイヤが乗る幅しか残っていません。外したら即亀の子スタックです。もう私の車では限界ギリギリですねぇ…

で、一番上の駐車場~上のエリア。外気温は12°です。半袖だと寒い。3連休最終日の月曜は雨が上がったし昨日もいい天気だったので人も沢山入っていたでしょう。無反応な時間が過ぎ去ります。エリア後半に入ってやっと本日の一匹目
20180919-02

今日のパターンはヒラキの肩っぽいです。写真のような7,8寸サイズがボチボチ釣れて上の駐車場~上のエリア終了。1本目の林道交差地点通過して左の沢2本目の林道交差地点を目指します。

山はもう秋の装いです。このエリアは落ち葉がプールに溜まってる所が多く、最後まで流すと落ち葉が引っかかってとても釣りずらい。魚もナーバスになっているみたいです。見に来て一緒に泳ぐんだけど帰っていくパターンが多し。ティペット細くして慎重に慎重を重ねて…
20180919-03

やっと出ました!って感じ。久しぶりのお天気で森の中を流れる小渓流は気温も上がってきてすごく良い気持ちです。こんなプールに張り出した枝をかわしてフライを入れ込むと…
20180919-05

こんな感じの魚がボチボチ出てきます。(釣れる釣れないは別にして)1プール1フィッシュは入ってるみたい。
20180919-04

二股地点を通過して左の沢2本目の林道交差地点手前のプールではこんな感じ。標高が上がってくるとだんだん色が黒くなってきます。サビが入ってきているのでしょうかね?
20180919-06

左の沢2本目の林道交差地点には12:30頃到着。ここでお昼休憩にします。草が茂った林道に直接腰を下ろして日なたで風に吹かれながらご飯を食べました。暑くもなく寒くもないちょうどいい良いハイキング日和でした。
20180919 -09

一息ついて午後の部開始。さてどこまで登りましょうか?秋分の日が近いので日没がずいぶん早くなってます。帰りの林道が心配なので明るい時間帯にそこを通過出来るように時間を逆算して携帯のタイマーをセットしました。さあアタック開始!

台風の影響だと思われですが、ここのエリアは倒木が多くなっていて8/2に来た時と比べてキャスト出来るプールがすごく少なくなったよう気がします。標高1150m付近の魚止めの滝ではさらに黒いイワナが上がりました。
20180919-08

前回は時間が無かったのでこの上は見るだけだったのですが、今日は少し余裕があるので丁寧に叩いてみます。駄菓子菓子、全然反応無しです。ホントに魚止めの滝だったの?って感じ。魚がいそうなプールも少ないのでズンズン登って行きました。標高1200m付近でこんなプールが出現。ここはいそうな感じだったのですが…
20180919-07

ノーフィッシュです。この上は写真の通り流れが細くなって傾斜も厳しくなってきます。一人釣行では川下りで帰ってくるのが少し不安な感じです。ひょっとしたらこの先に大きな滝があって、その滝壺にはラスボスがいてなんて妄想が頭をよぎりますが、登山も沢登も素人で体力も人並み以下なのでここでやめておきましょう。

今日のルートのおさらいです。
20180919-01

地図上の川はまだまだ先がありますが、とりあえず釣りが出来そうなエリアはここが上限だと思われです。よって源流部(ほぼ)完全制覇とし本日の釣行記を Home River No.1 源流域徹底調査 完結編 といたします。

シリーズ目次

帰り道だけGARMINでルートログを取ってみました。
20180919-10

衛星写真で見るとけっこう歩いた気がしますね。駐車場に戻った時には外気温20度。魚は小さいけどいっぱい釣れたし天候にも恵まれとても良き一日でした。山の神様ありがとうございます。

さて来週はラストウイーク!行けるかな?今日で今シーズン終わりかな?

2018年09月06日

Field Report 2018.09.06 Home River No.1 源流域徹底調査その2 右の沢編

先月の続き…

8月前半は仕事の都合で出撃できず。お盆期間は例年釣りしない人。8月後半も仕事の都合で出撃できず。毎年恒例ですがあっという間に9月になっちゃって焦りだします。

今週は絶対に釣り行こうと思ったのですが、その出鼻をくじくような強烈な台風が火曜日にやってきました。うちも自宅の一部が壊れました。台風一過の昨日は家の片づけ。で、今日。長良川はまだ水が引いて無い様子なのですが、週末はまた雨の予報なのでとりあえず様子見で出撃する事にしますた。

国道や里の方はそんなに台風の影響は無い感じです。AM6:30 Home River No.1 到着。7月豪雨の時と同じく林道入り口のゲートは開いてましたが、Home River No.3 へ通ずる峠越え林道は通行止めの表示。行けるとこまで行ってみましょう。林道が森の中に入ったとたん状況は一変します。折れた木の枝や落ち葉が絨毯状態になってて車の底にガンガン枝が当たります。

道は舗装路からオフロードへ。このエリアは6月に大規模な伐採工事があって林道まわりの木はかなり間引きされているので森エリアほど木のパーツは落ちてないですが、落石と道の掘れはひどかったです。ガレ場になっちゃってる所や川になってる所もあるのでフルタイム4駆でもロック機構の付いた4WD車じゃないとキビしいと思われです。

写真はつづら折れの所。カーブの内側に水路が出来て掘れちゃうのです。先月よりひどくなってて道が細くなっちゃってます。左いっぱいに寄せて右後ろのタイヤがギリでした。溝に落としたら横亀の子になって確実にアウトです。ジムニーだったら楽勝なんですけどね…(^-^; 
20180906 -02

根元から折れた木が道をふさいでいるところもありました。幸い人力で動かせる程度だったので道端に寄せて。落石もどかして。ちょっと進んで障害物どかしてを繰り返してなんとか一番上の駐車場まではたどり着けました。
20180906 -03

様子見でもう少しホームリバー3へ通ずる峠越え林道を進んでみますが、2~300m走ったところでどえらい倒木が数本セットで道をふさいでいました。これは重機入れないと撤去無理ですね。多分来年春までここは通行止めのままだと思われです。

一番上の駐車場に車を止めて「さて、どうしましょう?」天気は薄曇りです。予報は午後から雨。激しい雨が降って道の掘れがこれ以上酷くなったら帰れなくなっちゃいます。でも、川の状況自体はいい感じ。やや増水程度。せっかくだから雲行きが怪しくなったらすぐ戻る事にしてとりあえず入渓。

7月の豪雨で川が変わってしまって渇水続きで、まともに水が流れているのは初めて。全然印象が違います。まんべんなく土砂崩れしていたみたいで川幅が狭いっつーか、河原があまりない流れになってます。立ち位置が限られるのと、台風で木が川の方に倒れてきているのでものすごく釣りにくい…(^-^; 

アッチに引っ掛けコッチに引っ掛け四苦八苦しながら今日の一匹目。素直なイージーなところにはあまりいないみたいです。荒瀬の向こうの小さな巻き返しとか、入るけどライン処理間違えるとすぐダァーって流れちゃうようないやらしい所からお出まし。
20180906 -04

今日は修行モードの日ですね。でも本日のパターンが早いタイミングでつかめたのでなかなかいい感じでボチボチ良いサイズも上がりだしました。
20180906 -05

比較的イージーな流れから出る魚はサイズも小さ目なのですが、これはこれで食いが素早いので面白いっす!
20180906 -06

増水して滝も見事に復活!これこれ!お気に入りの風景です。
20180906 -07

滝の上流にはいい感じのプールが出現してました。
20180906 -08

でもここはちびっこパラダイス!こんなマイクロオチビちゃんや
20180906 -09

こんなオチビちゃんが超絶に溜まっててカンツリ状態。ついつい長居してしまいました。
20180906 -10

で、ちびちびエリアの次のプールで今日の一等賞

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
20180906 -11

泣き尺だったのはちょっと残念だけどまずまずのいいお魚!

で、「上の駐車場~上のエリア」脱渓ポイント前のプールで午前の部〆の一匹。これぐらいのサイズがアベレージでしたね。
20180906 -12

「上の駐車場~上のエリア」脱渓ポイント到着は11:30。お昼ご飯食べて午後の部開始。天気は曇り時々晴れ。だんだん曇りの時間帯の方が多くなってきました。空の様子を見ながら未踏の右の沢を目指します。どこまで行けるでしょうか?

「上の上エリア」川は増水してはいますが、小さいプールが多少大きくなった程度で雰囲気はあまり変わりません。ただしその小さなプールは水の流れが激しく、フライをステイさせれる流れがほとんど無いため釣れそうはポイントは少なくなっていました。一発目の比較的大きめなプールで午後の部一匹目。ここのエリアではなかなかのサイズで良い滑り出しです。
20180906 -21

下のエリアと同じくこのサイズがアベレージみたいです。ここぞというプールではボチボチ釣れます。
20180906 -22

川が二股になるポイントまで到達しました。右の沢に進みます。左の沢に比べると流れが細くてますますポイントが少なくなります。渇水時はまったくダメでしょうね。数少ないプール、標高1100m付近でちょっと珍しい柄のイワナがかかりました。
20180906 -23

白い斑点がありません。写真を拡大してよく見るとオレンジの斑点がお腹付近に少々ありますね。ヤマト?ですかね?前回左の沢ここら辺の標高で釣ったゴールドイワナもオレンジの斑点がありましたが側線の下だけでしたのでそれもヤマトっぽいです。貴重な個体です。丁重にリリースしました。
20180906 -24

「上の上エリア」最後の林道交差ポイントに近づきました。時折空がゴロゴロ鳴るようになってきました。今日は最後に出現した右の沢最大のプールで終わりにしましょう。慎重に間合いを取ってそっと投げると…
20180906 -25

出ました!本日〆の一匹。オチビちゃんだけどこんな所にもいるんですね。派手な出方で楽しませてくれました。ありがとう!
20180906 -26

今日のルートのおさらいです。
201800906-01

右の沢はさらに厳しくなるのでこれ以上はもういいかな?って感じ。次回機会があれば左の沢の未踏エリアに行ってみたいのですが、問題は林道です。スコップとスタック脱出用の木材とか積んでった方がよさそうですが、もうひどい雨降らないでね的な… (^-^;

2018年08月03日

虫除け対策 2018

アブの季節が始まりました。3年前にも虫よけ対策の記事を書きました。

http://blog.livedoor.jp/cozy_blackmore/blog-entry-57.html

「ハッカ油をエタノールや水で薄めて100均のスプレーボトルに入れたもの」と「メンタームQ」はいまだに愛用しております。

ただしハッカ油は首筋とか胸などに塗布すると涼しいので虫よけというか暑気払いに(ハッカ油はスプレーして10分で防虫目的な効果は無くなりますので実際虫よけとしてはあまり役に立ちません)メンタームQはアンダーシャツの腕や足の部分にすり込んでヒルやアブ刺され防止に使ってます。

ホームエリアは7月後半あたりからアブが出だして駐車場で車にわんさかたかってくるので着替えが不自由。それにもまして特に最近気になるのは「メマトイ」。釣りの最中ずっと顔の周りにまとわりつきます。

ハッカ油もメンタームQも顔の周りや帽子のツバに塗布するとその刺激臭で目がつらいです。汗にまじって目に入ったらムスカになります。
20180803-05
目が!目がぁ〜

よって「メマトイ」には上向きに息を吐き出すとか手で払うとか物理的な対策しかなく閉口していたのですが、先シーズン先輩たちが森林作業者の方が使う強烈な蚊取り線香を使っていたのを思い出して試してみました。
20180803-01

20180803-03

児玉兄弟商会「森林香10巻+携帯防虫器セット」です。

森林香には種類があります。
おまけでついてくる赤のやつは「防虫線香 パワー森林香」有効成分は「メトフルトリン」緑のやつは「防虫線香 森林香」有効成分は市販の虫よけスプレーでよく使われている「ディート」が入っています。赤の方が緑の2倍(一般的な蚊取り線香の10倍)効くそうです。害獣よけ線香ってのもありますからお間違いなく。

詳しくはメーカーのHPで →  http://joshinweb.jp/outdoor/kodama.html
 
で、早速昨日の釣行で赤のやつを使ってみました。効果は絶大です。駐車場についてまず一番に線香をたいて携帯坊虫機にセットします。キンチョー蚊取り線香の倍ぐらいあるんじゃないかという超太巻きなのでどえらい勢いで煙が出てきます。あまりに煙たいので風下に置いたのですがアブは一切寄ってきませんでした。

釣りの最中はデイパックにぶら下げて使用。メマトイもアブも全然来ない。快適快適。

駄菓子菓子、風が川上に向かって吹くとぢごくです。大量の煙が川上を向いている自分を燻します。携帯坊虫機をぶら下げる位置が上の方だったので煙が顔近辺を直撃しゲホゲホになります。こりゃたまらんと腰のあたりに移動したんですが、煙は体を直撃しますので服やデイパックに臭いが付きます。殺虫成分が強烈なだけにあまり気分の良いものではありません。

そういえば先輩たちはバッグの横やウエストベルトの腰横の部分に付けてたなと。川上川下どっちに風が吹いても煙は体の横を通過する位置にしてたんだなと。

あと裏表ひっくり返る時があります。表面(煙が出る方)はバッグが溶けるほど熱くはならないですが、バッグが煙で燻される事になるので臭い的に大変です。ひっくり返らない固定方法を工夫した方がよさそうです。

色々問題もありますが、虫が一切寄ってこないのは欠点を補う大きなメリットですね。取り扱いを工夫してしばらく使ってみようと思います。

2018年08月02日

Field Report 2018.08.02 Home River No.1 源流域徹底調査その1 左の沢編

先週の続き…

今までずっと釣りにならないと思ってた「上の上エリア」。実際登ってみると小さなプールが所々に有ってけっこう面白いカモって事が判明しました。今日はさらに高みを目指します(てか釣りバカと煙は高い所に上りたがる的な…www)

で、AM7:30 Home River No.1一番上の駐車場到着。先週のコースを先週のペースで行くと結構時間いっぱいなので「上の駐車場~上のエリア」は軽く流して「上の上エリア」を重点的に攻める事とします。

先週に引き続きさらに渇水っす… (´;ω;`) マジ川ないし…
20180802-03

釣りってか沢登り的なノリで。でも一応ここぞって所では竿出してみます。触るけど食わないパターンが多しですが、かわいいのがボチボチと…
20180802-04

水少なくてクリアなんで浮いてる魚が見えたりして。見ちゃったら見えちゃったで素通りするわけにもいかず…
20180802-05

軽く流すつもりがあちこちで道草して、結局「上の駐車場~上のエリア」終了ポイントには11:00ごろに到着。早めにランチしてしばし休憩。
20180725-09

30分ほどのんびりして「上の上エリア」アタック開始です。先週と比べて川の様子はあまり変わってませんが浮いてる魚は多かったです。丁寧にサイトフィッシングを楽しんで…
20180802-06

こんな感じのサイズがアベレージですね。流れもゆるければプールも小さいのでエサもそんなに流れて来ないでしょうから大物は期待できません。数釣りや大物狙いって事ですとつまらない釣り場だと思います。

釣れたけど写真写す場所が無いので寄せてそのままで写真撮影。
20180802-07

意外とこれが涼しげな面白い写真になっていと嬉し!

たまに大きめのプールが出現してそれなりにいいサイズが上がったりします。
20180802-09

標高が上がってくると魚体の柄の雰囲気が変わってきますね。
ココのプールでは…
20180802-10

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
20180802-11

今日の一等賞です!小さいプールを縦横無尽に走り回ってとても楽しませてくれました!

先週の到達点を通過して上の上エリア未開の地へ。林道と交差する箇所です。
20180802-12

川はさらに小さく険しくなります。魚の色もゴールドに。斑点というかラメがちりばめられたようですごく綺麗です。
20180802-08

標高1150m地点で魚止めの滝が出現!
20180802-14

ココのプールではこんな魚が出ました。オチビちゃんも数匹たまってました。
20180802-13

滝を高巻いてその上の様子を観察して本日ここまで。プールの数は少なくなりそうだけどまだ釣りは出来るかも?って感じ。標高1170mまで登りました!
20180802-01

先週到達した標高1100m地点付近で川は左右に分かれます。今日は左側の川を攻めました。
20180802-02

国土地理院の地図上では左の川は標高1350m、右の川は1315mあたりまで続いています。まだまだ楽しめそうですね!

てかね、最近連荘で行ってるから多少体力がついてきたみたいで、息もあまり上がらないし足も攣らなくなったので釣りってかハイキング?的なノリになってきますた…

(* ̄▽ ̄*)あはははは
2018年07月26日

Field Report 2018.07.26 豪雨後のホームリバーはどうなった?

2018年6月28日から7月8日頃にかけて西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で災害をもたらした「平成30年7月豪雨」

ホームエリアの郡上漁協館内各河川でも氾濫や土砂災害が発生し大水害となった地域も多々あるようです。郡上にご縁のある方、よく釣りに行かれる方、自治体へ直接寄附が出来るサイトが開設されていますので是非ご協力お願いしたいと思います。


で、ホームリバーです。川の様子は?林道は通れるの?また渇水らしいけどお魚は?気になる事は沢山あるけど、とりあえず一番被害が多く発生しそうな Home River No.1 へ、土日仕事の予定が入ってしまい遠征に行けなくなってしまったので本日急きょ緊急スクランブル発進です!

AM7:00下流域着。お気に入りの「一番上の駐車場〜上エリア」〜「上の上エリア」を目指します。ゲートは開いてましたがホームリバー3へ通ずる峠越え林道は通行止めの表示。行けるとこまで行ってみましょう。

道は舗装路からダートへ。崩れてます崩れてます。道を塞ぐような横からの土砂流入箇所は修復済みなのですが、道の両端は川になったらしくドエライ勢いで掘れてます。全幅1855mmの俺氏号で結構横幅ギリギリ。4WDロックモードにして腹スリ亀の子に注意しながらソロリソロリとライトクロカンなノリでなんとか駐車場着。車降りて川の様子を見てみるといきなり入渓点で激しい土砂崩れ!
20180725 -01

あらららら、川全然違っちゃとるぅ〜 。゚(゚´Д`゚)゚。
もーね、山の斜面崩れて岩落ちまくり。落ちた岩が川下りしてそこらじゅうでダム構築。でも邪魔だった木やツタは大増水した水の流れで全部下流側へへし折れてたり、チャラ瀬だった所が大渕になってたりしてと、良くなった部分もあったりして。

駄菓子菓子、入渓後しばらく反応なし。新鮮な足跡があったので多分昨日入ってるっぽい。しかも今日はガマガエルがすごく多い!ワンポイントワンガエル的な。ここの岩にライン置いときたいなって所に限ってもれなく座っておりまして、カエルトラップですよ。何の罰ゲームですか?的な…
20180725-02

もの凄く注意して釣ってたんですよ。でもね、岩と同化したステルスカエルも多々いまして、ピックする時に引っ掛けちゃってこんな事に…
20180725-03

うわぁ!どないしょ!うわぁキモチワルイ!コラ動くなっちゅーの!って、フォーセップ片手に悪戦苦闘… (´;ω;`)

前日入られました&カエルゾーンにしばらく悩まされた後は激しい土砂ってか岩流入ゾーンに突入
20180725-06

川無くなっとる… ((((((;゚Д゚))))))
でも昨日の先行者はここで引き返したらしく、この後はいつものオチビちゃんがボチボチ釣れだします。
20180725-05

で、やっと出ましたまあまあのやつ。でもこの前に31センチの上げたんです。ネットをセットしてメジャーで計測してカメラを取り出してたらスルッっと見事に逃亡されちゃって、うれしさ半減…
20180725-04

水量はスーパー渇水でポイントは絞られています。魚の反応はナーバスでセレクティブなんですが溜まってる所も分かりやすくまあまあのやつやオチビちゃんがボチボチと釣れ続けます。

埋まっちゃった滝を乗り越えて
20180725-07

こんなプールが出来てたりして嬉しかったんだけど、水深が浅いのとクリアすぎてオチビちゃんしかおらず…
20180725-08

「上の駐車場〜上のエリア」最後のお楽しみの一番デカいプールは…
20180725-09

左岸と正面が崩落。左の大きい岩は左奥の上にあったはずなんだけど落ちてここまで流されたみたい。堰になってた肩の岩は全部流されてダム決壊みたいな感じで壊れてました。(´;ω;`)

6/14はこんな感じでした ↓ 渇水ですけどね。

20180614-05

激しく様変わりした川の様子を思い出しつつ、とりあえず今日はここでお昼ご飯。今まで何度も通い詰めて覚えたポイントはほぼ全部消失。落胆半分、新しいポイントに期待半分って感じですかね。川は生き物って言葉を実感いたしました。

で、「上〜上の上エリア」。ここは元々岩組みの源流域みたいな所なのであまり変わった感じはありません。今日は前回よりさらに上のエリアを目指します。地図をよく見たら川の近くに杣道みたいな林道があって、それと川が一番隣接するポイントまで登ってみます。マイクロチビのプールをいくつか過ぎて…
20180725-10

出ましたなかなか良いサイズ!水がクリアで小さいプールの連続なのでモロサイトフィッシングです。アプローチにすごく気をつけないといけません。抜き足差し足忍び足でストーキングして、岩や木に身を隠してそっとキャスティング。失敗すると浮いてた魚はすぐに岩陰に潜り込んでしまいます。すごくスリリングでむっちゃ面白い!

見切られた! アプローチバレちゃった! ヨシ!食え!食え!やったぁー! なんてのを繰り返して脱渓点手前の最期のプールで〆の一匹!
20180725-11

いやあ!お腹イッパイです!とても良い釣りが出来ました。ありがとうございました!

で、杣道みたいな林道は…
20180725-12

無事ありました!木が伐採されていたので営林署さんの作業道みたいですね。この道は最終的にいつも帰り道に使う林道と合流しますので新たなる周回コースが出来ました。↓こんな感じです。
20180725-13

じっくりやると丸一日かかるロングなコースです。でも今日上がった地点で標高約1100m。川はまだまだ上があって標高1400mぐらいの所まで地図には表記されています。杣道な林道ももう少し上流側へ続いているようです。魚釣りが出来る流れかどうなのかは分かりませんが、ここまできたら最後まで極めてみたいような気がムラムラと。リニューアルされた Home River No.1 心機一転でまたしばらく続けて通ってみようかなと…

(* ̄▽ ̄*)ノ"うふふふふ