2018年10月12日

V6プラスにしたらChromeのレスポンスがムッチャ悪くなったんですケド…

正確に言うと

あー俺氏ぃーChrome使ってるんっすけどぉ「IPv6接続にしたらサイトにアクセスするたび真っ白画面になって「ホストを解決しています」って表示が出て、一呼吸おいてからやっとこさサイトが開く」って現象が多発してむっちゃイライラするんですけどぉ!ヽ(*`Д´)ノ

って事でして… 

DNSですねぇ。名前解決問題クサイっすねぇ。ってなわけで、色々調べてみました。

◆Chromeの設定で「予測サービスウンヌン…」って項目をOFFにする。(DNSプリフェッチを無効にする)
⇒効果なし

◆Google Public DNS を使用する。(使用するDNSサーバーの設定をIPv4、IPv6共に Google PublicDNS のアドレスに変更する。)
⇒効果なし

◆DNSのキャッシュは多分IPv4用の物だろうからとりあえずクリアしてみる(システムのキャッシュ:DOS窓から「ipconfig /flushdns」を実行するのと、Chromeのキャッシュ:「chrome://net-internals/#dns」で「Clear host cache」ボタンを押す
⇒効果あった!でも次の日また元に戻った… (´;ω;`) 


で、検索キーワードを変えて再調査。その物ズバリを解説してあるサイトさんを見つけました!

やりたい事が多すぎるブログ
「フレッツのIPv6環境下でアクセス時のレスポンスが悪い」
http://blog.livedoor.jp/blackflagforces/archives/9628279.html


◆HGWの「DNS設定」⇒「AAAA送信抑制エラー応答機能」にチェックを入れる。(HGWはPR-400MIっす!)
20181012-01

⇒効果あった!次の日になっても元に戻らない!

無事問題解決したようです。よかったよかった! ( ´∀`)ヽm/ 
2018年10月08日

IPv4◆◆V6プラスは本当に速いのか?◆◆IPv6

最近自宅(兼仕事場)のネット環境があまりよろしくないのです。

高画質な動画をバリバリ流してくれる昨今です。コンテンツも素晴らしい。NETFLIX、amazon Prime Video とかの動画配信サイトは、見たかった海外ドラマをバリバリ配信してくれるし、YouTubeも負けじとMetallicaさんとかがオフィシャルのライブ動画をバリバリ配信してくれるし、それらを家族全員それぞれの端末で見てますんで、無線でつながってる嫁ちゃんとか娘ちゃんとかの端末になかなかデータが落ちてこなくて不平不満もバリバリなんすよ。

で、8年ぶりぐらいに無線のAPを交換しました。
つい先日発売になったこちら↓(BUFFALO WSR-2533DHP2-CG)です。

前使ってたのは BUFFALO WHR-HP-AMPG なんでAOSSで楽々お引越しかと思いきや全然ダメ。結局マニュアルで全部設定し直し。まあ、でも、ウチはWi-Fiルーターには無線APの仕事しかさせてないのでそんなに大した事も無くすぐに乗換え開通しました。

AP交換前は10M以下で外のネットが混みだす夜は5Mとかまで落ちてた無線の速度はAP交換後20M超えるほどの速度改善が見られ電波不達ポイントだったお風呂場でもバッチリ入るほど電波強度も上がりました。

でもですね、やっぱ夜は遅いんですよねぇ... データDL待ちのくるくるマークが出没します。

で、有線も見直すことにしました。ウチ昼間は100Mちょっととか行くんですけど、夜は100切って50以下になっちゃう時が多々あります。

回線は最大1G(1000M)bpsな「フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼」なんですけどねぇ…

べストエフォートだっつーのは分かってますけど、ちょっとひどいっすよねぇ…

NURO光とか世界最速だってCMしてますんで、自分のISPもちょっと調べてみました。パソコン通信の頃からずっとお付き合いしてる@niftyです。IPv6つなげれるからそっちのネットワーク経由だったらちょっとは早くならないかね的な、時代はIPv6なのだよ!ちみぃ!的な、まったくの素人的発想です。

で、「なに!V6プラスやってるじゃないの!しかも無料で!」と今更ながらに気が付きまして(去年あたりからV6プラスってネットで良く見かけるようになってましたけど、2013年の6月から提供開始されていたようです)これまたその素人考えがバッチリストライクな回線でしてね、さっそく申し込みましたよ。

申し込んだ次の日に「IPv6接続オプション」ご利用開始のお知らせ メールが来ました。あれ?俺「v6プラス」申し込んだのに?と思いきや「v6プラス」の提供条件に満たずだそうです。

まずはホームゲートウエイを疑いました。PR-400MIです。PR-400シリーズは適応のはずなんですが、とあるサイトには適応機種の中にPR-400MIの記載が無かったのでNTTに問合せメール。電話がかかってきました。 

「PR-400MIはv6プラスに適応しています。niftyさんのHPを見ると「フレッツジョイント機能が提供されていない場合「v6プラス」のご利用はできません」と記載があるのでフレッツジョイントの契約をしなくてはいけないようです。116で契約して下さい。」

とおこきになられます。

「いやいやいや、フレッツジョイントって企業契約しかないし、そもそもHGWにV6プラス接続用のファームウエアを落とすための仕組みでVPNみたいなもんでしょ?エンドユーザーがどうこうじゃないんじゃね?@niftyとNTTの企業間の話でしょ?この組み合わせでフレッツジョイント契約したなんて話はどこのサイトにも上がってないよ?それフレッツ・v6オプションと勘違いしてない?」

と食い下がりますが「契約の話は技術相談窓口では承れませんので。契約窓口の方で」の一点張り、ちょっと頭に来たので「いやいやいや、技術的な話をしているの!シンプルな話、@niftyのv6プラスがつなげれない原因がNTTにあるのか@niftyにあるのか知りたいから教えてくれって言ってるの!」と、ちょっとエキサイトしかけたんだけど「あーこいつV6プラスしらねーな。@nifty独自のサービスとか思ってるな」と感じたので「もーいーっす!」って電話を切りました。

ちょっと困ったなと。でも、HGWに問題がない事は分かりました。NTT側で必要な「フレッツ・v6オプション」は@niftyさんが代理申込みしてくれましたし、少なくともNTT側には問題がない事が分かりました。

基本に立ち返ります。「v6プラス」サービス提供条件 を隅から隅まで読み直してみます。

ん?なんだこれ?

・以下サービスをご利用中の場合は、 「v6プラス」がご利用いただけません。お申し込みいただいた場合、IPv6接続オプションでのご提供となります。「v6プラス」をご利用いただくには、事前に以下サービスの解除をお願いいたします。

-固定IPサービス
-@niftyフォン

あ ! @niftyフォン契約しとるかも! (;´Д`)(今全然使ってないけど…)

これだわこれ!(てか最初(V6プラスNGでしたの時に)にそれ連絡しろよ!たのむわ@nifty!)

「@niftyフォン」解約して「IPv6接続オプション」解約して「IPv6接続オプション解約のお知らせメール」が今朝来たから改めて「v6プラス」申し込んで先ほど夕方に開通いたしました。

speed1008v6+

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
 
363.2Mbps !
計測サイトは老舗の「Radish Network Speed Testing」です

いやいやいや、360Mですよ!3.6倍早いですよ。無線は43Mとか出てます。こっちは4倍強のスピードアップですね!素晴らしい!(これ朝とかだったらもっと早いと思う。400M超えるかも)

IPv6にするデメリットもいろいろありますが、固定IP使ってないし、VPNぐらいかな?でもファイルサーバーは完全クラウドに移行しちゃったし、AGEphone使ってVPN経由でNTT回線使って外出先から電話するとかも、携帯を通話定額プランにしちゃってから使ってないし、実際の所VPN使えなくてもじぇんじぇん問題ないしで、オケオケです。

いやぁ~オプション契約結ぶだけでしかもタダでこんなに回線スピード上がっちゃっていと嬉し的な!
2018年09月28日

Field Report 2018.09.28 2018年度「納竿の儀」

いやね、もうね、毎年異常気象なんですけど、今年はその異常っぷりがね…(´Д`lli)ゞ

てなわけで、土日はどこか遠くへ行こうかなと思いきや、台風24号さんがご来日の上日本縦断ツアーされるとか。雨の日は絶対釣りしたくない俺氏なので今日しかないゾ的な…

でもね、そんな事はみなさん同じ様にお考えになる訳で、激戦区なホームエリアは9月の後半は毎年平日でも場所取り争奪戦の頭叩き合戦なので激混みが予想されます。かと言って新規エリアに行って勝手がわからない所で混んでたら何ともならんしどないしよと悩みに悩んだのですが、結局今期一番通った Home River No.1 で〆ましょうかと。一番上は林道的にもうムリなので意外と入ってない中流域に行ってみましょうかと。

むっちゃ早めに家出て数少ない駐車場をなんとかキープ。そそくさと支度して入渓点へ。久しぶりなんで「どこだっけ?」と探しに探してけっこう下まで降りてきちゃいました。

水は多め。外気温12度。水温11度。キリッとした朝の空気に包まれた中流域の Home River No.1 は源流域とは全く違う雰囲気でまるで別の川です。川幅広くて川原がしっかりあって歩きやすいし、木のオーバーハングもほとんどないのでムッチャ竿振りやすいし!
20180928 -01

で、入渓後まもなく今日の一匹目。おチビちゃんの洗礼です。まあね、急に気温下がったし、ずっと雨だったし、今日はこんな感じでしょ。
20180928 -02

いかにもなポイントが連続してます。日もさしてきて気温も上がってきてすごくいい気持ち。大雨や台風で渓相もかなり変わったと思うんですが、予想以上に快適で素晴らしいエリアになっていました。
20180928 -03

おチビちゃんとのお戯れタイムがしばらく続いて、気温の上昇と共にボチボチこんなサイズが上がり出してきましたが…
20180928 -04

この滝を境にパッタリ釣れなくなりました。
20180928 -05

あー!ココココ!ここのフチフチで尺上げたんだ!って思い出ポイントも今日はお留守。
20180928 -06

ココは絶対いるでしょう!って鉄板ポイントも軒並み皆お留守。
20180928 -08

川沿いに林道が走っているので車が通ると音で分かるのですが、1台目、2台目は通り過ぎて戻って来なかったからそのまま上流部で入ったと思われ。3台目はすぐ戻ってきたから諦めて撤退したかな?って感じ。ひょっとして上に車止めた人、滝の上から入ったかも?

まあね、事実上最終日だし激戦区だからね、混むのは想定内ですよ。とりあえずボウズじゃないからまあいいかってね。カリカリせずにハイキングモードで。フライ変えてみたりキャスト練習してみたり、川の中の岩に腰掛けてオニギリ食べてみたりとか、釣りってかハイキングモードで今期ラストのホームをジックリ堪能します。ノンビリしてた割には後追いに追いつかれたり、頭叩きとコンニチハとかしませんでしたので、例年に比べると空いてたほうカモです。

で、上流部の入り口、オフロード林道に入る地点を通り過ぎて掘れ掘れで通行困難だったエリアまで釣り上りました。ラストのプールで…
20180928 -07

〆のおチビちゃん!ありがとありがと!たくさん食べて大きくなってね。来年また会おうぜ!

オフロード林道は酷い有り様でした。ジムニークラスのオフ車じゃないと通行困難な感じです。帰り道途中にある祠に今期の無事故と豊漁のお礼参りを丁重にして、いつもなら車でビュッと通り過ぎてしまう森エリアをノンビリ歩きます。木漏れ日と爽やかな風がすごく気持ち良くラストデイらしからぬノンビリした時間を堪能できました。
20180928 -09

一人だけの非日常な贅沢な時間も来年の春までしばしのお別れ。ちょっと寂しいけどありがとうございました!😸
 
2018年09月19日

Field Report 2018.09.19 Home River No.1 源流域徹底調査 完結編

前回の続き…

秋雨のいぢわると仕事のタイミングの悪さでなかなか出撃できず、ようやく晴れたと思ったらまた明日から雨の予報。今日無理してでも行かないと!

ってなわけで、Home River No.1 源流域徹底調査 完結編 です。左の沢未到達点を目指します。

先週ゲリラ豪雨もあり林道はさらに大荒れでした。つづら折れの掘れ掘れゾーンはさらに掘れてまして残りわずかなアスファルトの真ん中部分はかろうじてタイヤが乗る幅しか残っていません。外したら即亀の子スタックです。もう私の車では限界ギリギリですねぇ…

で、一番上の駐車場~上のエリア。外気温は12°です。半袖だと寒い。3連休最終日の月曜は雨が上がったし昨日もいい天気だったので人も沢山入っていたでしょう。無反応な時間が過ぎ去ります。エリア後半に入ってやっと本日の一匹目
20180919-02

今日のパターンはヒラキの肩っぽいです。写真のような7,8寸サイズがボチボチ釣れて上の駐車場~上のエリア終了。1本目の林道交差地点通過して左の沢2本目の林道交差地点を目指します。

山はもう秋の装いです。このエリアは落ち葉がプールに溜まってる所が多く、最後まで流すと落ち葉が引っかかってとても釣りずらい。魚もナーバスになっているみたいです。見に来て一緒に泳ぐんだけど帰っていくパターンが多し。ティペット細くして慎重に慎重を重ねて…
20180919-03

やっと出ました!って感じ。久しぶりのお天気で森の中を流れる小渓流は気温も上がってきてすごく良い気持ちです。こんなプールに張り出した枝をかわしてフライを入れ込むと…
20180919-05

こんな感じの魚がボチボチ出てきます。(釣れる釣れないは別にして)1プール1フィッシュは入ってるみたい。
20180919-04

二股地点を通過して左の沢2本目の林道交差地点手前のプールではこんな感じ。標高が上がってくるとだんだん色が黒くなってきます。サビが入ってきているのでしょうかね?
20180919-06

左の沢2本目の林道交差地点には12:30頃到着。ここでお昼休憩にします。草が茂った林道に直接腰を下ろして日なたで風に吹かれながらご飯を食べました。暑くもなく寒くもないちょうどいい良いハイキング日和でした。
20180919 -09

一息ついて午後の部開始。さてどこまで登りましょうか?秋分の日が近いので日没がずいぶん早くなってます。帰りの林道が心配なので明るい時間帯にそこを通過出来るように時間を逆算して携帯のタイマーをセットしました。さあアタック開始!

台風の影響だと思われですが、ここのエリアは倒木が多くなっていて8/2に来た時と比べてキャスト出来るプールがすごく少なくなったよう気がします。標高1150m付近の魚止めの滝ではさらに黒いイワナが上がりました。
20180919-08

前回は時間が無かったのでこの上は見るだけだったのですが、今日は少し余裕があるので丁寧に叩いてみます。駄菓子菓子、全然反応無しです。ホントに魚止めの滝だったの?って感じ。魚がいそうなプールも少ないのでズンズン登って行きました。標高1200m付近でこんなプールが出現。ここはいそうな感じだったのですが…
20180919-07

ノーフィッシュです。この上は写真の通り流れが細くなって傾斜も厳しくなってきます。一人釣行では川下りで帰ってくるのが少し不安な感じです。ひょっとしたらこの先に大きな滝があって、その滝壺にはラスボスがいてなんて妄想が頭をよぎりますが、登山も沢登も素人で体力も人並み以下なのでここでやめておきましょう。

今日のルートのおさらいです。
20180919-01

地図上の川はまだまだ先がありますが、とりあえず釣りが出来そうなエリアはここが上限だと思われです。よって源流部(ほぼ)完全制覇とし本日の釣行記を Home River No.1 源流域徹底調査 完結編 といたします。

シリーズ目次

帰り道だけGARMINでルートログを取ってみました。
20180919-10

衛星写真で見るとけっこう歩いた気がしますね。駐車場に戻った時には外気温20度。魚は小さいけどいっぱい釣れたし天候にも恵まれとても良き一日でした。山の神様ありがとうございます。

さて来週はラストウイーク!行けるかな?今日で今シーズン終わりかな?

2018年09月06日

Field Report 2018.09.06 Home River No.1 源流域徹底調査その2 右の沢編

先月の続き…

8月前半は仕事の都合で出撃できず。お盆期間は例年釣りしない人。8月後半も仕事の都合で出撃できず。毎年恒例ですがあっという間に9月になっちゃって焦りだします。

今週は絶対に釣り行こうと思ったのですが、その出鼻をくじくような強烈な台風が火曜日にやってきました。うちも自宅の一部が壊れました。台風一過の昨日は家の片づけ。で、今日。長良川はまだ水が引いて無い様子なのですが、週末はまた雨の予報なのでとりあえず様子見で出撃する事にしますた。

国道や里の方はそんなに台風の影響は無い感じです。AM6:30 Home River No.1 到着。7月豪雨の時と同じく林道入り口のゲートは開いてましたが、Home River No.3 へ通ずる峠越え林道は通行止めの表示。行けるとこまで行ってみましょう。林道が森の中に入ったとたん状況は一変します。折れた木の枝や落ち葉が絨毯状態になってて車の底にガンガン枝が当たります。

道は舗装路からオフロードへ。このエリアは6月に大規模な伐採工事があって林道まわりの木はかなり間引きされているので森エリアほど木のパーツは落ちてないですが、落石と道の掘れはひどかったです。ガレ場になっちゃってる所や川になってる所もあるのでフルタイム4駆でもロック機構の付いた4WD車じゃないとキビしいと思われです。

写真はつづら折れの所。カーブの内側に水路が出来て掘れちゃうのです。先月よりひどくなってて道が細くなっちゃってます。左いっぱいに寄せて右後ろのタイヤがギリでした。溝に落としたら横亀の子になって確実にアウトです。ジムニーだったら楽勝なんですけどね…(^-^; 
20180906 -02

根元から折れた木が道をふさいでいるところもありました。幸い人力で動かせる程度だったので道端に寄せて。落石もどかして。ちょっと進んで障害物どかしてを繰り返してなんとか一番上の駐車場まではたどり着けました。
20180906 -03

様子見でもう少しホームリバー3へ通ずる峠越え林道を進んでみますが、2~300m走ったところでどえらい倒木が数本セットで道をふさいでいました。これは重機入れないと撤去無理ですね。多分来年春までここは通行止めのままだと思われです。

一番上の駐車場に車を止めて「さて、どうしましょう?」天気は薄曇りです。予報は午後から雨。激しい雨が降って道の掘れがこれ以上酷くなったら帰れなくなっちゃいます。でも、川の状況自体はいい感じ。やや増水程度。せっかくだから雲行きが怪しくなったらすぐ戻る事にしてとりあえず入渓。

7月の豪雨で川が変わってしまって渇水続きで、まともに水が流れているのは初めて。全然印象が違います。まんべんなく土砂崩れしていたみたいで川幅が狭いっつーか、河原があまりない流れになってます。立ち位置が限られるのと、台風で木が川の方に倒れてきているのでものすごく釣りにくい…(^-^; 

アッチに引っ掛けコッチに引っ掛け四苦八苦しながら今日の一匹目。素直なイージーなところにはあまりいないみたいです。荒瀬の向こうの小さな巻き返しとか、入るけどライン処理間違えるとすぐダァーって流れちゃうようないやらしい所からお出まし。
20180906 -04

今日は修行モードの日ですね。でも本日のパターンが早いタイミングでつかめたのでなかなかいい感じでボチボチ良いサイズも上がりだしました。
20180906 -05

比較的イージーな流れから出る魚はサイズも小さ目なのですが、これはこれで食いが素早いので面白いっす!
20180906 -06

増水して滝も見事に復活!これこれ!お気に入りの風景です。
20180906 -07

滝の上流にはいい感じのプールが出現してました。
20180906 -08

でもここはちびっこパラダイス!こんなマイクロオチビちゃんや
20180906 -09

こんなオチビちゃんが超絶に溜まっててカンツリ状態。ついつい長居してしまいました。
20180906 -10

で、ちびちびエリアの次のプールで今日の一等賞

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!
20180906 -11

泣き尺だったのはちょっと残念だけどまずまずのいいお魚!

で、「上の駐車場~上のエリア」脱渓ポイント前のプールで午前の部〆の一匹。これぐらいのサイズがアベレージでしたね。
20180906 -12

「上の駐車場~上のエリア」脱渓ポイント到着は11:30。お昼ご飯食べて午後の部開始。天気は曇り時々晴れ。だんだん曇りの時間帯の方が多くなってきました。空の様子を見ながら未踏の右の沢を目指します。どこまで行けるでしょうか?

「上の上エリア」川は増水してはいますが、小さいプールが多少大きくなった程度で雰囲気はあまり変わりません。ただしその小さなプールは水の流れが激しく、フライをステイさせれる流れがほとんど無いため釣れそうはポイントは少なくなっていました。一発目の比較的大きめなプールで午後の部一匹目。ここのエリアではなかなかのサイズで良い滑り出しです。
20180906 -21

下のエリアと同じくこのサイズがアベレージみたいです。ここぞというプールではボチボチ釣れます。
20180906 -22

川が二股になるポイントまで到達しました。右の沢に進みます。左の沢に比べると流れが細くてますますポイントが少なくなります。渇水時はまったくダメでしょうね。数少ないプール、標高1100m付近でちょっと珍しい柄のイワナがかかりました。
20180906 -23

白い斑点がありません。写真を拡大してよく見るとオレンジの斑点がお腹付近に少々ありますね。ヤマト?ですかね?前回左の沢ここら辺の標高で釣ったゴールドイワナもオレンジの斑点がありましたが側線の下だけでしたのでそれもヤマトっぽいです。貴重な個体です。丁重にリリースしました。
20180906 -24

「上の上エリア」最後の林道交差ポイントに近づきました。時折空がゴロゴロ鳴るようになってきました。今日は最後に出現した右の沢最大のプールで終わりにしましょう。慎重に間合いを取ってそっと投げると…
20180906 -25

出ました!本日〆の一匹。オチビちゃんだけどこんな所にもいるんですね。派手な出方で楽しませてくれました。ありがとう!
20180906 -26

今日のルートのおさらいです。
201800906-01

右の沢はさらに厳しくなるのでこれ以上はもういいかな?って感じ。次回機会があれば左の沢の未踏エリアに行ってみたいのですが、問題は林道です。スコップとスタック脱出用の木材とか積んでった方がよさそうですが、もうひどい雨降らないでね的な… (^-^;