2016年9月28日
パラレルキャリアのオンラインサロンTIMサロン×女子未来大学の「パラレルキャリアの実践マーケティングゼミ」を行いました。





パラレルキャリアのオンラインサロンTIMサロン(https://synapse.am/contents/monthly/tim)は、
「動きながら、考えながら、パラレルキャリアで、やりたいことをカタチにする場所」です。


運営を始めて1年半。
パラレルキャリアに関して、クローズドな環境だから話せることを相談しあってきたし、自分を律するための目標投稿や振り返りは定着してきました。
考えるキッカケになるための、問いも投げかけてきたし、「動く」ためのチャンスも作ってきました。


同じようなレベル感の人たちと相談し合う事で解決する問題もかなり多いのですが、プロからしっかり学びたい!そんなモチベーションがわいてきたので、この「パラレルキャリアの実践マーケティングゼミ」を企画しました。

もちろん、TIMサロンメンバーの中から勉強会運営メンバーを募集して。
4名の方が手をあげてくれて、どんな勉強会にするかを話し合い、講師を探し、講師への企画書を作り、講師と打ち合わせをして、告知文を作り、集客をして・・・、そして当日の運営という一連の流れをしてもらいました。
会社員としては、みんな全く別の業界で仕事をしている人達なので、色んな人とこうやって1つのプロジェクトをすることは、私にとっても、とても勉強になりました。



パラレルキャリアを実践し、動いてきたTIMサロンメンバーが今一番知りたい事「マーケティング」
つまり、「届けたい人達に、自分の活動はちゃんと届いているのか?」そこの考え方を学ぶゼミです。









講師は、女子未来大学ファウンダー 猪熊真理子さん。
真理子さんは、パラレルキャリアから独立をした方。

今は、女性消費を得意とした、経営・ブランドコンサルティングや、企画マーケティング、組織のダイバーシティマネジメント改革、女性活躍推進などを事業とする株式会社OMOYAの代表です。

女子未来大学 HP



真理子さんは私の中で、迷ったら相談したい人。
なぜ相談したいかというと、厳しいこともちゃんと言ってくれる愛のある人だから。

パラレルキャリアでやっているというと大体の人が、
「本業もあるのにすごいねー」って言ってくれるんです。

真理子さんだけが、ほぼ初対面の状態なのに、厳しい事言ってくれました。
「それはどうして?」「プロになる覚悟はある?」
あの時の衝撃。悔しかったけどありがたかった。
今でも迷ったら真理子さんならこう言うだろうなって思います。

だから、今回真理子さんにお仕事を依頼することができて、形になって感無量でした。
そんな裏話は置いといて・・・







講義の内容は「パラレルキャリアの実践マーケティングゼミ」


 第一部は「パラレルキャリアの7つの形」
僭越ながら、私たちTIMサロンが考えたパラレルキャリアの様々な形を7つの型にして、私が具体例を交えながらシェアしました。

●起業移行型
●自己実現型
●キャリア保険型
●ワークライフブレンド型
●社内還元型
● キャリア展開型
●ライフワーク活性型

の7つの形。
1つ1つ私の身近な人たちの例に沿ってお話しました。

これに関しては、TIMサロンでやっているパラレルキャリアの情報発信メディアchoiceで後日ご紹介いたします。
https://www.facebook.com/choice.tim/?fref=ts  


ここで伝えたかったのは、
「パラレルキャリアには様々な形がある。みなさん1人1人が自分のパラレルキャリアの目標/目的を認識していてほしい」ということです。

一般的にパラレルキャリアは副業のような形で見られることが多く、どうやってお金を稼いでいるのかとか、会社にばれないのか?とかばかり注目されるのですが、それがすべてではありません。
もちろんそれはそれでいいのですが、社外のコミュニティに所属していることで、ライフワークが活性化して人生が充実するという目的の方もいるし、社外で得たことを社内に還元することで夢を叶えている人たちもたくさんいます。

自分の目標や目的を認識していないと、会社以外のコミュニティを持てれば幸せだった人が、マネタイズしなきゃ!!!とか意気込みすぎて、疲弊してしまったり、いつかは起業したいと思っているのにそれに必要なアクションをとれずずっと仲良しこよしの社外プロジェクトばかりをしてしまったりします。





私自身はなぜパラレルキャリアをやっているかというと、「家族で楽しく生きるため」です。

とってもふわっとしてますが、「家族で」「楽しく」というのを掘り下げるととても具体的になってきます。

●家に閉じこもっておくのは私が楽しくない。ずっと働きたい。誰かの役に立ちたい。
●家族の状況に合わせて、柔軟に動けるようにしておきたい。
●家での時間が何より好きだから、家時間を充実させられる働き方をしたい
●大分の両親・親戚に何かあった時に、ポンっと帰ったりできる経済力も必要
●楽しく生きるためには、快適な家と美味しい食事とたくさんの経験が必要。つまり経済力も必要。
●今後出産をした時に、保育園に預けられないとかなったら家で自分で見ながら在宅勤務をしたい。

などなど。なので、私は今は今の会社で会社員をしながら、パラレルキャリアでは今後何かライフスタイルに変化があったら会社を辞める選択肢も取れるようにと思って、「キャリア保険型」の考え方で活動をしています。



一人でぶつぶつ練習したのですが、プレゼン慣れをしていない私は、かなり落ち込みましたが・・・
伝わっているといいなーと思います。

プレゼンの下手さは今後TIMサロン内で、プレゼン練習会を企画しようと早速共同管理人の浜本とも話し合いました。


 
 TIMサロンメンバーの高橋さん。司会がめちゃくちゃうまくてびっくり



第二部は真理子さんによる「パラレルキャリアの実践マーケティングゼミ」

普段は起業をしたい方に向けてするものを、パラレルキャリア用に作り直してくれました。


内容としては、
●真理子さんがパラレルキャリア時代に工夫していたこと
3つの「や」で仕事にするべき領域を見極める。(やりたい、やるべき、やれる)
●価値は誰が決めるのか
●競合比較
●ブランディングの3つの要素
●ターゲット像と提供価値
●キャッチコピー
●想いを一貫して見える化する
●4Pを真剣に考える
●マネタイズに関して
●パラレルキャリアで陥りがちなこと



 などなど。もう盛りだくさん!濃かったー!





私は、ホームパーティープランナーやパラレルキャリア支援をしながら「いいモノ・コト・ヒトにスポットライトを当てたい」と思っています。

良い商品、良いサービス、良い人なのに、伝わってないな~ってのを見つけたら、それにスポットライトを当てるステージ作りをパラレルキャリアでしています。


それが、ホームパーティーを使った商品/サービスPRだったり、様々な個人のスキルを合わせて作るホームパーティーだったり、CMUだったり、TIMサロンだったり、テーブルコーディネーター活動となっています。



でもこの「いいモノ・コト・ヒトにスポットライトを当てたい」という想いに気づくまでにもかなりの時間がかかりました。ただ色々やっている人みたいになっていて。ホームパーティーのケータリングをする人みたいに見られて。

ホームパーティーはただの手段でしかなくて、その先の提供できる価値みたいなのは、まだまだ伝え方を磨かなければならないなって思っています。



昨日のゼミを聞いて、モチベーションは上がったと思います。
ヒントを得られたと思います。

だけど、ここからが大事。
昨日のゼミを自分事にするために・・・。


私は早速、TIMサロン内でみんなでワークをやってみようと思っています。
1人だと、ついつい忙しくて後回しにしちゃうので、せっかく自分で運営しているコミュニティを使って、来れなかった子達にもシェアして一緒にしてみようと思います。人に見せることでまた想いが磨かれる。



自分のパラレルキャリアの活動、誰に、どんな価値を出せるのか。
そしてその価値をどうやって伝えるのか。
練って、練って、私は「家族と楽しく生きる」為にパラレルキャリアの活動を続けていこうと思います。


昨日、月末のお忙しい時に会社の仕事を終えてきてくださった皆様、ありがとうございました。
みなさんのパラレルキャリアライフが充実することを願っています!


最後に浜本からTIMサロンのコンセプトストーリーの発表もあったのですが、今ロゴを作っている最中なのでまた、後日ご報告します^^ 




===========================================================================
 
Special Thanks

ケータリング:TIMサロンメンバーの大塚さんがパラレルキャリアで始めたYOROKOBI kitchenさん

訪日外国人観光客向け日本料理教室


会場:オンラインサロン運営synapseさんオフィス