浜松でネジをまわす社長の日記

Kスポーツ専門店コージーライツの日々。

【体得】を実感する20年目

IMG_1816



















JA4トゥディの入庫が集中しています。

ミッション関係のチューニングが重なっていて、それぞれに廃盤部品を必要としているので思うように作業が進みません。JA4の純正部品もかなりの廃盤が進んでおり、再使用しなければいけない部品が多いのでエンジン脱着は慎重に作業を進めないといけません。

IMG_1817



















メインで作業を進めているパステルカラーのトゥディは、およそ10年ほど前に僕が製作したMTREC仕様です。この夏のK4GPへ参戦することが決まっているので、ギア比の変更とレギュレーションに合致させるのが今回のメニューです。
とはいえ、最初のマシン製作が一番大変なところなのでプレッシャーが大きいですね。

IMG_1819



















JA4型のトゥディはコージーライツをオープンした当時にレースカーとして夢中になってチューニングをしていた車両なので、未だに作業は考えなくても手が動きます。まさに【体得】しているレベルに達していると思います。

IMG_1818



















ジムカーナスペックに組まれたギアレシオ、当時は色々と苦労してテストを何度も繰り返していました。
非常に珍しい組み合わせで仕上げられていたこの車、おそらくJA4に詳しい方なら「なぜこの組み合わせ?」だと思います。さまざまな思惑をもって当時のオーナーさんと相談を重ねて決定したこの仕様を見て、10年前のことをいろいろと思い出しました。
今となってはとても良い思い出で、同じことをコツコツと続けるのも悪くないなと感じた1日です。

ビート エンジンスターターモーター発売

IMG_17181



















ビート用 エンジンスターターモーターを発売開始します。

ノーマル下取りのリビルトパーツです。特別にスペシャルな特徴は一切ありませんが、
一度もlメンテナンスしていないビートが多いであろうと思いますので、ある日突然に
うんともすんとも言わなくなる前に交換しておきましょう。

○ビート エンジンスターターモーター リビルトパーツ 17,280円(税込 ノーマル下取り)

S660 アルミラジエター価格改定

IMG_1764



















ご好評いただいています、S660用アルミラジエターの価格改定をいたします。

いつもは値上げのアナウンスばかりですが、今回は【大幅値下げ】です。

開発費用の償却が終わったことと、製作コストの見直しにより実現いたしました。
勿論クオリティはより追求しておりますので、信頼性は向上しています。

熱対策のファーストステップに、まずは基本の水温管理から始めましょう。

S660用 アルミラジエター 97,200円(税込 新価格)
※旧価格151,200円 

S660 アッパーマウントスペーサー発売開始

IMG_1694



















ホンダS660オリジナルパーツ アッパーマウントスペーサーを発売開始します。

スポーツカーの場合、車高を下げるためのパーツはたくさんのラインナップが各ショップから発売されていますが、【車高を上げるためのパーツ】は非常に少ないです。
もちろん、ほとんどの場合には必要が無いからというのが理由ですが、ある特定のシチュエーションでは車高を上げたくなるケースが発生します。

一番わかりやすいのは車検時に最低地上高が足りないケースです。
そんな時にはアッパーマウントスペーサーで保安基準をクリアできるかもしれません。

IMG_1586



















アッパーマウントスペーサーの厚みは6mmですから、1枚で単純に6mmの車高アップが可能です。

タワーバーの装着などにより装着可能枚数は変化しますが、1か所に2枚(12mm)くらいの調整ができれば十分にセッティングが変更できる数値ではないでしょうか。

本来の製作目的は車高調整式サスペンションのセッティングサポートパーツです。
そもそも車高調なら不要ではないの?と疑問になるのが普通ですが、セッティングを深く追求していけば【スペーサーがあったらいいかも】と思う日が来ることは間違いありません。

IMG_1694




















 ○S660 アッパーマウントスペーサー 2枚1セット 各色 10,800円(税込)

再販パーツを交換しよう

IMG_1498



















IMG_1499



















1月に再販されたフューエルプレッシャーレギュレーター交換をご注文頂きました。

僕としては再販を待ちに待っていた部品です。
理由は単に【見た目】だけです。エンジンOH時にサビサビのレギュレーターが気になって仕方なかったからです。(再販ありがとうございます)


今回のご注文は特に不具合が出ているわけではなく、30万キロも使い続けているため交換したいとのことです。

交換後に試運転を行ったところ、何となく調子が良くなっているような気がします・・・・ビートオーナーの皆様、是非交換してください。

IMG_1501

【楽しい】は仕事の中にも存在しています

IMG_1417




















ビート タイミングベルト交換作業のご注文を頂きました。


ベルト交換作業は数えきれないほどに作業をした経験がありますが、その中でも僕の好きなパートは【バルブクリアランス調整】です。

作業の9割を終えたあたりで、最後の仕上げのような位置付けで調整します。

IMG_1418



















ラッシュアジャスターが増えてきている昨今では古めかしいデザインではあるのですが、人が手を入れる余地があるエンジンはやはり楽しいです。いくら忙しいときでもクリアランス調整だけは手を抜いたことはありません。納得がいくまで何度も調整してヘッドカバーを閉じるのが至福の時間です。

ミッションチューニングの最高峰

IMG_1410




















ビート サーキット専用にトランスミッションの製作を進めています。

エンジンに比べると、ある意味【脇役】的な印象があるミッションチューニングですが、ことNAエンジンのビートにとってはエンジンと同等に重要な部分です。

IMG_1414



















IMG_1415



















チューニングはフルスペックです。
RSマッハ クロスギアキットを中心に3速ギアを変更、全てのギアとシフトフォークにはWPC処理を行っています。

IMG_1412



















クスコRS LSDはユーズドですがリペアキットを使用してオーバーホール、1.5ウェイを選択しています。ファイナルギアは中部地区のミニサーキットをターゲットとしてますので5.714のビート純正を採用しました。

搭載する車体は現在エンジンも製作中ですから、全てが完成次第に同時搭載します。

RAYS ボルクレーシングTE37 CLRリミテッド 限定販売

IMG_1382



















レイズ ボルクレーシングTE37 CLRリミテッドを限定販売します。

すでに廃盤となって久しいカプチーノ専用サイズのTE37を特注にて再生産していただきました。
14インチ 6.5J PCD114.3 カラーは通常ラインナップでは存在しなかった【フォーミュラーシルバー】です。

IMG_1383



















以前には6Jを選択するのが定番でしたが、コージーライツとしては6.5Jのリム幅を選択します。コンマ5Jの差がスポークデザインに大きく影響しており、ノーマルボディで装着可能なサイズとしてはかなりアグレッシブなコンケーブを実現しています。

IMG_1380



















IMG_1379



















限定台数は【5台】です。
1台分4本セットのみでの販売となります。

この手のホイールの希少価値については理解していますので、今後このサイズを特注することはありません。今回が最初で最後となりますので、この機会に手に入れてください。

レイズ ボルクレーシングTE37 CLRリミテッド 188,000円(税込価格 203,040円 4本1台分価格)


ご注文はメールinfo@cozy-lights.net
またはお電話053−581−7277

※カプチーノ スペシャルショップ様からのご注文もお待ちしております。(業販可能です)

クラッチ交換の目的は異音解消です

IMG_1368



















IMG_1363






















ビート クラッチ交換作業をご注文頂きました。

ビートではクラッチディスクの摩耗/カバーの劣化による滑りなどで交換するケースはほとんどありません。交換の目的としてはフィーリングの悪化などはありますが、主には低回転&高負荷時に発生する特有の異音の解消です。2,000~3,000rpmあたりで【ジャラジャラジャラ・・・】と原因不明の音が出る場合は、ほとんどがクラッチディスクが原因です。交換時には異音の発生が比較的少ないアイシン製をお勧めしています。

IMG_1364






















セット交換する部品としてレリーズベアリングやパイロットベアリングは必ず交換します。また、強いトルクが掛かるフライホイールボルトやクラッチカバーボルトも交換してしまいましょう。ボルト関係は再使用してしまうことが多いと思いますが、ボルトも少しずつ劣化しています。
小さな劣化の解消を続けることで、数字には表れない新車時のフィーリングを取り戻すことができます。

定番は少しずつ変化しています

IMG_1362



















IMG_1359






















ビート タイミングベルト交換作業をご注文頂きました。

タイミングベルト交換のはずが、最近ではカムシャフトまで取り外すケースがほとんどです。エンジンオーバーホールを経験していない車体では、走行距離が少なくともオイルシールやゴム関係はすでに張力を失っているケースがほとんどです。E07Aエンジンは【外側にはオイル漏れが少ないのですが、見えないところで漏れている】ことが日常的に起こります。

IMG_1361



















カムシャフトを取り外す理由としては、スパークプラグホールへのオイル漏れ修理/予防のためです。カムホルダー部にOリングが取り付けられているため、ゴムが硬化してシール性が失われてスパークプラグ側へオイルが侵入してしまいます。Oリングを交換するためにはタイミングベルトを取り外す必要がありますから、オイル漏れが未だ発生していなくとも交換しておくと安心です。

IMG_1355



















IMG_1360



















こちらは定番ですが、ウォーターポンプも同時交換です。
以前からビートのウォーターポンプには諸説ありますが、最近はトラブルを聞かなくなってきました。しかし依然として水漏れの症状は起こるケースが多いですから、ベルト交換時に必須交換です。

また、サーモスタットの破損する症状も多くなってきています。これもタイミングベルト交換時にアクセスしやすいポジションに取り付けられていますから、合わせて交換しておきたい部品です。
Profile

COZY−LIGHTS

静岡県浜松市でKスポーツのチューニング、ドレスアップなどクルマ遊びの提案をしていくお店です。カプチーノ、ビート、S660のオリジナルパーツを常時開発中。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ