浜松でネジをまわす社長の日記

ホンダ ビート/S660専門店 コージーライツの日々。

LSD ONで完成度は更に高まる

Resizer_15971483607887
















Resizer_15971483607889
















S660 クスコLSD装着作業のご注文です。

S660からスポーツカーを楽しみ始めたオーナーは恐らく多いのではないでしょうか。「LSDとはそもそも何のために必要なのだろう、しかしスポーツ走行を楽しむのであれば必須であると雑誌やネッ情報ではインプレッションされているから興味はあるよね」

このような意見が大多数だと思います。

スポーツ走行を1度でも経験することがあれば、なるほどこのシチュエーションを解消できるのかと一瞬で理解可能です。ただ、ストリートでの必要/不要は装着して好みが分かれるところです。

しかしストリートスペシャルであっても、ドライビングの楽しさを追求するのであれば僕の考えはLSDマストです。メンテナンス頻度などのネガな側面はトレードオフですが、S660ほどのスーパーカーであればLSD装着されているくらいのドライビングフィールのほうが刺激的です。


Resizer_159714836078810
















Resizer_159714836078811
















クスコLSD RSはストック状態で装着を行うと、残念ながらアタリハズレが存在します。

LSD特有の【チャタリング】と言われる低速旋回時のガリガリとした作動音が大きく発生するケースがほとんどです。チャタリングが大きい=LSD作動に引っかかりが有る感覚ですから、少しコストを掛けてストリートスペックに調整を行っています。

フリクションディスクにはWPC表面処理を行い、構成部品のRSスプリングの本数を走行ステージに応じて減らします。セッティングを施すことで全てアタリになるのは勿論ですが、LSDフィーリングが劇的に向上します。
もはやセッティング無しでの装着は考えられない、と言えるほどにS660との相性が良好になります。

Resizer_15971483607885
















Resizer_15971483607886
















Resizer_15971483607884
















LSD装着と合わせて【ほどよくローダウンスプリング】を装着しています。

S660はストック状態での完成度が高いですが、バランスを損ねることなく更にワンステップを求めるのであればLSDとサスペンションは自信を持ってお勧めしたいチューニングパーツです。


カーボンスキニング

Resizer_15962021880006
















本日の話題はビートでは無くて恐縮です、しかしビートのモデファイに関係のあるテクニックですのでお付き合いください。


お仕事抜きで楽しんでいる完全趣味の愛車、アコードユーロR CL7のフロントグリルをモデファイしました。
CL7は上質な乗り味とK20Aエンジン+6MTの動力性能が組み合わさり、FFスポーツセダンとしては完成度が非常に高い1台です。しかしエクステリアは少し物足りない仕上がりになっているから、質感を向上させるべくドレスアップを始めました。
そのスタートがフロントグリルです。


Resizer_15962021880002
















ノーマルグリルはセミグロスブラックのプラスチック素地にメッキ処理されたHマークが装着されています。
グリル上部にカーボン素材を貼り込み、レジン樹脂で仕上げるリアルカーボンと塗装を施します。

Resizer_15962021880004
















カーボンは樹脂で硬化させた後に表面を仕上げてクリアー塗装を行います。

Resizer_15962021880003
















Resizer_15962021880005
















エンブレムはブラックメッキ風に仕上げました。
グリル本体は得意のトヨタ純正色番1E2ブラックメタリックでセミグロス塗装を施します。

Resizer_15962021880001
















Resizer_15962021880000
















各パーツを組み立てて完成です。

アコードはマイナーな車種ですから、質感がどうのこうのなんてオーナーでなければ気付きづらいです(笑)

パーツをカーボンで仕上げる手法を【カーボンスキニング】と呼ぶのが一般的で、この手法はワンポイントでのドレスアップは勿論、たとえばビートのドアトリムをまるごとカーボン風に仕上げることも可能です。
複雑な形状には追従させるのが難しいので単純なデザインの部位でしか施工できないのですが、ワンオフスペシャルでの製作には向いているからインテリアパーツのドレスアップには最適です。

ビートのインテリアリフレッシュは課題の1つですから、カーボンスキニングを適度に取り入れながらアップグレードできたら良いかなと考えています。

ステアリングギアボックス オーバーホール

Resizer_15951580079702
















Resizer_15951580079703
















7月に再販が開始されたステアリングラックエンドを早速購入してステアリングギアボックスのオーバーホールご注文を頂きました。

CLRでオーバーホールするからには【レストア】です。ギアボックスケースまで美しくリフレッシュするのがスタンダードです。



Resizer_15947326207492
















Resizer_15951580079704
















ギアボックスは完全分解を行ってラックガイドを交換してグリスの再充填を行っています。
ステアリング操作のフィーリングや手ごたえに直結するピニオンプリロード(ステアリングラックを押さえるスプリングの締め付け具合の調整)はギアボックスオーバーホールの最重要項目ですから、何度も調整を行ってベストな数値を狙います。



Resizer_15951580079705
















Resizer_15951580079707
















Resizer_15951580079706
















美しく復活したステアリングギアボックスを装着しました。
タイロッドエンドまでケチることなく新品を惜しみなく導入しています。せっかくのオーバーホールですから、手加減してしまうとリフレッシュ度が半減しますから迷いなく交換してください。


Resizer_15951580079700
















Resizer_15951580079701
















ステアリング左右切れ角度のセンター出しを行った後にサイドスリップを調整です。

分解前に測定しておいて、ステアリングギアボックス交換後に同じ数値に再調整します。左右で微妙にサイドスリップ数値が違いますから、個別に数値を測定可能なKTCサイドスリップボードが重宝します。作業前と全く同じ数値のアライメントを再現できますから、精度の高いサイドスリップ調整が可能です。

7月の近況

Resizer_15947326207490
















CLRの拠点である静岡県西部地方も例に漏れず、連日の豪雨で気が滅入る毎日です。

オープンカーには雨漏れという宿命がありますから、この季節は雨対策は勿論ですがエアコンのメンテナンスなどもご用命が重なります。降り続く豪雨の影響で例年以上にメンテナンスご注文が集中しており、これはなかなかヘビーな2020年の梅雨ですね・・・なんて日々奔走しています。

そんな中で嬉しい出来事も有ります。ホンダが再販しているビート純正部品に追加販売がありました。その中でもステアリングタイロッドが復活したことで、完ぺきではないにしろステアリングギアボックスのオーバーホールを再開することが可能になっています。

早速パーツを取り寄せて作業を開始です。

Resizer_15947326207491
















Resizer_15947326207492
















カプチーノのステアリングギアボックスは200本くらいは組み立て交換していると思いますが、ビートのステアリングラック分解は本当に久しぶりです。10年以上は分解していなかったかもしれません。

とはいえビートのギアボックスは優秀で、トラブルらしいトラブルは非常に少なくてリフレッシュしたくなるほどのガタや劣化が発生するケースは少ないです。構造も至ってシンプルで特殊な部分は全く有りません。

Resizer_15947326207493
















再販されたタイロッドとステアリングラックブッシュです。その他オーバーホールに必要なパーツは意外と継続販売されており、満足できるレベルにオーバーホールすることが出来るのが嬉しいですね。今回はご注文分とストック用に2セットを製作しています。

作業完了〜取り付け時に改めてご紹介したいと思っています。


〜おしらせ〜

CLRの固定電話【053−581−7277】
こちらを近日中にFAX専用にして通話を廃止する予定です。
※既に平日は電話に出ておりません。


理由はさまざまありまして、正直すごく恥ずかしい事情もあるのですが電話は止めちゃおうと思い立ちました。
電話が掛かってくると手が止まって時間の無駄・・・そんな一流エリートビジネスマンの意識高い系の理由は10%くらいでして、本当の恥ずかしい理由は後日ネタ程度にお話しさせて頂きます。


今後のお問い合わせは主にメールやSNSを利用していただきたいと思います。

メールアドレス info@cozy-lights.net

フェイスブック Cozy-Lights CLRへメッセージ 
または個人アカウント 【Cozy Sasaki】へお友達申請頂きメッセンジャーにてご連絡ください。


特にFBは定期的にご入庫頂いているお客様にはお友達申請を頂けると便利かと思いますので
お気軽にご申請ください。


緊急のお電話は佐々木の携帯をご存知の方はそちらへ・・・といった具合でご対応いたします。


後日改めてアナウンスとお問い合わせフォームをご用意いたします。

2020年の夏対策

Resizer_15939498604720
















Resizer_15939498604726
















S660 アルミラジエター装着のご注文です。

軽自動車としては最大級サイズのラジエター表面積を誇るS660ではありますが、それでもミッドシップターボですから冷却系の性能はオーバークオリティに向上させておくことはエンジン保護の安心感につながります。

装着するのはCLRアルミラジエターにサムコ製クーラントホースキットを組み合わせです。

Resizer_15939498604727
















Resizer_15939498604725
















CLRアルミラジエターは完全ボルトオンです。ファンシュラウドから車体へのマウントまで加工は一切不要であり、ミリ単位のクリアランスで限られたフロントスペースにアルミ製のタンクを美しく装着可能です。サムコ クーラントホースとの相性も美しく、チューニングカーを雰囲気を楽しむことが出来ますね。

Resizer_15939498604722
















ユーティリティーボックスも加工の必要はありません。

Resizer_15939498604721
















エンジンには高性能ペンズオイル プラチナム0W-20とハイパールーブで潤滑と冷却性能を向上させています。エンジンオイルの性能でも冷却性能の向上(=発熱抑制)に効果を期待できますから、熱対策の1つとして選択するメリットがあります。

○CLR S660アルミラジエター 定価 90,000円(税別)

ユーズドカー カーニバルイエロービート製作中【ご成約済み】

Resizer_15930895337425

















2020年 2台目のユーズドカーを製作中です。

今回はカーニバルイエロー純正色でリペイントを行い、無限エアロパーツとエキゾーストシステムをインストールしてノーマルライクな仕上がりで進めています。


製作中、とは言っても既にご成約済みです。今年の2月あたりにご注文を頂き、少しずつ準備を進めてきました。

Resizer_15930895337420
















Resizer_15930895337422
















リペイントしたばかりのボディと新品のソフトトップが非常に美しい仕上がりです。ベース車両のコンディションはまずまず良好でしたので、手を入れて仕上げる価値のある車両であることをお客様にはご説明して即決頂いています。


Resizer_159308953374210
















どうにも止まらなくなって部品交換し過ぎている気がしています。とはいえ、CLRで購入するビートですから安心して楽しんで頂かなくてはいけません。
【思ったよりビートの維持なんて余裕じゃん】と感じて頂ければ、CLRとしての義務を果たせているのではないかなと考えています。

今週末の納車に向けて、更に完成度を高めます。

ホンダスタイル Vol.98 S660とN-VANのあるライフスタイル

Resizer_15925742379520

















ホンダスタイル 98号 明日6月20日に発売です。


誌面協力依頼でお声掛けいただき、久しぶりにメディアで登場させて頂きました。

CLRとして登場した企画は【S660とN-VANのあるライフスタイル】
愛車生活をマルチに楽しむなら、スポーツに特化したS660と日常からアウトドアまでオールマイティに使い倒せるN-VANの2台体制が最高でしょう?なんて提案をさせて頂きました。

裏話的には、N-VAN発売前にライターの岡田さんと話をしていた時に
【N-VAN注文したんですよ、エスとN-VANのある6MT生活は最高ですよね?】なんて他愛もない会話をしっかりと岡田さんが記憶してくれていて、それを拾って企画にしてくれたといういきさつです。

ほぼ2年近く前の会話だったと思いますから、おそるべし記憶力です。

また、ビートオーナーの紹介企画にもご協力させて頂きました。

一時期に比べてビートの話題が誌面で登場する機会が随分と少なくなってきているから、とても新鮮な感覚で久しぶりに取材当日も楽しく過ごせました。
きっかけはどうであれ、ビートオーナー仲間で集まって交流出来ることは素晴らしいなと再確認です。

S660とビート以外の話題も満載です、是非ご覧ください。


ウィークデーは眺めて楽しむも良し

Resizer_15923129705672
















S660 ほどよくローダウンスプリング装着のご注文です。

走行距離わずか3,000kmですが2015yモデルの初期型ですから、確実にセカンドカーとしての位置付けで所有されている車両です。

Resizer_15923129705670
















Resizer_15923129705673
















セカンドカーを所有する楽しみは週末のドライブだけではありません。
駐車場やガレージに止まっている佇まいを眺めることも愛車生活の楽しみの1つです。

ミッドシップスポーツであるS660の立ち姿を本来あるべき形にモデファイする意味でも、ローダウンスプリングを装着する理由が存在します。

ご注文ありがとうございました。

○S660 ほどよくローダウンスプリング 22,000円(税別)

スペアタイヤ交換のススメとホンダ純正部品の入荷問題

Resizer_15914493696519

















スペアタイヤ交換作業のご注文です。

普段履いているタイヤを定期的に交換するのは納得ですが、いつ出番が来るかもわからないスペアタイヤを交換するのは気が回らない所ではないでしょうか。

近年のビートメンテナンスのキーワードにもなりつつある【30年モノ】であるゴム製品、いざという時に頼りになるのかと言えばNOではないでしょうか。

信用できないスペアタイヤを載せて走っているのであれば、それはただのオモリでしか無くなってしまいますから、車検のタイミングで交換してみてはどうでしょうか。


Resizer_159144936965110
















Resizer_159144936965112
















【30年モノ】であるゴムバルブも交換必須でしょう、タイヤを交換してバルブが古ければ台無しです。

Resizer_159144936965113
















スペアタイヤを1本だけ店頭在庫することにしました。

近年では需要がめっきり減っているということで、注文して届いたのは2018年製造です。しかし、それでも生産を続けてくれていることには大感謝しつつ、信頼のブリヂストン製を選択しています。
金額は1万円程度ですから、そういえば心配だな・・と思い立ったら反射的にご注文下さい。


【ホンダ 純正部品入荷問題のご連絡】

報道に遭った通り、本田技研工業株式会社は今週月曜日の9日にサイバー攻撃を受けたことを発表、国内外の企業活動に甚大な被害が発生しています。
影響は末端の整備工場であるCLRにも及んでおり、今週はホンダ純正部品がボルト1本たりとも入荷しませんでした。

ご入庫の作業進行が大幅に遅れており、今後のご予約作業にも影響が出てしまうことは確実です。
すでにご注文頂いているお客様には日程変更のお願いをすることがあるかもしれません。その場合は大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解とご協力を頂ければと思います。

悪い意味での定番〜エアコン応急処置

Resizer_15916196495481

















先週末に入庫予定であった新規ご入庫のお客様でしたが、2日前に金曜日にレスキュー入電がありました。


状況としてはワインディングを走行後にエンジン後部から冷却水の蒸気が立ち上ったということで、オーバーヒートの症状です。


数カ月前に購入したばかりのビートということですから、何かしらの不具合を抱えたままでったのかな・・・と想像して何種類かの中古車に良くあるオーバーヒート症状を予想しておきました。

結果としては一番初めに頭に浮かんだ【大容量ヒューズ応急処置】でした。

エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチがショートするトラブルはビートオーナーの間では周知の事例です。コンデンサファンヒューズの7.5Aが溶断してエアコンが作動しなくなり、同時にラジエターファンにも影響を及ぼして回転しなくなります。当然冷却水のクーリングが行われなくなるわけですから、エンジンがオーバーヒートするというメカニズムです。

Resizer_15916196495480
















さしあたっての復活方法としては、スペアの7.5Aヒューズを交換してエアコンスイッチをONしない、マグネットクラッチに電気を流さなければ走行には支障はきたしません。しかしどこでどうメジャーな応急処置対策として普及したのか不明なのですが、7.5Aより大容量のヒューズを交換するケースを多数見てきました。

大容量ヒューズに交換するメリットは勿論存在していて、マグネットクラッチに不具合を抱えたままでも暫くの間はエアコンを使用できるということです。

過去にも同様の記事を何度かレポートしたことがあり、容量違いのヒューズでエアコンを継続使用することの危険性をお伝えしたことが有ります。今回は20Aヒューズが使用されており、ヒューズは黒く焼け焦げて端子は変形している状態でした。
配線には大電流が流れ続けて負担が掛かっていたのだろうと想像できます。

ビートの中古車購入に確認するポイントとして、コンデンサファンのヒューズ容量をチェックするのは意外と大事なのかもしれません。

Profile

COZY-LIGHTS CLR

コージーライツCLR
http://www.cozy-lights.net/

静岡県浜松市でKスポーツのチューニング、ドレスアップなどクルマ遊びの提案をしていくお店です。ホンダ ビート/S660のオリジナルパーツを常時開発中。

最新コメント
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索