浜松でネジをまわす社長の日記

Kスポーツ専門店コージーライツの日々。

サーキットチャレンジ2017 エントリーリスト

サーキットチャレンジ2017 エントリーリスト










































【サーキットチャレンジ2017 エントリーリスト】
※エントリーもまだまだ募集中です!※

今週末に開催いたします【サーキットチャレンジ2017】走行会のエントリーリストを発表します。

...

エントラントの皆様には、後ほどメールにて個別に案内をご連絡いたします。

エントリーリストの中からご確認頂きたい事項が2点ございますので、確認後に変更や修正点など見つかりましたらメールまたはFBコメント欄へご連絡ください。


|訖の数量
本人分を含んだ数量になっております。お1人で参加の場合は【1】です。
エントリー受付開始時に、エントリーフォームの不具合で数量をうまく選択できないトラブルがありましたので希望数量と違っているケースが考えられます。


▲ラス分け
エントリーフォームにて選択いただいたドライビングレベルまたサーキットベストラップ、過去の参戦履歴から判断したスキルを参考にしています。Aクラスから順にラップタイムの速いクラス分けになっています。
【友達が別のクラスにいるから変更してほしい】【ドライビングレベルに合っていないので速い/遅いクラスに移動したい】など希望があれば対応可能です。

上記2点についてご確認よろしくお願いします。



※追記 ドリフト枠に関して
アンケートを行ったところ、ほとんどの方がグリップ希望でしたので基本的にはグリップ走行会といたします。
お昼休み辺りに希望者のみのドリフト時間を設けたいと思っておりますので、ドリフト走行も考えている方はタイヤなどの準備をよろしくお願いします。
ドリフトのみ走行をご希望されたエントラントには、メールにてエントリーの可否をご確認させて頂きます。

我慢していると感じたらオーバーホールです

IMG_8397




















カプチーノ トランスミッションのOH作業をご注文頂きました。
サーキット走行中に3速がブローしてしまい、全体的にダメージが及んでしまっていますのでストックミッションから部品取りをしながら製作しています。

IMG_8398



















オーバーホール時にスルーしてしまいがちなのがレリーズベアリングのリリースシャフトです。シャフトとブッシュを新品交換〜耐久性の高いグリスを採用することで驚くほどにクラッチペダルフィーリングが軽くなります。
ミッション内部を中心にオーバーホール内容を考えつつ、周辺の機能にも気を付けて完成度を高めています。

IMG_5890



















2速のシフトアップ/シフトダウンにトラブルを抱えるケースが一般的ですが、ほとんどの場合はオイル交換などでは復調することはありません。コンディションの悪いミッションフィーリングで運転するのはとても苦痛です。気持ちの良いシフトチェンジを楽しむために、早めのオーバーホールを心掛けたいですね。

得られるのはコーナリング性能ではありません

IMG_5504




















S660 ピロボールロワアームをご購入頂きました。ミッドシップスポーツにとってリアアームのピロボール化は非常に有効で、特にハイスピードコーナーではその恩恵を得られます。

ただ、ピロボールアームの恩恵は【コーナリング性能が向上する】という安易なものではありません。もちろんゴムブッシュの変形による無駄なアライメント変化が無くなりタイヤのグリップを有効活用することができるようになります。それよりも特筆したいのは、感じ取ることが出来るインフォメーションがクリアーになることです。

ミッドシップマシンの場合はリアの挙動をダイレクトに感じ取ることがタイムアップの鍵になります。ピロアームを装着することで、ぼやけていた挙動がダイレクトにわかるようになりますからテールスライドなどが怖くなくなる、といえばわかりやすいかもしれません。また、恐怖感の少ないミッドシップマシンのコントロールほど面白いものはありません。コーナリングを楽しむために最もお勧めしたいパーツの1つです。

IMG_5505



















キャンバー調整が可能になることも大きなメリットです。ロワアーム側を延長することによるメリットは他にもあり、トレッドが広がる安定感、アライメント変化の減少などサーキット走行にはメリットがたくさんあります。
コージーライツ製ピロボールアームは車検にも対応していますから、デイリーユースでも合法に楽しむことが可能です。

S660用

○リア ピロボールロワアーム 32,400円

○リア ピロボールトーコントロールアーム 41,040円

エンジンコンディションはアイドリングにあり

IMG_0379



















E07Aエンジンオーバーホールと同時に必ずメンテナンスしておきたいのがインテークマニフォールドのオーバーホールです。エンジン本体は完璧になったとしても、吸気システムに不具合があれば性能を発揮することは出来ません。特にビートの場合は3連スロットルを装備していますから、エンジンコンディションに大きな影響があります。

コージーライツではエンジンOHと同時に、インテークマニフォールドのオーバーホールも必ず行います。特に3連スロットルには多くの時間=コストを掛けています。

IMG_0383



















完全分解〜洗浄を行った後にスロットルボディはブラスト処理を行います。スロットルの組み立てには3種類のグリス、ネジロックタイト、スロットルコートと多くのケミカルの使用を必要とし、組み立てには経験と技術を要します。バタフライの組付けには精密な調整が必要ですから、特に重要な部分です。

IMG_0381



















エンジンのコンディションはアイドリングにあり。調子のよいエンジンはアイドリングの雰囲気を見るとわかります。基本は閉まるところは閉まって、開くべきところはバチっと開く、簡単なようで難しいことです。細かな調整を積み重ねて組み立てられたエンジンは、アイドリングの安定感に繋がります。

不調の原因は合わせ技でした

IMG_0766




















エンジンコンディション不調のビートをメンテナンスご注文頂きました。
アクセルを踏んでもレスポンスが悪い、走行できるけど不調という内容です。お客様は自走でのご入庫を決行、もし途中で止まってしまったらレスキューお願いしますとの依頼の中、予想通りレスキューの出動する結果になりました(笑)

状態を確認したところ、燃料ポンプが回っていません。1年に数回しか乗ることがないビートなので燃料タンク内の錆とポンプの故障を予想しました。ところがタンク内部は錆びひとつないコンディションで、ポンプも新品のような状態です。ただひとつタンク内部を確認して分かったことは【ガソリンが全く入っていませんでした】

結論としてはインパネ側の燃料メーターが固着して不動になり、メーター上ではまだ残量があるかのような指針になっていたためです。その結果、ポンプが空打ちを繰り返して焼き付いたという連続した不具合でした。

乗る機会が少なすぎて壊れるケースが最近は非常に多くなってきている気がします。趣味車の場合はどうしても不動時間が長くなりがちですが、運動不足がコンディション悪化を招いてしまうことも気を付けなければいけません。

E07A コンプリートエンジンGT-N スペシャル仕様のご紹介です

IMG_0774



















昨年の発売開始以降、常にご予約を頂いている人気商品【ビート E07AコンプリートエンジンGT-N】今年も多くのビートへ搭載させて頂きました。
「たくさん」というのは言い過ぎで、年間に5〜6基程度しか製作できませんから、今年はF6A&K6Aと合わせて7基の製作でした。

そのうちの1基、今年最後の製作となったGT-Nエンジンはなんと【ストック】です。来年のご予約作業までに少しだけ時間が出来たので、行き先無しで製作しました。
また、66.15mmオーバーサイズピストンCLRスペックとフルフローコンロッドを組み合わせたローフリクション仕様です。

このスペシャル仕様のGT-Nエンジンをクリスマス価格でご提供いたします。
通常価格 GT-Nエンジン単体で350,000円(税別)ですが、同価格にて販売いたします。
年内にご予約(ご注文)1基のみ限定販売ですから、少しでも購入を考えたら反射的にご注文ください。


○ビート コンプリートエンジンGT-Nスペシャル 350,000円(税別) 限定1基のみ
※脱着工賃、補機類オーバーホール別途

リアバンパーご注文からのボディキット装着です。

IMG_0769



















IMG_0772



















ビート ボディキットの装着オーダーを頂きました。

当初の予定では【リアバンパーのみ】装着予定だったのですが、気が付いたらフルキットで装着することになっていたパターンでした。ありがとうございます。
年内に完成目標で急ピッチで作業を進めています。特に時間のかかるボディへのフィッティング作業はコージーライツにて行っています。
早速ボディショップへ移動させて塗装の作業を開始しています。なんとか年末ぎりぎりでお渡しできそうです。完成を楽しみに待っていてください。

○フロントバンパーGT 45,360円
○アンダーカナードGT 43,200円
○ユニヴァーサルナンバーステー 3,240円
○サイドステップGT 45,3660円
○リアバンパーGT 45,360円

ビート エアロパーツの人気No.1 じつは・・・

IMG_5125



















IMG_5121



















本日はビート用エアロパーツの話題です。

現在販売中のGTエアロシリーズ、その中でも一番人気は実はリアバンパーです。
フロントバンパー、サイドステップもたくさんのご注文を頂きましたが、それよりも圧倒的にリアバンパーのオーダーが多い状況です。理由は全くわからないのですが、よく考えてみるとそもそもフル交換のリアバンパー製品が少ないからかもしれません。

そんな理由はさておきにしても、リアバンパーのデザインはフロントに比べて非常に難しいというのが僕の過去の経験からの印象です。フロントは意外とデザインアイデアが浮かびやすいのですが、リアについてはアイデアが浮かびにくく、常に苦戦してきました。ビート リアバンパーGTは多くのユーザー様に受け入れられているのは事実ですから、完成度の高いデザインに仕上がっているのかもしれません。

社外品マフラーと組み合わせることが前提のような形状ですが、ミッドシップならではのリアビューを演出するために存在感の高いリアバンパーです。

○ビート リアバンパーGT 45,360円

人気の理由は究極のシンプルデザイン

IMG_7045



















カプチーノの事を知らない人がこの車両を見たら、恐らくフロントバンパーが純正から交換されていることに気づかないでしょう。現在販売されているエアロバンパーの中で、最もシンプルにデザインされているのが【フロントバンパーGT-N】です。

アフターマーケットエアロパーツの場合、パーツ単体でのデザインを重視しがちになりがちです。特にプレスラインのアールが違ってくると尖った印象になりますから、どうしても本来のボディラインとは違和感を感じることになります。

フロントバンパーGT-Nは開口部やウインカー装着部、またバンパー下面付近のリップ形状部など全てのキャラクターラインのアールに何度も手直しを加えました。とにかくこだわったのはデザインを構成しているラインの【アール】です。カプチーノ特有の柔らかいボディラインに合わせた、自然な佇まいを実現しています。

○フロントバンパー GT-N 43,200円
○フロントアンダーカナード GT 38,880円 

チューニングを急ぐ必要はありません

IMG_4799 
足回り交換と言えば車高調、そんな風潮になりつつある近年のサスペンションチューニングですが、まずはローダウンスプリングから試してみるのは悪くない選択です。

特にS660のようなスポーツカーであれば、末永く所有することを目的にして手に入れたオーナーが多いでしょうから、チューニングを焦る必要は全くありません。特にサスペンションは一度のモデファイで好みのセッティングになることはないでしょうから、スプリングだけを交換して変化を少しずつ楽しむことを提案します。

とはいえ、純正ショックアブソーバーの性能はハイレベルにセットされていますから、スプリングレートを若干アップするだけでも驚くほどにスポーティなハンドリングに変化します。スポーツ走行を楽しむ場合でも、純正ショック&ローダウンスプリングのセットで十分に楽しいフィーリングを得られます。


IMG_4827



















○S660 ほどよくローダウンスプリング 23,760円(税込)







Profile

COZY−LIGHTS

静岡県浜松市でKスポーツのチューニング、ドレスアップなどクルマ遊びの提案をしていくお店です。カプチーノ、ビート、S660のオリジナルパーツを常時開発中。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ