IMG_9755



















IMG_9802



















8月に開催されるK4GP 500kmレース参戦に向けて2017スペックのシェイクダウンを行いました。

2016スペックから比較すると、どういうわけかレーシングな方向へ突き進んでしまっている気がしてなりません。テストの目的も【今日は何秒くらいで走りたいね】という数字重視、とても耐久レース用に仕上げているマシンとは思えません。しかし、思いっきり速く走ることによってエスの限界性能を知っておくことは今後のさまざまなレース参戦において非常に重要な課題であることは間違いありません。

【2017スペックの主な変更点】
・HKS GT100R ターボキット+エキゾースト(100PS)
・CLR フルピロボールブッシュキット
・CLRダンパー KONIスペックの仕様変更
・CLR強化&ローフリクションドライブシャフト
・軽量化

IMG_9804



















ドライバーズシート周辺には大きな変更点はありません。
レース本戦までには、各スイッチ関係の移動&追加を行います。

IMG_9807



















IMG_9808



















DSC_2451
















ベストタイムは1分3秒890でした。
昨年のベストタイム1分5秒726から大幅にタイムアップ、とも言えますし思ったより数字が出なかったとも言える結果でした。100馬力クラスになってくると、当然のように各部のバランスが崩れてきます。特にサスペンションセッティングは仕様変更必須です。
来月の富士テストまでに次の一手を指しておかないといけません。