浜松でネジをまわす社長の日記

Kスポーツ専門店コージーライツの日々。

日々

再販パーツを交換しよう

IMG_1498



















IMG_1499



















1月に再販されたフューエルプレッシャーレギュレーター交換をご注文頂きました。

僕としては再販を待ちに待っていた部品です。
理由は単に【見た目】だけです。エンジンOH時にサビサビのレギュレーターが気になって仕方なかったからです。(再販ありがとうございます)


今回のご注文は特に不具合が出ているわけではなく、30万キロも使い続けているため交換したいとのことです。

交換後に試運転を行ったところ、何となく調子が良くなっているような気がします・・・・ビートオーナーの皆様、是非交換してください。

IMG_1501

【楽しい】は仕事の中にも存在しています

IMG_1417




















ビート タイミングベルト交換作業のご注文を頂きました。


ベルト交換作業は数えきれないほどに作業をした経験がありますが、その中でも僕の好きなパートは【バルブクリアランス調整】です。

作業の9割を終えたあたりで、最後の仕上げのような位置付けで調整します。

IMG_1418



















ラッシュアジャスターが増えてきている昨今では古めかしいデザインではあるのですが、人が手を入れる余地があるエンジンはやはり楽しいです。いくら忙しいときでもクリアランス調整だけは手を抜いたことはありません。納得がいくまで何度も調整してヘッドカバーを閉じるのが至福の時間です。

ミッションチューニングの最高峰

IMG_1410




















ビート サーキット専用にトランスミッションの製作を進めています。

エンジンに比べると、ある意味【脇役】的な印象があるミッションチューニングですが、ことNAエンジンのビートにとってはエンジンと同等に重要な部分です。

IMG_1414



















IMG_1415



















チューニングはフルスペックです。
RSマッハ クロスギアキットを中心に3速ギアを変更、全てのギアとシフトフォークにはWPC処理を行っています。

IMG_1412



















クスコRS LSDはユーズドですがリペアキットを使用してオーバーホール、1.5ウェイを選択しています。ファイナルギアは中部地区のミニサーキットをターゲットとしてますので5.714のビート純正を採用しました。

搭載する車体は現在エンジンも製作中ですから、全てが完成次第に同時搭載します。

クラッチ交換の目的は異音解消です

IMG_1368



















IMG_1363






















ビート クラッチ交換作業をご注文頂きました。

ビートではクラッチディスクの摩耗/カバーの劣化による滑りなどで交換するケースはほとんどありません。交換の目的としてはフィーリングの悪化などはありますが、主には低回転&高負荷時に発生する特有の異音の解消です。2,000~3,000rpmあたりで【ジャラジャラジャラ・・・】と原因不明の音が出る場合は、ほとんどがクラッチディスクが原因です。交換時には異音の発生が比較的少ないアイシン製をお勧めしています。

IMG_1364






















セット交換する部品としてレリーズベアリングやパイロットベアリングは必ず交換します。また、強いトルクが掛かるフライホイールボルトやクラッチカバーボルトも交換してしまいましょう。ボルト関係は再使用してしまうことが多いと思いますが、ボルトも少しずつ劣化しています。
小さな劣化の解消を続けることで、数字には表れない新車時のフィーリングを取り戻すことができます。

定番は少しずつ変化しています

IMG_1362



















IMG_1359






















ビート タイミングベルト交換作業をご注文頂きました。

タイミングベルト交換のはずが、最近ではカムシャフトまで取り外すケースがほとんどです。エンジンオーバーホールを経験していない車体では、走行距離が少なくともオイルシールやゴム関係はすでに張力を失っているケースがほとんどです。E07Aエンジンは【外側にはオイル漏れが少ないのですが、見えないところで漏れている】ことが日常的に起こります。

IMG_1361



















カムシャフトを取り外す理由としては、スパークプラグホールへのオイル漏れ修理/予防のためです。カムホルダー部にOリングが取り付けられているため、ゴムが硬化してシール性が失われてスパークプラグ側へオイルが侵入してしまいます。Oリングを交換するためにはタイミングベルトを取り外す必要がありますから、オイル漏れが未だ発生していなくとも交換しておくと安心です。

IMG_1355



















IMG_1360



















こちらは定番ですが、ウォーターポンプも同時交換です。
以前からビートのウォーターポンプには諸説ありますが、最近はトラブルを聞かなくなってきました。しかし依然として水漏れの症状は起こるケースが多いですから、ベルト交換時に必須交換です。

また、サーモスタットの破損する症状も多くなってきています。これもタイミングベルト交換時にアクセスしやすいポジションに取り付けられていますから、合わせて交換しておきたい部品です。

S660 ローダウンのベストバランス

IMG_1333



















IMG_1330






















S660 ほどよくローダウンスプリングの装着です。

エアロパーツや吸排気系のチューニングが一通り完成し、いよいよホイール交換というタイミングで車高もダウンするのはバランスを考えて必須になります。ただ、車検は勿論のことストリートユースで必要以上に不便になるような車高にセットしてしまうと、街乗りの楽しさを大きくスポイルしてしまいます。

【圧倒的に車高の落ちないローダウンスプリング】のほどよいダウン量は、日々のドライビングに最適な車高を実現します。

IMG_1335



















IMG_1340



















アドバン RG-D2ホイールの装着に合わせてチョイスしていただきました。車高はもちろんですが、サーキット走行においても結果の出ているサスペンションですから、ワインディングでのコーナリング性能も大きく向上します。S660の本来のコーナリング性能を存分に楽しんでください。


S660 ほどよくローダウンスプリング 23,760円(税込)

数百円の部品でトラブルを予防できます

IMG_1323




















カプチーノ クラッチオーバーホールのご注文を頂きました。


クラッチカバーとディスク、レリーズベアリングをセットで交換するのは基本ですが、カプチーノであればもう少しコストを掛けてメンテナンスをしておきたいところです。
オイル漏れの起こりやすいクランクシャフトのリアオイルシールはミッションを降ろしての作業となりますから、現状でオイル漏れが発生していなくとも交換しておきます。

IMG_1324



















また、シフトレバーブッシュも合わせて交換します。
プラスチック製のブッシュなので破損することが多く、トラブルが発生するとシフトレバーがぐらぐらになる症状が起こります。ひとつ200円程度の部品ですが、単独で交換するとなると工賃が高額になります。クラッチ交換をするタイミングは何度もありませんが、必ずセットで交換しておきたい部品です。

ゆく年2017

IMG_1168



















IMG_1165




















IMG_0909



















2017年 サーキットチャレンジに参加頂いたエントラントの皆様、また当日にトン汁サービスをご協力頂いたスタッフの皆様お疲れさまでした。大きな事故は無く無事にイベントを終えられたことを感謝いたします。ありがとうございました。

これにて2017年のコージーライツの営業を全て終了いたしました。


本年も多大なるご愛顧を頂き、本当にありがとうございました。
今年はたくさん挑戦をしてきました。その中でもS660レースカーでK4GPクラス優勝できたことは、大きな出来事でした。その他にもたくさんのチャレンジがあったのですが、あまりにたくさん有りすぎた1年でした。残りわずかとなった2017年を振り返りながら、今年を終えたいと思います。

それでは、本年はこれにて失礼いたします。
皆様、良いお年を。

有限会社コージーライツ 代表 佐々木 浩二

ローフリクションを追求するぞ

IMG_0802




















S660 K4GPレースカーのモデファイを進めています。
2018シーズンのテーマのひとつ【ローフリクションの追求】主役となるのはトランスミッションとハブナックル周辺です。

IMG_0805



















IMG_0810



















2年間の間に酷使した6速マニュアルトランスミッションは4速へのシフトチェンジ時に異音を発するようになってきていました。ギア/ハブスリーブとベアリングには問題は発生していません。しかしほとんどの走行がレーシングスピードでのオドメーター8,000kmですから、ベアリングとシールは新品交換です。
同時に【ギア】【ハブスリーブ】【シフトフォーク】【シンクロナイザリング】全ての部品にWPC処理を行いました。ローフリクションと耐久性を狙っています。


IMG_0816



















IMG_0813



















前後ハブベアリングは完全分解してWPC処理〜FRIXION社ハイパーペースト#3ローフリクショングリスを採用して組み立てています。ハブベアリングモデファイはビートではすでに実績があり非常に高い効果を確認していますので、富士スピードウェイを100周くらい走行すれば【半周くらいの】アドバンテージが出るのではないかと期待しています。

我慢していると感じたらオーバーホールです

IMG_8397




















カプチーノ トランスミッションのOH作業をご注文頂きました。
サーキット走行中に3速がブローしてしまい、全体的にダメージが及んでしまっていますのでストックミッションから部品取りをしながら製作しています。

IMG_8398



















オーバーホール時にスルーしてしまいがちなのがレリーズベアリングのリリースシャフトです。シャフトとブッシュを新品交換〜耐久性の高いグリスを採用することで驚くほどにクラッチペダルフィーリングが軽くなります。
ミッション内部を中心にオーバーホール内容を考えつつ、周辺の機能にも気を付けて完成度を高めています。

IMG_5890



















2速のシフトアップ/シフトダウンにトラブルを抱えるケースが一般的ですが、ほとんどの場合はオイル交換などでは復調することはありません。コンディションの悪いミッションフィーリングで運転するのはとても苦痛です。気持ちの良いシフトチェンジを楽しむために、早めのオーバーホールを心掛けたいですね。
Profile

COZY−LIGHTS

静岡県浜松市でKスポーツのチューニング、ドレスアップなどクルマ遊びの提案をしていくお店です。カプチーノ、ビート、S660のオリジナルパーツを常時開発中。

Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ