浜松でネジをまわす社長の日記

Kスポーツ専門店コージーライツの日々。

日々

シートベルトを交換しよう

IMG_0265




















8月10日にホンダよりアナウンスされた【ビート 純正部品の再販開始】
ビートオーナーとしては本当にうれしい、素晴らしい出来事です。自動車メーカーにしか生産できない部品は当然あり、それが重要保安部品であれば純正部品に頼らざるを得ません。しかし、本田技研が【ビートは存続すべき名車】と認めてくれたわけですから、今後10年、20年と楽しむことが出来そうです。

第1弾としてアナウンスされた部品のひとつ、シートベルトを購入しました。
当たり前ですが【新品】です。廃盤になっていたパーツが再販されるこの喜びはひとしおですね。とにかく綺麗です。シートベルトは運転するたびに装着するわけですから、交換するだけで新鮮な気持ちでビートを楽しむことが出来そうです。

IMG_0262



















IMG_0261



















IMG_0247



















「再販された、よかったよかった」と言っているだけでは【再廃盤】になってしまう可能性があります。メーカーの取り組みに感謝の意を表す方法はただ一つ、再販された部品を購入することです。再販されたからといっていつまでも購入できるわけではありません。タイミングはいつまでも続きません。逃さないように、先延ばししないように即行動です。

MEET THE BEAT! 2017 でお会いしましょう

IMG_9472



















IMG_9422



















IMG_9436



















IMG_9318



















【新商品をもって、MTB!へお邪魔します。】

今週末21日(日)には、栃木県ツインリンクもてぎサーキットにて開催される
「MEET THE BEAT! 2017」へ出展ご協賛させて頂きます。

今回は久しぶりのカーボンパーツ新製品をもってお邪魔します。

【カーボン センターピラートリム】
インテリアパーツラインナップの中でも途中になっていたフロントウインドウAピラー部のカーボン化を完結させるアイテムです。
原型の製作から生産型まで、全てコージーライツにて開発を行ったこだわりの一品です。

【カーボン オーディオコンソール】
数年前まで販売を行っていた大ヒット商品です。
生産型の劣化に伴い、クオリティを維持できなくなったために販売を終了していた同商品ですが、生産型の大修正を行い再生産をすることが可能になりました。

しかし、様々な事情から現状では多くの生産を行うことが難しい状況ですから、20セット限定にて販売を致します。
また、DINオーディオを装着するための配線コードキットを20セットにはサービスにて付属いたします。
こちらはMTB!会場でもご注文を受け付けますのでご興味のある方は是非ご予約下さい。

会場ではたくさんのオリジナルパーツを展示予定です。
是非コージーライツブースへお立ち寄りください。

それでは、ツインリンクでお会いしましょう。

テーマは【パワーアップ】【フリクションロス低減】

IMG_8635



















IMG_8640



















K4GP参戦車両 S660レースカーの2017スペック製作を進めています。

コンセプトは【パワーアップ】【フリクションロスの低減】をテーマにアップグレードを行っています。その中でも【フリクションロスの低減】は今回のトピックです。手始めに強化ドライブシャフトのテストバージョンを装着したことと、ナックルブッシュを新規開発したピロボールブッシュへ変更しています。

IMG_8646



















IMG_8636



















ロワアーム、ラジアスアーム受け側へピロブッシュを装着しています。すでに【リア ピロボールロワアーム】と【リア ピロボールトーコントロールアーム】を装着していますから、ラジアスアーム前側のブッシュ以外はピロボール化しています。

今週末は鈴鹿サーキット フルコースにてテストを行います。

○リア ピロボールロワアーム 32,400円(税込)
○リア ピロボールトーコントロールアーム 41,040円(税込)
○強化ドライブシャフトキット 価格未定
○ピロブッシュキット リアナックルロワアーム 25,920円(税込)
○ピロブッシュキット リアナックルラジアスアーム 36,720円(税込)

20万kmお疲れ様

IMG_8523



















20万キロを走破したEA21R K6AエンジンのOH作業をご注文頂きました。

初期型K6Aの持病であるヘッドガスケット抜けにより、必要に迫られてのオーバーホールです。しかし、20万キロをノントラブルでよく持ちこたえたと思います。

IMG_8525



















IMG_8527



















IMG_8526



















2番シリンダーのガスケットが盛大に抜けていました。しかしダメージは少なくて一安心です。このコンディションであれば十分に再生可能です。4月中の完成を目標に急ピッチで製作を進めます。

レストア>>オーバーホールですよね

IMG_8396



















IMG_8401



















IMG_8398



















コージーライツの日々作業は、オーバーホールの毎日と言っても言い過ぎではないご注文内容になってきています。カプチーノ&ビート共に車齢25年を超えているわけですから、車検整備ひとつをとっても【24か月点検のみ】で済むことはほとんどありません。継続検査の受検にあたって、問題が無かったとしても最低1か所はリフレッシュメンテナンスを推奨させて頂いています。
不具合が発生する=壊れるのを待ってからの整備となると、全てにおいて寿命ギリギリを狙っていくことになります。その結果、どこかの車検タイミングで全ての不具合箇所を同時にメンテナンスすることになり一度に高額なコストが掛かってしまうパターンに陥ります。
そんなタイミングが訪れると【車を買い替えるか、どうしようか】という良くない思考回路に迷い込みますから、少しずつでもコンディション良く、綺麗に、気持ちよく乗ることが出来る愛車にしておくことが長く付き合っていくコツです。

そんな中でも【コンディション良く】これは最重要項目であることは間違いありません。それと同じくらい重要なことは【綺麗に】です。すでに旧車の領域に突入している車達ですから、ボディ外装がボロボロだと乗りたい気持ちが消えてしまいます。また、見た目には綺麗だけど下回りはサビサビというのもテンションが下がります。

ここからようやく本題です。エンジンやミッションのOH作業にあたって、今までは中身が重要でした。もちろん現在でもそれは変わりません。機能を完璧に復活させるのは当然として、さらにユニットの美しさにもこだわる必要があると思っています。

IMG_8188



















IMG_8203



















IMG_8198



















廃盤部品は再メッキをかけて再生したり、ケースは徹底的に洗浄して新品に近いクオリティを目標にオーバーホールを行うように変化してきています。どちらかというと【レストア】と呼ぶ領域なのかもしれませんが、まだまだオーバーホールの域を脱していないように感じます。(完成度不足という意味です)
レストアしました、と言えるようになったら自分自身で納得がいくクオリティに達した時かもしれません。

E07A ヘッドチューニングの新提案

IMG_8305




















E07A チューニングシリンダーヘッドの製作を進めています。
コージーライツでは定番のチューニングメニューとしてご好評を頂いているスペックを今回も採用していますが、高回転シリンダーヘッドの【キモ】となるハイカムシャフトをオリジナル品で投入します。

ハイカムの詳細については後日ということで、ヘッドのスペックです。272度ハイカムシャフトをベースにポート拡大、バルブシートカット、下面研磨、RSマッハ製タペットアジャストスクリュー,フリクション製バルブスプリングをといったベーシックな内容です。
しかし過去に何度も製作して実績のあるチューニングメニューですから、性能は勿論ですが耐久性にも実績があります。ハイカム特有のアイドリングの不安定や高濃度の排ガスによる車検不適合なども完璧に対策が出来ていますので、安心して10,000rpmを楽しむことが可能になるE07Aイチオシのチューニングです。...
.
.
.
Now I am making 【E07A high revolution cylinder head】 for Honda Beat owner customer.
The tuning spec is getting popularity from customers.
This time it is adopting new spec high camshaft.

spec
272degrees high camshaft with parkerizing +Hyper MOS by CLR
light weight valve clearance adjusting nut set by RS mach
reinforced valve spring set by FRIXION
cylinder head porting
head face cut
valve sheet cutting

The spec cylinder head has made by CLR many times.
It has awesome performance and durability,also idling stability is perfect for street driving.
You can enjoy 10,000rpm high revolution E07A power and response.

IMG_8328



















IMG_8329



















IMG_8343



















IMG_8351



















IMG_8352

さりげなくアルミキャリパーにグレードアップ

IMG_7561



















IMG_7541



















ビート ブレーキモデファイのご注文を頂きました。

ノーマルからのサイズアップをしながらも、さりげないグレードアップを目指しています。今回チョイスしたのはRSマッハ製 フロントアルミキャリパーキットとコージーライツ製リアビッグブレーキキットのコラボレーションです。

CLR リアブレーキキットをラインナップできたことから、【前後アルミキャリパー】という軽自動車としては通常あり得ないハイスペックなブレーキシステムの完成です。


DSC_1250






















DSC_1251






















_20170115_105052






















この仕様の良いところは、【純正然】とした自然な雰囲気です。ウィルウッドやエンドレスの対向ピストンキャリパーの美しさは魅力的ですが、インサイト×S660キャリパーの組み合わせは前後バランスでいえばパーフェクトかもしれません。
ホンダからビート タイプRが新車で販売されていたら・・・という妄想にピタっとはまったチューニングではないかと思います。

○ビート リアビッグブレーキキット 135,000円(税込)

本日より 2017年の営業を始めます!

新年 あけましておめでとうございます。

旧年中はたくさんのご愛顧をいただき、誠にありがとうございます。
2017年、昨年以上により良いサービスをご提供できるよう尽力してまいります!
どうぞよろしくお願いします。

昨年までに一通りのスポーツカーが発売されて、今年は進化の1年になるのではないかと
予想しています。S660、コペン、アルトワークスを中心にKスポーツは大いに盛り上がるのではないでしょうか。

コージーライツとしては勿論S660です。今年はストリート仕様のエスロクをいよいよサーキットスペックへモデファイしていきます。K4GPレースカーとは違ったアプローチで、かつエスロクでスポーツ走行を始めたいというオーナーに向けて基本的な取り組みとパーツの開発をしていこうと予定しています。こちらは力を入れて計画を進めていきますのでお楽しみに。

ビートとカプチーノについては、昨年以上にレストアの技術を向上させて取り組んでいきます。廃盤パーツの復活なども企画していますので、ご期待ください。


それでは2017年も、車遊びを楽しみましょう。


有限会社 コージーライツ 佐々木 浩二

ゆく年 2016

IMG_6490




















2016年はあと2時間ほどで終わります。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。


本年もたくさんのご来店、作業ご注文、またオリジナルパーツのご購入をいただき誠にありがとうございました。


IMG_6629



















IMG_6447



















前半は何といってもS660 K4GPレースカーの製作に尽きます。

新車からスタートのマシン製作ですから、チューニングパーツが全くない状況で非常に苦労しました。安全装備はもちろんのこと、サスペンションやブレーキなど短期間での開発とセッティングに追われました。レース当日に車両が間に合うのか⁉ヒヤヒヤしながらの作業でしたが、終わってみれば膨大なデーターを得ることができました。


IMG_7520



















IMG_7523



















IMG_7525



















後半からは急激に方向転換を行いました。

エスロクやコペン、アルトワークスなど新車の発表により、いよいよ【旧車】になったビートとカプチーノを本格的にレストアするための準備を始めます。FRPやカーボンの社内生産(内製化)やパーツ再生のための塗装など、今後のために技術向上を進めています。

今後はレストアショップへと舵を切っていくつもりです。


IMG_6460



















もちろんレーシングな活動は引き続き継続していきます。

ビートでのタイムアタックとエスロクでのスポーツ走行をメインに、来年はよりチャレンジしていきます。


コージーライツに関わり頂きましたお客様、関係者の皆様、大変お世話になりました。来年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。


これにて年末のご挨拶とさせて頂きます。
皆様、良いお年をお迎え下さい。


有限会社 コージーライツ 代表 佐々木浩二

臨時休業のお知らせ【12月17日〜12月22日】

【臨時休業のおしらせ】

突然のご連絡となりますが、本日12月17日(土)から12月22日(木)までの間、店頭臨時休業させて頂きます。

私事で大変恐縮なのですが、昨日に父親が他界したため葬儀の日程などから、佐々木は22日まで留守にいたします。
しばらくの間はメカニックスタッフ高野による1人での対応となりますので、ご予約お預かりしている作業のみを対応させて頂きます。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、どうぞご了承よろしくお願いいたします。

コージーライツ代表 佐々木 浩二

Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ