浜松でネジをまわす社長の日記

Kスポーツ専門店コージーライツの日々。

コペンCLR

コペン カーボンドアトリム 正式ラインナップ

P1240339
コペン カーボンドアトリムを正式に製品ラインナップいたしました。

毎度毎度イチオシして申し訳ありませんが、いつものように車に乗り込もうとドアを開けた瞬間から、ちょっとドキッと出来るのがドアトリムシリーズのお勧めな瞬間です。シートに座りこんだ後、ドアを閉めた時の雰囲気も独特の質感を楽しめます。
先にラインナップしているオーディオパネルとの組み合わせで、さらにレーシーなインテリアを演出できます。


■コペン カーボンドアトリム  37,800円(税込み、左右セット)

運転席側 装着作業

P1310394
本日は第1火曜日定休日につき、お休みを頂いております。

先日発売開始したコペン用カーボンドアトリムですが、僕のコペンには助手席はもちろん装着済みですが、運転席はフィッティングはもちろん確認をしてあったのですが、本装着はしていない状況でした。
なぜ本装着をしていないかというと、装着にはちょっと時間が掛かるんです。というのも、装着するにはトリムを分解する必要があり、ネット〜取っ手部分のパーツをカッターを使って取り外す作業をしたのち、貼ってある生地を剥がしてからカーボントリムを装着する順序です。ここまでは車両からの取り外しも含めて、慣れてくれば30分も掛かりません。


P1310396
時間が掛かるのは、生地を貼ってあった接着糊を取り除く作業です。カーボントリムは両面テープにて固定しますので、テープを貼る部分だけを取り除けば全く問題ありません。しかし、見えない部分であってもコダワリたいところ、ありますよね・・・・

糊を取るのには、WAKOのスーパージャンボを使っています。除去力が強い上に、トリムの見える部分にクリーナーが付いてしまっても色抜けなどしないので安心して使用できます。(便利なケミカル情報お待ちしてます!)
片側合計2時間くらいですね。



P1310397
実はまだ完成していません(汗)なんとか明日中には完成させておかないといけませんね。

コペン カーボンドアトリム

P1240343
P1240348
2011年 コペンインテリアカーボンプロジェクトの第1段パーツのリリース開始です。

第1段から大物、ビートやカプチーノではお馴染みとなっています「カーボンドアトリム」をコペン用もラインナップです。ドアトリムはインテリア内でも大きな面積を占めていますので、カーボンを投入することでシートに座った時に感じる空気がガラッと変わります。ノーマルでは「スポーティ」なデザインのインテリアが「レーシング」に表情を一変します。

装着にはちょっとした工作が必要になります。大変な加工や特殊工具が必要なわけではありませんが、左右で半日は掛かるでしょう。装着作業も楽しめる、2度美味しいカーボンアイテムをぜひご検討ください。

本日より受注開始しております。よろしくお願いします。


○ダイハツ コペン用 カーボンドアトリム 37,800円(税込 左右セット)

スタビブッシュ インプレッション

PB250397
先日のタイムアタック前に、僕のコペンにも強化スタビブッシュセットを組み込んでおきました。

走行26000kmほどですが、ノーマルのブッシュは思いのほかペシャンコになっており、駆動をかけた時にはジャダーが出るようになってきていたのでリフレッシュ次時期だったかもしれません。

交換後のフィーリングですが、街乗りレベルでもジャダーはしっかりと消えており、かなりしゃきっとした印象になりますね。ちょっとしたステアリング操作にも反応が良いですし、何よりサスペンション周りからの段差を越えた時などのガタガタ感が解消されて気持ちが良いです。

サーキット走行ではどうか?ストリートでの印象と同様、ステアリング操作に対するレスポンスが良いので、コーナー進入でのワンテンポ遅れがありませんから狙ってラインに乗せやすくなっています。ブレーキングも非常に安定していて、全体的に操作に対して安心感がありますね。

へたった純正ブッシュからの交換ですから、たとえば新品の純正でも同様に効果はあると思うのですが、そこからもう少しハンドリングレスポンスを上げて気持ちの良いフィーリングを手に入れるにはお勧めのセットです。


■コペン フロントスタビライザー強化ブッシュセット 20,475円(税込)

タイヤサイズダウンでタイムダウン


DVC00112
本日は第1火曜定休日につき、お休みを頂いております。

コペンでの走行はなんと1年ぶりになってしまった年末恒例のALTタイムアタックに行ってきました。

言い訳いっぱい書きたいです(笑)


昨年のタイムアタックバトルで1台ずつのジムカーナ形式タイムアタック時に記録したタイムが現状ベストの31秒960、これは車が出来上がってからちょろっと走っただけの結果でしたので、簡単に更新できると期待していたのですが・・・・

○前回からの変更点
タイヤ
ダンロップZ1★ 175 60 14インチ
 ↓
ブリヂストン ポテンザRE-11 165 55 14インチ


サイズダウンでレスポンスとコントロール性をアップさせることが目的でしたが、残念ながら大ハズレです。走行開始数周目で「あ、これ駄目だ」とわかってしまったのですが、なんとかタイム出せるラインがないかなと試すもインタークーラーホースのパイプ抜けが多発、しめ直しても3周しか持ちません。更にはタイヤのローテーションをしている時に、リアドラムのベアリングガタを発見・・・・(終)


今回のベストラップは32秒247です。


とはいえ、気になっていたセッティングを試すことができたので、はっきりと結果がわかってすっきりしましたよ。タイヤはZ1★に戻します。こちらのほうが確実にタイムは出ると思います。(残念ながらRE-11はギア比も合いませんでした)


しかし、RE-11も良いところはありました。
車をコントロールするという楽しさでは、間違いなくこちらが上です。タイムを狙っていくとタイヤサイズは太くなっていく傾向にありますが、引き換えに「車を操っている感じ」は薄れていきますね。これはコペンに限らずどんな車でも言えることですが、今回は再確認したような気分でした。


タイムは出したいけど、マシンを操る悦びも大事だし、どちらを大事にするかはジレンマですね。ぜいたくな悩みかもしれませんけど。

コペン フロントスタビライザー強化ブッシュセット


PB250399
いつもお世話になっているシルクロードさんより、コペン用の強化スタビブッシュ、むむ?強化スタビ用のブッシュと勘違いするかな。ノーマルスタビライザー用強化ブッシュが発売になったので、コージーライツでもパーツ棚に並べて販売することになりました。
まだ装着していないので効果のほどはわかりませんが、僕のコペンに装着してテストをしてみたいと思います。

スタビブッシュの強化は、予想ではかなり効果があると思うんですよね。タイヤの前後方向の動きをゼロとまではいきませんがノーマルと比較してかなり抑えてくれると思うので、コーナー出口でアクセルオン、でしっかりトラクションが掛かってくれるのではと期待しています。

■コペン フロントスタビライザー強化ブッシュセット 20,475円(税込)

金言により

PA310256
ぐだぐだ言いながら、まる2年間も使ってしまったZ1★がいよいよダメなので、新しいタイヤを買うことにしました。コペンのサーキット用タイヤです。
(しかし2年も使ってしまうあたり、走りに行く回数が少なすぎです)

狙っていたのはもちろん、コージーライツでも話題の「V700」です。これなら間違いなくアルトバッチげっとDAZE!と意気揚揚だったのですが?とある男に話をしたら却下されました。
「コペンは普通には185履けないジャマイカ。どんなオーナーでも履きこなせるサイズでデーター取って、みんなにお勧めできる情報を提供するのがショップの役目だろう」(というようなことを言っていた)

ん〜確かにそうかもです。
それなら今まで気になっていたサイズ「165/55 14インチ」を一度試してみたかったので、今回はRE-11を4本揃えました。
RE-11はデビュー当時に予約までして購入したのですが(15インチ)あまり良い印象が無かったんですよね。その後はコペンに履くことなく★にスイッチしてしまいましたが、RE-11は近年コンパウンドが変更された?なんて噂からビートのフロントタイヤに使うようになりました。確かに良くなっているようで、これをコペンに履かせたら面白いんだろうなと想像していました。

タイヤ径が小さくなって、幅も細くなって、パワーは前回のRE-11装着時より出ていますからマシンコントロールを楽しめるようなスリリングな挙動になってくれないかな?とちょっと期待しています。
11月に久々ALT行きます。

コペンが来てから5年

PA250219
コペンが納車されてから5年、2回目の車検を受けました。本日が期限最終日、なんとか切らすことなく継続できてホッとしています。とはいえ、95%車検対応でチューニングしていますので、何もせずにそのまま検査を受けただけです。(スポーツ走行時にホイールとバケットシートを装着するのみで、通常は100%車検対応です)こういう気軽さが良いのかも知れません。

5年間の走行距離は26,000km。主にスポーツ走行を楽しむのとイベントの時にしか乗りませんから、あまり距離は伸びていません。今年は自分で運転したのは1000kmくらいかな?
しかしこう見えても結構気に入ってます。この車は何となくですが、ものすごく肩入れすることなく永く付き合いたい気がしています。

2010年もそろそろシーズンインです。無事に車検も取れたことですし、アルトバッジ奪取を目標にタイムアタックの準備を始めたいと思います。

ちょっと前すぎかな?

P9280082
コージーライツ カーボンパーツの製作をして頂いているファクトリーに、海外より技術研修生が来日しており、FRPパーツの製作指導をしているということです。

そこで、エアロパーツの原型を製作指導するのに、コペン用のエアロボンネットを作ってみたとのことです。指導者曰く、ボンネットというのはFRP製品を製作するのに基本の作業が盛り込まれているので実習課題としては適しているということらしいです。

そんなことで、形状も位置関係も全く関係なく(実車はファクトリーにはありませんから(汗))製作してみたのでどうかな?とのことで車両に取り付けてフィッティングを確認してみました。う〜んなかなかイカツイ。

あす以降に詳しく報告しますよ>ショウちゃん

コペン用 アルミラジエター発売開始

P6290381
6月のサーキットテスト以降、ストリートでの冷却性能と耐久性の確認を進めていたアルミラジエターですが、本日正式リリースを開始いたしました。

コペンの冷却性能は難あり、というのはオーナーさんなら気にしている方が多いと思います。油温と水温はサーキットは勿論、できればストリートでも「適温」に保ちたい重要な項目です。冷却性能向上の手始めに、まずはラジエターを強化するのはファーストステップとしてはおすすめです。

コージーライツ アルミラジエターはボルトオン装着、部品の切削など加工は一切必要ありませんので手軽に導入できるところも冷却強化第1弾として最適なアイテムです。


コペン アルミラジエター(MT車用) 71,400円(税込)
Profile
Archives
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
  • ライブドアブログ