2014年07月05日

悶々とした日々 2

前回の続きですが、日本人なら東南アジアの言語学か歴史学を専門に研究している人でなければまず知らないであろう「モン族」について、もう少しつらつらと書きます。

ところで、いきなり話題が変わりますが、6月22日にミャンマーから初の世界遺産が生まれましたね。↓
newsclip | ミャンマー初の世界遺産登録 「ピュー古代都市群」

↓こちらが多分日本語ソース最速
ミャンマー・日本語教室ブログ | やったあ〜 世界遺産だ〜

ピュー遺跡
上記のブログによると、今回登録されたのは

「1.ザガイン管区シュエボー県に位置するハンリン古都

2.マグエー管区タウンドゥイン郡のベィッタノー古都

3.バゴー管区ピー県モーザー村のタイェーキッタヤ古都」

の3つだそうですが、1つ目のハンリン古都は確かに綴り上は「Hanlin」なんですが、英語版のwikiだと「Halin」になっていたので、特殊な読み方で「ハリン」と読んだ方が良さそうです。

あと、3つ目のタイェーキッタヤ古都は地図上では「Sri Ksetra」と表記されています。



↓こちらは写真付のブログ
Myanmar Eye | ミャンマー史上初!世界遺産登録決定

ご存知かも多いと思いますが、世界遺産の登録は決してその遺跡の歴史的価値だけでは決まりません。オリンピックの開催都市を決めるときと同じく、その国の経済力・外交力・環境保護政策・紛争状態・国際政治における発言力など、いろいろな要素に加えて毎年UNESCOの会議では喧々諤々の議論が繰り広げられた上で決まります。裏の世界ですね。

そう考えると、ミャンマーから初めて世界遺産が生まれたということは、国際社会の中で近年のミャンマーの急速な民主化努力が高く評価されているってことでしょう。

日本では富岡製糸場の登録が騒がれていましたが、もういい加減これ以上登録数増やすのを止めてほしいです。

決して富岡製糸場の価値が低いというわけじゃないけど、このレベルで世界遺産になれるんだったら、他にも世界遺産になれそうな建物が何十個もあるでしょ?
知名度よりも、実際の歴史的価値を優先してほしい。
それに、あんまり登録数を増やし過ぎても、世界遺産のありがたみが「食べログ 話題のお店」シール程度にまで落ちるだけだと思う。

そもそも、もっと歴史の古い4〜6世紀の古墳群はなんで一つも登録されていないですかね。絶対宮内庁の圧力ですよね。いわゆる「仁徳天皇陵」とか、UNESCOの調査委員会に調べられたなんか都合の悪いものでも眠ってるんじゃないですか。

社会の先生が日本の世界遺産を教えるときも、数ばっかり増えて、どんどん面倒臭くなるんですよね。



さて、話をミャンマーの世界遺産に戻すと、これは3つともビルマ族(ミャンマー族)の古代遺跡ではなく、それよりもさらに古いピュー族の遺跡なんですね。

この「ピュー族」というのが、また日本人には聴き馴染みのない名前だと思うんですが、前回ご紹介したモン・クメール語族とともに、インドシナ半島に現在のタイ人やミャンマー人が入ってくる前の先住民族の一つです。
Wikipediaの日本語版にはまだ『ピュー族』のページがなかったので、英語版から簡単に抜粋して訳すと、

「ピュー遺跡群は紀元前2世紀から紀元11世紀半ばまでに、現在の上ビルマ(ミャンマー)に存在した都市国家遺跡である。遺跡を作ったのはチベット・ミャンマー語群に属するピュー族で、史実上ミャンマー最初の先住民とされる。

ピュー族の支配権は次第に南へ広がり、7〜8世紀には最大都市であるスリ・クセトラ(現タイェーキッタヤ)が造られた。

ピュー文化は、仏教や建築、政治制度において主にインドの影響を色濃く受けており、現在のミャンマー文化にも大きな影響を与えている(仏暦など)。

唐王朝(618〜907年)時代になると、現在の中国雲南省にあった南詔(なんしょう、Nanzhao)王国が繰り返し侵入し、上ビルマにパガン王国を建てた。ピュー族は次第に南詔のビルマ人に吸収され、ピュー語の使用も12世紀頃に途絶えた。」

ということで、ミャンマーに数多く点在する遺跡のうち、最も古いピュー遺跡群が最初に世界遺産に登録されたのは、なかなか的を射ていると思います。

面白いのは、インドシナの先住民のうち、ピュー族とモン族は上座部仏教を初期に受け入れたのに対して、クメール族はヒンドゥー教を信仰し続けていたところ。

AsSE_印・印支半島1


この辺はまだ勉強中なので、何が関係していたのかはよく分かりませんが、詳しく分かれば(&気が向けば)そのうち続きを書いていきたいと思います。

モン族の話を全然していませんが、長くなってきたのでこの辺で。


cozymonday at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)夢追い虫 

2014年05月17日

悶々とした日々

久しぶりの記事で何を書けばよいのか分からないんですが、
ふらっと旅に出てきたつもりが、いつしか旅が人生の中心となり、
日本への帰国の方が自分にとっての『旅』となってしまっています。
この1年間本当にいろいろなことがあり、今もまた人生の大きな選択に直面しています。

まあ、そのことについてはおいおい書いていくことにして、
今日は、日本ではまず知られていない「モン族」について簡単に紹介します。


States of Myanmarタイとミャンマーの国境線は、約1800kmにわたって南北に続いています。

ミャンマー側でタイと接しているのが、

シャン州、

カヤ州、

カイン(カレン)州、

モン州、

タニンタイ管区


です。

(ミャンマーには7つの州と7つの管区がありますが、は主にビルマ(ミャンマー)族以外の少数民族が、管区はビルマ(ミャンマー)族が多数を占めます。)


そのうち、主にモン州に住む少数民族が、「モン族(Mon)」なわけですが、彼らは現在のタイ中部にも多く住んでおり、両国のモン族人口を合わせると70万人とも80万人とも言われています。
(wikipediaでは800万人となっていますが、明らかに間違いです。)



ちなみに、タイの北部に住む少数民族にもう一つの「モン族」(または「ミャオ族」)がいますが、こちらの英字表記はHmongで、発音も声調も違います。

見た目も全然違います。Hmong women in VietnamMon people

右の写真はどちらもwikipediaからコピーしてきましたが、
左が「モン族(Mon)」で、右が「モン族(Hmong)」です。

日本語でカタカナ表記をするときにはどちらも「モン」なので、ややこしいですね。

タイ人ならすぐ聞き分けられるんですが、外国人にはなかなか聞き分けられないかもしれません。

さて、今となっては少数民族となったモン族(Mon)も、かつてはインドシナ半島の広い地域を支配した民族だったんです。

言語学的には、モン語は「モン・クメール語群」に入るので、現在のカンボジアを作ったクメール人と同祖になると考えられます。

先史時代から13世紀頃までは、このモン・クメール語群の話者たちがインドシナ半島の覇者でした。

モン族は主に現在のタイからミャンマーにかけてさまざまな王朝を作り、クメール族は現在のタイからカンボジアにかけてを支配していました。

紀元1000年頃から、中国南部より「タイ・ラオ語群」「ビルマ諸語群」といわれる言語を話す民族グループがインドシナ半島に南下してきます。

彼らによって少しずつ領土を奪われたモン族の王国やクメール人のアンコール王朝は、次第に衰退していきました。

クメール人は今でもカンボジアという独自の国民国家を持っていますが、モン族はミャンマー国内のモン州にその名前を残すのみとなっています。

長くなってきたので、今日はこの辺で。

続きはまた気が向いたら書きます。


cozymonday at 18:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)夢追い虫 

2012年04月14日

捨やらで柳さしけり雨のひま

地元岡山に再び戻ってきました。また寒が戻ってきた感じですが、桜は満開です。

こっちの友達からは去年の洪水のことばかり聞かれるけど、スコータイ以外では実際に水につかった現場を見てないし、答えるのが難しいですね。一回ぐらいタンヤブリーの清掃ボランティアに行っておけば良かったなーと。

今日は曇天の寒空の下、自転車で美観地区を一周して、ふるいちのぶっかけうどんを食べて、本屋で色々と買い込みました。どうしても買いそろえたかった惣領冬実『チェーザレ』ですが、あの価格×8冊に、全巻大人買いはあきらめました。
チェーザレ8巻
チェーザレ 破壊の創造者(8) (KCデラックス)

取り合えず4巻まで買って(中途半端)、飛行機の中ででもゆっくり読みます。それだけでも、かなり荷物が重くなりますけどね。
でも、惣領さんの漫画はストーリーだけでなく、一つ一つの絵がすごく丁寧だから読み応えがあるんですよね〜。

ついでに、『森薫拾遺集』にも食指が伸びたけど、ぐっと我慢。いつの間にこんなの出てたんだか。先に『乙嫁』から読むべきか…。
森薫拾遺集


最近の日本は一昔前より、漫画雑誌がずいぶん多様になって、大手の少年・青年漫画雑誌以外でも質の高いものが増えてきていますよね。外国に住んでいると、ますます追いつけなくなってしまいます。

他にも、モーニング版『西遊記』とか、いつの間にか終わってた『海皇記』とか、続きの気になる『ヒストリエ』とか、ギャグなのかシリアスなのかよく分からない『テルマエ・ロマエ』とか、気になる作品がたくさんあったけど、買い出すとキリがないので残りはバンコクの古本屋を物色してみますかね。


(title from 与謝蕪村「安永四年春帖」)

cozymonday at 02:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)田舎の生活 

2012年04月10日

江古田の桜

岡山では全然咲いていなかった桜が、東京に来ると満開です。これだけでの東京に来た甲斐があったってものです。
40


東京の人にとっては「今日は暖かい」らしいですが、こちらにとってはまだまだ寒い。
夜になると、まだ暖房が必要です。

今日は昼前に起きて、ラーメンを食べ、帰ってネットをし、昼寝をし、コンビニで立ち読みをし、晩飯を食い、本屋で立ち読みをし、マンガを買い、ネットをし(←今ここ)、日本での生活を満喫しました。







タイでの休日とほとんど同じやん…。


cozymonday at 03:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)東京生活 

2012年04月01日

一年ぶりの帰国を前に

日本ではそろそろ桜が咲きだす頃でしょうか。

バンコクで2年近く暮らすうちに、いつの間にかホームとアウェイが逆転していますが、取りあえず本格的に雨期が始まるであろう頃には、無事に帰国して日本で桜をのんびり見て回れることと期待しています。

この一年間で旅行したところを、備忘録代わりに書いておきます。

2011年3月11日
 友人の追悼式のために一時帰国した直後に、成田で地震に遭遇。成田のゲストハウスに一泊。

2011年3月12日
 何とか再開した電車で無事に東京入り。夜は埼玉の友人宅に泊めてもらう。

2011年3月13日
 上海経由で夜にはバンコクに戻るはずが、濃霧のために飛行機が遅れ、上海で一泊する羽目に。翌日の仕事には、シャワーも浴びずに空港から直行し、スライディングで間に合う。

2011年3月31〜4月12日
 一時帰国。岡山東京を回る。
2011040113171


2011年7月31日
 日帰りでアンパワー水上マーケット

2011年10月4日〜7日
 会社の連休を利用してスコータイ遺跡を見学に行く。何も計画を立てずに、着替えを詰めて北バスターミナルに行き、一番早い夜行バスに乗り込んだ。川沿いにあるスコータイの街中は足首から膝下ぐらいまで洪水に使っていたが、遺跡周辺は無事。
2011100511011


2011年10月27日
 洪水の迫るバンコクから、タイ北部へ逃避行。たまたまタイに旅行に来ていた友人とチェンマイを目指す。

2011年10月28日〜11月1日
 チェンマイで友人の友人に部屋を貸して頂き、そのまま骨休め。
2011103111241


2011年11月2日〜6日
 さらに北上してチェンライへ。引き続き、チェンライの友人の家を転々とお世話になる。
2011110620181


2011年11月7〜11日
 さらにさらに北上して、メーサロンへ。一泊50バーツのゲストハウス生活。11日の午後にはチェンライに戻る。
2011110812391


2011年11月12〜13日
 再びチェンライを楽しみ、13日の午後にはチェンマイまで戻り、すぐにバンコク行きの列車に乗り込む。

2011年11月14日
 18時間の長旅を終え、バンコクに到着。結局洪水は来なかったが、依然どぶ臭い。

こうして振り返ると、去年の洪水騒ぎは結果的にいい骨休めになりました。

来週から10日間日本にいますが、暇があったらどうぞ相手をしてやって下さい。
具体的にいつどこに行くかはまだ未定ですが…。

あと、ここ2年はtwitterかfacebookでしか近況報告をしていないので、このブログは放置状態でした。
でも閉鎖したわけではないので、ちょっと長文を書きたくなったらまた書くと思います。

旅行中や帰国中もできるだけ更新したいと思います。


cozymonday at 04:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バンコク生活