トップページ » 高速無料化1ヶ月経過

高速無料化1ヶ月経過

皆様、おはようございます。

高速道路が一部無料化になりましたが、その区間では予想通り交通量が多くなったという記事がありました。
今まで有料だったものが無料になったとなれば利用しない手はないと思うのが人情というものですから、当然といえば当然です。

一方でその良い意味の影響ということで、一般道の渋滞が緩和されたという事実もあります。
現与党の施策はくだらないものが多いですが、この利用頻度が低い高速道路の有効活用が進んでいるということは評価するに値するのではないでしょうか。
渋滞というものはその中に潜んでいる無駄が表面になって出にくい性格があります。
でも、渋滞することによる機会損失をはじめ、二酸化炭素の排出やエネルギーの無駄も合わせれば日本国内全体でいえば相当な無駄が発生しているのは間違いのないところです。

国の施策というのは原則、全体最適が望ましい訳ですし、これからも有効な施策をバシバシと打ち出して欲しいですね。
今ある無駄を少なくするだけでも相当な経済効果が生まれる訳ですから。

五穀豊穣cpa1806  at 06:56
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星