2006年02月24日

ライブドアの内部統制

株式を公開する際には企業の内部統制がきちんと整備され、またデザインしたとおりに運用されているか、について厳しく審査されます。

公開会社はそこで合格点をもらっている筈なのです。

内部統制は「法令等への順守」、「業務の有効性と効率性」、「財務報告の信頼性確保」、「資産の保全」を目的として経営者が構築します。

内部統制はいくつかの構成要素からなりますが、そのうち最も重要なのが「統制環境」でしょう。

「経営者の誠実性」はこの統制環境に含まれる要素です。

経営者の誠実性が欠けている場合、どんなに現場レベルでの作業で細かくチェックを行っていようとも、簡単に内部統制は破壊されてしまいます。

偽計取引・風説の流布等
が本当であれば、内部統制の目的のうち「法令等の順守」が達成されていません。

粉飾決算がなされているのであれば、同じく目的のうち「財務報告の信頼性」は損なわれています。

経営者に誠実性がかけている場合、内部統制の目的は達成できないケースが増えてきます。  
Posted by cpa99099 at 17:02Comments(0)TrackBack(0)内部統制

2005年07月05日

税金を払いたくない

個人的な繁忙期をやっと脱し、久々に書いています。

よく、税金を払いたくないばかりに費用を必要以上に払う人がいます。本人は節税のつもりでしょうが・・・

だけどそれは本当に必要な費用なのでしょうか?
100支出したとして、確かに税金は40減ります。
結果60は現金が外に出て行きました。

だけど60払う必要があるのかどうか、よく考えましょう。

優秀な人材をリクルート又は教育する費用、有効な広告宣伝費用等であれば先行投資的な意味もあってよいと思います。

  
Posted by cpa99099 at 13:19Comments(1)TrackBack(2)会計税務入門

2005年04月11日

決算留意事項:請求書の金額=売上高ではない

売上高として処理すべき金額とは、
お互いに合意した契約があり、
その契約に従って、物の引渡し、又は役務の提供が終了した。
金額です。

気をつけたいのは請求した金額そのものにはならないということです。

いつも請求書から売上計上処理している方は気をつけてください。

よくあるのは、決算期末にたとえば20日締めで請求している得意先に対して、21日〜期末日までの売上を計上もれするケースです。
まだ、この分は翌月の請求対象であり、まだ請求書を発行していませんがすでに物の引渡し,又はは役務の提供が終了している場合売上に計上しなければなりません。会計用語では売上が実現しているといいます。

また、得意先に頼まれ請求を前倒しですることもあるかもしれません。その場合も、物の引渡し、又は役務の提供が未了であれば、売上は実現していないということになりますから、売上には処理しません。  続きを読む
Posted by cpa99099 at 10:04Comments(0)TrackBack(0)会計税務入門

2005年03月24日

会社法制度改革

商法がかわる。大きく変わる。
一番大きいのは「現代日本語」での表記になることかも知れませんね。
でも、やっぱり中身も重要なんです。

これから会社を設立しようとする起業家にとっての影響を考えてみましょう。
  続きを読む
Posted by cpa99099 at 17:55Comments(4)TrackBack(0)会社の設立

2005年03月13日

私も一言だけ−ライブドアVSフジTV

いろいろな意見がいろんなメディアを通じて伝えられていますね。
私は毎週日曜日、サンデージャポンを見ています。
そこではデーブスペクターが一人熱くなって堀江社長を批判していますが、とてもまともな意見であると私は思っています。
  続きを読む
Posted by cpa99099 at 22:17Comments(7)TrackBack(2)熊谷メモ帳

確定申告

確定申告をやってると税金に敏感になりますよね。
仕事は去年と同じ感覚でいるのに、いざ確定申告で計算してみると去年より多く税金が発生している。なんてことよくありますよね。
何故か税理士に対し、そのことで怒りの鉾先を向ける人がいます。やめて下さいね。悪いのは国なんですから。  続きを読む
Posted by cpa99099 at 00:05Comments(2)TrackBack(0)熊谷メモ帳

2005年03月10日

HP

熊谷公認会計士事務所公式ホームページ完成
リンクしております。

創業ベンチャー向け支援サービス
株式公開支援サービス
中堅企業向け支援サービス
大企業向け支援サービス

多彩に取り揃えております。
  

2005年02月22日

消費税の設定(1)

パソコンソフトに消費税を設定しようとしたら、以下のような質問および用語が出てきて困ってしまいました。

1.前々年度の『課税売上高』が1,000万円を越えますか?
2.『課税事業者』&『免税事業者』
3.課税方式は『本則課税』と『簡易課税』のどちらですか?
4.簡易課税の場合、『事業区分』はどれですか(『第1種事業』〜『第5種事業』)
5.経理処理方式は『税抜』『税込』のいずれですか?

さらに損益の勘定科目を設定するときにも、以下の消費税に関連する設定をします。
6.『税区分』
7.『税計算区分』
こんなのが急に画面に表示されてスムーズ設定できる方は、経理を専門にやってた方を除いて、まずいないでしょうね。

それでは一つ一つ説明していきましょう。

まずは、『課税売上高』から、
売上を課税売上、非課税売上、不課税売上に分類します。
注意したいのはここで言う「売上」とは、損益計算書の売上高だけではないということです。たとえば会社が固定資産を売却した際にも消費税は受取ります。これは課税売上になるからです。
したがって、収入を課税売上、非課税売上、不課税売上に分類するといった方がわかりやすいでしょうか。

第1の区分:課税取引&非課税取引⇔不課税取引
不課税売上は消費税の対象外の取引です。
消費税の対象となる取引は以下の4項目すべてあてはまる取引です。
〇業として
国内において
B于舛鯑世胴圓
せ饂困両渡および貸付け並びに役務の提供

つまり、このうちどれかに該当しない取引は『不課税取引』となります。
会社は事業を行うのがその目的なので、会社が行う取引はすべて 愡業として』に該当します。サラリーマンが家を売っても事業目的ではないので、不課税ということになります。
寄付や贈与は対価を得ていないので不課税です。

第2の区分:課税取引⇔非課税取引
前述の 銑い旅猝椶垢戮討砲△討呂泙襪里世韻鼻⊆匆饑策的な配慮から消費税を課税しない取引が『非課税取引』です。
非課税取引には「土地の譲渡、貸付」「有価証券などの譲渡」「利子、保証料、保険料」「郵便切手、印紙・証紙の譲渡」他があります。

第3の区分 課税取引内の区分:狭義の課税取引(5%課税)⇔免税取引(0%課税)
輸出取引は課税取引のうちの免税取引として、0%課税されます。つまり、実質は課税されないけれども、その売上は『課税売上高』に含めることになります。  続きを読む
Posted by cpa99099 at 14:00Comments(3)TrackBack(0)

2005年02月14日

経理を知らないでパソコン会計ができるのか?

パソコンソフトを使うと簿記を知らない人でも簡単に経理業務ができてしまうようにイメージされている方も多いかと思います。

確かに最近の会計ソフトは『文房具を現金で支払った』という項目を選択すると自動的に会計仕訳が作成される機能があるので、簿記の知識がなくても通常の処理はできそうです。

しかし、『ソフトの初期設定』と『決算整理』に関しては、少々の会計知識を必要とします。

会計ソフトは使用前に『初期設定』作業が必要で、素人には厄介な作業です。
中でも一番問題となるのは
‐暖饑任寮瀋
勘定科目・補助科目の設定
でしょうか。

そこで、これらの設定に必要な知識を今後、このブログで述べていこうかと思います。

  
Posted by cpa99099 at 15:45Comments(1)TrackBack(0)会計税務入門

2005年01月27日

人材派遣か業務委託かはっきりしましょう

法人事業税が変わりました。
いわゆる「外形標準課税」が導入されております。

重要な経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」のうち「ヒト」について、最近の企業はいろんな形態で確保しています。
以下の形態が、一般的でしょうか。
・従業員
・人材派遣
・業務委託
ここでよく問題となるのは、人材派遣なのか業務委託なのかというところです。両者の違いについて、ここでは詳しく述べませんが、税金面での影響、つまり「外形標準課税額」への影響についても、知っておいたほうがよろしいかと思います。
  続きを読む
Posted by cpa99099 at 17:26Comments(3)TrackBack(0)会計税務入門

2005年01月18日

気になったこと

ビジネスのヒントになりそうな(ネタになりそうな)ならなそうな、気になったことをメモします。少なくとも経理には特に関係ございません。

新幹線の中にクレヨンしんちゃんを呼んでいる図体の大きな黒人がいた。
どうやら、しんちゃんで日本語のお勉強をしているようだった。
そういえば、昔、黒柳徹子の何とかのトットちゃんがベストセラーになったときに、その英語版が出たので、これを購入したが数ページで諦めたことを思い出した。
漫画だったら読みきれたのだろうか?  
Posted by cpa99099 at 23:25Comments(1)TrackBack(0)熊谷メモ帳

2005年01月17日

経理は大事だよ

新たに起業する人は、何かいいアイデアがあって、それを実現化させたいという流れで考え、実現するためには何をしなければならない、その何かのひとつに「経理」をイメージするのでしょう。
だけど、しなければならなくてやるものじゃないですよ経理は、経理=会計は成功への架け橋です。

よく会計は船の羅針盤にたとえられますよね。船に目的地があるように会社にも目標があります。それは単年度であれば予算という形で表現されます。予算に対して今の状況は?何故差が出たのか、どのように立て直すか?このプロセスこそがまさに経営そのものです。  続きを読む
Posted by cpa99099 at 23:46Comments(0)TrackBack(0)会計税務入門

2005年01月16日

創業者向け記帳代行サービス

新たに設立した会社、設立後間もない会社向けに記帳代行サービスを開始します。

まずは試験的に、神奈川・東京エリアの会社を対象に
料金は先着20件に限り、100仕訳まで月額10,000円(税込)
を考えております。
  続きを読む

サイト開設しました

『創業支援、経理はどうするの』サイト開設しました。

日本経済はようやく長期の不況から脱した感があります。

しかし、傷ついた人心は快復しているのでしょうか?

この間、倒産、リストラなどで職を失った方も多い。
以前のまま会社にいる人の中にも、仕事の量が増えるは報酬はカットされるはで辛い思いをしている人はたくさんいる。
M&A等企業再編の結果、社内の空気が悪化し、嫌な思いをしている人もいる。  続きを読む
Posted by cpa99099 at 00:20Comments(0)TrackBack(0)