2007年03月07日

申告期限と納付期限(西川)

確定申告の期限が近づいてくると、飛び込みで確定申告の依頼をされる方がいらっしゃいます(同業者の方は「あるある」と共感されるかと思います)。

しかし残念ながらお断りせざるを得ないのが実情のようです。既に他の申告スケジュールが入っており、どうしても手が回らないケースが多いからです。

仮にお受けしたとしても期限後申告(3/15後に申告書を提出すること)で提出することを前提にお願いする可能性が高いです。それでも全く申告しないよりは良いのですが。。

ですので期限ギリギリといわず、あらかじめ早い段階から依頼することをおすすめ致します

ちなみにもう一つの期限、納付期限の話になりますが、所得税を現金で納める場合には納付期限は3/15なのですが、振替納税(通帳からの自動引落とし)を選択すると、納付期限が20日程延びるので資金繰りに余裕が生まれます(今年の振替納税の納付日は4/20)

ですので、ついうっかり納付もれをしてしまったり、突然、多額の納税資金の捻出に追われたりしないよう振替納税を利用することをおすすめ致します。



cpadiary at 17:01 
所員より 
ブログフォト
  • 梅雨の時期(猿田)
  • 6月誕生日会(孝太郎)
  • 6月誕生日会(孝太郎)
  • 生産性(稔)
  • 勉強会風景(松尾)
  • 勉強会風景(松尾)
Archives
記事検索
QRコード
QRコード