2018年04月23日

フリーザ編 ⇒ 悟空が完成する話
セル編 ⇒ 悟飯が完成する話
ブウ編 ⇒ ベジータが完成する話


cpcaq at 16:11コメント(1) 

2018年04月17日

改めて原作を読み返してみると、鳥山先生は将来的に主人公陣営に参加する敵キャラクターには、意図的にギャグ描写を入れていることがわかります。 
ヤムチャはブルマに動揺して勝機を逃しますし、天津飯は第22回天下一武道会での亀仙人戦において亀仙人のボケにツッコミを入れてますし、ラディッツ戦後のピッコロの「食べるか!」も忘れられないキッカケです。 
ベジータは随分と時間がかかりましたが、ブウ編においての初登場シーンでグレートサイヤマンへの変身をギャグ顔で断るシーンが入ってますね。 
それをふまえて、復活のFでフリーザがビルス様にビビりまくっていた描写をみれば、力の大会に参加することが鳥山先生的には予定通りだったのではないでしょうか。


ふむふむ。
ご本人もギャグを入れてしまう、と言っていますしね。

一気に親近感を覚えられるいい描写だと思います。
ベジータは…そうですね。明確なのは確かにブウ編に入ってからですね。
そう考えるとベジータはかなり慎重に調整されていたように思えますね。
人造人間編でも当初はまだまだおとなしい悪人って感じでしたし。
個人的にはブルマがベジータを家に誘った時の「下品な女だ…でかい声で…」のところでかなり距離が縮まった気がしました。

フリーザは確かにビルス様にビビりまくっていましたが、他の人ってあくまで「仲間っぽくなってからギャグになってる」ので、バリバリ敵対してる時点でビビっていたフリーザはちょっとパターンが違う気がしますね。
ていうかむしろ仲間になってからもあんまりそんな描写なかったですね。
アニメスタッフが日和ったのかな?
 



cpcaq at 23:44コメント(5) 
コメント返信 

2018年04月14日

>え!?ゴールデンって劇場とアニメでデザイン変わってるの!? 
僕は本人ではないので代弁などという勝手な事をしてしまいますが、恐らくフリーザ最終形態と見比べてという話だと思います 
ブルーは超1の単なるリペイントだけど、ゴールデンは細部は少し変わっている 
といった意味ではないかと


なるほど。
ありがとうございます。


この話は本当に熱いです。 

本編だとドドリアも第一形態フリーザも同じサイヤ人のベジータ一人で何とかなっただけに、それにまるで歯が立たないというシチュエーションに時代を感じます。 

最後のバーダックの一撃も「バカヤロー」と似てるのがいいですね。


ドドリアって初戦闘で死んだからアレだけど、わりと強いですからね…


カカベジさんがおっしゃっている通りですかね。目付きが変わっていたり肩の水晶体?が消失していたり、配色以外で最終形態からの変化がチラホラ見られて何となく嬉しかったです。 
カラーリングも当初は生理的に受け付けませんでしたが、後々超サイヤ人(金髪)への執念の現れだと考えるとアリだと思えるようになりました。


超サイヤ人を意識しての金色かと思ったら金メダルとか言い出した鳥山先生すき。


コミック26巻、エピソードオブバーダック、
マイナス、コメント等 
アニオリキャラの中では一番鳥山明先生が関わってるキャラじゃないでしょうか


おそらくそうでしょうね。


ドラゴンクエスト9 公式絵と調べたら出てきました。やっぱ・・・鳥山先生の・・・絵を・・・最高やな。9リメイクしてくれよな〜、頼むよ〜。


まあ9のリメイクはいずれ来るでしょう。
10もそうなんだけど、アバター形式の主人公は感情移入が難しいんだよな…キャラにクセがない…


ある意味、正しい心を持ったサイヤ人が6人集まることで誕生する超サイヤ人ゴッドが「徒党を組むと力を発揮するサイヤ人」と言えるのかもしれませんね


ふーむなるほど。一理ある。


お久しぶりです。 

やはり熱い内容ですね。 
「ザーボンさん、上部ハッチを開けなさい!」のあたりからたまりません。無言で睨みつけるフリーザがいいです。 

なので漫画版で「バーダックさん、いけませんねえ。私のことはフリーザ様と呼ばないと」なんて笑いながらザーボンやドドリアを脇に従えて言ってたのには目を疑いました。勘弁してくれと。

失礼しました、漫画版というのはバーダックがこの後「実は生きてました」と超サイヤ人に目覚めるアレのことです。

あれっ、お久しぶりじゃないですか。

漫画版ってエピソードオブバーダックの漫画版?
オオイシナホさんが描いたやつですっけ…

まあでも実際、今のフリーザ(アニメ超)ならそのくらいは言いそうではある。


またまたお久しぶりです。 

当時フリーザ編の最中だけあって話全体からダークな雰囲気が滲み出てますね。 
ドラゴンボールも存在しないので仲間達の亡骸や惑星ベジータ消滅、直前の兵士やサイヤ人達の最期がより生々しく感じました。 
サイヤ人の描写も当時と現在でかなり違うのも時代を感じますね。 
一緒に戦うどころか「フリーザ様がンなことするわけねーべwww」と一蹴するモブサイヤ人達や 
照れ隠しなどではなく本気で息子悟空をクズ呼ばわりするバーダックとか、今では考えられませんよね。 

超以降の、(良い意味でも悪い意味でも)マイルド描写の方が多くなったDBファンの子達がこの話を見たらどういう反応をするのでしょうか。


世紀末という情勢もあったのでしょうか。この時期の作品はだいたい暗いですよね。しかも容赦がない。

ヒーローズが子供にも人気なのってキャラが人気だったからだと思うんですけど、キャラが人気なのは原作が面白いからだと思うんですよね…
そう考えると今の子どもも原作を求めているのでは?(狂信者)


ブウ編でなかなか集まらなかった元気玉があっさり集まるようになったのは 
ベビーの地球爆発の一件で悟空が有名になったからだと思うと・・・感慨深いです。


想像力がたくましい。


尺を縛りすぎると今度は 
GOKU「尺がねぇ!仕方ねぇ唐突ななまかパワーで決着だああ!!!!!!!!」 
敵「ほげええええええええええええええええええええええwwwwwwwwwwww」 

GOKU「龍拳ほげええええええええええええええwwwwwwwww」 
ヒルデガーン「究極ご飯より強いけどほげえええええええええええwwwwwwwww」 
魔導師「潰されました〜」 

敵「パワー吸いすぎて自滅ほげえええええwwwwww」 
みたいな事になってしまうので難しいものですね


龍拳は冒頭に悟空が修業してるシーンを3分くらい挟めば完璧だったんだよなあ…


z3は本当に神ゲーですねぇ 

個人的にはアーケードゲームzenkaiバトルの各キャラ技の見せ方とクオリティもオススメですよ 
民度はかなり最悪なゲームですが…(´・ω・`)


アーケードゲーム、面白そうですよね。
まだ続いてるんだ。
いつかローカライズされないかと思ってたんですけど、全然されなさそうですね。


カリン様 仙豆 
神様 水 
閻魔大王様 不明 
界王様 中華料理? 
界王神様 不明 
破壊神様 地球の食料 
全王様 不明 

神様によって違うのが面白いですね。


こうしてみると案外粗食じゃないな


冷静に考えると武天老師様って仙人ですよね。 
仙人を神様ということにして考えると、ビルス様で食料的な意味でも一周したことになるんですね。 

感慨深いです。


感慨深いか…?


カリン様は七輪で焼き魚食べてる記憶があるけど、アニオリでしたっけ? 


原作で見た記憶はないなあ…


悟空は、第23回天下一武道会にむけての神殿での修行中は何を食べてたんでしょうかね。 
精神と時の部屋には粉と水しかありませんし、なにより水しか飲まないナメック星人の住んでるところですよ。 
界王神界では肉まんと赤い液体(お酒ともジュースとも判別できない)を飲んでましたね。 
界王神様が魔術か何かでだしたんでしょうか?


まあ神様だったら悟空に合わせて何かしら出してくれる…のかな。
界王神様は意外と俗っぽいし。


後から聞いた話によると実は元々はナッパとラディッツがコンビを組んでいて、後からベジータが追加されたとか何とか。 
たったひとりの最終決戦とは全然構図が違うのが面白いですね。 

個人的にカカロットはもし頭を打って孫悟空になっていなかったら、ワイルドランチみたいな性格になっていたと思います。 

通常ランチも悟空と同じ天然キャラなことを考えると、もし公式で本当にそうなったら熱いですね。


鳥山先生の頭の中とアニメは全然違う世界が展開してますからね…。
ヤムチャ転生を描いた人、昔同人誌でそんなの描いてましたよ。


ビルス氏と一緒に地球食を食べてた描写があったような


アニメではそうでしたね。


トップ(当時)の神様=知識がたくさんあるんだからオラの知らないような美味いもんたくさん知ってんだろ的な感じですかね…

実際は地球が宇宙をまたぐレベルですげえ食いもんばっかりだったっていうね。


ベジータはブウ編ではなく厳密には超で完成したキャラだと思います。 
ブウ編ベジータはサイヤ人編後半のピッコロさんみたいなものだと思うので、 
その後の話がやっぱり必要だったと思うんですよね。 

ベジータのギャグキャラ化は実はそこまで不満じゃないです。 
寧ろアラレちゃんに出演できるくらいギャグキャラになったほうがドラゴンボールらしいので、どんどんなってほしいです。


いやーナンバー1と認めてチチの乳と言って最終的にノックを棄権させたあたりでもう完成してると思いますね。


ドラゴンボールについての警告が老界王神が封印される以前である事を考えると最低でも7500万年の歴史があることはたしかです。 
そりゃ超サイヤ人やら超サイヤ人ゴッドやら観測しますわ。


その辺を冷静に考えると、マジで全王様やばいってなるよね。



cpcaq at 19:15コメント(0) 
コメント返信 

2018年04月12日

よく考えるとここ、ベジータが「仲間」って言ってるんですよね。
やっぱりベジータは自爆とポタラ合体のところで完全にキャラクターが完成した感があるな。
そう思うと超のベジータがああなったのも多少納得いくところではある。

…って書いてて思ったけど、この後にチチの乳とか言い出してるからもうそんなレベルの話じゃなかったわ。




あとアレだね。老界王神が「大昔にナメック星人に注意した」って言ってるけど、ナメック星人どんだけ歴史深いの。


cpcaq at 19:49コメント(3) 

2018年04月09日

カリン様、神様、界王様ときてなぜこの発想に至れるのか。

高貴な人ほど粗食という理解が進まないのはなぜだろう。

まあ、そうは言っても界王さまのところの飯は美味しそうな感じだったしな…(悟空は「味はともかく」とか言ってたけど)


cpcaq at 20:06コメント(6) 

2018年04月08日

ファイターズの動画を壊れた機械みたいにリピート再生してたら見たくなったのでせっかくなので感想書きます。


ファイターズの動画見てて思ったんだけど「これで最後だーっ!」って、ある意味死亡フラグなんだよね。最後だから。
そういうわけでバーダックが勝利するときの演出にはこのセリフなかったのかな。
なんて。




続きを読む

cpcaq at 09:00コメント(8) 
Z感想 

2018年04月07日

何回も投稿してすみません。どうしても、気になって。 

カッチン鋼は今のゴッド吸収悟空とゴッド吸収ベジータでも大ダメージ受けるレベルで、 
ベジットブルーもわざわざ避けるレベルですよね。 

となると、理論上はこの雨でバビディもダーブラも倒せたし、ブウにも善戦できたということになるんでしょうか。


当たればダメージはあるんでしょうね


復活のF公開当時なんかはまさしくそんな感じでしてね… 
「あっフリーザだ‼ 」「カッコイーーッ」 
「あっ超サイヤ人だ‼ 」「カッコイーーッ」 
「あっゴールデンフリーザだ‼」「もう見た」 
「あっ超サイヤ人ブルーだ‼」「もう見た」 
ゴールデンは細部のデザインが変わっているのでその後気に入りましたが完全色違いなブルーは今でも慣れません。ロゼは神


えっ、ゴールデンって劇場とアニメでデザイン変わってるの!?
ゲームだとどっちが採用されてるの???

なんだかんだロゼは魅力的なんだよなあ
ターレスの登場が早すぎたせいで超化が見れなかったっていうのもでかい。


そういう事ってありますよね、分かります(ゆるさん…よくも…!!クリリンを…)


逆ぅー!


覚えてろ、集英社! 
からの東映殴り込みですね。分かります


集英社はいいことしかしてないだろ!いい加減にしろ!


でぇじょうぶだ。ドラゴンボールがあればなんとかなる。 
ドラゴンボールがあればな!


ドラゴンボールはないけどなんとかなる!(放置)
どれ見逃したかもうわかんないんすよね…


映画焼き直しクソ長かった記憶…。 
第6宇宙編は先が分からないワクワクはあったと思います(面白かったかどうかは別)が、焼き直しは本当に「もう見た」でしたね。1話や2話みたいな日常回は(個人的に)結構面白いからそれで話数稼いで、焼き直し編の引き伸ばしを少なくしてほしかったです。


劇場版の焼き直し2つは本当に見返す気になれない。
まさかこんなウルトラ手段で原作⇒アニメ化のグダグダを現世によみがえらせるとは思わなかったです。
日常回は私も好きで、実際1,2話はとても楽しかったんですが、それって「バトルがあるからこそのギャップの楽しさ」なんですよね。
あくまで本編が楽しいから「もっとこいつらのいろんな面を見せてくれ!」となるわけで。


ちょっと面白かったです。 

これ端から見たら悟空がフリーザ軍に入っているように見えなくもないのがまた面白いですね。 

バーダック「歴史は繰り返すのか・・・。」


あー確かに。
ていうかフリーザが誰かと組むなんてバーダックも想像できないでしょうし、全く理解できない光景でしょうね。


YouTubeの動画でこのネタの先駆者様がいらっしゃいました 
何か別のネタをお願いします((無茶振り


万が一これがツイッターでバズったりしたら、散々パクツイやめてくださいとか言われてたんだと思うと怖い時代ですね。









 

cpcaq at 18:41コメント(2) 
コメント返信 

2018年04月06日

kakarotto

cpcaq at 08:19コメント(2) 
超感想 

2018年04月04日

3年間の構想を経て完成しました。


もうみた2

cpcaq at 15:19コメント(5) 
超感想 

2018年04月03日

もしかして次のページにまだコメントあるのに、それに気づかずに変身した気になっちゃったかも…
すまねえ…こんなはずじゃなかった…!


cpcaq at 19:34コメント(2) 
管理人にメッセージがある方は下のリンクのコメント欄にどうぞ!

このブログについて
記事検索