2017年06月25日

スイッチのゼノバース2は出てもスルーして3を待つ方がただしい気がしてきた。


続きを読む

cpcaq at 22:19コメント(8)トラックバック(0) 
超感想 
Vジャンプは一時期毎月買ってました。今は付録が豪華だとたまに買ってます。 
Vジャンプの付録のドラゴンボールカードはやたら強いので、ちょっとしてから売ると500円越えの価値になるんですよ(僕は売ったことないけど)。 
遊戯王ほとんどしらないけど遊戯王の漫画は楽しめてます。なんかトラップカード発動したら凄いですね。 

まぁ買ったらとりあえずほぼ全ページ呼んでます。


私も買ったら全ページ読む派なんですけど、その価値が見いだせないですねえ。
付録もほしい者なんて基本的にはないし・・・
 

cpcaq at 12:23コメント(0)トラックバック(0) 
コメント返信 

2017年06月24日

超のF編なんてなかった

映画の時点でちょっと苦しかったのに予想通とんでもないことなりましたからね、アニメは…

ジャンプしてダッシュすることを覚えたらレベル5までは大丈夫ですよ。

 
いやあ、ゲームだとアクションの方が好きなのでわりと自信あったのに屈辱ですね…。
空いた時間でちょいちょい頑張っていきます(スプラトゥーン出るけど)

今月号の漫画版ネタバレ見てきました。漫画版はどんどんシリアスかつカオスな展開になっています。

ネタバレするなよ!いいな!絶対だぞ!

こうなったら価値を見出だしましょう(名案)

Vジャンプ購入したのって2回しかなくて、
.優肇欧離▲ぅ謄爛魁璽斌榲て
▲疋薀乾鵐棔璽Z2(PS2)が楽しみ過ぎて事前情報を求めて買った
だけですからね。

あれってほとんどゲームの情報だけど、あんなにたくさんの情報が必要な人ってどんな人なんだろう。



cpcaq at 21:19コメント(2)トラックバック(0) 
コメント返信 

2017年06月22日

ネットさまよってると漫画版超の話題の片鱗のようなものがチラチラ目に入るんですけど、単行本派なので避けたい。
でも単行本って半年後くらいだよね…ムリじゃね?ネタバレ回避できなくね?
ブイジャンプを毎月買うほどあの雑誌に価値を見出してねえぞ…!

cpcaq at 08:16コメント(1)トラックバック(0) 
雑記 

2017年06月19日

いやー今回の評判はやはり上々のようで。

今回面白かったですね。フリーザ様やっぱり最高です。 

「破壊神エネルギーはあの世に行けない」って言ってましたが、ピッコロ大魔王と同じなんですかね? 
純ブウに時間稼ぎするベジータが悟空に「2回死んだら消滅して生き返ることも出来ないから死ぬなよ」って言われましたが、破壊神エネルギーは一発でそうなるやつだと思いました。 

仲間になっても悪役として磨きがかかってるの本当にかっこいいですね。 
今回で悟空とフリーザが互角なのも良かったと思います。先週「フリーザ生き返らせても悪さしたらまた悟空かベジータで倒すよ」って台詞がちょっと気になってましたが、フリーザも強くなってて嬉しかったです。最高の作画だったし。 

こうなるとフロストのキャラが惜しいですね。やっぱり聖人なフリーザとしてフリーザと戦うのが見たい気がします。毒針も「宇宙のため」とかでよかったんじゃ・・・。 

関係ないけどヒーローズでフリーザ様復活祭というキャンペーンやります。CMありましたね。 
それで貰えるフリーザ様のカードの能力名が「精神統一」なんですね。しかも悟空が敵にいると効果アップするという凝ったものです。 
強いカードなんですが、僕はちょっと諸事情(めんどくさかった等)があって貰えなかったですが。


さすがに魔族の殺しと破壊神の破壊は違うと思いますねー。まああの魔族ってかなりふわっとした定義なので、ダーブラ再登場とかしない限り設定は詳細には出ないでしょうね。

フロストは漫画版だとまだ勝ちに汚いだけの人っていう感じなので、そこに賭けたいです。
来週フリーザと絡みあるっぽいですけど、アニオリで逸れてしまったフロストのキャラを無理やり本来の軌道に戻したりしそう…

ほう。やっぱりアニメやってると周辺も活気づいていいですね。

先週に引き続き贅沢すぎる神作画でしたな、今回はブルーとゴールデンの戦闘を志田直俊さんが描いてました(ベジットブルー対合体ザマスの人) 
フリーザのキャラ素晴らしいですね、先週から今週にかけての超の面白さ異常ですw 
全100話と予定されてましたが、これはかなり続きそうですねw 
めっちゃ期待ですw


作画良かったですね。
ずっとこんな感じだったら幸せなんだけどな。


先週はババと話している所を腹パンされて、鉄砲玉達相手に真意を問いただしている所を後ろから頬を掠められるようなビームを打たれ 
今週も背中を見せて破壊玉を当てられる…フリーザの言うとおり悟空油断しすぎじゃないか?と思った 
一度殺しかけて一度殺した相手なんだからさぞかし恨まれているに決まってるし、悟空はそれをもっと自覚した行動をとった方がいいのでは?


油断は超における悟空のアイデンティティみたいなものだから…(震え声)

でもGTみたいに「一度くらった技は二度と効かねえ!」とか言い出すよりいいとは思います。

何気にロウが珍しく界王神してた貴重な回なのではないでしょうか。 
逆にいえば、フリーザがそれだけ異質ということでしょうけど。 

フリーザはザマスよりも恐ろしい。


闇討ちを破壊神と談合してる時点で界王神も何もあったもんじゃないですよ!
ま、脳筋ではなかったっていうことですね。
小物ではあるけど。

これでいいねん! 
こういうのが見たかったんだよこういうのが!! 

この力の入れようからして、おそらく最初からフリーザの参加は決まっていて、鳴り物入りのサプライズだったんだろうなぁと推測します 

ブウはもっとのびのびできるお話で活躍してもらおう。


まーさすがに全体のストーリー構成とかは考えてるでしょうから、フリーザ加入は予定調和なんでしょうね。
やっぱりブウの前の出番は最後のファンサービスだったっぽいかな。

先週と今週は面白かった。 
けど超だけで考えても悟空の油断については何回か指摘されているのに毎回油断して危機になる展開はいい加減うんざりしてます。 
もうちょっと精神的に成長して主人公らしいところも見せてほしいですね。


主人公が完璧だとおもしろくないっていう話もありますから、難しいところですね。ブウ編でそのヘン克服しちゃってたのが裏目に出ましたね…

大会前に全力でぶつかるのは両選手のお体に触りますよ…大会前の選手がなぜお体に触るのか、それは触りますが 
フリーザ様のお体に触りますよ…お体に触りますよ… 

せっかくの良作画なのに肉弾戦が少なくてちょっと残念でしたがカッコいいゴルフリとブルーのぶつかり合いが観れて満足でした


やめろめろめろ!

激しい動きをクオリティ高い作画でやるのは難しいと思うので、短くてもそこに注ぎ込んでくれたらいいです。
フリーザの虐殺シーンとか、占いばばが驚くシーンとかも十分にいい作画でした。魅力的でした。

【悲報】アラレちゃんが昔飼ってた犬似の第9宇宙の刺客のボス、お亡くなりになる。 
アニオリキャラなのか、鳥山先生がうっかり同じデザインにしちゃったのか…(´・_・`)。


あの犬はそんなキャラデザだったのか…(アラレちゃんにわか)

ここで殺して第七宇宙が勝ち残れば刺客達も魂だけは残るわけですから、むしろフリーザの殺害は温情ですらありますかね。


確かに。神の直属部隊なら、捨て駒とはいえどうにかしてもらえそうだし。

超のF編のフリーザは何だったのかと思えるフリーザっぷりで、久々に録画を観てしまいました。強いて言えば「〜下さい」より上から目線の「〜なさい」の方が威圧的でより良かったのではと個人的には思います。 

フリーザが悪役らしさ全開だったのは良かったのですが、悟空は相変わらず油断する癖がついてるし、「フリーザが最低最悪な野郎だって忘れてた」は(いくら怒りを引き摺らない性格にしても)そりゃないだろ〜でした。超の悟空は強さも性格も「何とかしてくれそう」な頼もしさが消失してるのが残念です。ベジータなど他のキャラも残念過ぎるのですが。


超のF編は誰1人得しない話でしたね(主に悟飯)

やっぱり悟空のキャラはそうとう扱いが難しいと思うんですよね。
でもじっさい、大半の視聴者は「まあこんなもんだった気がする」と思って見てると思うんですよね。
それでいいんじゃないかな(達観)

今週面白かった。来週は「はじめ!」って言って終わりそう。あと、ARMS面白いっすよ。管理人さんもやってみてください。もうやってたらごめんなさい。


暇だったから買ったんですよ、ARMS。
……アクションゲームで生まれて初めての挫折を味わいました…
難しすぎる。なんだこれは。レベル3のCPUに勝てない…おかしい…こんなはずでは…



cpcaq at 20:32コメント(3)トラックバック(0) 
コメント返信 
主人公である悟空が「原作のキャラを維持できてない、ネットの意見を取り入れたかのような正義でもサイヤ人でもないよく分からない人」になっていたのに対し、
フリーザが「単純明快な悪役」としてやりたい放題やってくれたことがカタルシスにつながったんじゃないかなあ。


cpcaq at 17:35コメント(0)トラックバック(0) 
超感想 

2017年06月18日

フリーザが本当に最悪だったらそもそも協力しない気がするなあ


続きを読む

cpcaq at 16:56コメント(13)トラックバック(0) 
超感想 
コメント返信ありがとうございました。 
ベジータが「あんな死に方しやがって・・・」と言ってますので、本人の思考からはかなり外れた死に方なのは確かだと思いました。 
まあ、悟空の甘さを悪い方に測り損ねていただけかもしれませんけど。 
あの時点の同じ時間軸においては一番付き合いが浅いわけですから、ま、多少はね? 

あのあたりのベジータの心境はいまいち分かってなくて、言語化できていないんですよね。
みんなのとらえ方を聞かせてもらうと参考になります。
 「悟空をこえたかった」ベジータだけど、セルとの戦いの途中で「悟空は自分より天才である」ことを認め、トランクスに対しては「戦闘民族サイヤ人としての誇り」を説いた。
…「自分より強いんだから最強のサイヤ人として振舞ってほしかった」のかな?
それが瞬間移動での自己犠牲とかいうサイヤ人とはかけ離れた死に方(個人ではなく全体のための行動)をしたことで「あんな死に方」と言ったんでしょうか…
うん、なんかそんな気がするな。

cpcaq at 10:58コメント(1)トラックバック(0) 
コメント返信 
悟飯でさえ悪ブウが気を消せたことに全く驚いてないどころか、寧ろ当然と思ってたのにね。無印をコンセプトにしてるから仕方がないのでしょうか。

三星龍は四星龍の兄貴だから、躾かと。 
四星龍をいじめる場面は体罰かと。 

簡単に四星龍を殺害した一星龍を見てると、三星龍は何だかんだ弟思いに見えなくもない。 

ミノムシベジータ見てみたい。 

ベジータってもしミノムシになったら即転生しそうで悲しい。(閻魔大王によると、反省しない悪人ほど転生しにくいらしいし)

利己的な願いほどいいやつが生まれ、利他的な願いほど悪いのが生まれるとか? 

あ、だから六星龍はそれなりにいい人っぽい雰囲気があったんですね。(いい人とは言っていない)

これ、未来トランクス編で少し設定を変えられましたね。超サイヤ人2を超えた超サイヤ人が出てきてしまった。 

1と2でさえ議論になるのに、あの形態が超サイヤ人3になってしまうとネットがもっと荒れるから結果的にあの長髪でよかったんでしょうけど。

最強への道は評価高いかは分かりませんが、レッドリボン軍関連の部分を除くとかなりクオリティ高いと思いました。珍しくブルマの髪が紫だし。 

神龍の伝説より面白い。(無印映画は摩訶不思議大冒険だけ面白かった)

ネット上だと、どうもフリーザ仲間になるのに抵抗ある人多いですね。 
これだと本当にフリーザが裏切る展開になるか、ブウが起きてフリーザが退場する展開になるかもしれませんね。 

フリーザがシドラの刺客と戦う話は、フリーザが本戦で即退場するからサービス回を作ったのではという説もあるくらいだし。


怒涛の7連続コメントはさすがに脳が処理しきれませんでした。
コメントありがとうございました。

刃牙は本部?と武蔵?というキャラのゴリ押しが酷いとは聞いたことがありますね。亀仙人の持ち上げっぷりを揶揄する例えの内の一つにそのキャラ達の名前が挙げられていたのでそういう漫画なんだなとは認識しています。 
鰤は……推しキャラ云々以前にキャラクターの動かし方が下手くそな感じですかね。最終章なんて敵味方共にあれだけの数のキャラを登場させておきながら大半が雑処理で終わってほんの数人がピックアップされるばかりでしたし、力の大会も80名という数の選手をもて余しそうで不安です。


バキのゴリ押しは今に始まったことじゃない(第一部以降ジワジワひどくなっていく)ので、慣れれば楽しめます。

というか、作者の好みが反映されるんだったら「まあ原作者だししょうがないな」という話なんですが「そもそも原作者が好みを出さない性質」の上、そこに「見ず知らずのアニメスタッフの好みが上乗せされる」という状態が発生しているので反感を買うのではないでしょうか。
バキは原作者がそう描写している以上、誰が何と言おうとそれがバキですからね。文句のつけようがない。

ブリーチの最終章はひでえなこれと思いながら見てましたが、あらためて1話から見直すと正直あんまり変わってないんだなって思いました。
たぶんオサレ感の新鮮さで初期は全然耐えれたんだと思います。
いや、論点がズレましたね。
ブリーチは結局好きなように話もキャラも動かした結果がアレだと思っています。
いや、好きですよブリーチ。バキとあわあせて「ライブ感」を最も感じられる漫画だと思います。

力の大会で選手を持て余すのはもう火を見るより明らかなので大丈夫です。絶対失敗します。












cpcaq at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 
コメント返信 

2017年06月17日

ブウ不参加は今回で二回目(復活のFを含めれば三回目)なので、大して思い入れのない自分のような人間はともかくブウファンは三度も期待を裏切られた形になるから流石に不憫ですね。 
フロストの本性しかり67話しかり、超はどうもガッカリ展開が多めなので勘弁してほしいです。


一回痩せて悟空に勝ったのは、むしろ「もう出番なくなるから活躍させてやったぞ」ということなのかもしれませんね。
だとしたら本気で感性ヤバいなって思っちゃいますけど…

オトコスキー海外名ですが、調べたところそのままOtokosukiでした。 
http://dragonball.wikia.com/wiki/Otokosuki 

名前の変更はされていませんでしたが、このページの最後の方にあるTriviaにて彼のシーンがカットされたという一文がありました。 
“In televised airings of "Buu's Reincarnation", Otokosuki's homosexual behavior is largely edited out.” 
( Buu’s Reincarnation(Z290話)のテレビ放送において、オトコスキーの同性愛行動はほとんど削除されました。)(注:意訳です) 
また同wikiにて確認したところ、ブルー将軍についてもアニメでは同性愛を連想させるシーンは削除・変更されたようです。 
例1) アニオリでオボッチャマンに一目惚れしたシーンは「音信不通だった弟Samuelと勘違いした」というものに変更。(ショタコンも連想させられるため二重の意味でNGだった模様) 
例2) 無印52話のクリリンとブルマの会話からブルー将軍の性癖を連想させるものは除外。 
英語表記であることと本wikiページの情報の正確さについてまでは確認していないので多少間違いもあるかもしれませんが、ご承知の通り海外での倫理的側面を考えるとこのような措置も致し方ないでしょうね。 

なお他の参加者面々は以下のようになっていました。 
ウーブ : Uub 原作通りスペルがブウの英語名(Buu)と逆。 
キラーノ : Nareg アルメニア人男性に使われる名前。Narekとも。 
キャプテンチキン: Captain Chicken そのまま。 
ノック:Nok 原作通り“knock”のだじゃれ。そのまま。 
猛血虎:Wild Tiger  漢字表記をそのまま翻訳。 
(キラーノについては検索結果を元に載せたので非公式です。) 

追記:名前採用の理由は特にありません。ご承知かと思われますがスーパーガーリックJr.とフージョンさせました。ヒーローズでも絶対出ないでしょうね。 
気がついたのですがガーリックJr.の名前は最後の「.」まで含まれてるんですね。 

長々と書いてしまいましたが既にご存知でしたら大変失礼しました。自慢の意図は毛頭ありませんのでご了承ください。
 
正直、コメント一覧ひらいたときにあまりの長文に笑いました。いや、ありがとうございます。

オトコスキーの英名は確かに日本語ままのほうが誤解を生むこともなさそうですね。
ちょうどブルー将軍についても気になってたので、まさかの先読みで調べてコメントいただいてて驚きました。助かります。
やっぱりオトコスキーともどもそういう描写は消されてるんですね。
ワンピースとか流血描写ができないとかサンジのタバコが飴に変えられてるとか色々聞きますけど、ドラゴンボールはその辺大丈夫なんでしょうか…。グルドの首飛ぶシーンとか絶対ダメだと思うんですよね。
あと日本語のギャグがどう理解されているのかは興味ありますね。たまに記念本とかでチラ見せされたりしてるけど。猛血虎はさすがにどうしようもないですよね、あんなの。

知らない知識ばかりで楽しかったです。

名前の由来教えていただいてありがとうございます。
ガーリックジュニアだけ急にあの世界観の中でアメリカ文化を引き継いだ名前なんですよね。なんなんでしょうあいつは。

何度死んでも生き返られる世界観ですからね、推しキャラだろうと後で蘇生できるから容赦なく殺すことができる。 
ただそれでもフリーザの最期はあまりに衝撃的でしたが。


バキもブリーチも作者の匙加減次第だからむしろドラゴンボールより設定無視して蘇生とか実は生きてましたとかしてるんだよなあ…
やっぱり単純に作者の姿勢の違いだと思いますけどねー

セル編はベジータが悟空に対してプラスの同族意識を持つのが面白いですね。 
18号に完敗したあげく、神コロ様にあっさり超サイヤ人を超えられた時に悟空に呼びかけるのが好きです。 
「どいつもこいつも宇宙一の超サイヤ人をあっさり出し抜きやがって、頭にくるぜ、なあ、カカロット・・・」 
はっきりと、お前も当然『サイヤ人』として悔しいよな?的な同意を求めてますから。 

セルゲームでトランクスが悟空に加勢しようとした時も 
「サイヤ人としての誇りがないらしいな、そんなことをされるなら(俺達は)セルに殺されたほうがマシだと思うだろうぜ。今のあいつは地球の為なんかに戦ってるんじゃない、そいつをよく覚えとけ」(カッコ内は意訳です。) 
と言い切って、僅か且つ一方的ではありますが、親近感すら覚えていそうです。 
まあ、その後地球を守ってセルの自爆に付き合うという『自分だけが』強くなるサイヤ人的な考え方からかけ離れた行動を取られて愕然とするんですけど。 

これがあったからバビディに洗脳された時は下級戦士のくせに王子の俺を超えやがったという初登場時のメンタルに戻ったんだと思います。揺り戻しですね。更に自分自身が大切な物を守る為に自爆することでプラスとマイナスが相殺して、フラットになり、人間として悟空を評価することができるようになったんだと思っています。 

長くなりすぎました、申し訳ありません。後、最近原作を読んでないのでベジータのセリフをうろ覚えで打ち込みました。これも申し訳ありません。


コンプレックスと同族意識をコンクリートミキサーにかけてぶちまけたみたいな精神状態になってますね。

最後の瞬間移動による自己犠牲って、あれベジータって「悟空がサイヤ人としてありえない行動を下から愕然とした」んですか?悟空の甘さなんて昔から分かってた事だとおもうからあんまりそんな気はしなかったな…








cpcaq at 08:47コメント(3)トラックバック(0) 
コメント返信 
管理人にメッセージがある方は下のリンクのコメント欄にどうぞ!

このブログについて
記事検索