2017年04月30日

愛する悟飯ちゃん回なので感想が長いです。


続きを読む

cpcaq at 13:25コメント(3)トラックバック(0) 
超感想 
内山画伯だとトランクス氏の髪からキューティクルが失われますね 
GTもこの人が頑張ってくれたら作画は最高だから!と言えたのですが 
ブルマ「ガールフレンドでしょ〜いつの間に〜このこの〜」 
なんでこんなほんのちょっと引き伸ばすためにいろいろ台無しなギャグを入れたんだアニメスタッフは!と思っていたのですが 
マイちゃんが出てきて深読みして楽しめるシーンになってしまいました 
人生なにがどうなるかわかりませんね! 
あと化け物っぽい演技の改セルも割と好きです 
しかし「若造」とか「青二才」とか言ってますけど(原作も)こいつはトランクスさんよりかなり年下ですよね? 
ブウ編も含め、改の感想おつかれさまでした

GTけっこう作画いいですよね。内山さんもまあ気にはなるけどZほどではなかった気もします。

ああ、見覚えのないタイトルだと思ったら、改はたしかセル編までで一回終わったんでしたっけ…
だから最後とか言ってるのか。
でも自分の感想見ても全然思い出せない。なんだこの回は。

この後超につながると思うとわ(当時は絶対考えてなかったけど)深読みできるのは楽しいですね。

改のセルはそこまで嫌いではないです。(ゲームの方がアレすぎたから相対的によく見えているのもある)

鬼とかウサギとか大量に合体してましたよね。ある意味王道のボス敵と言いますか。 
ナメック星人も肩を抱き合って合体! 合体! って積み重なれば襲ってきたベジータ位ならいける気がしますね。特に若者3人衆(原作、アニオリ両方の)はけっこうなもんじゃないかと笑 

序盤のドラゴンボール集めから最後のトーナメントまで刃自体はそこまで強くなっていなかったのが分かってしまったのが印象的です。


鬼も合体してましたっけ?さすがによく覚えてないなあ。
ま、ヤイバの敵はあのあと地球と合体するので、ナメック星人がナメック星と合体したところでフリーザ相手だと星ごとぶっ壊されて終わりなんですよね…

ヤイバ最終章のデフレすごかったですよね。あの作品も主人公以外インフレについてけてるのいなかった作品なので、ちゃんと考えると共通点あるかもしれないですね。

覚醒した悟飯がセルを圧倒する場面は、原作よりむしろアニメの方が好きだった。 
悟空が最初に闘うことにより、悟飯にセルの闘い方を見せるためとか原作にない理由が良かった。


あの辺は歌も相まって評価が高いですね。
もちろん原作よりアニメの方が好きだという人も大勢いると思います。

オイーーーーーッスじゃない、やり直し。


そんなローカルルール知るわけないだろ!

この話、ブックオフで読みました。 

>ベジータは「あ!?」とか言わない気がする。鳥山先生っぽくないセリフ回しは目立っちゃうなあ 
そうそう、この台詞のせいでベジータじゃなくグリムジョー連想してしまうから困ります。ベジータはこんなヤクザみたいな言葉なんて使わないのに。 
悟空が原作で「オラ」「おめえ」と言ってるから取り敢えず訛らせようというのと同じように、ベジータが「てめえ」と言ってるから取り敢えずヤクザみたいな口調にしてみようみたいな感じで、凄くこれじゃない感があった。 

ベジータの台詞はアニメ版のほうがしっかりしてて好感持てます。

とよたろう先生も相当なドラゴンボールマニアのはずだから、自分で客観的に見れれば違和感覚えそうなものですけどね。
やっぱり自分で作るとなるとそうもいかないのかな。

悟空はもう野沢さんにセリフがひっぱられてる感ありますしね…







cpcaq at 12:36コメント(0)トラックバック(0) 
コメント返信 

2017年04月27日

なんかやってますね。

これページ重すぎるしツイッターと連動失敗してもレベル上がったしよくわかんなかったです。
でもとりあえずこの画像は爆笑した。

C-Pg56WUIAAKRni 



 






キャラクリに使える絵のクオリティが不穏すぎるけど、超4のパーツおさえてたりして謎のマニアックさが出てます。
でもホント、しょっぱな出てくるトランクスからもう不穏さが漂う絵なんだよなあ。

 

cpcaq at 22:54コメント(0)トラックバック(0) 
ドラゴンボール 
武術の神と言われる亀仙人より強い天津飯でも歯が立たないドラムを瞬殺した悟空が8年修行して、 同じ位の強さのピッコロさんと二人がかりでやっと倒したラディッツと匹敵する戦闘力を持つ栽培マンを あっさり倒した天津飯・ピッコロ等が束になっても敵わないナッパを悠々倒した悟空の 2倍以上強いベジータがかなりパワーアップしても全く相手にならない強さのリクームを一撃で倒した悟空が 更にパワーアップしても、それを半分の力で殺せるフリーザをあっという間にバラバラにして消した未来のトランクスでさえ
仲間と束になっても敵わない人造人間17・18号に匹敵する強さを持った神コロ様でも敵わない程に 生体エネルギーを吸って強くなったセルと互角の16号を大きく越える17号吸収態セルを子供扱い出来る 精神と時の部屋パワーアップ後のベジータと随分差がある悟空でも勝てない完全体セルを 一方的に痛めつけることが出来るブチ切れ悟飯をも越えたベジータが命を賭けても倒せなかった魔人ブウが 更に凶悪になったブウと互角以上の戦いをしたゴテンクスよりも強くなった悟飯でも全く歯が立たない ゴテンクス&ピッコロ吸収ブウが更に悟飯を吸収して強化しても全く歯が立たないベジットとは次元の違う強さを持つと言われた超サイヤ人ゴッドと化した悟空がさらにパワーアップしてブルーになった上で界王拳を使って同等の強さを持つベジータと2人がかりでも倒せない破壊神ビルスよりも強い天使ウィスの父親である大神官とも比べ物にならないくらい別次元の強さを持つ全王。

cpcaq at 08:39コメント(1)トラックバック(0) 
雑記 

2017年04月26日

あのハチャメチャバトルマンガ描いた後によく推理マンガなんかかけるなって毎回思います。
やはり天才か…

それはともかく、YAIBAの敵の異星人が合体能力を持ってるんですね。
で、主人公のヤイバに追い詰められた敵たちが、次々と仲間同士で合体しまくっていって、最終的に敵のボスと合体してパワーアップに貢献するシーンがあるんです。

これ見るといつも思うんだけど、ナメック星人も同じことすればよかったよね。

…うん。これ絶対今まで何回か同じこと書いてるな。ここで。
ドラゴンボールマルチバースではその妄想を体現してくれたキャラも出てますしね。



cpcaq at 08:36コメント(1)トラックバック(0) 
ドラゴンボール考察 

2017年04月25日

僕も脚本の方のツイッター見ました。疑問なんですが脚本の方がどこまで関わっているのでしょうか。 
ツイッターには今このキャラの台詞を書いてます、とかありますが話ごとの悟空やベジータ達のクソみたいなありえない発言は全てその回の脚本家のせいなんでしょうか。


どうなんでしょうね。
正直私はさっぱり知識がないのでわかりませんし、別に調べようとも思っていませんので…
アニメは漫画よりも多くの人や事情が絡み合っていると(勝手に)思っているので、作り手ではなく出てきたブツだけを見て評価しています。
なんかこう書くとすごく偉そうで何様なんだよって感じですが、頭空っぽにしてアニメみて感想書いてるだけですね。
 

cpcaq at 21:46コメント(2)トラックバック(0) 
コメント返信 

2017年04月24日

DB084



 








今日投稿したのはこの1コマ目のところですね。

はい、ではコメント返します。
定期的にGTの感想に大量コメントくれる人が来てくれますね。
嬉しいけど一人で大量にコメントをいただくとしんどいので返しが雑になるのを了承ください。
うん。っていうか雑になります。絶対なる。

超のスタッフは死んだ人間がもう一度死ぬようなことになると消滅するってことを知らないんですかね? 
少なくとも危機を何度も救ってもらった界王様に悟空のあの発言は… 
一体スタッフは悟空をどうしたいんでしょうね


この悟空のテンションからして、アニメのファッション地獄(特に不自由しないし下界も見れる地獄)を継承しているんじゃないでしょうか、超の世界…。

悟空の「地球を守ったつもりはないけど、生き物が死ぬのは我慢できねぇ」みたいな台詞は良かったと思います。じっちゃんの教えのおかげで、無意識の内にたくさんの縁が出来たし地球も救えたと。 
まぁ展開はアレでも悟空と17号の関係が深まったってことで…。早く試合みたいけど、Vジャン連載の漫画版は今月号でもまだザマス編の決着が着いてないので、またしばらくかなり引き伸ばされるんじゃないかな。 

来週は悟飯とピッコロの修業回ですが、時間ないのに強くなれるんですかね。まぁ覚醒して全盛期に戻ったことにすれば…。 

関係無いですが、悟飯の究極化が解けたのは神と神で超サイヤ人になったのが原因だと思ってます。


いいセリフでしたね。
悟空は別に愛と勇気と誇りをもって地球のために戦っているわけではないですからね。
このバランス感覚があるのにどうして他にいくつもツッコミどころがでてしまうのでしょうか。残念です。

全盛期に戻ってもゴッドっていうでかすぎる壁があるので…っていってももうクリリンも17号もその壁超えたので、むしろ悟飯が最弱くらいの空気ありますね…。どういうことだこれは…

究極化って解けるとかとけないとかそういう概念のものじゃないと思っているんですが、まあその辺は神(鳥山先生)のみぞ知るところですね。

瞬間移動は多分、動物の気を利用したのではないでしょうか。 

個人的に悟空が宇宙空間に出てるところと宇宙船を瞬間移動せずに放置してるのが違和感ありました。 
ほぼ真空状態なのに宇宙船に残された動物よく死ななかったなという突っ込みが。 
あと、改心したキャラのことを説明するときに天津飯、ピッコロ、ベジータの名前が挙げられてるのにヤムチャと餃子がスルーされたのも不満。 
餃子は悟空と戦ってないから分かるとしても、せめてヤムチャは挙げてほしかった。


動物の気を感じたのかとも思いましたが、吸い上げたばかりで檻に入れられているのはおかしいですし、17号のコメントが「他の星からも密猟している」だったので、あそこにいたのは他の星の動物だと解釈しました。
結局壊すなって言っていた17号が宇宙船を壊したので何が何やらでしたね。

ヤムチャがスルーされたのはしょうがないと思いました。
ヤムチャ入れたらクリリンもわりと敵対してたしみたいな話になってキリがなさそう…

今回の監督のTwitterより 
『界王星の重力の事、忘れている方多いんじゃないでしょうか』www 

作品に対して知識も愛も無い方が作ればこのクオリティの作品になるのも納得です。 


まああまり個人攻撃をするのは違うと思うので深くは言及しませんが…。
実際重力のこと忘れてましたしね、私…。
ブロリーの映画の人はどうかと思うけど。

あの首領の持ってる爆弾スイッチが爆弾と思わせといて実はクラッカーでしたって、GTのゴジータっぽいですね。意識してたのかは分かりませんが、ファンサービスっぽくて嬉しかったです。 

首領ってやたら金金金言っていますが、ひょっとして金に困るほどの貧乏生活を経験してたのかと思うと少し同情の気持ちが。 

首領って口元のアップだけだとパックンフラワーの派生種か何かにしか見えなくて困る。


えぇ…(困惑)
ゴジータのあのシーンのオマージュだったとして、嬉しいと思う人がいるとは意外でした。

ウーブと魔人ブウの同化は絶対神コロのオマージュですね。 
魔人ブウのほうから同化するために行くのがピッコロと対照的で面白い。

そうかなあ…まぁ、そうかも…?
 
なぜスーパーウーブがあまり格好よく感じられないのか分かった気がする。 
ベビーがパワーアップしている描写がないのに負けているからだ。 

似たケースの神コロもセルがパワーアップするまでは格好よかったし、その前のネイコロもフリーザが変身するまでは強かった。 
スーパーウーブもベビーの変身で苦戦すればもう少し印象よかったかもしれない。


同意です。あのワンパンだけした形態と闘わせてやればよかったのに。

>17号がブルー並の強さはもう理屈で説明されても頭が納得しないと思いますけれども…私だけなのかな。 
安心してください。納得してないのは私も同じです。ただ、いつものことなのでスルーしてる感じです。 
漫画版も変なところが出始めているのは残念ですが。 

・ゴッド悟空より強いブラックより強い超サイヤ人2ベジータ 
・魔封波の扱いがアニメ版と大差ない扱い 
・ゴッドが何だかんだバランスいいと説明しておきながら、なぜか不安定なブルーで挑むベジット 

>登場順までチェックするとか無類のGT好きか何かでしょうか…すごい情熱だ。 
この前、たまたまブックオフでドラゴンボールの単行本を立ち読みしたときにたまたま気付きました。 
2→5の順に見つけたとブルマが説明したところで、邪悪龍の登場順と似ていることに気付いてハッとして読み進めてみたら、何となくリンクしてることに気付き感動し、思わずここにコメントしてしまった次第です。 

レッドリボン軍編やピッコロ大魔王編、ナメック星編もよく読めば他にも邪悪龍編を彷彿とさせる何かがあるかもしれない。 
ネット上だと三星球が海底で発見されたから三星龍は水と関係した氷の能力になったという説もあるくらいですし。

漫画もおかしくなってきてるのか…
いや、もうやっぱり土台無理だったんですよ、ドラゴンボールを続けることが。
むしろGTはよく頑張ったというべきなのか。定期的に思ってしまう。

ちなみにこのコメントは漫画版を読むのを楽しみにしているので流し読みしたのでちゃんと返せません。すみません。

作画は眞鍋さんだけど予算抑えてる感じありましたね 
今週の事については特に何も思う事もなく、述べる事もないですねえ 
強いて言うならクリリンを兄と呼んだ事でしょうか、関係に感慨深さを感じました 
来週は修業回だけど、どうなんでしょうね 
一応OPでは覚醒シーンらしきものがあり、Vジャンプには「父を越えた戦士が帰ってきた!」みたいに期待を煽る事が書いてるので、ただVジャンプは編集部が適当ぶっこいてる可能性もあるしなあ… 
不安すぎて朝しか眠れないです


そっすね。

>ベビー「悟空だけはこの手で消す!」 
思いっきりベジータの影響を受けていますね・・・。このあとブルマに対しては優しくなるし。


そういう描写がもっとあればよかったですけどね。
実はベジータは完全に洗脳されてないとか。
何もなく普通に最後までいっちゃいましたもんね。残念です。

他サイトの嫌われ者ランキングになぜか他の邪悪龍は入ってないのに三星龍だけ入っているのは流石に可哀想だと思いましたね。ランクインされた原因はどうやら作中で卑怯者呼ばわりされてるせいのようで、レッテルの恐ろしさを感じました。 

四星龍は「俺の敗けだ殺せ」と言った場面が事実上の決着シーンですね。ちゃんとした決着がついてないせいで、未だに四星龍と悟空は最終回後も戦っているんじゃないかと思えてしまいます。


どこのサイトかは知りませんが、投票形式か何かでしょうか。
あのやりとりを見てそんなに嫌われる…というか、印象に残るような敵だとは思えませんでしたが…

え?最終回後も闘ってるっていうのはいったいどういうことなんでしょうか…

四星龍ってピッコロやベジータみたいに正式に仲間になるように思わせといて、16号ポジで終わったのが哀れ。これ邪悪龍じゃなければちゃんと味方になれたんでしょうね。

そもそも登場がかなりクライマックスですからね、邪悪龍。

>全ギャラクシー征服 
今となっては、ビルス様か全王様に破壊されそうなイメージしか出てこない。 
第7宇宙のみなのか、本当に全宇宙を支配する気なのか知らないけど。


全ギャラクシーっていう言い方もかなりぼやかしてますよね。
そこビビっちゃったか〜みたいな。

やっぱり原作最終回のウーブ戦の影響は大きいですね。 

神と神でゴッド悟空がブウ編の超ベジットより強いことを示唆する台詞がありますし。 
最近のドラゴンボール超でもブウとノーマルで戦っていましたし。 
やっぱり、そういう傾向になりやすいんだなと。

え、ちょっとリルドの回でこの感想が出るのはよくわからなかったです。すみません。

ベジータは魔人ブウ騒動の時、特別に肉体をもらえるくらいには閻魔大王に信用されていますし、仮に地獄に行ったとしても普通の悪人とは違う扱いをされそうですね。魔人ブウを倒した功績もありますし。 




関係ない話だけど力の大会って二つ目の大会ですよね。ピッコロ大魔王は二つ目の大会直後に復活。魔人ブウは未来トランクス関連のエピソードの次の話。 

まさか似たような展開が起こらないか心配です。魔族みたいのがまた出てきそうで怖い。 
最初はごく一部の地域の話→ピッコロ大魔王編で地球規模に→魔人ブウ編で第7宇宙規模に→宇宙サバイバル編の次の編で全12宇宙規模に?

二つ目の大会?6宇宙との対抗戦が1つ目で、ドラゴンボール超としての大会っていうことでしょうか。ちょっとすみませんがよくわかりません。

なるほどー。素晴らしい着眼点ですね。 
僕はサタン関連のシーンが好きですね。16号の首を投げる時の「チャンピオンが このまま逃げたんじゃ いい笑いもんだぜ」とかいいですねー。ブウ編だとピッコロがビーデルに「やはりおまえの父は誇り高い世界チャンピオンだ」と言うのも好きです。この2つのシーンで「なんだかんだサタンはチャンピオンだし一般人より徳を積んでるんだな」と思いました。まぁそもそも魔人ブウとの初接触も凄い勇気ですよね。 
なんだかこれらのシーンは最後の「救世主かもな!」のシーンの伏線にみえます。サタンのお調子者で臆病だけど、自分のできることを勇気を出してするっていうのは悟空達とは違って、もっと身近でリアルなかっこよさで憧れます 

他にも悟飯じゃZソードは抜けないと、神々を盲信するキビトも好きです。有能だけどこのシーンのキビトはアホみたいですね。 
僕としては意外性があったり、親近感わくシーンが好きかもしれません。


サタンのセリフいいですね。
サタンは普通の地球人の中だとちゃんとチャンピオンしてたんですもんね。
あまりに遠くに行き過ぎた主人公たちより、よっぽど読者に近いキャラですね。
自分でももう悟空たちの強さをわかっているのにブウに接触したのは本当にすごいです。
セルの時は本当に知らなかっただけだから別ですが…。

キビトもシン様もいいですよね。
真面目だからこそぶっ飛んだパワーを持ったサイヤ人たちに驚くさまが面白い結果にもなっていますし。

とても共感できます。 
チチに関してはかなりアニメの先入観ありきで見てしまいがちなキャラクターになってしまいますが、原作 アニメ共に芯は悟飯の為を思って行動していますね。 
ナメック星出発前やセルゲーム前の発言を誇張して表現されたのがアニメの性格だとは思いますが、嫌いではないです。 
その反面、原作では悟空への愛情は悟空の死後及びあの世へ帰るときのみしか示されておらず、神と神で悟空が復活する際あれだけチチがピックアップされたのは本当に違和感しかありませんでした。 
DBというよりも鳥山先生の作品の魅力ではありますがキャラの僅かな仕草や台詞でそのキャラクターの性格や特徴を読者にここまであからさまに伝えることが出来るのは本当に凄いなと思います。 
だからこそ僕も鳥山先生の作品が大好きなんです。


アニメは原作で出てきた表現を拡張することしかできないので、そのせいもあるでしょうね。
あと時間稼ぎ。

原作だけ見ると夫婦関係があっさり描かれすぎてるので、急にヒロイン然として出てこられるとちょっと身構えちゃいますよね。
原作としては違和感バリバリでしたが、アニメとしてみるとまああるのかなって思いました。
神と神の演出の話。
あと、あのシーンはフリーザ戦で10倍界王拳を使う前に似たようなシーンがあったので、そのせいもあって私はわりと自然に飲み込めました。若干喉につまりはしましたが。

ちなみに私はブウ編の初めに悟空があの世から帰ってくると知ってエステに言っておけばよかったと後悔するシーンが好きです。
たしかあのシーンではじめてエステという単語を覚えました。

鳥山先生の恥ずかしそうにちょこっと出てくるキャラの感情の機微が本当に好きです。
だからドラゴンボールは面白いんだと思っています。

分はなんだかんださりげなく父親をやっている感あったZブウ編とGTのベジータが好きでした 
あの凄く地球に馴染んでる感がたまらなく良い 
そして魔人化した事の口実にそれが入ってた事もグッと来ました 
「俺はサイヤの誇りを持った地球人だ!」というのもベジータのブウ編での心の中の台詞や語りのお陰で自然に納得いきました 
俺は今の思いきり変わりすぎた超のベジータより、黙ってひっそりと地球人になったブウ編とGTのベジータが一番好きです


遊園地というワードがベジータの口からでたのは衝撃でした。

GTのセリフは納得いっていません。
高らかに地球人と宣言しているので黙ってもいないと思います。









 

cpcaq at 22:21コメント(1)トラックバック(0) 
コメント返信 
キビト対悟飯の試合で、キビトに「超サイヤ人になって力を見せろ」と言われたため、悟飯が「学校はあきらめるか…!」と覚悟を決めて超サイヤ人2になって調子こいたところをヤムーにズギュウゥンされるシーンです。

あそこの、悟飯がなかなか変身しないから「もう試合始まってんだぞー!何してんだー!」とヤジを飛ばす客に対してチチが「うるせーぞおめえら!これからとんでもないことになるんだから黙って見てろ!」とキレるところが好きです。

理由は「どんな時でも母は子供の味方である」と思わせてくれるからです。
普段からチチは(アニオリのせいでもあるけど)ヒステリックな教育ママとして書かれています。
なのでこのシーンは、今までの(アニオリの)セオリーからすると「悟飯が学校に通えなくなる=学者への道が遠のく」ことを危惧し、悟飯を止めようとするんじゃないか、と思うわけです。
失礼を承知で言うと(今更だけど)、アニオリだとさっき言ったような展開になっていた気がしてなりません。

------------------------------------------------
チチ「ダメだ悟飯がちゃん!そったらことして学校はどうするんだべ!えれー学者さんになれなくなっちまうだ!」
(身を乗り出して武舞台に行こうとするチチを抑えるブルマとウーロン)
ブルマ「チチさん落ち着いて!きっと何か起こってるのよ!」
ウーロン「そうだよ!相手のやつだってどう見たってただもんじゃないしよ!」
悟飯「はあああーーーーっ!」
------------------------------------------------

みたいな。
でもそうじゃなくて、周りに怒って悟飯の味方をしてくれるんですよね。
教育に正解なんてものはないですが、チチの戦闘力を伸ばさない方針はドラゴンボールの作品性と相反するために敬遠されがちです。
でも、別にチチはいじわるな訳じゃなくて、本当に悟飯の為を思って動いてるんだなあと、そう思わせるいいシーンだと思います。好きです。

しかもこのコマ、すごいちっちゃいんですよね。
ドラゴンボールの世界に深みを与えてるシーンはみんなコマちっちゃいことが多いです。
でも、こういうちっちゃいところでポロッと漏れるキャラの内情が素晴らしいと思います。
このバランス感覚を持っていた鳥山先生は本当に神だと思う。


cpcaq at 12:31コメント(3)トラックバック(0) 
ドラゴンボール考察 

2017年04月23日

ウイイイイイイイッッッッス。どうも、シャムでーす。
まぁ今日は感想の投稿、当日ですけども。
えーとですね、まぁ集合場所の、えーライブドアのマイページに行ってきたんですけども、ただいまの時刻は1時を回りました。
はい、ちょっと遅れて来たんですけどもね。えー今週頭すぎくらいに、えーコメント欄に行ったんですけども。
ほんでーまぁコメント欄の全体の返信をした後に行ったんですけども。スィー。
ほんでーかれこれまぁ4日くらい、えー待ったんですけども「すげぇよハゲ」の画像にツッコんでくれる人は誰一人来ませんでした。ガチャ。
誰一人来ることなかったですぅ。残念ながら。はい。




 
続きを読む

cpcaq at 14:03コメント(9)トラックバック(0) 
超感想 

2017年04月21日

マシンミュータント勢は金色のパーツが特徴に見えますがそれがダサかったのではないかと(汗) 
ゴルフリ様もセルフツッコミしてましたけどなんかかえって安っぽくなる気がします。ゴールデンの鎧っぽく見えるところは好きですが 
リルド将軍はそのダサいパーツを次から次へとくっつけちゃうのがな〜。せっかくの肉体美♂とミスマッチだったと思います 
自分としてはいっそメガキャノンΣのほうが斬新に見えたので 
リルドやミューも人間ぽくせず完全メカタイプ、機械の星でメカがメカを作ってるほうが面白かった気がします 
超のマゲッタやモスコ様のような存在には注目してます 

超17号は超サイヤ人3が元ネタでしょうけど 
前髪のせいでスダレハゲに見えてしまうのが(汗) 
ムキムキの肩を出したところは格好いいと思います


ベビーは最終形態もそこそこかっこいいです。
一番好きなのはその前のワンパンしただけの形態だけど。 

ただ、ルードとかメガキャノンΣとかリルドとかは全然ダメでしたね。
リルドはもう一周回ってちょっと好きですけど。通常リルドはそこそこ好きで、ハイパーメガリルド
で一周回りました。ダサすぎわろた。
そしてその頂点におわす超17号の圧倒的存在感よ…

ま、少年漫画ってはじめはバケモノと闘う話でも、途中から人間が相手になるのは非常によくある話ですしね…ブリーチとか進撃とか…


 

cpcaq at 20:44コメント(1)トラックバック(0) 
コメント返信 
管理人にメッセージがある方は下のリンクのコメント欄にどうぞ!

このブログについて
記事検索