2014年06月13日

イスラム原点

 カトケンもイスラム国には長期滞在したことあるのだが、なぜか、日本国内のイスラム教徒さんとの価値観話の方が、イスラム国でのときより、話が合わない。その理由がやっとわかってきたかも。カトケンがイランで叩き込まれたイスラム価値観はシーア派なのだ。カトケンの友人の日本人イスラムはスンニ派なのだ。スンニとシーアでここまで深部で食い違うとは。
 初期体験というのは大事なもので、いくらスンニの友人が多くても、カトケンのイスラム観はシーア派のようだ。初イスラム国生活体験として1年1か月を過ごしたイラン・シーア派が、カトケンにとっての、イスラムの原点。宗教は正しいかどうかではなく、精神的なものだから、原点がどっちなのかが大きいみたい。

cpiblog00048 at 22:53│Comments(0)TrackBack(0) 超音波計画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔