超音波計画

2017年03月25日

子供虐待報告:【クレーン謙+今一生】

【クレーン謙(絵本作家)からの報告】

数年前から小学校と高校で働いていたので、
日本の子供の置かれている環境がとても深刻である事が分かってきました。

それは、生まれつきの発達障害であったり、貧富の格差であったり、虐待であったりする。そういう子たちの面倒を見ているうちに、どうやらこれは学校だけでは対応不可能である事が分かってきました。

学校で色々やってきましが、なんだかやり残した事が、たくさんあり、今回の今一生さんが手がけている事は色々共感ができます。
確信していますけど、日本の最大の問題は子供たちの置かれている環境ではないかと思います(これは今さんも指摘されています)。
という事は、日本の抱えている最大問題は政治問題や経済問題ではなく、実は子供の置かれている環境でしょう。
学校にいて確信しましたけど、これを放置しますと間違いなく日本は沈没します。

僕自身の事を言いますと、生まれてまもなく、育児放棄をされていました。しかしこの件に関しては母を責めるつもりはありません。
母は当時まだ19か20で、あまりにも若く、また夫(僕の父ですね)の酒癖の悪さや暴力もあったでしょう。
そして、昨年亡くなった父も責めるつもりもありません。父は結局、過度の酒とタバコの摂取で命を縮めてしまいました。なぜ父は過度の酒やタバコに溺れたのかは今になって理解できます。

父はイギリス人でもない、日本人でもない、というアイデンティ不在に苦しめられていたのだと、今になって理解しました。
恐らく父自身もそれは理解していませんでした。晩年は、自分のルーツはどこから来たんだろう?という事をずっと気にしていました。

児童虐待には、様々なパターンがあります。それは僕は割と理解はしていると思います。シリア難民の問題も深刻ですけど、日本の子供の置かれている状況も深刻です。

cpiblog00048 at 21:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)