2010年07月28日

「吉田吉五郎の愉快堂」OPENしました。

吉田吉五郎マーク小文字.jpg
「吉田吉五郎の愉快堂」OPENしました。愉快に、楽しく生活するエンターティメントを一堂に集めました。御用と御急ぎでない方は、是非お楽しみください。







◆吉田吉五郎と江戸前鮨を握ろう
 「江戸前鮨を握る」  「週末は江戸前鮨を握ろう」
◆吉田吉五郎の雨風食堂
 「吉田吉五郎のまかない飯をつくろう」  「吉田吉五郎の料理教室」
◆吉田吉五郎の手作り堂
 「吹きガラス堂」  「匠。TADY」  「ロボ音・ROBOOTO」
◆吉田吉五郎の通り堂
 「西麻布の村通り」  「西麻布の不良猫たち」
◆吉田吉五郎の愉快堂
 「日々、愉快堂」

  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:06Comments(0)その他いろいろ

2006年04月21日

江戸名物の笹巻毛抜鮨を食べました。

01笹巻鮨外観小.jpg
元禄十五年に創業した、江戸名物の笹巻毛抜鮨を頂きました。簡単にひと言で紹介すると、江戸前鮨の兄弟です。さて、そのお味は如何に。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 18:46Comments(0)江戸前鮨を食べ歩く

2006年03月20日

正統派の江戸前鮨を食べに行きました。

銀座鮨水谷.jpg
久しぶりに正統派の江戸前鮨を食べに行きました。数寄屋橋の鮨屋さんで修行された方で、最近、横浜から銀座に店を移されました。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:21Comments(3)江戸前鮨を食べ歩く

2006年03月13日

沖縄糸満の市場へ行きました。

糸満市中央市場港3小.jpg
牧志公設市場に引き続き、沖縄本島の南端に近い糸満の市場へ行きました。イメージとして海人(漁師=うみんちゅ)の港町というイメージが強かったのですか、それなりに大きな町でした。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:30Comments(0)市場買い出し

2006年03月10日

沖縄の市場へ行きました。

00牧志市場魚.jpg
沖縄の市場を巡ってみました。大きな市場以外にも、沖縄本島の各地に小さな市場というか、魚屋さんが数店集まった市場のようなものが結構ありました。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 18:37Comments(0)市場買い出し

2006年02月21日

「江戸前鮨を握ろう会」第一回目開きました。

00穴子の下処理.jpg
2月吉日に第一回目の「江戸前鮨を握ろう会」を開きました。最初ということで、学生時代の仲間たちと開きました。場所は千葉の三番瀬を望む公民館の調理実習室を借りました。スタートは早朝の生麦市場への買出しから始まりました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:10Comments(9)TrackBack(0)江戸前鮨を握ろう会

2005年12月06日

唐墨作り、第二弾、第三弾。

06下処理をすました5腹小.jpg
長崎産のぼら子で作った、第一弾が上手くいったので、気をよくして引き続き静岡産と瀬戸内産のぼら子を築地で探して唐墨作りに再度チャレンジ。ちょっと悲しくも、悔しい、その顛末記です。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:19Comments(3)TrackBack(0)男の料理

2005年12月05日

鰹の燻製にチャレンジしました。

03燻製中の鰹小.jpg
鰹といえば、藁で炙るたたきですね。と言えども、わが家では藁をぼうぼうと盛大に燃やす場所がありません。そこで、家でもできそうな料理方法として、燻製が台所で簡単にできる燻製土鍋を使って実験してみました。さて、どうなることやら。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 18:51Comments(2)男の料理

築地魚河岸で、すし塚発見。

波除神社使用.jpg
築地中央卸売市場で働く年配の人が、仕事の行き帰りに必ずと言ってよいほど立ち寄る神社が、波除稲荷神社です。この中に、なんと、すし塚をはじめ、活魚塚、海老塚、玉子塚、蛤石など、江戸前鮨に関係の深い塚がありました。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:35Comments(0)TrackBack(0)江戸前鮨の情報ネタ

2005年11月30日

松輪の鯖棒鮨作りました。

01完成小.jpg
三浦半島の松輪の鯖が手に入ったので、鯖の棒鮨を作りました。あの有名な松輪の鯖です。食べるのも、作るのも初めてなので楽しみです。秋のベストシーズンで、脂が適度にまわって、美味いんだろうな。
  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:40Comments(2)TrackBack(0)鮨を握ろう

長崎のぼらっ子で唐墨作りました。

16いただき小.jpg
秋の気配が感じられ、冷たい風がふくころになるとやって来る。あの飴色でねっとり旨味のある。そう、あの唐墨づくりに、無謀にも初チャレンジしました。鮨屋さんでなんとなく作り方を聞いたり、イタリアの唐墨づくりのテレビ番組をみたりしてたのですが、いざ調べると作り方がいろいろありすぎて、どれが正解かよく分かりません。とりあえず築地市場へGOです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:39Comments(1)TrackBack(0)男の料理

2005年11月29日

天然鯛の湯引きを握りました。

01鯛握り鮨小.jpg

久しぶりに握りました。今日は豊後水道のほどよいサイズの天然鯛を手に入れたので、皮付きのまま湯引きにして握ります。皮の下の脂肪?に熱を加えて旨味を引き出し、天然鯛ならではの美味しさを堪能します。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 18:13Comments(4)TrackBack(0)鮨を握ろう

2005年08月31日

江戸前鮨のカードゲーム?

鮨ゲームカードです.jpg

六本木ヒルズの本屋さんで目ざとく見つけてしまいました。洒落た箱にSushu Barと書いてあって、うんっ?と手にとってみると、江戸前鮨のカードゲームでした。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 12:05Comments(0)TrackBack(0)江戸前鮨の情報ネタ

2005年08月30日

ガード下の立喰い鮨に行った!

浅草橋立ち食い鮨.jpg


いろいろある立ち食い鮨の中でも、鮨をつまんだ指先をその場で蛇口で洗うお店はそんなにありません。戦後だと思うのですが、一時は結構流行ったようです。ここは貴重な一店です。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 15:11Comments(3)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

2005年08月15日

和菓子の江戸前鮨?

和菓子握り鮨小 .jpg
和菓子でつくる、江戸前鮨を見つけました。東銀座の歌舞伎座の裏にある小さな和菓子屋さんです。木挽町という粋な町名です。ご主人が仕込みから仕上げ、販売まで、一人ですべてやっておられます。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:34Comments(2)TrackBack(0)江戸前鮨の情報ネタ

2005年07月30日

花火大会の日にちらし鮨をつくった。

ちらし鮨全体小.jpg


浦安の花火大会の日にファミリーが大集合。大ちらし鮨をつくりました。今回の仕入れは久しぶりに生麦市場に行きました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:14Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

2005年07月15日

食品衛生責任者を受講!

食品衛生管理者手帳小.jpg
素人とはいえ、人さまに料理を食べていただくので、手洗い、食器洗い、食材の取り扱いや保管などには気を使っているつもりですが、やや不安もあり。しかも、鮨を握るのに生の魚介類を捌いたり、事務所で週一回まかない飯をつくったりしているので、思い切って食品衛生管理者の講習を受けました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 18:15Comments(0)TrackBack(0)男の料理

2005年06月12日

江戸前の魚があがる船橋漁港

ららぽーとを望む漁港船橋漁港一帯は、江戸時代に御菜が浦とよばれ、徳川家康にこの地で獲れた魚介類を献上していたところです。厳密に言うと、本来の江戸前の隣なんですが、いまも巻き網漁、底引き漁などで、東京湾の魚介を水揚げしています。素人でも、水揚げしている時なら買えるそうですから、今の江戸前?の魚介類を手に入れられる貴重な漁港です。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 06:54Comments(0)TrackBack(1)江戸前鮨の情報ネタ

2005年06月10日

江戸前料理を食べさせる居酒屋で。

船橋三番瀬のれん今の江戸前で獲れる魚介類を食べさせてくれる、貴重な居酒屋があるということで、早速行ってきました。船橋駅を降りて、駅前通りを海の方へ歩くと、左側に仲通り商店街という小さな飲み屋横丁があります。そこを入って、少し進むとY字路になりその前にお店があります。JR船橋駅から歩いて7〜8分でしょうか。お店に大漁旗がかかっています。口開けの客として5時前に入りました。ドキドキします。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:20Comments(3)TrackBack(0)江戸前を食べ尽くす

三番瀬の青柳食べました。

ばか貝のぬた盛り付け三番瀬で採った、江戸前の青柳を食べました。あたたかい青柳のぬたと青柳カレーです。地元ではバカ貝といわれてるのですが、ここでは旨さに敬意を表して、青柳とよばさせていただきました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:32Comments(2)TrackBack(0)男の料理

三番瀬で青柳を採りました。

ばか貝採れました東京湾に残る貴重な干潟の三番瀬で、地元で通称バカ貝と言われている青柳を採りました。握り鮨で食べる小柱は、このバカ貝の貝柱です。周りはマンション群が立ち並び、えっと思うようなロケーションで採れます。それも短時間で、かなりの量が。もちろん、江戸前の青柳をおいしくいただきました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 13:34Comments(0)TrackBack(0)江戸前を食べ尽くす

2005年04月08日

ハワイの鮨話しネタあれこれ・・・

ハワイで買ったSUSHIのTシャツです。ホノルルで鮨の話しネタをあれこれ探してみました。ひとつめはSUSHIを食べているクリバンキャットのTシャツ。ふたつめは、見た目は握り鮨に似ているけれど、いかにもアメリカ的なスパムむすび。味はどんなもんでしょう・・・。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 23:23Comments(1)TrackBack(2)江戸前鮨の情報ネタ

2005年03月24日

ハワイで一番古い鮨屋で食べた!

ハワイホノルルのダウンタウンにある出田レストランの看板です。3月だというのに異常に寒いワイキキの浜。ビーチで泳いで風邪をひいたのが約1名。そんなハワイで、創業35年、一番古いと言われる鮨屋さんを探して、地元産のホノルル前?の鮪を食べてきました。赤身がとてもうまかったです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 15:57Comments(2)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

2005年02月04日

江戸前の魚が戻ってくる?

幻の青ギスの標本です
江戸前の海にアオギスをと言う、魅力的なワードが朝刊に載っていました。青ギス、アオギス、青鱚。中学生の頃、釣りに熱中していた時に釣り雑誌でみて憧れた、干潟のアオギスの脚立釣り。もしかして、と期待して読みました。写真は浦安郷土博物館に展示されている、幻のアオギスの標本です。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 15:23Comments(1)TrackBack(0)江戸前鮨の情報ネタ

2005年01月18日

トラムに乗って香港公設市場へ!

トラムに乗って公設市場へ出発です
香港には鮨ネタに使えそうな魚はあるのか、ないのか。半信半疑で2階建ての路面電車に乗って公設市場へ行って来ました。香港島の中環(セントラル)から3駅ほど。2香港ドル30円です。いま人気エリアのSOHOに繋がる世界最長?のヒルサイドエスカレーターの出発点にある、中央市場が今回の目的地です。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 15:23Comments(0)TrackBack(0)市場買い出し

2005年01月17日

香港の握り鮨を食べた!

香港の寿司屋ののれんです
香港で回転鮨が人気と言うのは前々から聞いていましたが、わざわざ食べようとは思いもよりませんでした。今回香港へ行くことが決まったので、彼の地の握り鮨を一回は食べようと意気込んで出発しました。はい、香港のトレンディ?な街で白身の握り鮨をしっかり食べてきました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 19:23Comments(1)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

2004年12月24日

船橋市場でカミナリウオを発見!

子持ちのハタハタです。
久しぶりに船橋公設市場に行きました。今日は握り鮨ではなく、なにか旬の美味い魚があればと、特に目当てもないままに市場に到着。ぶらぶら歩き回っていると、ありましたありました。冬に雷が鳴ると秋田で獲れるという「はたはた」、別名「カミナリウオ」が。これで、今夜はしょっつる鍋に決まりです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 22:42Comments(0)TrackBack(0)市場買い出し

秋田名物はたはた、しょっつる鍋。

作り始めのハタハタ鍋です。
冬の鍋の中でもはたはたを使ったしょっつる鍋は珍しいと思います。実は私も食べたことがありません。船橋の公設市場で、旬のはたはたを手に入れたのでさっそくトライしてみました。はじめての鍋の味はどうでしよう・・・。雷鳴が響く日本海の味がするのでしょうか。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 10:48Comments(0)TrackBack(0)男の料理

2004年11月29日

立喰寿司を食べに立石へ行った!

栄寿司の暖簾です。
江戸前鮨の誕生した江戸時代後半。握り鮨は屋台で立ち食いで食べたのがはじまりとか。江戸時代と現代の立ち食い鮨は、果たしてどんなに違うのか?気分だけでも味わいたいと、東京の東端に位置する立石に、立ち食い鮨で有名なお店があると聞いてさっそく出掛けました。ありました、駅前の仲見世通りの入口近くに。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 19:13Comments(3)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

2004年11月26日

残り物に福あり。吉、満足。

昨日の残り物の刺身盛り合わせです。
昨日の江戸前鮨を握った残りを、今日の夜の肴にしました。昨日忘れた干瓢も巻いてみました。同じく出番のなかった紅葉も使って、残り物を刺身の盛り合わせにして飾ってみました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 20:51Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

2004年11月25日

握った、握った、思いっきり握った。

煮蛤の握りです。
4名のお客様を迎えて、思いっきり握りました。早朝の生麦市場への仕入れからはじまって、昼の仕込み、夕方からの握り、そして、食後の麻雀と結構充実した一日でした。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:07Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

気持ちいい朝、生麦市場へ買い出し!

生麦市場の朝の風景です。
ひさしぶりに気持ちのいい快晴。朝6時起床。朝風呂、コーヒーを飲んで、7時出発。気持ちよく湾岸を走って一路生麦市場へ買い出しに。市場到着は8時。ちょうど魚河岸から魚が届く時間です。本日はフラワーカンパニーの友人ファミリー4名が来宅するので、計6名プラス一匹分の鮨ネタ買い出しです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 15:31Comments(0)TrackBack(0)市場買い出し

2004年11月04日

江戸玩具の鮨屋台と出会った。

鮨の屋台のミニチュアです。
江戸時代に流行ったファーストフードの人気店は江戸前鮨の握り屋台です。銀座のデパート催事場で偶然、江戸玩具職人の三代目が作るミニチュア達と出会いました。これは欲しい!図々しくもご本人の仕事場を訪ねさせていただきました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 21:51Comments(0)TrackBack(0)江戸前鮨の情報ネタ

2004年10月27日

札幌へ向けて生麦市場で買出し!

鮨ネタ専門店が多い生麦市場です。
札幌まで出張して江戸前鮨を握るため、羽田空港近くの生麦市場へ買出しに行きました。朝八時前に着いて、北海道に無さそうな鮨ネタをいろいろと物色しました。買出し後、11時半の飛行機に乗り一路札幌へ・・・。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:25Comments(2)TrackBack(1)市場買い出し

札幌へ出張握り鮨に挑戦しました!

札幌出前鮨・薬味いろいろです。
札幌のファミリー一族まで、江戸前鮨の出張握り鮨にいって来ました。当日の朝、羽田空港そばの生麦市場で美味そうな鮨ネタをいろいろ仕入れて、そのまんま11時半の航空便で機上の鮨職人(見習い)&鮨ネタとなりました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:43Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

2004年10月22日

舎利が存在しない江戸前鮨と出会った。

数寄屋橋にある、地下の鮨屋さんの暖簾です。
噂に名高い数寄屋橋にある地下の鮨屋さんにいってきました。土曜日の昼の口開け客として予約。当日、11時半ジャストに伺うと、すでに先客が1名。真剣勝負の雰囲気で食べているように見えたのは、私の錯覚でしようか。
握りを食べて一番の驚きは、舎利が存在しないかの様に、いや舌の記憶が舎利の食感と味を忘れてしまっていた握りが何貫かありました。舎利ネタ半々が江戸前鮨の基本かと思っていたのですが、舎利の存在を忘れさせるような舎利の技・・・。う〜ん、鮨の世界はどこまでも深いのですね。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:46Comments(2)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

83歳の女将が握る江戸前鮨を食べた!

浦安の最初の鮨屋さんの暖簾です
台風一過の平日のおそい午後。銭湯の天井の明かり取り窓から陽がさす中、新湯をひっかけ、湯上がりにかるく鮨をつまむ・・・。昔の浦安の漁師さんの生活をちょっと味わってみました。
戦後の漁師町であった頃に、浦安で最初の鮨専門店として開いた鮨屋さんにいきました。地元ののんびりとした商店街に面しており、ちょうど銭湯のはす前に店があります。シャキッとした83歳の女将が一人で握っています。店構え、雰囲気、常連さん、いかにも地元に根付いた鮨屋さんです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:35Comments(0)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

2004年10月06日

氏素性の正しい江戸前鮨と出会った。

新橋の江戸前鮨屋さんの暖簾です
新橋にほど近い、ビルに囲まれた路地裏に粋な暖簾が掛かった一軒の鮨屋。今回は、私も愛読させていただいている「江戸前鮨仕入れ覚え書き」を書かれたご主人が握る鮨屋さんで、本を読んだだけで間違いなく旨いと確信して訪ねました。そこで、出会った江戸前鮨は、氏素性の正しい鮨ネタを全国から探し歩いたご主人の姿勢がそのまま表れた握りでした。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 14:35Comments(0)TrackBack(0)江戸前鮨を食べ歩く

2004年09月30日

江戸前の浅蜊を握った!

江戸前の浅蜊握り
江戸前と遠州の浅蜊があったので、迷わず江戸前の浅蜊をGET!浅蜊の握りは、あることは知っていたのですが、食べたことも見たこともないので、初トライです。どんな味になるんですかね・・・やや不安。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 10:31Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

2004年09月29日

10人前の賄い和風海鮮カレーを作った。

具のイカを炒めます
今日の10人賄い料理は登場回数がもっとも多いカレーメニューです。ただし、同じレシピは二度と作らないルールなので、いろいろ悩んだ末、初めての和風海鮮レシピに決定。コストパフォーマンスの高い、イカと冷凍天然エビをメイン具材に、和洋のダブルスープで旨味を構成します。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 10:09Comments(5)TrackBack(0)10人賄い料理

2004年09月28日

大黒丸の鰺を握った!

大分大黒丸の鰺の握り
初めて買い出しに行った太田市場で、大分の大黒丸の鰺と初ご対面。淡路の松栄丸とは違って、大ぶりで、関鰺に近いと言うか関鰺と同じ透明感のある身です。活きじめで、尾には黄色が入っており、全身これ旨いって感じで、期待できそうです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:59Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

ぷりっぷりの車海老を握った!

大分の車海老の握り
大分の車海老を握りました。もちろん養殖ですが、身がぷりぷりの大きめの車海老を活きで購入。おが屑に入れてもらいました。これは茹でたての一番旨いところを握ります。さあ、お楽しみです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 17:19Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

江戸前鮨の仕入れに対する見方が一変する仕入れバイブル

仕入れ覚え書き
今まで何気なく買い出しに行って、美味そうな面構えの魚介類を買っていた、我流の江戸前鮨の仕入れ。何となく仲卸店の人から産地を聞いたり、本で旬や産地をうろ覚えで仕入れていたのが、この一冊を読んで仕入れの奥深さと、仕入れのドキドキわくわく感をあらためて知らされました。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:05Comments(0)TrackBack(0)江戸前鮨の情報ネタ

海底トンネルを抜けて太田市場へ買い出し!

太田市場で買った大黒丸の鰺
初めての太田中央卸売市場へ、お台場から海底トンネルを2つ抜けて買い出しに行きました。正面入り口からちょっとドキドキしながら入りましたが、すんなりOKでした。今日は出たとこ勝負で何を買い出しできるか、お楽しみです。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 12:26Comments(0)TrackBack(0)市場買い出し

2004年09月10日

10人前の賄いイカめしを作った。

にいてる途中の二杯のアップです。
六本木の丸正で、フェア目玉として北海道の生イカを一杯百円で売っていました。限られた予算で10人前の賄いを作る身では、これは買うっきゃないでしょう。メニューはイカめし。これも作るっきゃないでしょう。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 12:37Comments(0)TrackBack(0)10人賄い料理

2004年09月07日

釣りキンキを中華風に蒸して食べて。

むっちりした真っ赤なキンキ一匹。
船橋の公設市場へ買い出しに行った時に、見つけました。トロ箱の中から絶対旨いから!食べてくれ買ってくれオーラを放っている真っ赤な釣りキンキを・・・。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 12:09Comments(3)TrackBack(0)男の料理

2004年09月06日

旬の新イカ(墨烏賊の子)を握った!

新烏賊の握りです。今が旬の新烏賊を握りました。予想どおりの優しい味で、ちょっと物足りない感じですが、これが旬の初物の味わい方でしょうか。大きさは手の平に二匹から三匹がのる小ささですから、捌く手間は新子とどっこいどっこいですね。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 16:32Comments(0)TrackBack(0)鮨を握ろう

船橋市場で新烏賊を買い出し!

いまが旬の新烏賊(墨烏賊)三兄弟です。
曇天の中、朝八時に船橋中央卸売場に到着。本日の目当ては、旬の新烏賊の買い出しです。今日は一般市民に公開の日でしたが、朝早いせいかそんなに混んでいませんでした。(二日遅れの週末記です)  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 12:30Comments(0)TrackBack(0)市場買い出し

2004年09月03日

いよいよ「週末に江戸前鮨を握ろう」をスタート!

シロウトが怖いもの知らずで、江戸前鮨の買い出しから、捌き、仕込み、握りまでチャレンジしようと言うテーマで、「週末に江戸前鮨を握ろう」の週末記を今日からスタートします。さて、どうなりますことやら・・・。  続きを読む
Posted by cpiblog00230 at 20:33Comments(0)TrackBack(0)男の料理