2008年02月29日

ブログ移転します

先日、autla.comで使用しているレンタルサーバの会社とlivedoorの契約が終了したとの通知を受けました。これまでは有料プランを無料で使っていた(というかレンタル代に含まれていた)のですが、今後このブログを続けるにはlivedoorに有料プラン料金を毎月払うか、無料プランに機能ダウンするかの選択となります。

調べたところlivedoorブログの無料プランはデータのインポート/エクスポートができないようで、将来引越しできないという問題があるようでした。そこで、有料プランの今のうちにエクスポートして、無料でインポート/エクスポートできる他のブログサービスに移行することにしました。

なお、このブログは無料プランに変更後残しておく予定ですので将来に渡って見たりコメントしたりもできるハズです。http://blog.autla.com/というURLでのアクセスはできなくなると思いますが。

あたらしいブログはhttp://mott.blog62.fc2.com/です。移転に伴って若干趣旨もかえていきたいと思います。詳細はあちらで。まだ仮オープンですが、近日中にちゃんと立ち上げる予定です。

livedoorでの更新はこれを最後にする予定です。ありがとうございました。そして、これからもよろしく。



cpiblog00262 at 01:49|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年02月10日

インフルエンザ

で4日間寝てました。

火曜日の昼頃に「ちょっと咳き込むなぁ」と思っていたら、その日のよるには37度くらいの熱が出てきて、翌日「風邪だなぁ」程度のつもりで病院にいったら「あ、インフルエンザ出すね。当分外出禁止です」、と。タミフル5日分をもらいました。

その日の夜は37〜38度あたりで頭痛もひどく一番つらかったのですが、翌日39度を越えたあたりではむしろ感覚が麻痺してるのかなんともなくなり、たまに起き上がってネットのニュースなんかを見たりしてました。医者が言うように2日で高熱は下がりましたが、その後も37度ちょっと下あたりをうろちょろしながら、現在も平熱よりはちょっと高い状態です。

本日が5日目。やっとタミフル飲み終わりの日です。明日は部屋の掃除をしないと、すごいことになってるし。連休で良かった。

cpiblog00262 at 14:16|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑記 

2008年01月22日

遅ればせながら新年の抱負とか

前後関係がむちゃくちゃですが、このタイミングで抱負など。

昨年末に書いたのですが、今年は「写真は銀塩フィルム」とか「年賀状は版画」のようなこだわりを捨て、イージーな感じを目指せたらな、と思っています。デジタルな時代に合わせてデジタルで行こうかなと。だって時間無いし。好きじゃないけど得意だし。

そういうわけで、新年は早速デジカメに乗り換えました。今年はフィルムはまだ撮ってません。

そしてパソコンはWindowsも使います。前回の日記にも書きましたが、久しぶりに音楽制作とかやりたいな、と。音楽制作はまだLinuxで完結するのはちょっと難しいのでWindowsメインでやるでしょう。ソフトも長年使ってきたドイツ製硬派DAW「Logic 5(販売終了からすでにウン年)」にこだわらず、軟派なメイドインUSA「SONAR 7(新発売)」とか使っちゃおうかなと。

チャリは昨年は1500kmくらい走りました(というかそのくらいしか走ってません)が、今年は距離は特に決めず、行ったことないところとかにたまに走りに行ければいいか、みたいな。メーターもつけずに。コンパクトデジカメ持って。いや携帯のカメラでいいか。

・・・・とか考えているうちに「むしろそういうこだわらないやり方の方が苦痛で、いつもどおりの方がイージーなんじゃないか?」とも思うわけですが、まぁそう思ったらそうするだけのことで、要するに楽で手早いと思った方に進むということです。こだわりを捨てる、というのはつまり「今年は絶対デジタルでいくぞ!」というこだわりすら捨てる、ということですね。はい。

cpiblog00262 at 03:07|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年01月16日

Culture Firstに騙されるな!

まずはこの記事を読んでください。

87の権利者団体が「Culture First」の理念を発表した。「文化が経済至上主義の犠牲になっている」とし、私的録音録画補償金の堅持に加え、対象をiPodやPC、携帯電話などに拡大すべきと訴えている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/15/news117.html

「Culture First」の趣旨は、「流通の拡大ばかりが優先され、作品やコンテンツなど創作物を単なる『もの』としか見ないわが国の昨今の風潮」を改め、「『文化』(Culture)が重要視される社会の実現」を目指すことにあるそうです。これは非常に立派な理念だと思います。

しかし、これを言っている権利者団体の中心にいるのは日本音楽著作権協会(JASRAC)です。そう、「流通の拡大ばかりが優先され、作品やコンテンツなど創作物を単なる『もの』としか見ないわが国の昨今の風潮」を広めた張本人であり、経済至上主義の権化です。最近もドワンゴと共謀して初音ミクを使った個人作曲家から利益を吸い取ったばかりのあのJASRACが、何を言ってるんでしょうか?

よくよく読んでいくとおかしいことばかりです。地球温暖化とどこが同じなのかさっぱりわかりませんし、機械文明優先の社会の是非との関連性も全く不明です。

僕の視点からこの(日本での)「Culture First」が生まれた経緯を説明すると、要するに「最近ハードウェア企業ばかりが儲けすぎてるんじゃない? ソフトウェア業界にももっと儲けさせろよ」という話なんです。もっと言えば、「IT化の波に乗り遅れたけど分け前よこせ!」と。文化が大事とか温暖化はいかんとか、誰でも納得しそうな綺麗な文面を並べていますが、それとこれとは全く関係ない。「俺たちにも儲けさせろ」とJASRACが主張していて、市川團十郎やすぎやまこういちのような正義感がありつつもちょっと視野が狭いと思われる人たちが口車にのせられてしまったんです。言っておきますが僕はすぎやまこういちを尊敬しています。ドラクエはともかくイデオンの音楽はすばらしい。その氏がこういう形で登場するのは残念でなりません。

はっきり言っておきますが、昔はともかく、今となってはJASRACは日本の音楽文化発展にとって障害でしかありません。ビジネスベースに乗らない音楽がこれだけ虐げられているのはJASRACが原因ですし、音楽の多様性を阻んでいるのもJASRACが原因です。ネット上で自分の曲を自由に公開し、気に入った人がダウンロードして聴く、自発的でシンプルなネット上の新しい音楽文化が2007年に生まれたにもかかわらず、それを年末にJASRAC(とドワンゴ)がぶち壊したではありませんか。JASRACは音楽文化を大切にしようなんて思っていない、と僕は断言します。彼らは自分たちが音楽産業を牛耳りたい、と思っているただそれだけです。

市川團十郎さん、すぎやまこういちさん、船村徹さん、文化を大切にしたいからこそ、偽者の「Culture First」に加担しないでください。マジで頼むぜ。

cpiblog00262 at 01:01|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年01月06日

Ubuntu on EDi Cube S150P

仕事場で使っていたノートPCが不要になったので自宅に持ち帰ってきました。セキュリティとか使い勝手の関係でフォーマットしようと思い、だったらOSも変えてみようかということでubuntuを入れてみました(元はSuSE 10.0)。

最初はブートできずにかなり嵌まりましたが、結果的には以下のオプションでうまくいきました。

all-generic-ide noapic nolapic irqpoll

これをCD起動時のオプションに入れるとCDブートできます。

インストール後の/boot/grub/menu.lstのkernel行のオプションにも同じものを入れます。これでインストール後もちゃんと起動します。

cpiblog00262 at 16:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)Linuxメモ