(写真)大使館主催レセプション(修正済)
都内で大使館主催レセプション

中国大使館の公式SNSの 微信(WeChat)サイトによると、9月22日夜、中国駐日本大使館は、東京都内のホテルニューオータニで中華人民共和国成立73周年と中日国交正常化50周年を祝うレセプションを開催した。
これには、福田康夫、鳩山由紀夫各元首相をはじめ、各政党指導者、国会議員、友好団体責任者、経済界首脳、各国駐日使節、在日華僑華人団体、中国語メディア、中国系企業の代表など300人余りが招待され、東京華僑総会から陳隆進会長が出席した。

孔鉉佑駐日大使はあいさつで、中日関係が現在、新たな歴史的出発点に立つとともに、これからどこへ向かうかという重要な岐路に立っていると指摘。双方が当初の原点に立ち返り、歴史の経験の教えを深くくみ取り、戦略的視点と大局的な視野から現在のチャンスと課題を把握し、中日間の四つの政治文書の精神を堅持し、両国指導者の重要な共通認識を指針として、絶えず政治的相互信頼を増進させ、互恵協力を深め、人的・文化交流を拡大するとともに、矛盾や意見の相違を適切に処理し、波風の試練に耐えて正しい進路を保ち、新時代の要請に合致した中日関係の構築に努め、より成熟で安定した、健全かつ力強い姿勢で中日関係の次の50年を迎えるべきだと呼び掛けた。

福田康夫元首相は、日中両国が国交正常化50周年を契機に改めて国交正常化の初心に帰り、平和共存の実現に努め、地域の繁栄と安定を共に守り、国際社会により大きな貢献をしていくべきだと述べた。

田中真紀子元外相は、両国が国交正常化を実現させた歴史的経緯を振り返り、50周年を機にさまざまな分野で積極的に交流し、平和共存と共同繁栄の実現に努めるよう望むとあいさつした。

日中協会の野田毅会長は、両国が日中間の四つの政治文書と関連する共通認識の精神を忠実に実践し、対話と意思疎通を通じて互いの相違を適切に処理する姿勢を堅持し、互いの発展を支援して地域と世界の発展促進に共同で積極的に貢献すべきだと指摘した。

この日出席した来賓らは中国のめざましい発展の成果をたたえ、中国共産党第20回全国代表大会の成功を祈念した。



写真説明:中国大使館主催中華人民共和国成立73周年と中日国交正常化50周年を祝うレセプション(中国新聞社)