陳隆進会長(たて)去る9月21日㈬、一般社団法人東京華僑総会の第六期第1回の理事会が開催された。
午後2時半、陳隆進会長が開会に伴いあいさつをした。その後、江洋虎氏が会議の仮議長に選出され、出席状況の報告があり、定数に達している旨が伝えられた。

次いで、陳隆進会長が6月後半から9月までの活動報告を行った。質疑応答の後、第一号議案に移った。

第一号議案では、新会長の選出が行われ、立候補および推薦を受けた会長候補者の中から無記名投票が行われた。監事3名立会いのもと開票作業が行われた結果、陳隆進氏が会長に再選された。陳会長はあいさつを述べ、この中で定款の変更、業務の改善などの実行に向けて努力することを誓い、理事各位の協力を要請した。

また、同じく無記名投票により、副会長に銭江麗子(再任)、陳莎莉(新任)の両氏が選任されたほか、理事会議長に江洋虎氏、副議長に謝忠勇、陳益謙両氏が選出された。

続いて、第二号議案で(公財)東華教育文化交流財団の賃貸契約更新に伴う賃貸料について、執行部よりの報告があり、了承された。

第一回理事会は午後5時過ぎに閉会した。

新役員人事は次の通り。
▽会長・代表理事‥陳隆進
▽副会長‥銭江麗子、陳莎莉
▽理事会議長‥江洋虎
▽同副議長‥謝忠勇、陳益謙
なお、常務理事などの役職人事については、次回理事会で検討される。


(写真)開票作業の様子(修正済)













写真説明:
➀東京華僑総会第六期第1回に理事会にて、陳隆進氏が会長に再選した

監事立会いのもと投票用紙の開票作業が行われた