2019年09月18日

Arkaos MediaMasterがバージョン5.6にアップデート!〜レンタルライセンス登場!

こんにちは、タキ子です。

先日Arkaos MediaMasterver5.6がリリースされました。

1

最新版ソフトウェアは下記URLよりダウンロード可能です。
https://pro.arkaos.com/software/mediamaster-pro/download

2

バージョン5.6では、日本のユーザ様からお知らせ頂いたいくつかのバグも修正されています。
皆様、ありがとうございました。

そして今回のヴァージョンアップと関連したビッグニュースです。
新たにMediaMaster Proレンタル専用ライセンスが登場しました!

3

1週間もしくは4週間の期間限定で低価格でライセンスをご使用いただけるというものです。
期間限定イベントや、試しにMediaMaster Proを使ってみたい、という方に非常にオススメです。

レンタルライセンスをご購入いただいた場合も、通常のアクティベート同様、発行されたライセンスコードをコンピュータに紐付けするだけで、MediaMasterを使用することができます。
さらに、4週間ライセンスに関しては、1週間ごとにライセンスを紐付けするコンピュータを切り替えることも可能です。
たとえば初めの2週間は仮組み用コンピュータにライセンスを紐付けし、残りの2週間は本番用コンピュータにライセンスを紐付けする、というような使い方も可能です。

4

レンタルライセンスを使用している場合、MediaMasterの起動時に有効期限が表示される仕組みです。

5

なお、レンタルライセンスはUSBドングルへの移行はできません。

価格や詳しく知りたい方は、お気軽にお問合せ下さい!
ではまた〜!

Arkaos MediaMaster
http://gonginternational.jp/archives/product/arkaos-mediamaster-pro


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Arkaos 

2019年09月17日

EtherMX/Ex8の便利な入出力設定をお試しください!〜パッチボックス編。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

EtherMX/Ex8の便利な入出力設定機能紹介ですが、今回は【パッチボックス】について、紹介します。

1

EtherMXのパッチは、入力側、出力側どちらのポートにも対応し、設定完了後はコンピュータから切り離してスタンドアローンで動作する便利なパッチ機能です。
しかも、ビジュアル的につなぐ/外すといったケーブル表示で確認できるので、パッチ状態を全体的に分かりやすく把握することができます。

2

このように、DMX入力→EtherMXのパッチ機能→DMX出力とすることで、パッチ機能のないコンソールでも、EtherMX/Ex8を使って自由にパッチすることができます。

3

DMX入力する際に、忘れてはならないのが“メス”ポートを“オス”に変換する「5Pオス-5Pオス変換アダプタ」!
EtherMX/Ex8の入力機能をお使いの場合は、こちらも忘れずにお求めください!

4


パッチ設定はカンタンです。まず任意のポートを選択して、

5

メニューバー[設定]→[パッチウインドウ]を選択し、

6

パッチウインドウを起動します。

7

つなぐ/外すをマウスのドラッグ&ドロップ操作で視覚的に確認しながら行います。
1個1個を個別に、複数のチャンネルを一括で同時に自由自在にパッチできます。

8

何らかのパッチ設定を行うと、ポートに「P」マークが付きます。

9

パッチを元に戻す場合は、メニューバー[パッチ]→[すべて直結]を選択します(「P」マークが消えます)。

10


設定完了すると、コンピュータを切り離して、スタンドアローンでお使い頂けます。
EtherMX/Ex8は本体に設定を変更するようなボタン類はありませんので、コンピュータに接続して変更しない限り、設定が変わることはありません。

パッチ設定完了後、ポートの入力と出力のアドレスを同じにすることで(例:0/0/0)、

DMX入力→EtherMXのパッチ機能→DMX出力

が実現します。

11

前回
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52549077.htmlのマージャー/スプリッター機能と組み合わせて、入力ポートにパッチしてマージしたり、スプリット出力しながら各ポートに異なるパッチなど、さまざまな設定が可能です。

12

次回に続きます。

Kuwatec EtherMX
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ethermx
Kuwatec Ex8
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ex8


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 EtherMX | Ex8

2019年09月13日

このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版〜第39回 googoboのスリットGOBO。

浪花亭馬彦です。

今回の「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」は、いわゆるスリットGOBOをPrefLightでシミュレートしてみたいと思います。

ムービングスポットなどで、デフォルトでも入っていることの多い、一般的にステージやテレビなどでよく使われているGOBOです。
今回はgoogoboの中から一本筋のスリットGOBOを使い、ビームの太さを変えて空間にメリハリをつけるシミュレートをしてみたいと思います。

googoboのスリット系GOBOの画像一覧は下記URLをご覧ください。
http://gonginternational.jp/archives/googobo_ss?_sft_googobo_ss_category=170-bars


左から、最も細い「21001 BAR」、中間の太さの「21003 BAR 03」、最も太い「21005 BAR 05」です。

1

5台のムービングスポットに取り付けた様子をシミュレートしています。
舞台ヨコで出した場合。
21001は舞台面をみるとソリッドな空間が出来上がりますが、最も太い21003の場合、しっかりとしたビームがでます。

2

舞台タテにしてみた場合。
複数台使用しているため、どれもシャープでな表現になったように感じます。
個人的には光の落ち方が繊細で緊張感が感じられる、最も細い21001が好みです。

3

ムービングのプリズム機能を使うと抽象的なグラフィカルな表現もできそうです。

4

ローテイトさせて動的な表現をしてみました。
21001、21003、21005の順に収録しています。



シンプルで使い道も多いスリットGOBO、複数のバリエーションを持っておくと重宝するのではないかと思います。

googoboのその他のデザインはコチラから↓
http://gonginternational.jp/archives/googobo_ss

LEDムービングスポット類はコチラから↓
http://gonginternational.jp/archives/product_category/butaishoumei-led#led-spot-moving-butaishoumei-led

ライティングシミュレータ、Preflightはコチラから↓
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-preflight


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




2019年09月12日

MADRIXハードウェアのファームウェア更新チャレンジ番外編:Device Updaterその他の機能。

おはようございます、S姉です。

これまで3回に渡り、MADRIXハードウェアのファームウェア更新手順をご紹介してきました。
第1回:http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52548479.html
第2回:http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52548288.html
第3回:http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52549008.html

今回は番外編として、第3回で登場した「MADRIX 5 Device Updater」について深堀りして紹介します。
Device Updaterは「全てのMADRIXハードウェアのファーム更新にご利用可能なユーティリティツール」ですが、実は別の機能も搭載しています。

1

※今回の例では、常設プロジェクト向けSPI/DMX2ポートノードの「MADRIX NEBULA」で作業していますが、その他ハードウェア製品も作業手順は同じです。

2

MADRIX 5 Devive Updaterを起動し、各種ハードウェア製品のなかから「MADRIX NEBULA」を選択しました。
「5 NEBULA Updater」が起動します。

3

ウィンドウ上のそれぞれのボタンで実行される処理を解説します。

・Update NEBULA Firmware(NEBULAのファームウェアを更新)

コンピューターに接続されているMADRIX NEBULAのファームウェアを更新します。
どのバージョンのファームが適用されるかは、ボタン上部に表示されています。
複数のファームウェアがコンピューター上に存在する場合、原則最新バージョンが自動で表示されるようになっていますが、任意のバージョンを適用したい時には、プルダウンリストを展開して適用するバージョンをお選びください。

4

・Reset to Factory Default Settings(工場出荷時設定にリセット)

IPアドレス等のネットワーク設定やDMX-OUTのユニバース数等、装置側で自由に変更できる各種設定を、工場出荷時の設定値(デフォルト値)に戻すことができます。
仮設現場や頻繁に異なる場所で装置を使う場合に便利な機能です。

5

・Execute All(全て実行)

上記の「ファームウェア更新」と「工場出荷リセット」の両方を一度に実行することができます。
手早く作業を行いたい、忙しい方にオススメの機能です。

6

補足として、これら3種の処理全てに共通する仕様ですが、Device Updaterはコンピューターに接続されている全ての装置へ同時に処理を走らせることができます。
同一機種を複数台お持ちの方は、USBハブを活用して一度にファーム更新を実行することも可能です。

効率よく装置のメンテナンスを進められる便利ツール「Device Manager」、MADRIXハードウェアをお持ちの方はぜひご活用ください!

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:30|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX 

2019年09月11日

第2回なにわ灯り展、ご来場ありがとうございました!

こんにちは、タキ子です。

先週末開催された、第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」弊社ブースへお越しいただいた皆さま、どうもありがとうございました。

1

お越しいただけなかった方のために、展示会内容について簡単もに紹介いたします。

今回のなにわ灯り展では、会場が撮影スタジオということもあり、サスバトンに灯体を吊ったり、ホリゾント幕に明かりを照射したりと、実際の使用環境に近い状態で機材を見ることができます。

2

3

展示会内のイベントも盛りだくさんでした。
1日目には、第38回日本照明家協会舞台部門にて賞を受賞したデザイナーお二方の明かり作りにまつわるセミナーが開催されたり、夜には屋外で7kwのムービングライトの点灯テストが行われたりと、盛り上がりました。
2日目には、各メーカーさんとユーザーさんの照明機材にまつわるトークセッションがあり、LED素子の寿命に関するお話し、知っておくと役立つ豆知識、照明さんあるある情報まで、色々な話が繰り広げられていました。

ゴング・インターナショナルのブースの展示内容はこちらです。

4

DIAheartでLED機材を一括制御!

フレキシブルに設置できるLED DotLED Barを、DIAheartのボタン機能&カレンダー機能を使いショー演出を行いました。

・LED300W高出力GOBOプロジェクタ「RS-300
距離のあるホリゾント幕にもきれいに投影できるLED300W光源を持つRS-300で、ウォーターエフェクトやGOBOの投影を行いました。

5

他にも、DoctorMXタイプCGong Tool MasterPiccoloのカタログにもご注目いただきました!

ゴング・インターナショナルブースにお立ち寄りいただいた皆さま、どうもありがとうございました。

ではまた〜!


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Oak Valley 

2019年09月10日

EtherMX/Ex8の便利な入出力設定をお試しください!〜DMX/ArtNet/sACNマージャー、スプリッター編。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

ユーザ様からEtherMX/Ex8入力機能の使い方についてお問合せを頂きました。
今回から、使用例を交えてその入力機能を紹介します。

1

EtherMX/Ex8は、DMX-ArtNet/sACNコンバータです。
MADRIX 5のDMX出力や、
ArKaos MediaMaster ProのLED Mapper、
DoctorMXのArtNet機能やsACN機能、
DIAheartのArtNet/sACN出力などなど、ゴング・インターナショナル取り扱いのさまざまなソフトウェアやハードウェアと連携してお使い頂けます。

EtherMX/Ex8をご購入いただいた初期状態ですと、各DMXポートは「出力」に設定されていますが、「入力」へ切り替えることもできます。

2

EtherMXは4ポート、Ex8は8ポートのDMX5P“メス”を実装しています。

3

Windows/Macのどちらでも使える無料の設定アプリケーション「EtherMX Set」で各ポート個別に「出」「入」を切り替えることができます。

4

それでは、この入出力を使った、

【DMX/ArtNet/sACNマージャー、スプリッター】
【パッチボックス】
【信号設定】


などの機能を紹介します。

なにはともあれ、忘れてはならないのが“メス”ポートを“オス”に変換する「5Pオス-5Pオス変換ケーブル」!
EtherMX/Ex8の入力機能をお使いの場合は、こちらも忘れずに!

5

今回は【DMX/ArtNet/sACNマージャー、スプリッター】について紹介します。

EtherMX/Ex8の入力を利用する場合、マージャー、スプリッターとして使用法があります。
EtherMXで解説します。
初期状態のEtherMXの4ポートは出力ですが、EtherMX Setで指定のポート(例:ポート1)を入力にします。

6

次に、4ポートすべてのネットワークアドレスを同じにします(例:0/0/0)。

7

これにより、入力ポートの信号は、出力ポートへスプリット出力したり、

8

複数の入力ポートの信号は、ミックスされて一つのポートに集約して出力することができます。

9

DMX入力を指定したDMXポートから出力するだけでなく、ArtNet/sACNのネットワークプロトコルを、それぞれのDMXポートにマージ出力できるので、
例えば、2台のコンソールからのDMX信号をマージしながら、さらにArtNet/sACNの信号をマージしたり、とDMXポートとsACN/ArtNetを自在に組み合わせてIN/OUT設定が可能です。
また、EtherMX/Ex8は本体に設定を変更するようなボタン類はありませんので、外部コンピュータから変更しない限り、設定が変更されることはありません。

マージャー/スプリッターとしてお使いいただく場合は、ネットワークアドレスを合わせたり、変更したり、というのがカギになります。

次回に続きます。

Kuwatec EtherMX
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ethermx
Kuwatec Ex8
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ex8


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq





cpiblog00465 at 08:23|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 EtherMX | Ex8

2019年09月09日

MADRIXハードウェアのファームウェア更新チャレンジ(3)Device Updaterで実施。

おはようございます、S姉です。

前回前々回に続く、MADRIXハードウェアのファーム更新方法の解説ブログ第3弾です。

MADRIXハードウェアのファームウェア更新は、大きく分けて3通りの手段が用意されています。

(1)MADRIXソフトウェア経由で実施 - USB接続
(2)MADRIXソフトウェア経由で実施 - イーサネット接続
(3)MADRIX 5 Device Updaterで実施


今回は、「(3) MADRIX 5 Device Updaterで実施」の更新方法を解説します。
Device Updaterは、MADRIXソフトウェアと一緒にインストールされる、全てのMADRIXハードウェアのファーム更新にご利用可能なユーティリティツールです。

1

※今回の例では、常設プロジェクト向けSPI/DMX2ポートノードの「MADRIX NEBULA」で作業していますが、その他ハードウェア製品も作業手順は同じです。

2

[手順1]

ファームウェア更新作業の前に、忘れずにMADRIXソフトウェアの最新バージョンをコンピューター上にインストールしてください!

2019/9/6現在の最新ソフトウェアバージョンは「5.1a」です。
ダウンロードはこちら↓から
https://www.madrix.com/support/download

[手順2]

ファームウェアを更新するMADRIXハードウェアに電源を投入します。

[手順3]

MADRIXハードウェアとコンピューターをUSBケーブルで接続します(Ethernetケーブル経由ではご利用いただけません!)。

[手順4]

MADRIX 5 Device Updater」を起動します。
Device Updaterは、デスクトップにショートカットが自動では作成されないため、Windowsのスタートメニューから「MADRIX 5」フォルダ、Device Updaterを起動してください。

3

[手順5]

ファーム更新を行うハードウェア製品を選択し「OK」をクリックします。

4

[手順6]

MADRIX NEBULA専用のアップデーターが起動します。
ファーム更新対象のシリアル番号を選択後、「Update NEBULA Firmware」ボタンをクリックして、確認メッセージで「OK」をクリックすると、ファーム更新が開始されます。

5

[手順7]

ファーム更新の詳細な過程のログがウィンドウ右側に表示されます。
最上部に「Firmware update complete!」と表示されれば、ファーム更新は完了です。
とてもカンタンです!

6

上記画像からも分かりますが、Device Updaterを使用すると、ファーム更新の過程をログで追うことができます。
ファーム更新時に内部的にどんな処理が実行されているのかを把握したい場合には、Decive Updaterのご利用がおすすめです。

次回、ファーム更新の番外編として、今回ご紹介した「MADRIX 5 Device Update」のその他の機能を紹介します。
ご期待ください!

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5



25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 06:40|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX 

2019年09月06日

このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版〜第38回 GOBOを使って日本の秋の夜をイメージ。

浪花亭馬彦です。

9月に入り、まだまだ蒸し暑い日もありますが、夕方になると過ごしやすい時間帯も増えてきたように思います。
今回の「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」は、日本の秋の夜をイメージした明かりをGOBOを使ってPrefLightでシミュレートしてみたいと思います。

早速ですがgoogoboHRの「u1017-gs」から。
グレーのモノトーンであらわされた満月GOBO。
とても緻密な作りです。
1枚は持っておきたいGOBOのひとつですね。

1

色温度が低いタイプのプロファイルスポットで照射すると自然な雰囲気での見え方になります。
これだけでも十分かっこいいですね。

2

時間帯はやはり夜ですかね。
背面のアッパーホリは落ち着いたブルーにしました。

3

ローホリのみにして海の上に浮かぶ月にしてみました。

4

続いて、他のGOBOを使って表情を付け足してみます。
のデザインは、googobo(ステンレス)から
「24044-KUJU-SAN」
「24032-YATSUGATAKE」
「24035-FUJI-SAN-02」
「24047-KISO-KOMAGATAKE」
「24050-BANDAI-SAN」
日本各地の山が一堂に会するのもシミュレートならではです。

5

横並びにかぶせ気味に照射。
山の稜線が月に照らされた神秘的な雰囲気です。

6

GOBO「u1033-gs」を足してみます。
横に長い雲が描かれたグレースケールのGOBOです。

7

ぼやっと雲を足して、少し月のサイズを小さくして、遠近感を強調してみました。
より写実的になったでしょうか。

8

日本の秋の夜をイメージしたシミュレートでした。
今回メインで使用した月GOBO「u1017-gs」や雲GOBO「u1033-gs」は特に使い勝手のよいガラスGOBOですので、情景GOBOの際にはオススメです!

googoboのWebカタログは下記URLから↓
http://gonginternational.jp/archives/googobo_ss

googoboHRのWebカタログは下記URLから↓
http://gonginternational.jp/archives/googobo_hr

ソースフォーLEDソースフォーカラーソース類はコチラから↓
http://gonginternational.jp/archives/product_category/butaishoumei-led#etc-s4ledled
http://gonginternational.jp/archives/product_category/butaishoumei#etc-hpl
http://gonginternational.jp/archives/product_category/butaishoumei-led#etccolorsource

PHOSをはじめとしたGOBOプロジェクタはコチラから↓
http://gonginternational.jp/archives/product_category/tenposhoumei

ライティングシミュレータ、Preflightはコチラから↓
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-preflight


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。

なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》 ※本日開催中です!
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33

↓『なにわ灯り展』ゴングブースの様子です。けっこうハデハデ!
なにわブース


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GOBO 

2019年09月05日

いよいよ明日から!『第2回なにわ灯り展』出展のお知らせ

こんにちは、タキ子です。

明日から、大阪にて開催される「第2回 なにわ灯り展」に出展します。

1

《第2回 なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》

日時:2019年9月6日(金)10:00 〜 19:00
   2019年9月7日(土)10:00 〜 15:00 *終了時間が早いのでお気を付け下さい!

会場:読売テレビ旧社屋(大阪市中央区城見2-2-33)

*展示会の入場は無料です。
*事前のお申込みも必要ありませんので「急に時間が空いた!」なんて場合にお立ち寄りいただくことも可能です!

9月6日(金)には、舞台テレビ照明技術者セミナーが行われます。
13:00からと15:00からの2回あり、それぞれ内容が異なります。
詳細は下記webサイトに詳しく掲載されています。
http://www.jaled.or.jp/html/branch/page.php?id=1627

9月7日(土)には、副題の「さよなら#86(パーロク)」にちなみ、LEDでポリカラー#86の色味を表現してみようという企画や、「照明現場あるある話」にまつわるクイズ等のアトラクション企画も予定されているそうです!


【ゴング・インターナショナル出展内容】

ゴング・インターナショナルのブースは第一会場になり、出入口を入って左手の方にあります。
今回の展示では、GOBOプロジェクタ「RS-300」もお披露目します!

2

光源に300W白色LEDを使用している高出力なライトで、これ一台で、ホリゾントにGOBO照射ウォーターエフェクト等の複数の演出を行うことが可能です。
特に、今回は展示会場にホリゾント幕が設置されているため、実際の使用に近い状態で操作をお試しいただけます。

3

その他には、下記製品を展示予定です。

・ショーコントローラ“DIAheart
・屋台仕込みにも使える“ミニマムなLED機材
・ネットワークスイッチ“SwitchMaster
・リニューアルしたUSB:タイプCの“DoctorMX
などなど…。

4

また、ブースに展示していない機材でも、カタログのお渡しや製品について説明させていただきますので、お気軽にお尋ねください。

それでは、会場で皆さまのお越しをお待ちしております。
ではまた〜!


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。

なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》 ※いよいよ明日から開催です!
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:25|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Oak Valley 

2019年09月04日

DIAheartで、シーケンスの最後の数秒をループ再生する方法。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

ご存じDIAheartに関して、シーケンスデータのループ方法について問合せを頂きました。

「DIAheartで、シーケンスデータの、最後の数秒をループ再生したい」

というご要望でした。

例えば、30秒のデータ「_30sec」を記録し、これを基本として、話を進めていきます。

190904-1

まず一番スタンダードなループ方法です。
この30秒データを丸々ループ再生する場合は、シーケンスの繰り返しにチェックを入れればOKです。

190904-2

次に、この30秒データの中で、指定のタイム内でループ再生する場合、例えば5秒から25秒の間の20秒間だけをループ再生するといったケースでは、シーンの範囲欄に、

00:00:05.00
00:00:25.00


を入力し、繰り返し欄にチェックを入れます。
これで、指定した範囲内のループ再生が可能になります。

190904-3

ここまでは、シーケンス内の、一つのシーンデータの編集や設定で完了します。

今回の「シーケンスデータの、最後の数秒をループ再生したい」という場合は、一つのDMXデータで複数のシーンを使用することで対応できます。

例えば、この30秒データの最後の10秒をループ再生したい場合、まず、シーンを2個作成します。

190904-4

その作成した2個のシーンに、同じDMXデータを割り当てます。

190904-5

上側のシーンは通常再生、下側のシーンはループ再生に使います。
上側のシーンの開始時間は00:00:00.00のまま、特に何も設定しません。
下側のシーンの開始時間を「00:00:20.00」とします。

190904-6

範囲を00:00:20.00-00:00:30.00とし、繰り返しにチェックを入れます。
これで、このDMXデータは30秒のデータですが、最後の10秒をループし続けるシーケンスとして再生できるようになりました。

190904-7

他にも、ループ用シーンの為に、DMXデータを記録し直す、という方法や、記録したDMXデータの特定箇所を切り取ってループ用シーンに割り当てるという方法もあります。
ですが、今回の方法ですと、記録したデータの最後の部分を延長/再生したい場合に、簡単に実現します。

Kuwatec DIAheart
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart
Kuwatec DIAheart RackMount
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart-r


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。

なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 DIAheart 

2019年09月03日

「第61回サイン&ディスプレイショウ2019」無事閉幕!皆様ありがとうございました。

浪花亭馬彦です。

第61回サイン&ディスプレイショウ2019、無事閉幕を迎えました。

今回の弊社ブース。
PHOSシリーズをメインに、GOBORS-300DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システムを展示しました。

1

今回も手に取って触って質感を確かめることができるように展示しました。
ですので3日目にはこのように、照射場所やGOBOなどがいろいろと変わっています。

2

メニューGOBOと、サッカーボールやサンタクロースのGOBOを背景とする、2台使用で同じ場所に重ねて照射しています。
イベントや季節ごとに簡単に交換できるのがよい、と好評でした。

3

4

PHOSは各モデルのデモ機を机いっぱいに並べていたこともあり、注目を浴びました。
その中でも、屋外に設置することができるアウトドアタイプと、ダウンライトタイプに関しての問合せを多くいただきました。

また、DIAheartの外部接点入力にセンサーを取り付けた事例も展示しました。

5

人感センサーからのトリガーを受けると右上の「矢印」と「あるきスマホ」のロゴが点滅する内容です。

6

仕組み、動作については前回のブログを参照ください。↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52548351.html

サイン設計や看板製作の会社向けの展示会ですので、GOBOプロジェクタに関してご存じでない方や、探していたけど初めて見ることができた、という方も多くいらっしゃいました。
PHOSシリーズは照射精度の高さと、LEDの明るさが両立しているというアピールポイントがあり、特にPHOSシリーズの実際のGOBO投影の鮮明さに驚かれていました。

あっという間の3日間でしたが多くの反響をいただきました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

PHOS&GOBOの詳細についてはこちらから。↓
http://gonginternational.jp/archives/product_category/gobo

RS-300についての詳細はこちらから。↓
http://gonginternational.jp/archives/product/rs-300

DIAheartはこちらから。↓
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。

なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:26|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 GOBO 

2019年09月02日

9月。ゴング25“執念”各企画は今月イッパイですよ〜

gongです。

9月です。
ということは弊社の決算月であります。
例年同じこと申し上げておりますが、売り上げ状況が今年も芳しくなく‥‥
皆さまからのこの一ケ月のご注文でのるかそるかが決まります。
来月からは消費税もあがります。
「そのうちに」ではなく、今月中のご注文をお願いいたします!

また、弊社25周年ということでこの1年おこなってきました、
『ゴングインターナショナル創業25“執念”セール
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale
も今月でいったん終了、と相成ります。
ご入り用の方、どうぞお急ぎください。

また、それと並行しておこなってきた、
『ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画』
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html
も同様に終了
ダーマト、10月からは商品として販売していきます。


先週末で《SIGN&DISPLAY SHOW2019》が無事終了しました。
たくさんの方にご来場いただき、また実りあるお話しができた、と報告を受けております。
ありがとうございます。

S&D19

夏の怒涛の展示会ラッシュも残すは下記↓の、
《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
のみとなりました。
関西の皆さま、ご来場お待ちしております!


〜展示会出展のお知らせ〜

なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


↓いちおう9月ということで「オータムセール」に。

《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq





cpiblog00465 at 08:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 雑記 

2019年08月30日

MADRIXハードウェアのファームウェア更新チャレンジ(2)ソフトウェア経由で実施〜イーサネット接続。

おはようございます、S姉です。

前回に引き続き、MADRIXハードウェアのファームウェア更新方法を解説します。

MADRIXハードウェアのファームウェア更新は、大きく分けて3通りの手段が用意されています。

(1)MADRIXソフトウェア経由で実施 - USB接続
(2)MADRIXソフトウェア経由で実施 - イーサネット接続
(3)MADRIX 5 Device Updaterで実施


今回は、「(2)MADRIXソフトウェア経由で実施 - イーサネット接続」の更新方法を解説します。
常設プロジェクト等、設置場所からハードウェアを簡単に移動できない、ケーブル配線を触れない現場等でお勧めの作業方法です。

※今回の例では、常設プロジェクト向けArtNet(sACN)/DMX2ポートノードの「MADRIX STELLA」で作業していますが、その他ハードウェア製品も作業手順は同じです。

0830-1

[手順1]

毎度繰り返しになりますが...ファームウェア更新作業の前に、忘れずにMADRIXソフトウェアの最新バージョンをコンピューター上にインストールしてください!

0830-2

2019/8/30現在の最新ソフトウェアバージョンは「5.1a」です。
ダウンロードはこちら↓から
https://www.madrix.com/support/download

[手順2]

コンピューターのネットワーク設定(IPアドレス、サブネットマスク)が、MADRIXハードウェアと同じIPアドレス帯か確認します。
MADRIXハードウェアは、初期設定ではIPアドレスが「10アタマ」(10.X.X.X)に設定されています(「2アタマ」アドレスへも変更可能です)。
本手順ではコンピューターとハードウェアをArtNetで接続するため、コンピューター側のIPアドレスもハードウェアの設定に合わせて「2アタマ」や「10アタマ」に変更してください

0830-3

[手順3]

ファームウェアを更新するMADRIXハードウェアに電源を投入します。

[手順4]

MADRIXハードウェアとコンピューターをEthernetケーブルで接続します。

[手順5]

MADRIXソフトウェアを起動し、メニューバーから
[Preference] > [Device Manager]
を開きます。

0830-4

[手順6]

[Art-Net]タブを選択し、ArtNetが起動していることを確認します(「Enable」ボックスがチェックされていればOK!)。

0830-5

[手順7]

検索ボタン(虫眼鏡アイコン)をクリックして、接続されたハードウェアを検出します。
検出されたハードウェアを一覧で選択し、設定ボタン(歯車アイコン)をクリックして別ウィンドウを開きます

0830-6

[手順8]

ウィンドウ右上の[Firmware]ボタンをクリックすると、ファームウェア更新が開始されます。

0830-7

[手順9]

画像のメッセージが表示されたら、更新処理は完了です!

「Product」欄のファームウェア情報が最新バージョンへ書き換わっていれば、正しくファームウェアが更新されています。

0830-8

次回、ハードウェアのファーム更新専用のソフトウェア、「MADRIX 5 Device Updater」による更新方法について詳しくお伝えします。
ご期待ください!

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》  ※本日2日目、絶賛開催中です!
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html






cpiblog00465 at 08:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX 

2019年08月29日

撮影・イベント現場に超オススメ!Astera LED新登場〜その5:AsteraBox。

こんにちは、タキ子です。

本日から東京ビックサイト青海展示棟で開催される「第61回サイン&ディスプレイショウ2019」に出展しています。

0829-1

今回の展示会では、googoboderksen PHOSシリーズに加え、Goboプロジェクタ:RS-300や「DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム」の展示も行います!
皆さまのご来場をお待ちしております。

日程:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト青海展示棟 Aホール ブースNo.89
(アクセス:http://www.bigsight.jp/download/public/access_map_j_aomi_t.pdf


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


続きまして、Astera LEDシリーズの紹介ブログです。
今回は、Astera製品を制御するときに使うインターフェイス「Astera Box(ART7)」についてご紹介します。

0829-2

Astera Box(ART7)

0829-3

Astera LEDシリーズ(Titan Tube、AX3など)を制御する方法は2通りあります。

・専用アプリ「Astera App」を使う。
DMXコンソールを使う。

Astera Boxは、スマホやタブレット端末の「Astera App」と連携したり、DMXコンソールなどのコントローラーの信号をAstera LEDシリーズへ送信する「ワイヤレス送信機」として使用します。

0829-4

アプリ「Astera App」とDMXを併用してAstera LEDシリーズを制御することも可能です。

0829-5

DMXコンソールとAstera Box間は、付属のDMXアダプタで有線で接続します

0829-6

Astera Boxもバッテリー内蔵のため、必ずしも電源に繋ぐ必要が無く、仕込み時間を短縮させることができます。
なお信号の混線を避けるため、同一現場でのAstera Boxの使用は最大2個までを推奨しています。

また、Astera LEDシリーズをDMX制御する場合で、DMXワイヤレス送信機をお持ちでしたら、この「Astera Box」が無くても、Astera LEDシリーズ自体に受信機を搭載しているので、ダイレクトにDMXワイヤレス送信機からの信号を受信することもできます。
Astera LEDシリーズは、WirelessSolution社のW-DMX、もしくはRumenRadio社のCRMXに対応しています。

【Astera Box(ART7)製品仕様】
・制御:DMX512チャンネル
・周波数帯:App時920MHz、DMX時2.4Hz
・通信範囲:約150〜200m
・バッテリー駆動時間:App使用時最大72時間、DMX使用時最大16時間
・寸法:144x78x30mm
・重量:0.23kg
・付属品:充電器、キャリーケース、DMXアダプタ

Astera製品デモ機のご依頼もお気軽にお問合せ下さい。
ではまた〜!


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》 本日から開催です!
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html





cpiblog00465 at 08:10|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 LED 

2019年08月28日

EtherMX「DMX出力喪失」設定の出力停止とゼロを繰返しの違いについて。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

EtherMXのバージョン1.3.4(装置バージョン23)より「DMX 出力喪失」設定が新たに追加されました。
この「DMX出力喪失」の「出力停止」「ゼロを繰返し」の違いについて、ユーザ様より問合せを頂きました。
今回のブログでは、この「DMX出力喪失」について解説します。

1

「DMX出力喪失」は、EtherMX/Ex8の各DMXポートからの出力データに対し、ArtNetから受信しなくなった時の動作を指定する項目です。

設定項目は

―侘歪篁・・・完全に出力自体を遮断します。

▲璽蹐魴返し・・・DMXレベルの「0」を出力し続けます。

最後の状態を繰返し・・・最後の状態で(停止した状態で)DMXレベルを出力し続けます。

の3つがあります。

2

仮に、ケーブルが外れてしまった、というようなArtNet接続が途切れた場合、約10秒程すると´↓のいずれかに移行します。

最後の状態を繰返しを選択すると、例えばLED機器で「Red(赤)」を出力した状態だとすると、その状態を維持し続けます(赤のままです)。

3

―侘歪篁澆蓮DMXデータ自体の出力を停止し、「無」の状態になります。通常ですと「暗転」になります。

4

▲璽蹐魴り返しは、DMXレベルが「0」の状態を出力し続けます。つまり「暗転」になります。

5

このように、結果として同じ「暗転」になるのですが、´△琉磴い論楝海靴討いDMX対応機器の仕様・特性によって変わる可能性があります。

―侘歪篁澆鯀択すると、完全にDMXから切り離されます。
さまざまな機器の中で、DMXを受けない状態になると自動的にオートプログラム再生に切り替わる機種もあります。
その機種で―侘歪篁澆鯀択すると、オートプログラム再生に切り替わってしまいます。
オートプログラムに移行させたくない場合には「▲璽蹐魴り返し」を選択すると「暗転」状態になります。

このように「DMX出力喪失」設定の―侘歪篁漾↓▲璽蹐魴返し、最後の状態を繰返しの3つの選択は、接続されているDMX対応機器の特性に合わせて変更して下さい

Kuwatec EtherMX
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ethermx
Kuwatec Ex8
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ex8


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》 明日木曜から開催です!
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html

cpiblog00465 at 09:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 EtherMX 

2019年08月27日

まもなく「第61回サイン&ディスプレイショウ2019」開幕!〜DIAheartを使用した新しい試みとは?

浪花亭馬彦です。

「第61回サイン&ディスプレイショウ2019」、いよいよ明後日8/29(木)から開幕です!

1

前回のブログに、「DIAheartの外部接点入力を使用した試みにチャレンジ!」を簡単に紹介しましたが、今回はその内容をもう少し詳しく紹介します。

DIAheartの外部接点入力(D-sub9ピンポート)にスイッチやセンサーなどの機器をに接続し、GNDと各ピンをショートすることで、割り当てられたシーケンスを実行できます。
接点入力機能に関しては、こちらの記事もご参照ください。↓

6/27「DIAheart大量アップデート報告〜最大255シーケンスを外部接点で起動できるようになりました!」
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52545279.html

今回の「サイン&ディスプレイショウ2019」では、この接点入力にセンサーを接続してPHOSシリーズの点灯演出を行います。

センサー(センサー前面をさえぎると接点信号を出力)

DIAheart(外部接点入力を受けると、あらかじめ記録されたシーケンスを実行)
↓(USB)
DoctorMX(DIAheartのデータをDMX出力)
↓(DMX)
DP415R(ディマーパック。DMX信号を受けてPHOSへ給電)

PHOSシリーズ(点灯/消灯)

今回、使用するセンサーがコチラです。

2

このセンサーと、DIAheart右上のD-subポートを接続します。

3

DoctorMXと、DIAheartをUSB接続します。

4

さらにDP415R、PHOSシリーズを全て接続した状態。

5

早速動作をご覧頂きましょう。
センサーが反応すると、3台のPHOSがDIAheartに記録された内容で点灯、点滅、消灯します。


センサーの前に手をかざすと
・左端シルバーの「PHOS25SV」:ハートロゴを2回点灯
・中央ホワイトの「PHOS25WH」:GONGロゴを点灯
・右端ブラックの「PHOS25BK」:注意喚起サインを15秒間点滅
というシーケンスが実行されます。

今回はシンプルな演出内容ですが、センサーの設定とDIAheartに記録するデータ次第で、もっと複雑な演出も可能です。
さらにDIAheatでは音声データの再生もできるので、USBオーディオインタフェイスとスピーカーをつないで音声データを出力することもできます

ですので、入力信号(スイッチやセンサー)が1つ作動するだけで
・祝福のメッセージとともに音楽が流れるといったドラマティックで華やかな演出
・危険を告知するサイン照射とともに警告音による注意喚起

といった、照明と音響を組み合わせた使い方が可能です。
もちろん照明器具だけでなく、映像や電飾も組み合わせることができます。

今回の「サイン&ディスプレイショウ2019」で、実際にこのシステムをご覧頂けます
是非みなさま、8/29(木)から8/31(土)の3日間、お台場の東京ビッグサイト 青海展示棟へお越しください
お待ちしております!


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》 今週木曜から開催です!
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html

cpiblog00465 at 09:31|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 DIAheart 

2019年08月26日

MADRIXハードウェアのファームウェア更新チャレンジ(1)ソフトウェア経由で実施〜USB接続。

おはようございます、S姉です。

先日の「MADRIX 5.1リリース!(9)」のブログ記事で少し触れましたが、MADRIXソフトウェアのアップデートには各種ハードウェア製品の最新ファームウェアも含まれています
(下記画像は MADRIX 5.1 リリースノートより一部抜粋)

1

これらのファームウェア更新には、機能拡張はもちろん、旧バージョンにおける不具合の修正も含まれます。
MADRIXハードウェアをお持ちの方は、ぜひ最新ソフトウェアバージョン公開時にあわせて、ハードウェアも更新してください。

そこで今回はMADRIXハードウェアのファームウェア更新方法を紹介します

MADRIXハードウェアのファームウェア更新は、大きく分けて3通りの手段が用意されています。

(1)MADRIXソフトウェア経由で実施 - USB接続
(2)MADRIXソフトウェア経由で実施 - イーサネット接続
(3)MADRIX 5 Device Updaterで実施


上記のいずれの手段でファームウェアを更新しても違いはありません
お手持ちのケーブルの種類やデバイスの設置環境、作業手順の難易度等を踏まえて、最適な手段をお選びください。

まず本日は「(1)MADRIXソフトウェア経由で実施 - USB接続」の更新方法を解説します。

ハードウェア本体やコンピューターのネットワーク設定を気にせずに作業を進められるため、非常に手軽でおすすめな更新方法です。
※今回の例では入力拡張デバイスの「MADRIX ORION」で作業していますが、その他ハードウェア製品も作業手順は同じです。

2

[手順1]
ファームウェア更新作業の前に、忘れずにMADRIXソフトウェアの最新バージョンをコンピューター上にインストールしてください!

3

2019/8/26現在の最新ソフトウェアバージョンは「5.1a」です。
ダウンロードはこちら↓から
https://www.madrix.com/support/download

[手順2]
ファームウェアを更新するMADRIXハードウェアに電源を投入します。

[手順3]
MADRIXハードウェアとコンピューターをUSBケーブルで接続します(本体に付属しています)。

4

[手順4]
MADRIXソフトウェアを起動し、メニューバーから
[Tool] > [MADRIX Device Configuration]
を開きます。

5

[手順5]
検索ボタン(虫眼鏡アイコン)をクリックして、接続されたハードウェアを検出し、詳細情報を表示します。
詳細情報の「Firmware」表記の先頭に「!」マークが表示され、ファームウェアバージョンが最新ではないことが示されています。

6

[手順6]
ファーム更新対象のハードウェアを一覧上で選択した状態で、ウィンドウ左下の[Firmware]ボタンをクリックすると、ファーム更新が開始されます。

7

[手順7]
ファーム更新処理が完了すると、画像のメッセージが表示されます。
ハードウェアからいったんUSBケーブルと電源を抜いて、その後再接続します。

8

[手順8]
再接続した状態で、改めて検索ボタンでハードウェア情報を表示しなおします。
「Firmware」の情報が最新バージョンへ書き換わっていれば、正しくファームウェアが更新されています。

9

次回、イーサネット接続でのファームウェア更新方法について詳しくお伝えします。
ご期待ください!


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》 今週木曜から開催です!
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html




cpiblog00465 at 09:24|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX 

2019年08月23日

撮影・イベント現場に超オススメ!Astera LED新登場〜その4:AX3。

こんにちは、タキ子です。

Astera LEDシリーズの紹介ブログ、今回は小型LEDスポットライト「AX3(LightDrop)」について詳しくお伝えします。

1

AX3(LightDrop)

2

AX3はステージ照明やイベントでの使用に適した小型LEDスポットライトです。
屋外でも使用可能(IP65)です。
通常のビーム角は13°ですが、付属の拡散フィルタ(30°と120°の2種類)で、広がりを変えることもできます

3

【AX3(LightDrop)3つの特徴】

…蕎型&軽量

AX3は手のひらサイズの非常にコンパクトなLEDスポットライトです。

4

防滴仕様に加えてバッテリーを搭載しているにも関わらず、重量はわずか0.7kgと、超軽量です。
TitanTubeシリーズ同様にバッテリー駆動、かつワイヤレスで制御可能なため、配線を考えずにあらゆる場所に設置することができます

△気泙兇泙弊瀉嵎法

AX3は様々な方法で仕込むことが可能です。
・ハンガーで固定
・アームで自立

以外にも、
・スペースが限られている場合はアームを取り外して、背面の本体ネジで自立させる
も可能です。

5

また本体背面には磁石を内蔵しているので、金属面に直接固定することも可能です!

6

E転的な使い方も可能

スポットライトとしてだけでなく、オプション品の「Diffuser Dome」や「Light Ball」をAX3に取り付けることで、電飾的な見せ方もできます。

7

【AX3(LightDrop)製品仕様】
・最大消費電力:15W
・光源:RGBW LED素子x1個
・ビーム角:13°
・バッテリー駆動時間:1.5H-20H
・IPレート:65
・寸法:120x59x114mm
・重量:0.68kg

Astera製品デモ機のご依頼もお気軽にお問合せ下さい。
ではまた〜!


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html



cpiblog00465 at 09:34|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 LED 

2019年08月22日

バックアップも安心です!DIAheartの予備機能。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

DIAheart、DIAheartラックマウントの「予備機能」に関して紹介します。

1

以前の記事で予備機能が搭載されたことは簡単に紹介しました。
今回は、実際に予備機能を使ってみます。

2

ネットワークスイッチ「GONG SwitchMaster」を中心として
・DIAheartを2台
・EtherMX(動作を判別しやすくする用途でRGBカラーのLEDスポットを接続)
・コンピュータ(予備機能の動作状況を確認するため)
を接続します。
DIAheartの再生データは、赤→緑→青→消灯を繰り返すシンプルな演出としています。

【設定方法】・・・本当にカンタンです。

‘韻献如璽拭設定にした2台のDIAheartを用意し、同じネットワーク上に配置します。
*ここでは、左側を「メイン(シリアルナンバー:1008)」、右側を「バックアップ(シリアルナンバー:1127)」としました。

3

DIAheartSetで2台のシリアルナンバーを確認し、

4

バックアップ側のシリアルナンバー1127を選択します。

5

予備にチェックを入れます。

6

タ秒後に予備のとなりに「待機」が表示されることを確認します。

7

これで、終了です。

【予備機能の使い方】

〕輯せぬトラブル(ここでは意図的にメイン側の電源を落とす)に見舞われるとします。

8

¬60秒経過すると・・・バックアップの横の「待機」表示が非表示なります。
これでバックアップがメインに切り替わります。

9

一連の動作を動画に収めました。
00:30頃にメインの電源を落とします。
01:20頃にバックアップに自動で切り替わります。


仮に、メインが復帰するとします。

10

その場合は、メインに切り替わり、バックアップは待機表示となり、信号出力が停止します。

11

このようにDIAheartの予備機能を使うことで、万一のトラブルの際にも自動で切り替わるので、安心してスタンドアローン環境でお使いいただくことができます!
*予備機能を使用せずに、2台のDIAheartから出力した場合はマージ信号が出力されます。


Kuwatec DIAheart
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart
Kuwatec DIAheart RackMount
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart-r


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html




cpiblog00465 at 09:35|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 DIAheart 

2019年08月21日

来週は第61回サイン&ディスプレイショウ2019開幕です!皆様のご来場をお待ちしております!

浪花亭馬彦です。

今月末の8/29(木)から8/31(土)の3日間、お台場で行われる「第61回サイン&ディスプレイショウ2019」に昨年に引き続き出展します。

1

開催時間は8/29、8/30、8/31の3日間とも10:00-17:00です。
場所は、東京ビッグサイト青海展示棟です。
青海展示棟は、いつもの東京ビッグサイト(東京国際展示場)とは違うところですのでご注意ください!
最寄駅はりんかい線「東京テレポート駅」、徒歩2分の場所です。
アクセスマップはこちら↓
http://www.bigsight.jp/download/public/access_map_j_aomi_t.pdf
ゴング・インターナショナルのブースは、Aホール:ブースNo.89です。

今回は
・GONGオリジナルGOBOシリーズ:googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOSシリーズ
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム
を展示します。

改めてそれぞれの製品について紹介します。

まずはGONGオリジナルGOBOシリーズ「googobo」の中でも、高品質オーダーメイドガラスGOBO「googoboHR」です。
今回展示する「googoboHR」は、特定の企業名や店名、イベントの名称といったロゴデザインなどを特注で製造するGOBOシリーズです。

2

そして、その「googoboHR」のクオリティを余すことなく美しく照射することができる、最高品質GOBOプロジェクタ「PHOSシリーズ」。
GOBOプロジェクタと呼ばれるGOBO照射専用の照明器具です。
下の画像は屋外使用可能な「PHOS65 outdoor」です。

3

PHOSシリーズは設置する場所に合わせて形状や筐体色を選ぶことができます
外観はご覧の通り洗練されたフォルムとなっています。
明るさもスタンダードモデルで22W、40W、60W、80Wの4種から選択することができます

外観だけでなく、性能もばっちり。
照射精度、光量、製品のクオリティ、どれもが最高品質で、昨年の展示会では
「こんなに明るいの?」
「こんなに細かい文字が映せるの?」
「照射したQRコードをカメラで認識できるの?」
などなど・・・驚かれる方が多数いらっしゃいました。

先ほどのgoogoboHRをPHOSで照射したところ。

4

前回の会場内での様子。
会場内は900ルクスほどと光量のある会場でしたが、遠くからでもはっきり見えているのがご覧いただけると思います。

5

そして、今年の目玉!新製品のGOBOプロジェクタ&WATERWAVEの決定版「RS-300」!
6枚のGOBOを内蔵できる、屋外使用可能なGOBOプロジェクタでありながら、ウォーターエフェクト機能も備えたユニークな製品です。

6

RS-300は当ブログでも取り上げております。

2019年4月25日「浪花亭馬彦のPickUpプロダクツ!〜RS-300」
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2019-04-25.html

2019年7月17日「浪花亭馬彦のPickUpプロダクツ!〜RS-300、スタンドアローン機能追加!」
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2019-07-17.html

続いて、ArtNetデータを最大400ユニバース記録/再生できる「DIAheart」も出展します。

7

今回の展示では、このDIAheartの搭載された機能「外部接点入力」を使い、新しい試みにチャレンジします!

センサー入力

外部接点へ変換

それをキッカケとしてDIAheartに記録した演出データを再生

DIAheartにあらかじめ記録したデータを再生するので、一つのキッカケでシンプルなON/OFFはもちろん、複数の、複雑な光の演出まで、自由自在なサイン・広告を表現します
今回は、このシステムを使ってPHOSシリーズとGOBO演出を行います。

googobo、googoboHR、PHOSシリーズ、DIAheartなど諸事情により公開できませんが、大型の案件にも多数納入されております。
是非、ご来場いただき、実機をご覧ください。
サイン&ディスプレイショウ2019にて、お待ちしております。
無料招待券がございますので、ご入り用の方はメールでお申し付けください!
gong01@gonginternational.jp

〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html




cpiblog00465 at 09:36|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 Oak Valley | DIAheart