2018年01月26日

2018年01月26日

MADRIXから複数ユニバースを出力する際に気を付けること。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

1/10のブログで、MADRIXを使用するコンピュータを変更したことで起きる、ArtNetの設定(Direct IPモードとBroadcastモード)についてお伝えしました。
ArtNetの出力について、うまくいかない時はまず確認してみると良いでしょう。

1/10「MADRIXのコンピュータを変更した場合に起こるArtNet出力の設定。」
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52511843.html

今回は、ArtNet出力はOKなのに・・・複数ユニバースの出力ができない・・・というような、あともう一歩!という場合について言及します。

とある現場で、1から4ユニバースは出力できているのに5ユニバース以降が出力されないそうです。
ArtNetノードにEtherMXを2台使って、出力している現場でした。
4ユニバースまでは順調に出力しているので、ArtNet出力の設定自体は問題ありません。

まずはMADRIXを起動し、メニューバー[Preferences]→DeviceManagerを起動します。

1

ArtNetタブを開きます。

2

虫メガネアイコンをクリックします。

3

ArtNetネットワークにあるEtherMXが表示されます。
今回は2台としました。

4

ここで注意が必要です。
MADRIXでは、複数のArtNetノードを接続した場合、それぞれの初期設定がユニバース#1、#2、#3、#4というように重複しています

これが今回の原因と言えます。
回避方法としては、まずDMX Devicesタブを選択し、該当するArtNetノードを選択します。

5

右側のSettings欄の「Universe」のところを、1-4ではなく、5以降に設定します。

6

この方法で、2台目のEtherMXのユニバースを1-4から5-8へ変更します。
これにより、5ユニバース以降も問題なく出力できるようになります。

7

複数ユニバースの出力に、複数のArtNetノードを使用する場合は、各ポートのユニバース設定に注意が必要です。
一度設定した情報はMADRIXの設定ファイルに記憶されるので、次回以降の起動時に再設定する必要はなくなります。

MADRIX
http://gonginternational.jp/archives/product_category/projection-mapping#madrix
MADRIX LUNA 4/8/16
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-luna
Kuwatec EtherMX
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ethermx
Kuwatec Ex8
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ex8


《ウィンターセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《ウィンターセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX | EtherMX