2019年05月27日

2019年05月27日

S姉のMADRIXトレーニング受講レポート(4)〜2日目: Patch Editor(パッチエディター)実践。

おはようございます、S姉です。

MADRIXトレーニングの受講レポート4回目。

1

MADRIXトレーニング2日目、タイトルは「Patching, Mapping And Group Control」です。
コース内容はMADRIXソフトウェアを使用する際の根幹となる重要な設定を重点的に学べる内容となっています。

2日目分のテキストに含まれるチャプターは以下の通りです。

・Matrix Generator(マトリックスジェネレーター)
・Patch Editor(パッチエディター)
・Fixture Editor(フィクスチャエディター)
・Creating Patches(パッチを作成する)
・Fixture Group(フィクスチャグルーブ)
・Map Settings(マッピング設定)
・Group Control(グループ制御)
2

今回はその中から「Creating Patched(パッチを作成する)」チャプターで、実際に取り組んだ課題の1つをご紹介いたします。

この課題のゴールは、
「天井に格子状に配置されたLEDバーにエフェクトを出力するため、MADRIXソフトウェア上で正しくパッチを作成する」
ことです。
下の画像がフィクスチャの配置図となります。

3

既にLEDバーは天井に格子状にレイアウトされていますが、それぞれのバーのアドレス情報が不明である前提です。

ちなみにLEDバーには、Ehrgeiz社の"FS-60"という、20灯のLED(RGB)が搭載された製品を使用します。(60chモードで使用)

4

格子型に組まれたLEDバーは、横10本 x 11列 + 縦10本 x 11列 の、計220本配置されており、単純計算で実に13,200DMXチャンネル(26ユニバース相当)になります。
ただし、どのフィクスチャにどのようにアドレスが振られているかが分からないので、ただ220本のLEDバーを並べるだけでは正しくエフェクトを表示させることができません。
まずは、配置されているフィクスチャのアドレスを調べる必要があります。

そんな時に役立つのが、Patch Editor(パッチエディター)の「Highlight(ハイライト)」機能
パッチエディター上で選択したフィクスチャの、先頭のチャンネルを点滅させ、フィクスチャの配置場所を確認することができます。

5

この機能を頼りに、まずはLEDバーの中から1ユニバース目の1チャンネル目を割り当てられたフィクスチャを特定し、パッチエディター上のレイアウトを調整します。
点滅時の色はデフォルトでは白色ですが「Option」からお好みの色に変更することもできます。

6

同じ操作を繰り返して、手動でLEDバーを一本ずつ配置していきます。
「Add」ボタンを押して、「Start Position」でフィクスチャの先頭のチャンネルの位置、「Rotation」でフィクスチャの向きを指定します。
Patch Editorにはオートアドレス機能が搭載されており、手動でのアドレス設定は不要です。

7

数本フィクスチャを配置したところで、フィクスチャの配置順とアドレスの振りかたに一定の規則性がみえてきました。
どうやら、コの字型で上(横向き)→左(縦向き)→下(横向き)の順にアドレスが振られているようです。

8

ここまで判明したら、あとはちまちまと1本ずつフィクスチャを配置する必要はありません。
コの字型に3本のフィクスチャを選択し(Ctrlキーを押したままクリック)、そのままドラッグ&ドロップで、フィクスチャをコピーし配置できます。
コピーされたフィクスチャにも、Patch Editorが自動でアドレスを振ってくれます。
この操作を繰り返して、格子状にLEDバーを配置していきます。

9

横に並び終えたら、今度は列ごと、縦方向にフィクスチャをコピーします。

10

同様にコピー操作を繰り返して、難なく220本のLEDバーの配置が完了しました!

11

試しにMADRIXエフェクトを作成・再生してみます。
あくまでプレビュー上の表示ですが、格子状のフィクスチャにきれいにエフェクトが出力されていることをご確認いただけます!

12

パッチエディターを使いこなすうえで非常に便利なハイライト機能、フィクスチャのアドレスが分からない現場でも大変重宝します。
ぜひご活用ください!

次回は、2日目のその他のトピックについて詳しくご紹介します。
ご期待ください!


DIAheart更新。

2019/5/26
v1.5.8
(ファームウェアをバージョン 51 に更新して下さい)
接点入力に対応(ラックマウント版、および後期の DIAheart)。


いよいよ接点入力が可能に。
詳細は後日当ブログにて。



〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。

1

《イースペック機材展 東京》
日時:2019年6月4日(火) 10:00-18:00、5日(水)10:00-17:00
場所:科学技術館10・11号館 東京都千代田区北の丸公園2-1
《イースペック機材展 大阪》
日時:2019年6月19日(水) 10:00-18:00、20日(木)10:00-17:00
場所:豊中市立文化芸術センター 大阪府豊中市曽根東町3-7-2


3

第12回ENGINEER LIGHTINGセミナー&展示会《MTC2019》
日時:2019年6月6日(木)9:30-18:00、7日(金)9:30-18:00
場所:川崎市多摩市民館(大ホール/ホワイエ) 川崎市多摩区登戸1775-1
※ウワサの新コンソールLt-Light"Piccolo"を初お披露目!


5

《九州放送機器展2019》
日時:2019年7月31日(水)10:00-18:00、8月1日(木)10:00-17:00
場所:福岡国際センター 福岡市博多区築港本町2-2



25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html




cpiblog00465 at 08:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX | DIAheart