2020年10月19日

2020年10月19日

DALIとDMXを相互変換するコンバータ「PXM PX255」の紹介〜その1:DALIとは?

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

今回から連載記事で、
設備系照明制御プロトコル「DALI」と、
そのDALIとDMXの懸け橋となるDALI-DMX相互変換コンバータ「PXM PX255」について、紹介します。
連載は本日より、3日連続3回を予定しております。

201019-0


《DALIとは》

DALIダリ:Degital Addressable Lighting Interfaceの頭文字)は、設備系照明機器の制御に適した共通プロトコルです。
特にヨーロッパの設備照明ではスタンダードなプロコトルであり、ヨーロッパのみならずアメリカ、アジアにもDALI対応の機器を扱うメーカーが増え始めています。
DALI以前は、各メーカー独自の制御プロトコルによって構築されたシステムが多く、仕様もオープンでなかったために、使用機材の制約がありました。
それに対して、DALIは仕様がオープンで、たくさんの設備照明メーカーがDALI対応品を開発しています。
そして、DALIは「DALI2プロトコル」を公開し、照明以外の設備、例えば換気扇、ブラインド、給排水、空調、シャッターなどと連携することもできるようになりました。
このように、DALIは照明だけにとどまらず、設備系機器の様々な制御に適した、汎用性・拡張性の高いオープンプロトコルとして広まっています。


《DALIの主な仕様・特徴》

1ライン最大64デバイス、 最大300m
DALIでいうデバイスというのは、照明機器だけでなく、コントローラスイッチセンサーといったものもデバイスに含まれます。

後述するDALIコンフィグレーターで、DALI機器のアドレスグループシーン(最大16個)を設定することができます。
これは「DMX」のイメージにも似ています。

DALIは制御信号を送る、だけでなく、機器からのフィードバックを受け取ることもできます。
これは「DMX RDM」に似ています。

DALIのメリットの一つとして、コントローラと照明機器等負荷デバイスのレイアウトがどの位置関係でも問題ないことです(DMXの場合は、コントローラからの出力がLED機器の入力に入る、という順番が重要です)。

また、DALIは設置工事が比較的簡単であり、システムが安定している点も挙げられます。
その反面、1ライン64デバイスという制約があるため、小中規模設備には適していますが、大規模システムの構築になると高額になる、というデメリットもあります。


《DALIのシステム》

DALIのシステムについて学ぶにあたり、DALIに詳しいスマートライト社様からビギナーセットを購入しました。
使用するデバイスを一つずつ画像と共に紹介します。

DALIコンフィグレーター

(アドレス、グループ、シーンといった)DALIの設定を行うためのデバイス。
ここではコンピュータとつないで操作・設定します。

201019-1

DALIスイッチ

このシステムをコントロールするスイッチデバイス。
このスイッチの場合は4つのゾーン、4つのシーン、ON/OFF、インテンシティ(0-100%)を制御できます。

201019-2

DALI BUS電源

DALIシステムを駆動するためのDC18V電源。

201019-3

DALIコンバーター

定電圧タイプのLEDを制御するためのコンバーター。
ここではDALI4chに対応します。

201019-4

ズ2鷸藩僂垢LED灯具とその電源

今回はRGBWの4色(4ch制御)のLEDテープを使います。
電源はDC24Vです。

201019-5

これらを接続した状態が下の図です。

201019-6


このように、DALIシステムはDALI BUS電源を中心として、極性問わず2線のDALI信号線を接続していきます。
このネットワーク内にDALIスイッチやDALIコンバーター&LED類がつながります。

DALIコンフィグレーターとコンピュータを使って、このネットワーク内のアドレスやシーンやグループを設定します。
設定が終わったら、DALIコンフィグレーターやコンピュータは必要ありません。
DALIスイッチに触れると、設定されたとおりLEDフィクスチャが動作します。
非常にカンタンですね。



設定を間違えてしまったとしても、DALIネットワーク内で再度DALIコンフィグレーターとコンピュータで設定し直せばOKです。
ですので、DALIの良いところは、設定が完了した後でも=設備工事が終わり天井に照明が設置されて配線もすべて終わった状態だとしても、簡単にグループ分けやシーン設定・変更ができるという点です。

このDALIシステムとDMXを連動させるためのコンバータとしてゴングが取り扱いをはじめたのが「PXM PX255」です!

201021-1

PXM PX255については、明日のブログでくわしく紹介します。

PXM PX255 DMX/DALI/DMX インターフェイス
https://gonginternational.jp/archives/product/pxm-px255


《Valenciaプロモーション動画をYouTubeにUPしました!》

照明/音声/映像データをカンタンに記録/再生ができる
映像データは最大で4K画角まで再生が可能
照明データは最大400ユニバースまで再生可能
・本体タッチパネル指1本でシーケンス再生が可能
年月日時分秒曜日といった細かなスケジュール機能で自動再生可能
・設定のみコンピュータを使い、PCレス環境で運用可能
・設定アプリケーションは日本語対応

【映像も音声も照明も!これ1台で一括再生を実現】これまでの常識を覆す、新たなマルチショーコントローラ『Valencia』の紹介ムービー!
https://youtu.be/v-K2bD0UpA4



〜With CORONA下での当社の営業体制ついて〜(2020年10月12日記)

↓リンク先をご覧ください。ご協力に感謝いたします。
https://gonginternational.jp/archives/40771




cpiblog00465 at 07:51|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 DALI