2016年09月23日

「MADRIX&DIAheartセミナー」レポート〜その2。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

MADRIX&DIAheartセミナー」レポートの第二弾です。
セミナーイベントと共に、今回は展示スペースも設け、実際に製品をご覧頂けるようにしました。
まず、MADRIXのハードウェアデバイスの展示スペース。
MADRIX製品で、問合せの多いハードウェアについて、実機を展示しています。

1

NEO(ネオ)

MADRIXハードウェア製品の中でも最も小型の「NEO」です。
MADRIXソフトウェアがインストールされたWindowsコンピュータとUSB接続して使用します。
NEOインタフェイスボックスから1ポートのDMX出力が可能です。
NEOインタフェイスボックスをUSB接続するだけで、MADRIXソフトウェアの制限が解除される、いわばドングルの役割になります。
初めてMADRIXを使う方で、とりあえず1ユニバースだけの出力で大丈夫、という案件にお薦めです。

2

USBone(ユーエスビーワン)

NEOに近い存在ですが、この「USBone」はもっともっとシンプルで、USBケーブルの先端にXLR5Pキャノンコネクタが付いたものです。
USBoneとNEOの決定的な違いは、MADRIXソフトウェアライセンスが同梱(ドングル化)されているか、いないか、という違いです。
前述の通りNEOはドングルであるのに対し、USBoneはドングルではなく、ライセンスも付属していません。
USBoneは、既にMADRIXソフトウェア「MADRIX KEY」のいずれかを持っている、ということが前提になります。
またUSBoneは、MADRIXの出力だけでなく、入力(外部DMXによるトリガ入力)用インタフェイスとしても使用できます。

3

PLEXUS(プレクサス)

MADRIXで作成した多彩なエフェクトパターンをスタンドアローン出力するデバイスです。
最大DMX2ユニバース。
付属のSDカードを記憶媒体に使用します。
本体の十字キーを使って、PLEXUSに取り込んだデータを呼び出します。

4

NEBULA(ネビュラ)/STELLA(ステラ)

超小型インタフェイスですが、SPI出力(NEBULA)、ArtNet出力(STELLA)を可能としたMADRIXハードウェアの新製品です。
筺体サイズは同じで、アウトプット部がSPIとArtNetによって異なります。
DINレールに対応した設計、サイズで、常設現場への導入に適しています。

5

LUNA 4/8/16(ルナ 4/8/16)

MADRIXが開発したArtNet-DMXコンバータが「LUNAシリーズ」です。
4ユニバース、8ユニバース、16ユニバースの3種類があります。
例えば、MADRIX KEY ENTRY(4ユニバース)を使う現場であればLUNA4を、PROFESSIONAL(64ユニバース)であればLUNA16を4台使うのが良いでしょう。

6

続いて、MADRIXを実際に使用してLEDパネルにエフェクトパターンを照射するデモンストレーションです。

7

MADRIXソフトウェアからNEOインタフェイスを経由してDMX出力しています。
8

さらに、MADRIXソフトウェアを外部DMXコンソールで制御できる状態を再現しています。

DMXコンソール
↓(DMX)
USBone
↓(USB)
Windowsコンピュータ(MADRIX)
↓(USB)
NEOインタフェイス
↓(DMX)
LED

という流れになっています。
DMXコンソールの出力をUSBoneで受け取り、USB変換でMADRIXソフトウェアが受信します。

9

今回の場合は、エフェクトパターンの選択(ch1とch2)、クロスフェードタイム(ch3)、インテンシティ(ch4)の全4ch制御のシンプルプロトコルとして設定していました。
それ以外に、全26ch制御のジェネラルプロトコル、全167ch制御のアドバンスプロトコルがあります(他にもオリジナルでエディットできるユーザープロトコルもあります)。

次回に続きます。

MADRIX
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-3
Kuwatec DIAheart
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart


SynVisum更新。

2016/9/22
v3.1.0
シーン制御使用時に、シーン一覧の表示が乱れることがある不具合を修正。



《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00382




cpiblog00465 at 08:21│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 MADRIX | SynVisum

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔