2017年03月30日

バータイプLED「LED VISION PIPE」をSynVisumで演出してみました!

浪花亭馬彦です。

今回は弊社で以前販売していたバータイプLED、「LED VISION PIPE」をたくさん用意してSynVisumで演出したものを紹介します。
LED VISION PIPE」はRGBを個別にDMX制御できるLEDデバイスです。
1本を最大16分割し、RGB3色、DMX48ch制御という仕様です(最初の1本目は内蔵エフェクト用チャンネルですので合計で49ch使用します)。

1

SynVisumはエフェクトパターンジェネレータとして、プロジェクタへの映像出力はもちろんですが、EtherMX/Ex8などAretNet-DMXコンバータを介して、DMX対応LEDデバイスにDMX出力することができます。

Kuwatec SynVisum
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-synvisum

それではLED VISION PIPEを計16本使用して、写真のように三角形が繋がったような幾何学的な配置にしてみます。

2

SynVisumのDMX画像配置の画面でも同様のセッティングを行います。

3

DMX画像配置の設定に関してはに関しては過去の「基本から学ぶ!SynVisumワークショップ」の第47回以降をご参照下さい。
基本から学ぶ!SynVisumワークショップ第47回〜DMX画像出力:その1
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2016-05-10.html

今回の使用例の各機器の接続を簡単に書くと、

PC(SynVisum)
↓イーサネットケーブル
EtherMX
↓↓5PinDMXケーブル
LEDチューブx16本(8本で1ユニバース)
となります。

Cue1は「グラデーション」のアニメーションを使用してパープル系のフェードイン。
べた塗りのパープルの色ですが、

4

LED VISION PIPEにするとこのように。

5

Cue2は「縞」のアニメーションのフェーダをあげて「グラデーション」に重ね合わせます。

6

7

Cue3は「グラデーション」だけアウトしてRGBの「縞」を表示。

8

9

Cue4は「散乱」のアニメーションでフラッシュして、

10

11

Cue5でフェードアウトします。

12

13

と上記の一連のキューを流してみたのが次の動画です(動画撮影時は少しフリッカーが出てしまいます)。



このような配置の場合、一般的なDMXコンソールで流れるようなエフェクト演出はかなり難しいと思いますが、DMX画像配置を使用したSynVisumのマッピング出力では、機材の置き方に関わらずシームレスなエフェクトができます。

明日に続きます。
気になるお値段は・・・ご期待ください!


《スプリングセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《スプリングセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:13│Comments(0)TrackBack(0) LED | SynVisum

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔