2018年03月19日

このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版〜第1回「桜」のGOBO。

浪花亭馬彦です。

以前掲載しておりました連載企画「このGOBO、どのように見えるだろうか?」を、このたび不定期連載ながら復活することになりました!

その名も「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」です。
使ったことのないGOBOをいきなり買うのはちょっと・・・という方のために、ライティングシミュレータ「PrefLight」を使って、どんなふうにGOBOが表現されるか、視覚的に分かりやすくお伝えする、というものです。

というわけでスタートです!!!
最近、やっと春らしくなってきましたので、
「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」の第1回は、に関するGOBOをいくつか取り上げたいと思います。

googoboの桜GOBOの中でも人気の「googobo 21301 SAKURA」。
桜の花びらがいくつも見えるポピュラーなデザインです。

1

舞台面、ホリ全体に照射した画像がこちら。
ビームを出しながら舞台空間全体に桜が咲き誇る、という体です。

2

続いて「22700 SAKURA 12」。
少しデフォルメされた感のある花弁が複数描かれたネタです。

3

舞台面の陰影が良い雰囲気を醸し出していると思うのですが、いかがでしょうか。

4

先ほどのあかりのホリに出ている桜ネタだけを「22025-SAKURA-08」に変えてみます。
花びらが1枚ずつ散っている風のデザインです。

5

22700よりせつない感が出ました。

6

22027 SAKURA 09」と月GOBOの「u1017-gs」で夜桜を。
22027は、枝の先端と桜がデザインがされているものです。

7

u1017-gsは、googoboオーダーメイドガラスHRでリアルな満月のものです。

8

ホリ狙いで使用した感じ。
店舗内装や廊下、外壁等にもそのままお使いいただけるかと思います。

9

ちなみに、今回のPrefLight上での仕込みはソースフォー8台とローホリです。

10

いかがでしょうか?
googoboの「桜」系GOBOは、その他にも様々なデザインが準備されているのでプランの幅も広がるかと思います。
「桜」系GOBOはカタログ内の「430 SAKURA」に多数掲載されています。
googoboにはその他にも数多くのデザインが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

googoboカタログ第17版Web版
http://gonginternational.jp/wp-content/uploads/c21c5521badd42f77bb257021d51dcfb-3.pdf
googoboカタログ第17版以後のデザイン
http://gonginternational.jp/wp-content/uploads/151001-00N-NEW1-13-1.pdf
googoboカタログ内既製デザインGOBO
http://gonginternational.jp/archives/product/gong-googobo-catalog


SynVisum更新。

2018/3/18
v3.2.2
macOS 10.13 に対応(64bit 版のみ)。



《スプリングセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《スプリングセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html





この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔