2018年11月07日

このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版〜第15回 クリスマスイルミネーションで使えるGOBO:その2。

浪花亭馬彦です。

今回の「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」は「クリスマスイルミネーションで使えるGOBO:その2」として、改めていくつかののGOBOを取り上げてみたいと思います。
その1はこちら

今回はサンタがプレゼントを届けに来る!、そんな雰囲気を作ってみたいと思います。

googobo街並シリーズ(カテゴリ599 HOUSE LINE SERIES)には、建物を模したデザインがたくさん用意されています。
その街並シリーズの「NORTH EURO HOUSES」中の、「22448 NORTH EURO HOUSES 01」から「22457 NORTH EURO HOUSES 10」までの10種類を使ってみます。

1

PrefLight上で、それぞれのGOBOを10枚使用し、灯具も10台設置しました。
一列に並べて前から壁面に照射した図。

2

そのままでもシンプルでいいですが、今回はそれぞれに色を点けてみました。
一般的な灯体ではカラーフィルターを使用しますが、フルカラータイプのLED光源の器具であれば自由に色決めができます。

3

壁面を染めて、ぐっと雰囲気を上げてみました。
バータイプのライトを使用を想定しています。
また、地明かりも追加しています。

4

トナカイソリを追加してみます。
トナカイは「22155 RUDOLPH 02」、ソリは「22156 SLED」です。
トナカイは2頭(GOBOと灯具を2つ使用)にしてみたいと思います。

5

ソリとトナカイを重なるようにして照射します。

6

最後に文字のGOBOにが加えられた「11691 MERRY X'MAS」と、クリスマスベルの「11701 X'MAS BELL」を使用してみます。

7

これを壁面の空いていると所へ照射してみます。

8

いかがでしょうか。
イルミネーションのメイン、または一部としてとても有効だと思います。
クリスマスシリーズ、街並シリーズとも、
googobo Webカタログ
http://gonginternational.jp/archives/googobo_ssのカテゴリ欄で
「990 X'MAS」
「599 HOUSE LINE SERIES」
を選択すると、各デザインの詳細が表示されますのでぜひご覧ください。

ちなみに街並シリーズは今回紹介した「NORTH EURO HOUSES」の他に、

ニューヨークハーレムの建物をデザインした「HAREM
ダウンタウンの建物ををデザイン化した「DOWNTOWN STREET
西部劇に出てきそうな家屋をデザインした「WESTERN STREET
江戸の町並みを再現できる「EDO

など、GOBOで街並を再現できる様々なデザインGOBOが揃っています。

また、GOBO、およびGOBOプロジェクタにについては下記のURLから製品の詳細がご覧いただけます。ぜひご覧ください。
http://gonginternational.jp/archives/product_category/gobo


DoctorMX更新。

2018/11/6
v4.4.9
macOS 10.14 に対応。


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔