2019年08月22日

バックアップも安心です!DIAheartの予備機能。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

DIAheart、DIAheartラックマウントの「予備機能」に関して紹介します。

1

以前の記事で予備機能が搭載されたことは簡単に紹介しました。
今回は、実際に予備機能を使ってみます。

2

ネットワークスイッチ「GONG SwitchMaster」を中心として
・DIAheartを2台
・EtherMX(動作を判別しやすくする用途でRGBカラーのLEDスポットを接続)
・コンピュータ(予備機能の動作状況を確認するため)
を接続します。
DIAheartの再生データは、赤→緑→青→消灯を繰り返すシンプルな演出としています。

【設定方法】・・・本当にカンタンです。

‘韻献如璽拭設定にした2台のDIAheartを用意し、同じネットワーク上に配置します。
*ここでは、左側を「メイン(シリアルナンバー:1008)」、右側を「バックアップ(シリアルナンバー:1127)」としました。

3

DIAheartSetで2台のシリアルナンバーを確認し、

4

バックアップ側のシリアルナンバー1127を選択します。

5

予備にチェックを入れます。

6

タ秒後に予備のとなりに「待機」が表示されることを確認します。

7

これで、終了です。

【予備機能の使い方】

〕輯せぬトラブル(ここでは意図的にメイン側の電源を落とす)に見舞われるとします。

8

¬60秒経過すると・・・バックアップの横の「待機」表示が非表示なります。
これでバックアップがメインに切り替わります。

9

一連の動作を動画に収めました。
00:30頃にメインの電源を落とします。
01:20頃にバックアップに自動で切り替わります。


仮に、メインが復帰するとします。

10

その場合は、メインに切り替わり、バックアップは待機表示となり、信号出力が停止します。

11

このようにDIAheartの予備機能を使うことで、万一のトラブルの際にも自動で切り替わるので、安心してスタンドアローン環境でお使いいただくことができます!
*予備機能を使用せずに、2台のDIAheartから出力した場合はマージ信号が出力されます。


Kuwatec DIAheart
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart
Kuwatec DIAheart RackMount
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-diaheart-r


〜展示会出展のお知らせ〜

ゴング・インターナショナルは各地の展示会に出展いたします。
皆さま、お誘い合わせの上、是非お越しください。スタッフ一同、お待ち申しております。


S&D2019

《SIGN&DISPLAY SHOW2019》
日時:2019年8月29日(木)、30日(金)、31日(土) 10:00-17:00
場所:東京ビッグサイト 青海展示棟 ※いつもとちがうところです! Aホール ブースNo.89

出展予定製品:
・GONGオリジナルGOBOシリーズ: googobo
・Goboプロジェクタ: derksen PHOS
・Goboプロジェクタ: RS-300
DIAheartを用いたこれまでにない屋外広告システム


なにわ

《第2回なにわ灯り展「さよなら#86(パーロク)」》
日時:2019年9月6日(金)10:00-19:00 7日(土)10:00-15:00
場所:読売テレビ旧社屋 大阪市中央区城見2-2-33


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html




cpiblog00465 at 09:35│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 DIAheart 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔