2019年09月10日

EtherMX/Ex8の便利な入出力設定をお試しください!〜DMX/ArtNet/sACNマージャー、スプリッター編。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

ユーザ様からEtherMX/Ex8入力機能の使い方についてお問合せを頂きました。
今回から、使用例を交えてその入力機能を紹介します。

1

EtherMX/Ex8は、DMX-ArtNet/sACNコンバータです。
MADRIX 5のDMX出力や、
ArKaos MediaMaster ProのLED Mapper、
DoctorMXのArtNet機能やsACN機能、
DIAheartのArtNet/sACN出力などなど、ゴング・インターナショナル取り扱いのさまざまなソフトウェアやハードウェアと連携してお使い頂けます。

EtherMX/Ex8をご購入いただいた初期状態ですと、各DMXポートは「出力」に設定されていますが、「入力」へ切り替えることもできます。

2

EtherMXは4ポート、Ex8は8ポートのDMX5P“メス”を実装しています。

3

Windows/Macのどちらでも使える無料の設定アプリケーション「EtherMX Set」で各ポート個別に「出」「入」を切り替えることができます。

4

それでは、この入出力を使った、

【DMX/ArtNet/sACNマージャー、スプリッター】
【パッチボックス】
【信号設定】


などの機能を紹介します。

なにはともあれ、忘れてはならないのが“メス”ポートを“オス”に変換する「5Pオス-5Pオス変換ケーブル」!
EtherMX/Ex8の入力機能をお使いの場合は、こちらも忘れずに!

5

今回は【DMX/ArtNet/sACNマージャー、スプリッター】について紹介します。

EtherMX/Ex8の入力を利用する場合、マージャー、スプリッターとして使用法があります。
EtherMXで解説します。
初期状態のEtherMXの4ポートは出力ですが、EtherMX Setで指定のポート(例:ポート1)を入力にします。

6

次に、4ポートすべてのネットワークアドレスを同じにします(例:0/0/0)。

7

これにより、入力ポートの信号は、出力ポートへスプリット出力したり、

8

複数の入力ポートの信号は、ミックスされて一つのポートに集約して出力することができます。

9

DMX入力を指定したDMXポートから出力するだけでなく、ArtNet/sACNのネットワークプロトコルを、それぞれのDMXポートにマージ出力できるので、
例えば、2台のコンソールからのDMX信号をマージしながら、さらにArtNet/sACNの信号をマージしたり、とDMXポートとsACN/ArtNetを自在に組み合わせてIN/OUT設定が可能です。
また、EtherMX/Ex8は本体に設定を変更するようなボタン類はありませんので、外部コンピュータから変更しない限り、設定が変更されることはありません。

マージャー/スプリッターとしてお使いいただく場合は、ネットワークアドレスを合わせたり、変更したり、というのがカギになります。

次回に続きます。

Kuwatec EtherMX
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ethermx
Kuwatec Ex8
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-ex8


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《ゴングインターナショナル創業25“執念”プレゼント企画実施中!》 ※今月末にて終了します。お急ぎあれ!

カラーフィルタに色番書いたりする「あれ」をプレゼント!
詳細はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52532099.html


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq





cpiblog00465 at 08:23│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 EtherMX | Ex8

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔