LED

2020年10月14日

"LUMISIAキャスターライトCCT"をDMXでコントール!『キャスターライト DMX BOX』

浪花亭馬彦です。

今回は、以前に紹介したこともある「LUMISIA キャスターライトCCT」をDMX制御する「キャスターライト DMX BOX」を紹介します。

201014-1

LUMISIA キャスターライトCCTは、

・高演色値(CRI95)
・色温度調整と調光が可能
・メモリ機能搭載
・軽量、コンパクトでスマートな見た目


という製品で、色温度と光量をカンタンに調整できる、リーズナブルなパネルライトです。

単独で手元リモコンで操作することが可能な製品ですが、今回紹介する「キャスターライト DMX BOX」を使用することで、DMXで遠隔制御することができるようになります。

以下のように接続しています。

DMXコンソール(今回はDoctorMXをインストールしたPC)
↓DMXケーブル
キャスターライト DMX BOX
↓専用のLANケーブル/アダプタ
キャスターライト本体

キャスターライトの電源は、DMX BOXからLANケーブルで供給されるので、配線もシンプルにまとまります。

201014-2

DMXで制御する際は、

Ch1がディマー
Ch2が色温度(2700K、3000K、3200K、4200K、5600K、6000K)

です。

実際にDoctorMXを使ってDMXでコントロールしてみました。
前半は調光、後半は色温度を順に変えています。



調光具合もとても滑らかな変化をするので、シーンの進行に馴染むと思います。

また、DMX BOXx1台には、最大4つのキャスターライトをつなぐことができるので、複数制御にも最適です。

201014-3

その際の動作モードが2つあります。

・モード1:接続されている4系統のキャスターライトを一括(Dimmer/CCT)制御(合計2チャンネル使用)
・モード2:4系統を個別に制御(合計8チャンネル使用)

このキャスターライトDMX BOXを使うと、複数台のキャスターライトをイベントの進行に合わせて演出照明と一体的に制御できる様になります。
また、手元での操作がなくなる分、MCの負担が減るというメリットもあります。

いかがでしょうか?
LUMISIA キャスターライトCCTについては、以前の弊社ブログでも掲載しておりますのでご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2017-10-18.html
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2017-10-24.html
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2017-10-30.html
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2020-06-22.html

【LUMISIA キャスターライトCCT】
https://gonginternational.jp/archives/product/gong-lumisiacasterlight


《Valenciaプロモーション動画をYouTubeにUPしました!》

照明/音声/映像データをカンタンに記録/再生ができる
映像データは最大で4K画角まで再生が可能
照明データは最大400ユニバースまで再生可能
・本体タッチパネル指1本でシーケンス再生が可能
年月日時分秒曜日といった細かなスケジュール機能で自動再生可能
・設定のみコンピュータを使い、PCレス環境で運用可能
・設定アプリケーションは日本語対応

【映像も音声も照明も!これ1台で一括再生を実現】これまでの常識を覆す、新たなマルチショーコントローラ『Valencia』の紹介ムービー!
https://youtu.be/v-K2bD0UpA4



〜With CORONA下での当社の営業体制ついて〜(2020年10月12日記)

↓リンク先をご覧ください。ご協力に感謝いたします。
https://gonginternational.jp/archives/40771





cpiblog00465 at 08:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加