未来型照明機器

2008年03月31日

CDM-150Wのスポット。

726e42e4.JPGgongです。

ご存じのとおり、弊社ではGONG ASAP GOBOをはじめとしたオーダーメイドGOBOの製作を承っておりますが、GOBOの発注時に、ソレを投影するプロジェクタもいっしょにお問い合わせいただく場合がケッコーあります。「コレコレこういう場所なんだけどナニかテキトーなもん、おまへんやろか」と。

使用環境をお伺いして、ソース4であったり、LocoHead150であったり、EVO500Eであったり、適当な製品を見繕ってイロイロご紹介するわけですが、お店のロゴを投影したい、といった場合、やはりイチバンに要求されるのが「ランプライフ」であります。1年365日24時間点灯、なんてことがあり得るわけで、そうしょっちゅう切れてはかなわん、というわけです。

そういう意味で、セラミックメタルハライドランプ、PhilipsでいうCDM球はメーカーのデータによると6000時間とか9000時間とか、驚異的なロングライフで、こういった場合にはモッテコイです。しかもCDM-150W球は、見た目500Wクラスのハロゲン球に相当する明るさで、なおかつ色温度が高い(4200K)と、周囲が明るい環境のお店でも充分威力を発揮する、まさに最適な電球です。最適ですが、この電球を使用して、かつGOBOが入るスポットというのが、実はナカナカない、というのが現状でした。(ソース4HIDという手もありますが、いかんせん「デカイ」という点で、小規模のお店には向かない場合が多いです)

舞台からカラオケ・バンケット系まで幅広い照明機器&ミラーボールのメーカーさんである日照さんの営業の方とお話する機会がありました。そこでご紹介受けたのが、コレ「150WCDMロゴ用マシン NEF-7598」です。まさに言うことなし。オプション的に、「4色回転エフェクト」「丸マシン(ディスクマシン)」もラインナップされています。ますます言うことなし。同じCDM-150Wを使用したミラーボール照射器やピンスポット(これもいいかんじ!GOBOが入る!)も始められたそうです。
http://nissho-osk.jp/

日照製品は、もちろん弊社でも取扱っております。ぜひ。


Lite-Puter新調光ユニット「DX-1227」&Antariヘイズマシン「HZ-300/HZ400」超特価セール! 本日受注分まで!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2008-03.html#20080305
ETC ソース・フォー《値上げ前に買っときましょセール》実施中!5月末まで延長決定!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2008-02.html#20080219



cpiblog00465 at 09:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年05月25日

Design150Pro

b16bf906.gifご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

昨今、商品のブランド化が進み、「売るモノ」と同等(ひょっとしたらそれ以上?)の金額を、告知・アイキャッチなどの広告宣伝に費やしていると聞きます。
「いかにお客様の興味をそそらせるか?」「いかに店舗内へ引き込むか?」
潜在的顧客の開拓に、あの手この手を駆使しているようです。

一昨日5/23(水)のブログに掲載した「GOBO CLIP」。屋外使用も可能なGOBO投影マシンでした。ロゴを店外へ照射することで、道行く人の目に少なからず印象を残します。

さて屋外使用といえば、「Design150Pro」です。
メタハラ150W仕様の屋外カラーチェンジャ。店舗・建築物の屋外壁を染め上げます。ビーム角度は21°。照射距離はおよそ30m。CYM3枚のダイクロガラスシャッタで色を変化させます。
DMX6ch制御。単独での動作も可能。マスター/スレーブ機能搭載。国際防水規格(IP)はIP65。サイズ:W380xD280xH490弌⊇杜漫17.6圈D蟆26万円。


cpiblog00465 at 08:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年03月07日

U-ONEアーム企画中!

0f369f73.gifご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

企画中の製品ではありますが、「U-ONEアーム」をご紹介いたします。
長寿命・コンパクト・軽量かつ10000Kもの色温度を誇る「U-ONE」。
メタハラなのに安定器内蔵形という外観フォルムも、グッドデザイン賞を受賞しているだけあって、秀逸なデザインです。しかもランプそのものがあまり高熱にならないので、ハロゲンのように「ヤケド」の心配も少なく、安全性の高さもセールスポイントです。

そんな「U-ONE」の特徴から、弊社がお取引させて頂いている照明会社の方が「ランプを露出してもいいのでは?」と考案されたのが今回のこの「U-ONEアーム」です。
余分な装飾をそぎ落としたミニマムデザイン。実に分かりやすい構造と、ありそうでなかったアイディア。見事です!
防滴仕様のU-ONEと組み合わせて、屋外での使用にも最適ではないでしょうか?



cpiblog00465 at 08:37|PermalinkComments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月16日

アマテラス〜ナローとワイド

31ffa8ca.gifご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

当ブログでも何度か取り上げております「アマテラス」ですが、2種類のビーム角度があります。ナロー:10°ワイド:30°
今回は展示会で使用される際の見え方の違いをご紹介します。
「アマテラス」は10000Kという高色温度が売り文句の一つですが、今回は3000Kタイプです。

画像は3カット。
ライティングレールに3灯吊っており、左がハロゲン、中央がアマテラス3000Kナロー、右がアマテラス3000Kワイドとなっております。天井高およそ3mから照射しております。
真ん中のナローの光が床面を照らしているのが伝わるでしょうか?
このようにピンポイントのアイキャッチにはナローはオススメです。しかも24Wで、この演出効果は上出来ではないでしょうか?初回投資はハロゲンに比べて高くなりますが、6000時間という長寿命を考えるとランニングコストは安く抑えられるはずです。E26ソケットにはめるだけという球替えの簡略さも、オススメする理由の一つです。

灯体のボディカラーは黒と白とシルバー。この「白」ですが、若干「オフホワイト」寄りの色味です(画像ではフラッシュの関係で真っ白に見えますが・・・)。室内インテリアにもそのまま馴染むので、今後展示会・イベント関係で使用される機会が増えそうです。

cpiblog00465 at 09:01|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年01月22日

アマテラス。

e4bb6db8.gifご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

安定器内蔵型のメタハラ・ランプを搭載した「アマテラス」をご紹介します。
PAR36のショートサイズをさらにほっそりスリムにした外観。ランプは3000K、4000K、10000Kの3種類からお選び頂けます。
3000Kと4000Kは平均寿命6000時間のロングライフ。10000Kでも3000時間です。消費電力24Wで、あまり熱くならないという特徴を持ってます(点灯中でも素手で触れます!)。
展示会やイベント、ショールームなどで10000Kの青白い光は、観客の目を釘付けにすること間違いなし!目新しい演出、他とは違う差別化を図る上で、オススメの逸品。
安定器も含めて重さ約700g。軽量・コンパクト・長寿命・省電力・(熱くないという)安全性がウリのアマテラス。デモ機も有ります。

cpiblog00465 at 09:05|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年01月15日

Design 150 Pro 屋外ライトアップ施工例〜その2

c5bc8542.gifご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

前回ご紹介したカラーチェンジャ・スポット「デザイン150PRO」ですが、屋外使用も可能な“IP65”もセールスポイントの一つです。
画像は都内吉祥寺駅北口のバスロータリー。20年近く続いている恒例の冬季限定イルミネーションだそうです。
電球約50,000個を使った光のカーテンに、今回から「デザイン150PRO」4台が追加されました。「デザイン150PRO」は完全に野ざらし状態ですが、約2ヶ月に渡って順調に動作しています。

個人的に「デザイン150PRO」は壁面や照射物のある環境の方がより映えると思います。この現場では宙空に照射しているので、あまり性能を発揮できてないようです。まぁ、雨の日などは幻想的でしょうが。
電球を5万個も使うなら、デザイン150数台を駆使するのも手かと(お値段的にも!)・・・ふと思いました。

ちなみに現場は、一般の人が入れないように柵がしてあります。
吉祥寺は街全体が人と車であふれてました。デザイン150の周りだけ、ちょっとしたオアシスでしたね〜(笑)。



cpiblog00465 at 08:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年01月11日

Design 150 Pro 屋外ライトアップ施工例。

dfe9730d.gif明けましておめでとうございます。カルーセル彦です。
本年も宜しくお願い致します。

この冬も各地で様々なイルミネーションが寒空を包んでいました。特にクリスマス時期をピークに、一般家庭でも競い合うように電飾住宅化していますね(笑)。

右の画像は「Design 150 Pro」というカラーチェンジャ・スポットの施工例です。
都内某所の商業施設壁面(屋外です)をカラフルな色に染め抜いております。
実際の現場では、この画像以上にインパクトある演出ですよ。
スタンドアローン・モードも搭載され、外部コントローラがなくとも単体での演出も簡単です。
「とにかく目立ちたい!」というお店にはもってこいの逸品。

CDM150Wランプ採用。DMX7chコントロール。IP65。CMYダイクロガラスによる滑らかなカラーフェードチェンジャー。ブレードシャッタによるディミングもできます。
消費電力200W。重量17.6圈D蟆舛・・・なんと26万円!

cpiblog00465 at 09:15|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年06月21日

WLF2006報告〜アマテラス10000K

766424e8.jpgご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

先週6月15日(木曜)から17日(土曜)まで開催されたワールド・ライティング・フェア2006における弊社ブースのご案内をお送り致します。

はじめに・・・
悪天候にも関わらず、パシフィコ横浜へご来場下さり、わざわざ弊社ブースまでお越し頂いた皆様、誠に有難うございました。
また今回、残念ながら機会に恵まれず、お会いできなかった皆様には、当ブログにて展示出展製品につきましてご報告差し上げます。

私、カルーセル彦が担当した製品群は色温度10000Kの「アマテラス」、ポールシステム「POLESTAR」、グリップ類の「GonGrip」シリーズ、コンパクトPARライト「PAR16」、そしてスペイン製調光卓の一つ「Hydra(tomy担当)」とコラボレートした「iSolution」の新作です。

まず最初にお知らせするのは「アマテラス10000K」。
「10000K」とあるように、色温度10000Kの青白い光で、ブース内ではひときわ異彩を放っておりました。設置位置が3m強の高さにあり、お気付きにならなかった方もいらっしゃったかも知れません。アマテラス10000Kの隣には、4000K・3000Kを並べ、その色温度の違いは一目瞭然。安定器内蔵型、定格電力24W、寿命3000h(4000K・3000Kは6000h)。

電球そのものの(安定器内蔵型にもかかわらず)コンパクト・軽量ボディという点に驚かれる方が多かったと感じました。そのコンパクトな電球をより前面に売り出して、「もっとシンプルな外観で!」というお声も頂きました。また、E26ソケット対応というのも使用環境が広がる、とおっしゃる方もいらっしゃいました。
元来、熱帯魚屋さんやアクアリウムなどで特注扱いのもと使用される電球です。特異な光の演出をイメージする際や、他の何より際立たせたい場合にはもってこいのアイテムではないでしょうか?

画像はtomy担当「北斎」ブースを背後から照らす「アマテラス10000K」です。


cpiblog00465 at 09:06|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加