sunlite

2015年03月11日

スプリングセール第3弾、第4弾〜FLG5、UE7数量限定衝撃プライス!

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

本日は、スプリングセール第3弾&第4弾の紹介です。

第3弾 Antari社純正リキッド「FLG5x4本セット」数量限定50ケースのみ!
第4弾 EasyStandAloneインタフェイスBOX「UE7」数量限定10個のみ!


Antari社純正リキッドFLG5は、Antari社製スモークマシン専用のリキッドです。

1

臭いが少なく、残留率が高いという特徴があります。
今回のセールでは4本入り1ケース単位で、通常価格よりも大幅なセール価格にてご提案します。
なんと、1本あたり2200円です!

《スプリングセール第3弾》

Antari社純正リキッド「FLG5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格8,800円!
1本あたり2200円、数量限定50ケースのみという衝撃の超特価です。


同じく、数量限定にて、この機会におススメなのがEasyStandAlone/UE7です。

2

通常販売価格よりもドドーンと10000円以上お安く設定しました。
Windowsパソコンでシーンシーケンスを作成し、USBケーブル1本でパソコンからインタフェイスBOXに転送するだけで、スタンドアロン使用も可能です。
もちろん、パソコンとオンライン接続したまま、ライブ使用も可能。
シーンシーケンスの作成が非常に簡単ですので、シンプルなシーンデータを複数作成する場合などに重宝します。

《スプリングセール第4弾》

EasyStandAloneインタフェイスBOX「UE7」
定価OPENのところ→セール価格56,000円!
数量10個限定で、通常価格よりも10,000万円以上割引という衝撃の超特価です。

※金額は消費税別です。
※送料別途。
※この特別セール価格は数量限定ですので、予定数量到達次第、販売終了となります。
※お支払は「ご入金確認後出荷手配」となります。
※ご注文商品、数量によっては納期を頂戴する可能性があります。

ご注文・お問い合わせはこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp


さて、3/9の当ブログで告知した、
スプリングセール第1弾〜シミュレータ「PrefLight」バンドルセット
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52416497.html
ですが、既にインタフェイスBOXをお持ちの方からも、お問合せ頂いております。
そこで、PrefLight単体でも、通常価格よりお安くしました!
是非、この機会にお買い求めください。
通常価格28,400円のところ→セール価格24,000円(税別・送料込)!
↓画像は最新のPrefLightのUSBドングルです。

3


《ワケありセール「PAR64LB×6台セット」》

定価58,800円のところ→セール価格16,800円)(税別)
(1台あたり、なんと2,800円と定価9,800円から7,000円OFF!)

※別途送料を頂戴します。
※セール価格は数量限定ですので、予定数量到達次第、販売終了となります。
※お支払は「ご入金確認後出荷手配」もしくは「お代引き」となります。
※ダボ、落下防止ワイヤ、色差枠(254mm角)付属。先バラ仕様。
※ご指定の電源プラグ加工も承ります(別途費用)。
※ランプと同時購入の場合、ランプも特別割引致します!ご検討の際はお気軽にお問合せください!
詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52414996.html


《スプリングセール第1弾》

シミュレータソフトウェア「PrefLight」単体
通常価格28,400円のところ→セール価格24,000円(税別・送料込)!
シミュレータバンドルセットDMX版「DoctorMX+PrefLight」
通常価格78,200円のところ→セール価格66,000円(税別・送料込)!
シミュレータバンドルセットArtNet版「EtherMX+PrefLight」
通常価格168,400円のところ→セール価格109,800円(税別・送料込)!
詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52416497.html


《スプリングセール第2弾》

「GONG 折脚スタンド 338BJ」
通常価格30,000円のところ→セール価格19,800円
詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52416625.html




cpiblog00465 at 08:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年05月28日

《ゴング二十"執念"特価市》第七弾!〜マトリクスLED、第八弾!〜掘出モノ市。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

昨日に引き続き、《ゴング二十"執念"特価市》のご案内です。

本日は第七弾と第八弾を、2連発で。
まず第七弾は、マトリクスLED製品の超特価セールです。

マトリクスLEDとして弊社が展開しているGMシリーズですが、Okuのブログでもフライング気味に紹介している新製品、「5x5x10W」タイプを新たにラインアップします。
今回は、既存のウォッシュタイプの4x4マトリクスLEDをセール特価にてご提案します。

・GM-44LED マトリクスLED 税別¥74,000.-

定価198,000.-から63%OFFという破格のディスカウントです。

GM44

マトリクスLEDは、DMX制御によって電飾的な効果を生み出すことができ、ArKaosMADRIXSynViusmと、EtherMXとの組合せによって映像素材を投影することも可能です。



特にこのGM44LEDの場合、一つのLED素子が30Wと高出力ですので、1台でも充分な光量と広範囲に発光することができます。
LEDヴィジョンとしてだけではなく、ハイパワーなブラインダ、ウォッシュライトとしての効果も絶大です。




そして第八弾は、ラスト1台の掘出モノ市です。

・SunliteSuite2EC 税別¥64,000.-

定価200,000.-から68%OFFです。

2EC

SunliteSuite2は、ライブコントロールを念頭に置いた、パネルインタフェイスで直感的な操作性を特徴とします。
ECはSunliteSuiteシリーズ対応のインタフェイスの中で、中間のエコノミークラスとなります(上位機種にファーストクラス、下位機種にビギナークラスがあります)。
DMX出力×2系統、オンボードメモリも搭載しておりますので、EasyStandAloneソフトウェアからスタンドアローン使用も可能です。


・SPARK575mk競侫襯札奪函\琶漫230,000.-

SPARK

575Wのメタルハライドランプ仕様フォローピンスポットです。
ご購入後すぐにお使い頂けるよう、ランプ、スタンド、全閉アイリス、トランスをセットにしています。
高出力ながら、お手頃価格のフォローピンスポットをお探しの方には、絶対におススメの製品です。




《ゴング二十"執念"特価市》第一弾!

ロスコ・FXスモーク液
1Lx12本/箱で定価¥38,400.-(1L/本あたり¥3,200.-)のところを1L/本あたり‥‥‥価格はお問い合わせください!


《ゴング二十"執念"特価市》第二弾!

ロスコ・スモークマシン1200を、超おトクなセットで販売いたします!
舞台照明家様向けの"Touring Set"と、
クラブ・ライブハウス・小劇場様など向けの"Club Set"をご用意。
そして、各々のセットに、新製品"FX液""FX以外の液"(*)が選べます。

Touring Set A〜1200本体・ハードケース・FX液x12本
 ¥98,000+¥30,000+¥38,400=合計¥166,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Touring Set B〜1200本体・ハードケース・FX以外の液x12本
 ¥98,000+¥30,000+¥38,400=合計¥166,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Club Set A〜1200本体・FX液x12本
 ¥98,000+¥38,400=合計¥136,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Club Set B〜1200本体・FX以外の液x12本
 ¥98,000+¥38,400=合計¥136,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!

*上記の"FX以外の液"とは、スタンダード・ステージ&スタジオ・クリア・ライトの4種です。
4種を混ぜて12本ではなく、同種の液を12本でご注文を承ります。
各液の特徴はこちら↓
http://coburn.jp/mini_win/20130918.html


《ゴング二十"執念"特価市》第三弾!

ArtNet3-DMX/RDM相互変換機Kuwatec EtherMX
定価¥140,000.-(税別)を→新発売特価¥98,000.-(税別)!
※お洒落な専用ポーチ付き!

EtherMX専用ダボアダプタ(GONG16/17兼用ダボ&GONG落下防止ワイヤ(軽量型)付)
定価¥3,000.-(税別)を→新発売特価¥2,100.-(税別)!


《ゴング二十"執念"特価市》第四弾!

"L.E.D.MX"システムパック
コンソール(Zero88他)+映像制御ソフト(ArKaos MediaMaster Pro/Express・SynVisum)+EtherMXのおトクなセット!
詳細は↓こちら!
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00323


《ゴング二十"執念"特価市》第五弾!

旧タイプDoctorMXインタフェイスボックスを¥8,000.-で下取り!
代わりに、
新タイプDoctorMXインタフェイスボックス(黒or青)¥41,800.-
EtherMX¥90,000.-にて!
詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52380941.html


《ゴング二十"執念"特価市》第六弾!

・PAR-G-64+USHIO製ランプ 4台セット 税別¥37,800.-
・PAR-G-36+USHIO製ランプ 6台セット 税別¥37,800.-
詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52382818.html


※金額は消費税別です。
※予定数量に到達次第、終了する場合があります。
※別途送料を頂戴します。
※お支払は「佐川急便eコレクト(現金代引)もしくは「ご入金確認後出荷手配」となります。
※ご注文商品、数量によっては納期を頂戴する可能性があります。

ご注文・お問い合わせはこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp




cpiblog00465 at 08:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月18日

EasyStandAloneU7がモデルチェンジ。"UE7"新登場!& SynVisum更新。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

PCレス環境で簡易シーンを再生するEasyStandAloneの中でも、最上位機種の「EasyStandAlone/U7」がマイナーチェンジして、「EasyStandAlone/UE7(イージースタンドアローン/ユーイー7)」に変わりました。

1

UE7は、前モデルのU7の機能の全てを踏襲し、さらに以下の点で機能追加、変更がなされています。

・MicroSDカードへ変更

2

これまでのU7ではminiSDカードを記憶媒体にしていましたが、UE7からはmicroSDカードへ変更になりました。
現在のメモリーカード市場ではminiSDカードよりもmicroSDカードが主流になっているので、量販店などでも容易に購入ができます。

・イーサネットポートが追加

3

RJ45端子(イーサネットポート)が追加されました。
このポートは将来的に、イーサネットケーブルを使ってアクセスポイントに接続し、専用アプリケーションからWiFiコントロールが可能になったり、マルチリンク対応を想定しています。
そのため、現在はパソコンとイーサネットによる認識はできませんので、U7と同じくUSB接続となります(接続用ケーブルも同梱しています)。

UE7インタフェイスは、その他の仕様面も充実しています。
ソフトウェアは、
EasyStandAlone(Windowsのみ)
EasyStandAlone2(Windows/Macどちらも可)
ESA Pro(Windowsのみ)
の3種類全てが使用可能です。
DMX出力はスタンドアローン時で最大2系統になります。
最大シーン数は250、microSDカードの記憶容量によって、各シーンのステップ数は変化します。
UE7インタフェイス本体の上面に3つのボタンスイッチがあり、記憶したシーンシーケンスを呼び出すことも可能です。

UE7は、複数のシーンを同時にトリガ/起動することができるので、常設現場でのデータ入力にも力を発揮します。
もちろん、パソコンと接続したオンライン状態での制御にも適した「ライブモード」も搭載し、パソコンの画面上に配列されたシーンボタンをマウスクリックする、といったマニュアル操作も可能です。

前モデルU7と新モデルのUE7は完全互換しますので、ご安心下さい。
(ただし、ファームウェアとソフトウェアは最新のものをお使い下さい)

EasyStandAlone/UE7
サイズ:90×78×41mm、重量:約100g。
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00161


SynVisum 更新。

2013/11/17
v2.7.8
Windows 版で、DirectShow での再生時に、データエラーを無視して再生を継続するよう変更。
Windows 版で、動画や音声ファイルへのパスに非 ASCII 文字(日本語など)が含まれていると、Media Foundation 機能が使用されない不具合を修正。
Windows 版で、出力調整に制御割り当てできない不具合を修正。
弊社製アプリケーション同士での Art-Net 用 UDP ポートの同時使用に対応。
表示設定機能を追加。
シーケンス機能を追加。
シーンミックス機能を追加。


今回の更新はいずれも重要なものです。
特にEnterMXの発売を目前にして、DoctorMXなどクワテック社のアプリケーションとの連動に関しての機能が強化されています。
近々改めて、詳細をレポートいたします。



《ゴング二十"執念"特価市》第一弾!

ロスコ・FXスモーク液
1Lx12本/箱で定価¥38,400.-(1L/本あたり¥3,200.-)のところを1L/本あたり‥‥‥価格はお問い合わせください!


《ゴング二十"執念"特価市》第二弾!

ロスコ・スモークマシン1200を、超おトクなセットで販売いたします!
舞台照明家様向けの"Touring Set"と、
クラブ・ライブハウス・小劇場様など向けの"Club Set"をご用意。
そして、各々のセットに、新製品"FX液""FX以外の液"(*)が選べます。

Touring Set A〜1200本体・ハードケース・FX液x12本
 ¥98,000+¥30,000+¥38,400=合計¥166,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Touring Set B〜1200本体・ハードケース・FX以外の液x12本
 ¥98,000+¥30,000+¥38,400=合計¥166,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Club Set A〜1200本体・FX液x12本
 ¥98,000+¥38,400=合計¥136,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Club Set B〜1200本体・FX以外の液x12本
 ¥98,000+¥38,400=合計¥136,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!

*上記の"FX以外の液"とは、スタンダード・ステージ&スタジオ・クリア・ライトの4種です。
4種を混ぜて12本ではなく、同種の液を12本でご注文を承ります。
各液の特徴はこちら↓
http://coburn.jp/mini_win/20130918.html

※金額は消費税別です。
※予定数量に到達次第、終了する場合があります。
※別途送料を頂戴します。
※お支払は「佐川急便eコレクト(現金代引)もしくは「ご入金確認後出荷手配」となります。
※数量によっては納期を頂戴する可能性があります。

ご注文・お問い合わせはこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp




cpiblog00465 at 08:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月15日

Sunlite製品のRecorder機能について。&《ArKaosテクニカルセミナー》は明日!

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

Sunlite(サンライト)」製品のユーティリティアプリケーション「Tools(ツールス)」で、特筆すべき機能としてDMX Recorder(DMXレコーダ)機能があります。
インタフェイスBOXを簡易的なDMXレコーダとして使用できるこの機能は、外部トリガからレコーディングデータを再生可能という特徴もあります。

まず、Toolsを起動します。
ファームウェアやテスト機能を使って、動作条件を確認します。
「DMX Recorderタブ」をクリックします。

1

まず上段右側には、Testタブにもありました、DMXポート設定を確認する「DMX Universe Infomation」ボタンがあります。
このボタンをクリックすると、インタフェイスBOXのポート設定が詳細に表示されていますので、インプット設定する際に参考にして下さい。

2

中段左側には、レコーディングデータが一つの「シーン」として表示されるシーンリストがあります。

3

まず(空の)シーンを作成し、そこに記録していきます。
アイコンは一番左からシーンの追加、削除、上へ移動、下へ移動を意味します。
Sceneは、シーン名(順番)を表します。変更はできません。
Durationは、データの時間を表します。
Loopは、そのシーンの選択時のループ回数を設定します。常にループし続けるか、あるいは1から255回までループ回数を設定することが可能です。
Nextは、ループ回数設定時のループ終了時に、ここで設定されたシーン番号へ自動的に移行再生します。
Triggerは、外部接点入力やインターナルクロックによる自動再生時に設定します。

下段は、レコーディングデータの記録/逆再生/停止/再生/一時停止、トリミングを行う簡易エディタです。
最下段のDMXと表記のあるバーには、実際に入力されているDMX信号が青いレベル状に再現されます。

4

中段右側には記録(作成)したレコーディングデータ全体を保存、読み込みを行う項目です。
上部は、インタフェイスBOXとの読み込み/書き出しを行います。
下部は、パソコンのハードディスクとの読み込み/書き出しを行います。

5

外部トリガを受けて、レコーディングデータを起動させる方法もあります。
記録したレコーディングデータのシーンリストで一番右の「Trigger」の項目をクリックします。

6

起動したTriggerウィンドウでPortのプルダウンメニューから、任意のアドレスを指定します。

7

このアドレスは1から255までを選択でき、インタフェイスBOXのMIL10ピンコネクタを使って外部メイク接点トリガとして起動することができます。

8

ちょっとしたDMXデータを取り込みたい常設現場や、パソコンやラックハードウェアなどを使わずに手軽にレコーディングして再生するといった環境に適した、シンプルレコーダとしてお使い頂けます。



クワテック各製品のArt-Netの動作が修正されました。

Rodem更新。

2013/10/13
v1.0.1
Art-Net の動作を修正。


DoctorMX更新。

2013/10/13
v3.9.0
「ArtNet」機能の動作を修正。


PrefLight更新。

2013/10/13
v1.5.9
Art-Net の動作を修正。




↓いよいよ明日!台風の行方が心配ですが‥‥皆様のご来場をお待ちしております!

《ArKaosテクニカルセミナー》

10/16(水) 第一部13:00〜 第ニ部15:30〜

ArKaos社プログラム開発/設計者およびCEOでもあるマルコ氏と、テクニカルマネージャであるトーン氏が来日し、日本国内のArKaosユーザを対象にした二部構成のテクニカルセミナーを、弊社と株式会社ディリゲントによる共同にて開催します。
ヘビーユーザからビギナーユーザまで、ArKaos社製品の現在の動向、追加予定の新機能紹介などをいち早くお届けします。

第一部 13:00〜14:30
照明デザイナー、プロジェクションマッピング制作者、LED演出関連業者様向けにおくる、MediaMasterシリーズの最新動向とVideoMapper2.0の紹介。最新LEDディバイスとの連動について。

第二部 15:30〜17:00
ゲストスピーカーも迎え、VJや映像クリエイターなどエンドユーザを対象とした、GrandVJを使用したプロジェクションマッピングのセミナー。

会場:アーツ千代田3331
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 TEL:03-6803-2441
3

参加費:無料

備考:予約制ではございません。集客状況によっては、立ち見となる場合がございます。ご了承ください。



《ゴング二十"執念"特価市》第一弾!

ロスコ・FXスモーク液
1Lx12本/箱で定価¥38,400.-(1L/本あたり¥3,200.-)のところを1L/本あたり‥‥‥価格はお問い合わせください!


《ゴング二十"執念"特価市》第二弾!

ロスコ・スモークマシン1200を、超おトクなセットで販売いたします!
舞台照明家様向けの"Touring Set"と、
クラブ・ライブハウス・小劇場様など向けの"Club Set"をご用意。
そして、各々のセットに、新製品"FX液""FX以外の液"(*)が選べます。

Touring Set A〜1200本体・ハードケース・FX液x12本
 ¥98,000+¥30,000+¥38,400=合計¥166,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Touring Set B〜1200本体・ハードケース・FX以外の液x12本
 ¥98,000+¥30,000+¥38,400=合計¥166,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Club Set A〜1200本体・FX液x12本
 ¥98,000+¥38,400=合計¥136,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!
Club Set B〜1200本体・FX以外の液x12本
 ¥98,000+¥38,400=合計¥136,400.-のところを‥‥お渡し価格はお問い合わせください!

*上記の"FX以外の液"とは、スタンダード・ステージ&スタジオ・クリア・ライトの4種です。
4種を混ぜて12本ではなく、同種の液を12本でご注文を承ります。
各液の特徴はこちら↓
http://coburn.jp/mini_win/20130918.html

※金額は消費税別です。
※予定数量に到達次第、終了する場合があります。
※別途送料を頂戴します。
※お支払は「佐川急便eコレクト(現金代引)もしくは「ご入金確認後出荷手配」となります。
※数量によっては納期を頂戴する可能性があります。

ご注文・お問い合わせはこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp



cpiblog00465 at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月08日

Sunlite製品のTest機能について。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

先日のブログでは、「Sunlite(サンライト)」製品の便利なユーティリティアプリケーション「Tools(ツールス)」機能の中でも、インタフェイスBOXとソフトウェアの更新を行う「Firmware(ファームウェア)」を紹介しました。

今回は、同じくToolsの中の「Test(テスト)」について触れます。

1test

Testはその名の通りテスタとして使用可能で、512チャンネルを個別に出力テスト、入力チェックに使用します。
ならびに、インタフェイスBOXの認識状況を簡易的に確認するのに便利な機能です。

まずインタフェイスBOXをUSB接続します。
Toolsを起動して、Testタブを選択します。
インタフェイスBOXによって複数の入出力ポートがあるので、まず、DMXインプットあるいはDMXアウトプットのポートを選択します。
各インタフェイスBOXによって、入出力ポートが異なりますので、上部右側の「DMX Universe Information」をクリックして、お手元のインタフェイスBOXの形状とポートを確認して下さい。

2infosuniv

インタフェイスBOXの裏面から内部基板を見ることができますので、そこに記されている基板の型番から、お手元のインタフェイスBOXが何に当たるのか?を確認して下さい。
たとえば、画像のインタフェイスBOXはSIUDI7Aにあたります。

3interface

入力、出力ポートのDMX信号をチェックします。
このTest機能は、インタフェイスBOX自体が認識していれば、ファームウェアのバージョンが何であろうと動作します。
したがって、インタフェイスBOXからDMX出力が確認できない、といった場合にまず第一にTest機能を使って動作確認することをおススメします。

次回は、ToolsのRecorder機能を紹介します。



《ArKaosテクニカルセミナー》

10/16(水) 第一部13:00〜 第ニ部15:30〜

ArKaos社プログラム開発/設計者およびCEOでもあるマルコ氏と、テクニカルマネージャであるトーン氏が来日し、日本国内のArKaosユーザを対象にした二部構成のテクニカルセミナーを、弊社と株式会社ディリゲントによる共同にて開催します。
ヘビーユーザからビギナーユーザまで、ArKaos社製品の現在の動向、追加予定の新機能紹介などをいち早くお届けします。

第一部 13:00〜14:30
照明デザイナー、プロジェクションマッピング制作者、LED演出関連業者様向けにおくる、MediaMasterシリーズの最新動向とVideoMapper2.0の紹介。最新LEDディバイスとの連動について。

第二部 15:30〜17:00
ゲストスピーカーも迎え、VJや映像クリエイターなどエンドユーザを対象とした、GrandVJを使用したプロジェクションマッピングのセミナー。

会場:アーツ千代田3331
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 TEL:03-6803-2441
3

参加費:無料

備考:予約制ではございません。集客状況によっては、立ち見となる場合がございます。ご了承ください。



《ゴング二十"執念"特価市》第一弾!

ロスコ・FXスモーク液
1Lx12本/箱で定価¥38,400.-(1L/本あたり¥3,200.-)のところを1L/本あたり‥‥‥価格はお問い合わせください!
商品は間もなく入荷、10/15頃より順次発送可能となる予定です。

※金額は消費税別です。
※予定数量に到達次第、終了する場合があります。
※別途送料を頂戴します。
※お支払は「佐川急便eコレクト(現金代引)もしくは「ご入金確認後出荷手配」となります。
※数量によっては納期を頂戴する可能性があります。

ご注文・お問い合わせはこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp




cpiblog00465 at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月03日

Sunlite製品のTools機能について。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

Suite2(スイート2)」や「EasyStandAlone(イージースタンドアローン)」などPCベースコンソールでおなじみの「Sunlite(サンライト)」製品は、ソフトウェアも数ヶ月に一度の頻度でバージョンアップを繰返し、細かなバグ修正が施されています。
パソコンと連携して操作するPCベースコンソールですので、パソコンのOSや接続するUSBポートが変更されるなど、それ以前と異なる環境になると認識しなくなった…といったケースが無い訳ではありません。
同じように、ソフトウェアをバージョンアップすることで、USB接続したインタフェイスBOXともうまく認識しなくなる可能性もあります。

そういった場合、ソフトウェア環境とインタフェイスBOXのハードウェア環境とを同じ仕様バージョンに揃えると改善する場合がほとんどです。
そこで今回は、アップデート動作について紹介します。

ソフトウェアのバージョンは数ヶ月に一度の割合で修正されたものが公開されます。
以下のアドレスから、お使いのソフトウェアの最新版のダウンロードが可能です。
http://www.nicolaudie.com/en/download.htm

ソフトウェアのバージョンを上げると(場合によっては下げると)、インタフェイスBOX認識時に、エラーメッセージが表示されます。

1error

2error

ここで、インタフェイスBOXのバージョンも最新版(場合によってはソフトウェアと同じバージョン)にしてみて下さい。
方法は、ソフトウェアをインストールすると、一緒にインストールされる「Tools(ツールス)」というユーティリティアプリケーションを使用します。
EasyStandAloneを例として、確認しましょう。
スタート→EasyStandAloneフォルダ
あるいはエクスプローラからEasyStandAloneフォルダを選択します。
中に「Tools」もしくは「Tools.exe」があります。

3start

Toolsをクリックすると、以下の画面が現れます。

4tools

インタフェイスBOXが接続されていないと、以下のように大きな「?」マークが表示されます。

5hatena

左から3番目のタブ「Firmware(ファームウェア)」に着目して下さい。
このFirmwareタブ内で、インタフェイスBOXのハードウェア環境を、ソフトウェア環境に最適な仕様へバージョンアップさせます。
方法は至って簡単で、中央部
「Click on the button to start the firmware upload process」
内の
「Write SIUDI7A Firmware X.XX(〜)」
のボタンをクリックするだけです。
このボタンを押すと、インタフェイスBOXのハードウェア環境に最適なバージョンが上書きされます。
更新が終了すると、ソフトウェアの認識も新たにリンクされます。

特に、古いバージョンや、複数のインタフェイスBOXを使用されたことがあるパソコンなどで、異なるハードウェアを接続した場合などに、ソフトウェアとハードウェアのバージョン不一致が見受けられますので、このToolsを用いると改善するのがほとんどです。



《ArKaosテクニカルセミナー》

10/16(水) 第一部13:00〜 第ニ部15:30〜

ArKaos社プログラム開発/設計者およびCEOでもあるマルコ氏と、テクニカルマネージャであるトーン氏が来日し、日本国内のArKaosユーザを対象にした二部構成のテクニカルセミナーを、弊社と株式会社ディリゲントによる共同にて開催します。
ヘビーユーザからビギナーユーザまで、ArKaos社製品の現在の動向、追加予定の新機能紹介などをいち早くお届けします。

第一部 13:00〜14:30
照明デザイナー、プロジェクションマッピング制作者、LED演出関連業者様向けにおくる、MediaMasterシリーズの最新動向とVideoMapper2.0の紹介。最新LEDディバイスとの連動について。

第二部 15:30〜17:00
ゲストスピーカーも迎え、VJや映像クリエイターなどエンドユーザを対象とした、GrandVJを使用したプロジェクションマッピングのセミナー。

会場:アーツ千代田3331
〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14 TEL:03-6803-2441
3

参加費:無料

備考:予約制ではございません。集客状況によっては、立ち見となる場合がございます。ご了承ください。



《ゴング二十"執念"特価市》第一弾!

ロスコ・FXスモーク液
1Lx12本/箱で定価¥38,400.-(1L/本あたり¥3,200.-)のところを1L/本あたり‥‥‥価格はお問い合わせください!
商品は間もなく入荷、10/15頃より順次発送可能となる予定です。

※金額は消費税別です。
※予定数量に到達次第、終了する場合があります。
※別途送料を頂戴します。
※お支払は「佐川急便eコレクト(現金代引)もしくは「ご入金確認後出荷手配」となります。
※数量によっては納期を頂戴する可能性があります。

ご注文・お問い合わせはこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp




cpiblog00465 at 08:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月07日

EasyStandAlone2〜シーンビルダ機能 その7「カーブエフェクト後編」&DoctorMX更新報告。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

EasyStandAlone2」の新機能「Scene builder(シーンビルダ)」のエフェクト、
カラーエフェクト
ポジションエフェクト
カーブエフェクト
の3種類のうちカーブエフェクトについて、前回ブログでは設定と概要について説明しました。
後編の今回はカーブエフェクトの設定項目の詳細について説明します。
・カーブの種類
・エフェクトを掛けるパラメータ
・レイト
・サイズ
・フェイズ
・オフセット
・フェイジング


前編で簡単に紹介した7種類の設定項目を、調整して、組み合わせることでオリジナルのLFO波形を生成していきます。
まずカーブの種類ですが、サイン1、サイン2、タンジェント、スクエア、ランプ、インバースランプ、トライアングル、ランダムの全8種類があります。
ここで基本となるカーブの形状を決定します。
1sine_more

カーブを決定すると同時に、
Channels which are playing the effect:
のプルダウンメニューから、どのパラメータに対してエフェクトを適用するかを決定します
ムービングライトの主要パラメータを含む、R/G/BなどのLEDカラーに対して、個別に設定できます。
2channels

Rate(レイト)
波形の周波数を変化させることで、スピードを調整します。
レイトを大きくするとエフェクト効果が速くなります。
3rate

Size(サイズ)
波形のサイズを全体的に変更します。
サイズを大きくすると、波形上のフルの状態が持続します。
4size

Phase(フェイズ)
エフェクト開始時の波形のレベルを決定します。
たとえばサイン波でゼロレベルから徐々に持ち上がる効果の場合にこのフェイズを使って調整します。
5phase

Offset(オフセット)
サイズに近い効果ですが、波形の中心レベルを調整します。
オフセット数値を大きくすると、波形上のフル状態が持続すると共に、波形の底辺が持ち上がります。
6offset

Phasing(フェイジング)
複数の灯体に対して、同じカーブエフェクトを適用した際、このフェイジングを使うと、各灯体間で位相差を生み出します。
今回のようなR/G/Bに対して使用すれば、カラーチェイス効果となります。


このようにカーブエフェクトを使用するとLFO波形を基に、様々な演出を行うことが可能です。


DoctorMX 更新です。

2013/3/5
Quartz Composer パッチ プラグインを 64 ビット対応化(Mac OSX のみ)。





cpiblog00465 at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月04日

EasyStandAlone2〜シーンビルダ機能 その6「カーブエフェクト前編」

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

EasyStandAlone2(以下、ESA2)」の新機能「Scene builder(シーンビルダ)」のエフェクトには、
カラーエフェクト
ポジションエフェクト
カーブエフェクト
の3種類があります。
今回は、波形を用いたエフェクト効果を生み出す「カーブエフェクト」を紹介します。
カーブエフェクトは、プリセットの波形を選択し、調整しながら各パラメータに対して定期的な動作を与えます。
ディマーに適用すれば点いたり消えたり、ムービングのパン/チルトに適用すれば行ったり来たり、と言うように、DoctorMXのLFO機能に良く似たエフェクトです。

まずESA2のシーンビルダアイコンをクリック。

右側中段の「Presets」「Effects」のタブから「Effects」を選択。

「Fx」アイコンをクリックし、プルダウンメニューから「Curve effect」を選択。

1

これで、カーブエフェクトを使用することができます。

今回はLEDのRGBを使用して、各色に異なるカーブエフェクトを使用してみます。
Setupタブ内左側のScanLibraryから「_GENERIC」の「rgb」を選択し、10台パッチします。

2

シーンビルダ機能のカーブエフェクトを起動します。

3

カーブエフェクトには、以下の設定項目があります。
・プリセットカーブの種類
・エフェクトを掛けるパラメータ
・レイト
・サイズ
・フェイズ
・オフセット
・フェイジング
プリセットカーブをそのまま使用するのも良しですが、上記の設定項目を調整してオリジナルのLFO波形を作成/適用することもできます。
たとえば、R/G/Bの3色に対して、異なるカーブエフェクトを用いることで、独特のカラーフェードエフェクトを作ることができます。
カラーに対しての効果だけで見れば、以前に紹介したカラーエフェクトに近いものがありますが、それ以上に細かく色や時間(周波数)設定ができる、という特徴があります。

また、カラーだけでなく、ムービングライトのパラメータに対しても同様にエフェクト効果を掛けられるので、複数の異なる灯体を同じタイミングで演出することができる、という特徴があります。

後編へ続きます。




cpiblog00465 at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月27日

EasyStandAlone2〜シーンビルダ機能 その5「ポジションエフェクト」&PrefLight更新。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

EasyStandAlone2(以下、ESA2)」の新機能「Scene builder(シーンビルダ)」におけるエフェクトには、前回と前々回お伝えしたカラーエフェクトの他に、ポジションエフェクトとカーブエフェクトがあります。
今回は、ムービングライトのパン/チルト制御に適した「ポジションエフェクト」を紹介します。

ポジションエフェクトを使用するには、まずESA2のシーンビルダアイコンをクリックします。

1

右側中段の「Presets」「Effects」のタブから、「Effects」を選択し、「Fx」アイコンをクリックし、プルダウンメニューの
Color effect
Position effect
Curve effect
からPosition effectを選択します。

2

それでは、実際にムービングライトに対して、ポジションエフェクトを使用してみます。
Setupタブ内左側のScanLibraryから「_GENERIC」の「moving head」を選択し、パッチします。

3

シーンビルダ機能を起動します。

4

1台のムービングライトが設定されていることを確認し、ポジションエフェクト機能を選択します。

5

初期起動時は、“サークルエフェクト”が動作します。

6

もし仮にポジションエフェクトを設定しても動作しない場合、パッチされた灯体がアクティブでない可能性が考えられます。
左のFixture内の灯体を示すマスをダブルクリックしてみて下さい。

ポジションエフェクトには、サークル、ポリゴン、ライン、ランダムの4種類があります。

7

それぞれアイコンに図が表示されているとおり、円形、多角形、線状、ランダムポジションの動作を行います。
設定項目は4種類共通で、ポジションエフェクトの動作範囲を規定するポイント数を決定するNumber of pointsと、位相調整を行うPhasingの2種類があります。
ポイント数を増やして精査な動作を行うことができますが、その分データ量も増加します。
ポイント数を減らすとダイナミック(大雑把)な動きになりますが、データ量が軽減されます。

動作スピードは、カラーエフェクト同様、Time of effectによって決定します。
最終的にエフェクト効果が決定したら、画像のマウス位置のGenerateアイコンをクリックします。

8

基本的なエフェクト作成はカラーエフェクトと同じ方法となります。
賑やかしのパン/チルトエフェクトを簡単に作成するのに非常に便利なのが、このポジションエフェクトです。

次回はカーブエフェクトについて説明致します。



PrefLight 更新。

2013/2/27
v1.3.8
Windows 版の画面表示を改善。
特定の装置の表現を追加。
PR Lighting
Pilot 575




cpiblog00465 at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月25日

EasyStandAlone2〜シーンビルダ機能 その4「カラーエフェクト:その他」

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

EasyStandAlone2(以下、ESA2)」の新機能「Scene builder(シーンビルダ)」を使うと、様々なエフェクトを簡単にシーンに記録することが可能です。
前回は動きのあるグラデーションカラーエフェクトの中のチェイスを使ってみました。
今回はチェイス以外のカラーエフェクト機能を使うと、どんな効果があるのか、紹介します。

スパイラル
渦巻き状、らせん状のカラーエフェクト。
色の選択の他に、渦巻き線のカーブ具合、渦巻き線の数、グラデーションの調整が可能です。
前回紹介したチェイス効果に良く似ていますが、こちらは回転しながら色が変化します。
1-spiral

バースト
中心点から放射状に色変化するエフェクト。
色の選択の他に、カラー変化幅、グラデーションの調整が可能です。
パネルタイプのLED製品などに映えるカラーエフェクトです。
2-burst

ボール
カラーボールが縦横無尽に跳ねるエフェクト。
色の選択の他に、ボールの数、ボールの大きさ、ボールの動作速度を調整できます。
3-balls

プラズマ
抽象的な模様のカラーエフェクト。
色の選択の他に、X/Y軸を個別に、模様サイズや動作速度を調整できるので、サイケデリックなカラーエフェクトを組むのに適しています。
4-plasma

ファイア
炎のように下から上へ湧き上がるようなカラーエフェクト。
炎模様の数、帯幅、炎の高さを調整できます。
色のバランスで炎だけでなく、水面のような演出も可能です。
5-fire

ライン
回転する線状のカラーバーエフェクト。
色の選択の他に、線幅のみ調整が可能。
6-line

ムービー
素材(ただしJPGやGIF、BMPなどの静止画)を取り込み、表現するエフェクト。
7-movie


これらカラーエフェクトを複数、混在して使用することも可能です。

次回はポジションエフェクトについて紹介します。



cpiblog00465 at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)