SynVisum

2018年09月07日

SynVisum更新報告v3.2.6〜スクロール文字列/エンドロールの速さ機能を拡張。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

最近立て続けにSynVisumが更新されました。

v3.2.6
「エンドロール」(アニメーション)の「速さ」設定範囲を拡大。
v3.2.5
「スクロール文字列」(アニメーション)の「速さ」設定範囲を拡大。


まず、mac最新OSバージョン「10.13」以降をお使いの方に連絡です。
SynVisumの移動する文字列アニメーションエフェクト(スクロール文字列やエンドロール)を使うと、文字(フォント)によって筋が入ってしまう場合があります。
SynVisumの最新バージョンで修正されていますので、v3.2.6へ更新してください。

また、最新バージョンではスクロール文字列やエンドロールの移動スピードが変更されました。
これまでの移動スピードは最大で「2」でしたが、



最新バージョンでは、最大で「10」まで調整可能です。
速さを「10」にすると、眼にも止まらぬスピードです!!!



このスクロール文字列の使い方に関して、ユーザ様から問い合わせがありました。
SynVisumのシーンメモリ機能を使って、スクロール文字列を使用する際、たとえば、

シーン1:フェードイン
シーン2:フェードアウト

といった場合、以下の画像のようにスクロール文字列がはじめに戻った状態でフェードアウトすることがあります。



これは、シーン2の「行」の項目に「0」が入力されているためです。
ですので「0」を消去し、「ブランク(空白)」の状態にすれば、スクロール文字が流れたままフェードアウトします。

1



Kuwatec SynVisum
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-synvisum


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《オータムセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月04日

googobo WEBカタログ活用術(4)〜スマホからも利用できます!

おはようございます、S姉です。

googobo WEBカタログ/ googoboHR WEBカタログの「googobo WEBカタログ活用術」第4回目です。
今回からは、WEBカタログをより便利にご利用いただけるちょっとした小技たちを紹介します。

WEBカタログのヘビーユーザ様でしたら既にご存知かとは思いますが、googobo/googoboHR WEBカタログはスマートフォンからもご利用いただけます(iPhone/Androidどちらでも使えます)。
スマートフォンはパソコンよりも画面サイズが小さいので、パソコンとは見え方や操作感が異なります。
1画面に表示されるGOBOの枚数もこんなに違うのです!

1

ゴングホームページのTOPページ(http://gonginternational.jp)を開き、右上のメニューボタン("三"のマーク)をタップします。
するとメニューが表示されますので、"googoboHR WEBカタログ"あるいは"googobo WEBカタログ"をタップするとWEBカタログにアクセスできます。

2

GOBOの検索機能もスマートフォンからでも問題なく動作します!
カテゴリ、タグ検索も思いのままです。

3

外出時やパソコンの近くにいない時でも、手軽にgoogobo/googoboHRを検索できる!
ぜひお持ちのスマートフォンからもWEBカタログを開いてみてください。

次回、引き続きWEBカタログ活用情報をお知らせします。
ご期待ください!

googoboHR WEBカタログ
http://gonginternational.jp/archives/googobo_hr
googobo WEBカタログ
http://gonginternational.jp/archives/googobo_ss


SynVisum更新。

2018/9/3
v3.2.6
macOS 10.13 で、「エンドロール」(アニメーション)の不具合を修正。
「エンドロール」(アニメーション)の「速さ」設定範囲を拡大。



《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《オータムセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年08月29日

ウシオMR16球「JDR100V100WLM/GX」販売終了のお知らせ & SynVisum更新報告。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

舞台照明用途にPAR16をお使いの御客様に、非常に心苦しいお知らせですが・・・。

GONG PAR16用にお使い頂けるバイポストGX5.3口金のMR16球、

・USHIO JDR100V100WLM/GX

が、生産/販売数量の大幅な減少につき、販売終了となりました。
急で申し訳ありませんが、現在の在庫が完売次第、廃番になります。

1

PAR16をご検討される場合は、「GX5.3」口金ではなく、ネジ込み式「E11」の、

・GONG PAR-Neo-16SB E11(ブラック)
・GONG PAR-Neo-16SP E11(シルバー)

をご検討ください。

2

すでにお持ちのGX5.3口金のPAR16は、別途料金にてE11口金へ交換することもできますので、お気軽にご相談ください。

3

E11用のランプは、30Wから最大70Wまであり、ビームアングルはナロー、ミディアム、ワイドの3種類からお選びいただけます。

4

ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上ます。


SynVisumにて、不具合修正とスクロール文字列の動作スピード設定が変更されました。

2018/8/28
v3.2.5
macOS 10.13 で、「文字」、「スクロール文字列」(アニメーション)の不具合を修正。
「スクロール文字列」(アニメーション)の「速さ」設定範囲を拡大。



《展示会出展のお知らせ》

いよいよ明日、開幕です!!!
SIGN & DISPLAY SHOW 2018
会期:2018年8月30日(木)31日(金)9月1日(土) 午前10時〜午後5時
会場:東京ビッグサイト 西展示棟 西2ホール
弊社小間番号:62
https://www.tokobi.or.jp/sds2018/
banner01

出展予定製品;
・オーダーメイドゴボ:googobo & googoboHR
・ゴボプロジェクタ derksen Phos

もともとは舞台照明演出のひとつである「ゴボ」。
昨今では舞台を飛び出して、店舗、オフィス、公共施設などでの、「看板」「広告」「注意喚起」「ナビゲート」手法のひとつとして注目されています。
弊社では創業以来、ゴボ関連製品を手掛けており、特にオーダーメイドゴボに関しては、日本一のノウハウ、スキルを保持していると自負しております。
それをもってして、“SIGN & DISPLAY”業界の皆さまに、より「ゴボ」を知っていただこうと、はじめてこの展示会に出展いたします。

無料招待券ございますので、ご入り用の方はメールでお申し付けください!
gong01@gonginternational.jp


《サマーセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《サマーセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 09:38|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月19日

このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版〜第1回「桜」のGOBO。

浪花亭馬彦です。

以前掲載しておりました連載企画「このGOBO、どのように見えるだろうか?」を、このたび不定期連載ながら復活することになりました!

その名も「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」です。
使ったことのないGOBOをいきなり買うのはちょっと・・・という方のために、ライティングシミュレータ「PrefLight」を使って、どんなふうにGOBOが表現されるか、視覚的に分かりやすくお伝えする、というものです。

というわけでスタートです!!!
最近、やっと春らしくなってきましたので、
「このGOBO、どのように見えるだろうか?復刻版」の第1回は、に関するGOBOをいくつか取り上げたいと思います。

googoboの桜GOBOの中でも人気の「googobo 21301 SAKURA」。
桜の花びらがいくつも見えるポピュラーなデザインです。

1

舞台面、ホリ全体に照射した画像がこちら。
ビームを出しながら舞台空間全体に桜が咲き誇る、という体です。

2

続いて「22700 SAKURA 12」。
少しデフォルメされた感のある花弁が複数描かれたネタです。

3

舞台面の陰影が良い雰囲気を醸し出していると思うのですが、いかがでしょうか。

4

先ほどのあかりのホリに出ている桜ネタだけを「22025-SAKURA-08」に変えてみます。
花びらが1枚ずつ散っている風のデザインです。

5

22700よりせつない感が出ました。

6

22027 SAKURA 09」と月GOBOの「u1017-gs」で夜桜を。
22027は、枝の先端と桜がデザインがされているものです。

7

u1017-gsは、googoboオーダーメイドガラスHRでリアルな満月のものです。

8

ホリ狙いで使用した感じ。
店舗内装や廊下、外壁等にもそのままお使いいただけるかと思います。

9

ちなみに、今回のPrefLight上での仕込みはソースフォー8台とローホリです。

10

いかがでしょうか?
googoboの「桜」系GOBOは、その他にも様々なデザインが準備されているのでプランの幅も広がるかと思います。
「桜」系GOBOはカタログ内の「430 SAKURA」に多数掲載されています。
googoboにはその他にも数多くのデザインが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

googoboカタログ第17版Web版
http://gonginternational.jp/wp-content/uploads/c21c5521badd42f77bb257021d51dcfb-3.pdf
googoboカタログ第17版以後のデザイン
http://gonginternational.jp/wp-content/uploads/151001-00N-NEW1-13-1.pdf
googoboカタログ内既製デザインGOBO
http://gonginternational.jp/archives/product/gong-googobo-catalog


SynVisum更新。

2018/3/18
v3.2.2
macOS 10.13 に対応(64bit 版のみ)。



《スプリングセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《スプリングセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html





cpiblog00465 at 08:28|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月23日

SynVisumをコンテンツメーカーとして使う方法〜その2。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

SynVisumをコンテンツメーカーとして使用する方法、第二弾は、
・素材を合成する
を紹介します。

素材の合成・・・ですが、これはレイヤとレイヤを合成する・ミックスする、というのももちろんですが、今回は複数の動画素材を、異なる配置で並べるというものです。
手元操作と出力画面、といった複数の素材を同じ時間軸に並べて表示させる方法です。
映像編集アプリケーションや映像ミキサーであれば簡単ですが、お手頃価格のSynVisumでも、それは可能です。

まず複数の動画素材を用意しましょう。
例えばArKaos。
ArKaos MediaMasterでは、キーボード画面での操作が可能です。
今回は、シンプルに
・画面のキャプチャ動画

・キーボード操作画面

を別々に用意しました。
画面キャプチャ動画を画角内の左側へ、キーボード操作画面を画角内の右側へ、配置してみます。

まず、この二つの動画素材をSynVisumに取り込みます。

1

レイヤのサムネイル上でクリックし、その他のフィルターの中の「場所」を選択します。
エフェクトとして追加されます。

2

「幅」「高」を1.000から0.500に変更(縮小)します。

3

「横」を0.000から-0.500に変更します。

4

もう一つの素材に対しても同様に「場所」エフェクトを用いて、「幅」「高」を0.000から0.500に変更し、「横」を今度は「0.500」にします。
これで二つのレイヤが左右に配置されました。

5

最後に、これらをシーンに記録して、再生します。
これで完成です。

6

さぁ、一つのコンテンツとして記録しましょう。
メニューバー[ファイル]→[動画に記録]を選択します。
「動画に記録」をクリックした時点で収録が始まります。

7

動画記録を終了するには、
メニューバー[ファイル]→[記録停止]を選択します。

8

完成したコンテンツがこちら。



この機能を使うと、画面キャプチャしつつ操作の状態を動画でおさめることができます。
ほかにも、異なる角度やズームインとズームアウトといったマルチアングルの動画素材や、定点カメラとドローンカメラを一つの素材にしたりできます。
また、今回は左右に2画面にしましたが、サイズの拡縮もできるので、メイン画面と複数のサブ画面を自由に配置し「ピクチャーインピクチャー効果」のコンテンツにする、といった使い方も可能です。

Kuwatec SynVisum
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-synvisum


《サマーセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《サマーセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月17日

SynVisumをコンテンツメーカーとして使う方法〜その1。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

コンパクトデジタルカメラやスマートフォンのカメラ機能を使って、誰でも簡単に静止画・動画撮影できるようになりました。きっと、夏休みの思い出写真が、皆さまのデジカメやスマホにたくさん入っていることでしょう。

記録した素材を、編集するためのアプリケーションソフトウェアが、Mac/Windowsどちらにもありますが、いろいろな機能がついているのは良いことですが、少々難しく感じるかもしれません。
そこで、今回はSynVisumを、コンテンツメーカーとして使う方法を紹介します。

・素材を回転させる

素材の回転・・・言葉で書くと簡単なんですが、ムービー編集ソフトウェアだと意外と面倒だったりします。
そこでSynVisumを使ってみましょう。

まず素材をご用意ください。
デジカメやスマートフォンで撮影するときに、横長の画角で撮るべきところを、縦長で撮影しまった、ということがあると思います。
そんな時はSynVisum

まずは分かりやすい例として、文字列を割り当ててみました。
横書きの「ゴング」です。

m1

ここで、レイヤのサムネイル上でクリックします。

m2

その他のフィルターの中の「回転」を選択すると、エフェクトとして追加されます。

m3

m4

パラメータ内の「Z角度」に注目してください。
「0.00」の項目に「90」を入力すると素材が反時計回りに90度回転します。

m5

カメラを縦向きに撮影した場合でも、

m6

画角内におさまります。
静止画素材も動画素材もどちらでもOKです。

m7

さらにこの「回転」エフェクトには
ポジションの調整機能があります。
「横」は左右方向の微調整、「縦」は上下方向の微調整を行います。
また、「大きさ」で素材のサイズを調整するとともに、トリミングのような使い方もできます。
先ほどの素材の中心部分にズームして、左右のブランク部分をなくしました。
m8

このように、SynVisumを使うと、出力素材を確認しながらリアルタイムで調整ができるのが特徴です。

Kuwatec SynVisum
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-synvisum


《サマーセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《サマーセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月30日

バータイプLED「LED VISION PIPE」をSynVisumで演出してみました!

浪花亭馬彦です。

今回は弊社で以前販売していたバータイプLED、「LED VISION PIPE」をたくさん用意してSynVisumで演出したものを紹介します。
LED VISION PIPE」はRGBを個別にDMX制御できるLEDデバイスです。
1本を最大16分割し、RGB3色、DMX48ch制御という仕様です(最初の1本目は内蔵エフェクト用チャンネルですので合計で49ch使用します)。

1

SynVisumはエフェクトパターンジェネレータとして、プロジェクタへの映像出力はもちろんですが、EtherMX/Ex8などAretNet-DMXコンバータを介して、DMX対応LEDデバイスにDMX出力することができます。

Kuwatec SynVisum
http://gonginternational.jp/archives/product/kuwatec-synvisum

それではLED VISION PIPEを計16本使用して、写真のように三角形が繋がったような幾何学的な配置にしてみます。

2

SynVisumのDMX画像配置の画面でも同様のセッティングを行います。

3

DMX画像配置の設定に関してはに関しては過去の「基本から学ぶ!SynVisumワークショップ」の第47回以降をご参照下さい。
基本から学ぶ!SynVisumワークショップ第47回〜DMX画像出力:その1
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2016-05-10.html

今回の使用例の各機器の接続を簡単に書くと、

PC(SynVisum)
↓イーサネットケーブル
EtherMX
↓↓5PinDMXケーブル
LEDチューブx16本(8本で1ユニバース)
となります。

Cue1は「グラデーション」のアニメーションを使用してパープル系のフェードイン。
べた塗りのパープルの色ですが、

4

LED VISION PIPEにするとこのように。

5

Cue2は「縞」のアニメーションのフェーダをあげて「グラデーション」に重ね合わせます。

6

7

Cue3は「グラデーション」だけアウトしてRGBの「縞」を表示。

8

9

Cue4は「散乱」のアニメーションでフラッシュして、

10

11

Cue5でフェードアウトします。

12

13

と上記の一連のキューを流してみたのが次の動画です(動画撮影時は少しフリッカーが出てしまいます)。



このような配置の場合、一般的なDMXコンソールで流れるようなエフェクト演出はかなり難しいと思いますが、DMX画像配置を使用したSynVisumのマッピング出力では、機材の置き方に関わらずシームレスなエフェクトができます。

明日に続きます。
気になるお値段は・・・ご期待ください!


《スプリングセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《スプリングセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月29日

ライティングフェアレポート〜その7:SynVisum。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

ライティングフェアレポート第七弾は「SynVisum」です。

1

2

今回の展示会では、DIAheartをメインに取り扱いました。
このDIAheartを紹介するショートムービーを、SynVisumで作成しています。
DIAheartの静止画像を使い、キャプションを随時入力し、エフェクトを多用したシーケンスです。



このような膨大なシーンを作成しました。

3



SynVisumの最新バージョンでは「後続も」機能が追加され、時間設定の変更が簡単になっています。

2017/3/15
v3.2.1
「後続も」機能を追加。


4

「後続も」機能
任意のシーケンスの開始時間を変更する場合、後続もにチェックを入れていると後に続くシーケンスの時間も同時に変更される機能。
特に、進行順が決まっているシーケンスの修正に便利です。

今回のSynVisumでは補助画面(プロジェクタ)にフルスクリーン出力しています。
出力にはHDMIケーブルを使用し、プロジェクタのHDMI入力と接続します。
ここまでは、よくある、一般的な接続方法ですが、今回の展示会ではもう一つ新たな取り組みを試しました。

SynVisum
↓(HDMIケーブル)
HDMIエクステンダーHDT(送信機)
↓(イーサネットケーブル)
GBSスイッチングハブ 1U
↓(イーサネットケーブル)
HDMIエクステンダーHDR(受信機)
↓(HDMIケーブル)
プロジェクタ

HDMIエクステンダーHDT(送信機)を使って、映像信号をイーサネットに変換し、

5

VLAN機能を使ってグループ分けしたGBSスイッチングハブのポート6/ポート7を経由し、

6

HDMIエクステンダーHDR(受信機)でHDMIケーブルに戻してプロジェクタに映像出力しています。
もちろん、映像の遅延やカクツキなどもありません。

このように、HDMIエクステンダーを使うと、通常長く伸ばすことができないHDMIケーブルでも、イーサネットに変換してさらに伸ばすことができます(最大100m程)。
また、今回使用したHDMIエクステンダーはTCP/IPに変換しているので、スイッチングハブを経由することもできる、という特徴があります。

次回へ続きます。


DIArec更新。

2017/3/28
v0.1.6
再生機能制限の解除で、更新された EtherMX、Ex8 に対応。


DoctorMX更新。

2017/3/28
v4.4.0
「Art-Net」機能の送信機能制限解除で、更新された EtherMX、Ex8 に対応。



《スプリングセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《スプリングセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月16日

ライティングフェアレポート〜その3:ヴァーティカルチューブ。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

ライティングフェア展示会レポート、第三弾です。

今回のライティングフェアではDIAheartのボタンを押すことで、

(MP3)
映像(ArKaos StageServer)
照明(DEL LED)
電飾(MADRIXとヴァーティカルチューブ)

を一括で制御するシステムを提案しました。

01

今回は「電飾」の部分をクローズアップします。

02

まず、事前にMADRIX上でエフェクトパターンを作成し、

.ューブ状(スケルトン)
10本の氷柱状(ハーフミラー)


の2種類の、形状と仕様の異なるヴァーティカルチューブを用意しました。

.ューブ状

500mm長のヴァーティカルチューブを、5x5の全25本配置しています。
ヴァーティカルチューブ(500mm長)1本は8ドット並びます。
ですので、この場合、5x5x8=200ドットになります。
1ドット(RGB)はDMX3chで制御するので、全部で200x3ch=DMX600chとなり、2ユニバース制御となります。
スケルトン仕様のヴァーティカルチューブはLEDの発光が眩しく、まさしく光のオブジェとしてお使い頂けます。

03

04

05

10本の氷柱状

1000mm長のヴァーティカルチューブを横に10本並べました。
ヴァーティカルチューブ(1000mm長)1本は16ドットですので、10本x16ドットx3ch=DMX480ch制御(1ユニバース)となります。
ハーフミラー仕様のヴァーティカルチューブは、発光しない状態ですと金属のバータイプオブジェとしても有効です。
LEDが発光すると、隣接するヴァーティカルチューブに反射するという特徴もあります。

06

07

08

´△領省で3ユニバースで制御します。
MADRIX上では、サイズの異なる2種類を1つのマトリクスに見立て、6層レイヤにしてパッチしました。

09

10

こうすることで、同じエフェクトパターンを異なる形状に送出できます。
この方法で、様々なLEDオブジェクトをパッチすることができます。

出力はArtNetで、ArtNet-DMXノードにはEtherMX(全4ポート)を使用しました。

11

このEtherMXの4ポートのうちのポート1とポート2出力を.ューブ状に使用し、ポート3出力を10本の氷柱状(ハーフミラー)にしました。
さらに、あまったポート4は「入力」とし、MADRIXソフトウェアが実際に動くWindowsコンピュータをスタンバイします。

12

このコンピュータでは、1ユニバース出力用の「MADRIX NEO」をインタフェイスとして使用しています。

13

次回へ続きます。


SynVisum更新。

2017/3/15
v3.2.1
「後続も」機能を追加。



《スプリングセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《スプリングセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html




cpiblog00465 at 08:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月14日

ArKaosMediaMasterバージョン5のキャプション機能の紹介〜その2。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

ArKaos MediaMasterの最新バージョン5で新たに搭載された、新機能の「Lyric Player(キャプション機能)」で日本語に対応しました。
このキャプション機能では、これまでの「文字列を表記する」だけでなく、文字列(文章)を変更することも可能です。
これがキャプション機能の強みと言えます。

メニューバー[Edit]→[TextManagement]
を選択して、「TextManagementウインドウ」を起動します。

1

サンプルとして、
000:日本語
001:ゴングインターナショナル
と入力してありますが、
その次の002に注目してください。

2

文字列入力欄の右に、

3

があります。このうちの「...」をクリックすると、ファイル選択画面に切り替わります。

4

さっそくテスト用テキストファイル「テスト.txt」を作成・保存して、

5

選択します。

6

それではTextManagementウインドウを終了して、ArKaosの画面に戻ります。
任意のレイヤで、先ほど作成したテスト.txtを選択します。

7

メモに
入力します
複数行で
表示されるかを検証します

と改行を入れて作成すると、第一行目の「メモに」だけが表示されます。
レイヤの一番下、インテンシティフェーダの右側に
Next、Previous、Resetの3つのボタンが表示されます。

8

Nextを押すたびに、

9

10

11

というように「入力します」「複数行で」「表示されるかを検証します」
と順送りで文字列が切り替わります。
Previousを押すたびに、戻ります。
Resetを押すと、一番初めの文字列(ここでは「メモに」)に戻ります。

このNext、Previous、Resetの3つのボタンは、外部制御も可能です。
DMXやMIDI、キーボードに割り当てることで、例えば楽曲の歌詞に合わせてキャプションを制御することも可能です。

ArKaos MediaMasterバージョン5は、3月開催のライティングフェア2017でも展示しますので、実機に触れるチャンスです。
皆様のご来場をお待ちしております↓
http://gonginternational.jp/archives/12304

ArKaos MediaMaster Pro
http://gonginternational.jp/archives/product/arkaos-mediamaster-pro
ArKaos MediaMaster Express
http://gonginternational.jp/archives/product/arkaos-mediamaster-express


SynVisum更新。

2017/2/13
v3.2.0
macOS 32bit 版の不具合を修正。



〜『ライティングフェア』に出展します!〜

日時:2017年3月7日(火)〜10日(金) 10:00〜17:00(最終日は16:30まで)
場所:東京ビックサイト
弊社ブース:西ホール LF2047
詳細、事前登録は↓
https://messe.nikkei.co.jp/lf/
17bannerLF_234_60



《ウインターセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加