インテリジェントマシン

2013年06月28日

カラースクローラの明日はどっちだ?

gongです。

日本代理店各社様からリリースがあって、すでにご存知の皆様も多いでしょう。
カラースクローラにおいて、世界のトップシェアを誇り(おそらく)、カラースクローラの代名詞ともいえるWybron社が、今月末をもって業務を終了するそうです。
今月末、ということは要するに本日、ということですね。
http://www.wybron.com/

"COLORMASTER Pro-8"と"CS-16"の2機種のカラースクローラを販売している弊社にとって、目標とする大いなるライバル(Wybronさんはそんなこと確実に思ってないでしょうが)を失い、ユーザーの皆様とはまた別の意味でショックを受けております。

力石徹を失った矢吹丈の気分です。
池袋の街でウルフ金石と再会しそうです。
ゴロマキ権藤とか出てきそうです。

Wybronさんほどの会社が行き詰るくらいですから、弊社の"COLORMASTER Pro-8""CS-16"も、いまは「売れてます!」とは言いがたい状況です。
理由はカンタンで、ステージでも充分な光量をもつカラーミックスタイプのLEDスポットが普及したから。

ですが、逆に、例えば弊社で取り扱っているもので言えば"FREZNO ZE2"のような白色LEDのみを光源とするフレネルスポットや、"ECLIPSE600"のような、同じく白色LEDを光源とする凸レンズスポットなど、がいろんなメーカーから発売され、少なからず売れてきている、という事実があります。

それら白色LED光源のスポットでカラーチェンジが必要な場合どうする?
そこでカラースクローラが再度注目される日が来るのでは?と期待しているのです、私は。
しかも熱負担が少ない分、ファンレスでイケたりして。

カルロスに出会って、再起したジョーのように。

さて。
弊社では以前より、ご要望があればWybron社のカラーロールも作成しております。
ロール作成でお困りの方は、ぜひご相談ください。
その際は恐縮ですが、すべての機種の寸法表を把握しているわけではないので、そのあたりの情報のご提供をお願いすることもございます。
特にWybronさんは一時期、日本向けの特注品とかも作ってたようですし。
また、カラーフィルタはもちろん、ジョイント用のテープ、Coloramで使用されるセンサ用テープ(これはWybronで使用されているものと全く同じものではありませんが)も取り扱っております。

もし今後、新規にカラースクローラのご購入をお考えの皆様、節操なくてすいませんが、"COLORMASTER Pro-8"と"CS-16"をよろしくお願いいたしますね。

GONG COLORMASTER Pro-8
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00022
CM8

電装工芸 CS-16
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00197
CS16



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

GONGプライベート展示会『Oak Valley 2013』

昨年から本年にかけて取り扱いを開始した“GONGならではの”“GONGにしかない”製品を中心に展示し、実機を直接触って頂ける展示会となります。
最終日7/12(金)は15時から、今話題の映像演出技法の一つ「プロジェクション・マッピング」について、ArKaos MediaMaster Proを用いて実際に投影を行なうワークショップを開催します。
展示会、ワークショップとも、どなたでも無料でご来場いただけます。ご予約なども必要ありません。
皆様お誘い合わせの上、たくさんのご来場を心よりお待ちしております。

【日程】
7月10日(水)15:00〜19:00
7月11日(木)15:00〜19:00
7月12日(金)15:00〜19:00 *15:00〜17:00はワークショップとなります。

【会場】
東京都江東区森下4-16-5
パークサイドハイツ1F GONG倉庫内(GONG事務所から徒歩30秒です)
Googleマップはコチラ→http://goo.gl/maps/A6esq

【展示予定製品】
GM-15LED マトリクスバー
GM-44LED マトリクス
GT-915IP 5in1ウォッシュ
ArKaosシリーズ
Alkalite PIXシリーズ
DoctorMXPrefLightSynVisum
googobo & GOBOプロジェクタ各種(PAR16LED GOBOプロジェクタGRS LEDderksen・他)





cpiblog00465 at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年07月21日

遠隔シュート用ツール「Easy@Iraz」

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

今回紹介するEasy@Irazは、PARライトやソースフォーなどを専用アームに交換するだけで使用可能なリモートコントロールシュート用ツールです。

e@i_par2

株式会社ミュラコーポレーション様が開発され、自社の現場での使用を経て、このたび販売もはじめられました。
先日ミュラの担当者様にデモ機を見せていただきながらお話し、弊社でも取扱品目のひとつとして販売することになりました。

遠隔制御するには専用のリモートコントローラを用います。電池式です。

e@i_remocon


1.リモートコントローラから出力されるレーザポインタでシュートしたいアームを照射します。
2.照射位置を確認したらリモートコントローラの“○”ボタンを押します。アーム側受光部が指定色に点灯します。
3.リモートコントローラの上下左右ボタンにより、灯体がパン/チルト動作します。

という手順で簡単に設定できるのが特徴です。

シュート用電源は調光回路からランプ用電源といっしょに取れるので、別回路をわざわざ用意する必要ありません(特注で別回路仕様に変更も可)。
専用リモートコントローラは、上記2.の設定が完了すると、どの方向に向いていても、数十メートル離れた場所でも操作することが可能です。
また専用リモートコントローラは最大で10台まで同時に使用可能です(10人までの照明スタッフが、すべてのEasy@Irazを操作できる、ということ)。
動作スピードについては二段階になります。コントローラの方向ボタンを1秒以上押し続けると移動速度が速くなり、軽くボタンを押すことで微細な角度調整が可能です。
設定が終わればその位置情報を保持しますので、次の灯体に向けて1.から3.の動作を繰り返します。
Easy@Irazの電源を入り切りしても、シュート位置は変わりません(イニシャライズ動作はしません)。終演後電源を落とし、翌朝劇場に入っても、同じ位置で待っています。
駆動部には、ソースフォー程度の重量物タイプがギア仕様、比較的軽量なPARライトにはベルト仕様が用いられています。
※本製品で耐えうる重量の限界がソースフォー程度(約7.5kg)とお考え下さい。

ソースフォー用:ギア仕様Easy@Iraz


PAR64用:ベルト仕様Easy@Iraz


遠隔操作によってシュートする、というシンプルな製品ですが、このEasy@Irazを使うと、シュート作業に手間が掛かる高所設置分でも遠隔操作できたり、10人の照明スタッフが同時にシュート作業ができる、という利点があります。仕込時間の短縮や作業効率、安全性の向上につながります。

価格(税別)は以下の通り、たいへんお求め安い金額です。

リモートコントローラ〜定価85000円
ソースフォー用(ギア仕様/重量物タイプ)〜定価78000円
PAR64用(ベルト仕様/軽量物タイプ)〜定価45000円

※台数によりディスカウントいたします。
※上記金額には、灯体本体への取り付け加工費は含まれません。
※PAR64の灯体のアーム形状によっては、金額が増減します。

PAR64・ソースフォー以外の灯体用のEasy@Irazも見積もりいたします。
その際は、ご希望の灯体をお送りいただき、拝見して検討させていただきます。
(灯体によっては取り付けが不可能な場合もあります)



《Antari&Lite-Puter製品2011サマーセール中!》

Antariこちら

Lite-Puterこちら


《ワケあり激安電球シリーズ!》

第1弾〜PAR球〜完売御礼。
第2弾〜ソース・フォー575W球〜完売御礼。

第3弾〜PS球
ボーダー等で使用される、E26口金のフロストタイプのナス球。
¥100/本(税別)
RDS
PS100V200WF ×残10本

第4弾〜JD100V100W/E〜完売御礼。

・いずれも送料別途にて。
・佐川急便eコレクト(代引)でお送りします。金額に応じて別途代引手数料を頂戴します。




cpiblog00465 at 09:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月10日

カラースクローラ"CS-16"&パワーサプライ"AP-150"。

gongです。

茨城県産カラースクローラ"CS-16"。弊社HPに、詳細がUpされました。
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00197

cs16

震災の影響で、ヨッシーさんの本職(照明やさん)のほうがヒマになったスキを利用して、ただいま量産体制に入っていただいております。
今現在の弊社在庫が10台。今月末には、さらに24台仕上がる予定です。

パワーサプライ"AP-150"のほうも、余分に入荷予定です。
"AP-150"は、CS-16以外の用途、例えば"GONG GOBOMASTER IndexA"や、他社さんのスクローラ&インデックスGOBOローテイタとかでも使えますので、単体で売れるのでは?と目論んでおります。

ap150


"CS-16"も"AP-150"も定価六万円也!
もちろんさらにディスカウントいたします。
カラーロール・信号線・コンテナBOXを含めてお見積もりいたしますので、お申し付けください!





cpiblog00465 at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月06日

PR Design150 Pro を特価にて!

gongです。

発売以来ご好評いただいております PR Design150 Pro が、台数限定で、よりお求め安い価格になりましたので、ご案内します。
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00030

design150pro


PR Design150 Pro

・CYMカラーミックスによる多彩な色彩表現
・メカニカルディマー+ストロボ
・DMX 7ch制御
・使用電球:CDM-SA/T150W/940 7000h
・屋外仕様(IP65)

この手の屋外用カラーチェンジスポットはLEDで、というのが常識になってはおりますが、あえて今この製品をオススメしたい理由は、同クラスのLED機器には表現不可能な色彩と、光のノビ、演色性です。
消費電力も200Wと、LED並み(なんかヘンな言い方だけど)です。

気になる金額は、定価¥260,000.-をなんと‥‥

¥73,500.-(税込)

にて!
しかも電球付!

いかがでしょう?
お問い合わせはこちらまで。
gong01@gonginternational.jp

150y


150c






cpiblog00465 at 08:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年06月07日

日本製カラースクローラ『CS-16』正式リリース!

gongです。

100607


以前より何度かご紹介しておりました日本製カラースクローラ(産地表示:水戸)『CS-16』の初回ロット×24台が、ようやく先週入荷し、そしてすべてご予約をいただいていた照明会社さんに納品されました。
ありがとうございます。
納品前に製品チェックを兼ねてズラっと並べて動かしてみました。カナリいいかんじです。



製作者のヨッシーさんは、CMS Editor のプログラマとしてもおなじみの方です。弊社としてもCMS Editorに引き続き、このCS-16に関しても販売のお手伝いをしてまいります。
一年以上にわたるヨッシーさんのご苦労と製作秘話は、こちらのブログでごらんいただけます。現在全112話にわたる感動の超大作です。ジックリとお読みください。
http://www.densokogei.jp/diarypro/diary.cgi?field=16


さて、いよいよ広く販売していくわけですが、なんせヨッシーさんがお一人で製造している、という現状でして、今のところ;

ご注文受付
→納期の打ち合わせ(数ヶ月お待ちいただく可能性あり)
→出来た順に納品

といった長めのスパンでの対応になってしまいそうです、当分は。
なるべくスムースに流通できるよう、今後GONGでもある程度の在庫は保持していきたいと思ってますが。

またデモ機的なものも現状ない状態です。これはなるべく早くご用意するようにします。

さて気になる金額ですが、あえて当分はオープンプライスとさせてください。
・CS-16×台数
・パワーサプライ×台数
・4P信号線/長さ×本数
を弊社までお知らせいただければ、別途お見積もりいたします。
まぁ、安いですわ。




cpiblog00465 at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月11日

Oak Valley 2009報告〜電装工芸様、MagicQ、Right-Arm。

d35544dc.JPGご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

内覧会「Oak Valley 2009」レポート第四弾、今回は「電装工芸様製品、MagicQシステム、Right-Arm」です。

電装工芸様ブースでは、「CmsEditor」をはじめ、今回の内覧会にギリギリ間に合った新製品をご紹介します。

まずCOMOS編集ソフトウェアCmsEditor」。
「COMOSデータを自前のパソコンで編集したい」というのが開発に至った理由とのことです。こちらはすでに3年ほど前から弊社にて販売のお手伝いをしており、ヒット商品となっております。
Cms Editor

そして今回の目玉、カラースクローラ「CS-16」&パワーサプライ「AP-4」(画像参照)。
左側のカラースクローラは重量1470グラムという軽量スクローラ。デモ機は現在もGONG事務所にありますので、見逃した方は実機をご覧下さい。

IGBT調光器「PD-115」
IGBTを利用した、15Ax1回路のDMX制御な小型調光ユニット。ケーブル含め600グラムと超軽量。
電装工芸様のホームページに「PD-115」関連情報が掲載されています。
IGBT

それ以外にも、安定器内蔵型メタハラランプ「U-ONE」用アーム(屋外使用可)や、インカム用簡易パワーサプライなど、実際の現場で「欲しいなぁ」「あったらいいなぁ」を具体化・製品化する電装工芸様です。
まだ他にも開発途中のものがあるそうですので今後も楽しみです。

代わって、イギリスChamSys社製コンソール「MagicQ」。本年5月の「ArKaos MediaMasterワークショップ」でもご協力頂いた株式会社PRGアジア様に、再度機材提供頂きました。オペレータには舞台照明家の藤巻聡様。有難うございました。
今回は、「MagicQ」と「ArKaos MediaMaster」をArt-Net接続(MSEX)し、サムネイル表示を再現、さらに3Dビジュアライザ「CapturePoler」も同じArt-Net(MSEX)ネットワークに繋ぎ、シミュレータソフト上で「ArKaos」の出力映像を視覚化しました。詳細は当ブログ9/14の記事を参照下さい。
さらに今回の「MagicQ」では「ArKaos」以外の別メディアサーバを接続し、複数の映像出力システムを1台のコンソールで同時制御するという試みにも成功しています。



そして、こちらはApollo社「Right Arm」。株式会社伊東洋行様よりお借受しました。



スポットライト、プロジェクタなどを取付けることで、ムービング機能を持たせることができる機材です。
モード設定により、動作範囲の拡縮が可能ですので、取り付ける機材を選びません。今回は据置設置型のLEDスポット「SL-1033」を取り付けて、“OakValley2009”のオリジナルGOBOを投影しました。DMX制御ももちろん可能ですが、ここではTESTモードでスタンドアローン仕様にしております。




cpiblog00465 at 08:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年04月15日

ストロボST-1250DMX&ST-300のご紹介。

518a7548.gifご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

今回ご紹介するのは、新製品のストロボです。
「ST-1250DMX」
「ST-300」
「SF-34CX」

の3種類。
ST-1250DMX」は1250Wと強力な光量のDMX対応ストロボです。本体だけでもインテンシティとスピードコントロールが可能。毎秒1-18回までストロボスピードを調節できます。定価42,000円。
同シリーズの「ST-300」は300Wタイプ。「1250DMX」と同様毎秒1-18回まで調節できます。「1250DMX」に比べ小振りですが、明るさをキープしつつ小・中規模の会場にも設置が可能です。定価34,000円。
「ST-300」の性能を引き出すコントローラが「SF-34CX」です。別売フォンケーブルで最大16台まで接続でき、音に反応させたり、マニュアルトリガを受けたり、明滅パターンを選択できるのがこの簡易コントローラの特長です。定価20,000円。
今回、弊社ホームページにも各アイテムをアップしました。
DMX対応の「ST-1250DMX」、簡易コントローラとセットで用途の広がる「ST-300」&「SF-34CX」を宜しくお願いします。


【HP更新】

トップページのおすすめ&人気商品を一部更新。

インテリジェントマシン>ストロボ
に「ST-300」、「SF-34CX」を追加。

インテリジェントマシン>ムービングライト&ミラースキャン>Coef MP150
に製品カタログを追加。


※現在おこなっている特価セールはこちら
http://www.gonginternational.jp/free.php?eid=00001




cpiblog00465 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加