基本から学ぶ!DoctorMXワークショップ

2011年07月11日

DoctorMXワークショップ〜基本から学ぶDoctorMX 第一回〜ごあいさつ〜

浪花亭馬彦です。

GONG新入りの私・浪花亭馬彦が、表題にありますとおり「DoctorMXワークショップ〜基本から学ぶDoctorMX」を、今回より週1回のペース連載してまいります。

私自身、DoctorMXを勉強を始めたばかりです。
その中で気づいたこと感じたことなどをご紹介しながら、DoctorMXビギナーの皆さんと一緒に、DoctorMXマスターを目指していこうという企画です。
また、現在照明業界でよく使われているDMXコンソールやPCベースコンソールと比較しながら、「DoctorMX」の特徴をお伝えしていこうとも思います。
そして、このワークショップによって、より多くの方々に「DoctorMX」をお使いいただければ幸いです。

今このブログをご覧頂いているDoctorMXヘビーユーザの方々にとっては、すでに知っている内容が多く出てくると思います。申し訳ありません。
その際は是非、このDoctorMXワークショップをDoctorMXビギナーの方にご紹介下さい!


それでは、今回はDoctorMXの特徴を私の目線で挙げてみます

1.コンパクトで置き場所を選ばない。
PCとインタフェイスBOXを置くスペースさえあれば十分です。データ作りだけならノートPCで電車の中でもできます。

2.WinとMacでデータを共有。
例えば、会社のWindowsで作ったデータを自宅のMacで修正する、ということもできます。両方のOSに対応しているコンソールは他のPCベースコンソールにはなかなかないと思います。

3.画面のカスタマイズが自由自在。
DoctorMXは各機能が独立したウインドウで開くことができるので、一般のDMXコンソールよりもより自由度の高い画面レイアウトが可能です。
チェック用や本番用など目的別に必要なウィンドウだけ表示することができます。
doc_capture1

doc_capture2


4.日本の会社が開発している。
海外製品だとバグや改善要求などに時間がかかりがちですが、ユーザーのニーズへの対応が日本製(クワテックさん)ということで早いです。
オンラインマニュアルやソフトウェア自体も基本的に日本語で著されています。

他にも色々ありますが、次回以降のブログで機能面を紹介しながら書いていこうと思います。

今、このブログをご覧になってる方でDoctorMXを触ったことがない、という方は一度ソフトウェアのダウンロードをしていただいて触ってみてください。
ソフトウェアのダウンロードだけなら無料で、インストールしてすぐデータを作ることが可能です。
http://www.kuwatec.co.jp/index.html

ソフトウェアを触っていただくだけでもDoctorMXの魅力をおわかりいただけると思います。
もしその魅力に気づいていただいて、実際にDoctorMXを本番で使ってみたい、という方は、ぜひインタフェイスBOXのご購入をご検討いただければ、と思います。
doc_interfacebox





cpiblog00465 at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加