U(ユー)

2012年10月02日

製品レポート「U」。その6〜入力。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

コンセプト版のDMX統合制御アプリケーション「U(ユー)」の4種類あるシーンの機能に関して、最後に紹介するのが「入力」です。

kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

入力は、「U」の内部で制御するのではなく、外部信号によるパラメータの制御を可能にする機能です。
今回の紹介では、LED灯具のR/G/B制御を主軸にお伝えしますが、ディマーだけを外部コントロールする、といった使い方にも適しています。

この入力を紹介するにあたって、前回の間接で使用したホリRGBを利用し、さらに台数を4台へと増やしてみます。U、PrefLightの双方を設定し終わると下のようなイメージになります。

1

シーン機能「入力」の設定方法は非常に簡単です。
「U」コンソールのメニューバー[シーン]→[シーンを追加]→[入力]
をクリックします。
コンソール右側のシーンリストに入力のシーンが作成されます。

2

次に、作成したばかりのシーン“入力”をダブルクリックして、シーン設定ウィンドウを起動します。

3

この状態で、コンソール左側の装置リストから、任意のパラメータ部を選択し、反転させます。外部入力信号からの制御を受け付けるものを指定する訳ですが、たとえば今回の例の場合は、4台のホリゾントLEDのR/G/B3色を個別に制御するので、画像のように選択します。

4

選択しただけの状態では、DMXアドレスが割り振られていませんので、各パラメータを任意のチャンネルに変更します。

5

これで、この4台は“入力”が選択されている場合に限り、外部信号(DMX1〜12ch)によって制御することが可能になります。

早速、外部信号を使用して動作検証してみます。
今回はDoctorMXのシーンメモリを使って、簡易的なシーンシーケンスを作成しました。その内容はR→G→Bとループを繰り返すシーンで、単純に1ch(R)、2ch(G)、3ch(B)が順に、4秒間隔で0-255レベルへ増減するというものです。このシーンの作成についてはDMX1から3chしか使用しません。

「U」とDoctorMXのリンクにOSCを使用するので、まず「U」のポート1をOSCに割り当てます。
「U」コンソールのメニューバー[ウィンドウ]→[DMX接続...]
をクリックします。
DMX接続設定ウィンドウが起動しますので、ポート1のプルダウンメニューから、OSCを選択します。

6

ポートは「51003」に指定され、アドレスが「/dmx」になっていることを確認します。
次のDoctorMXでの設定です。
「DoctorMX」流れ図のメニューバー[ウィンドウ]→[機能を追加]→[OSC]
をクリックし、動作を「送信」、DMX出力を「ミックス」、UDPポートを「51003」、OSCアドレスを「/dmx」の設定にします。これらが合致すれば動作します。

7

早速、「U」の入力機能を使ってみます。



ご覧のように下手側の1台がR/G/Bカラーサイクルし始めます。

さらにここで、「U」の設定ウィンドウで、DMXチャンネルを変更してみます。
全灯体のRをDMX1ch、Gを2、Bを3とします。すると先ほどのデータで全台が同じ動作を開始します。



さて、これまで紹介した「U」のシーン機能は「静態」「継起」「間接」「入力」、それぞれに特徴的な機能を持っています。
静態は静的なシーンを作成するのに適しています。最もシンプルな機能です。
継起はシーンを連続して再生する、シーケンスの機能を備えています。
間接は複数のパラメータを設定する際に便利な機能になります。
そして今回の入力は「U」のパラメータを外部信号によって制御する際に使用します。

このように「U」の場合、シーンメモリの方法によって再生方法に違いがあり、これらを上手に組み合わせることで、より自由度の高いデータ作成が可能になります。




cpiblog00465 at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月27日

製品レポート「U」。その5〜間接を使ったシーンシーケンス。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

コンセプト版のDMX統合制御アプリケーション「U(ユー)」のシーン作成に関して、今回は「間接」の説明の後半となります。

kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

前回レポートでは、間接の概要と、設定の最も初期段階を順を追って説明しました。

9/24 製品レポート「U」。その4〜間接。
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52292695.html

今回は、前回の設定を使用して、ローホリの色を変化させるシーンシーケンスを組んでいきます。

前回、「R」「G」「B」という“設定”を3種類、前もって作成しておきました。これは2台のローホリのうち、下手側を使って作成した設定です。この設定をパレット的に使えるのが“間接”の機能です。

今回は、「赤all」「緑all」「青all」という3個のシーンを作成します。
「U」コンソールのメニューバー[シーン]→[シーンを追加]→[間接]
をクリックし、名称に「赤all」と入力します。

1

「赤all」シーンをダブルクリックします。
現れたシーン設定ウィンドウ内に、前回作成しておいた「R」「G」「B」という“設定”があることを確認します。

2

最初に設定「R」を使用して、ローホリ全体を赤く染めます。設定「R」を選択し、左側の適用一覧へドラッグ&ドロップします。

3

適用一覧に表示された「R CycLight」を選択します。
さらにコンソールの下手側ホリRGBの、RやG、Bの項目をクリックすると、R/G/B値が赤く反転し、選択されたことが分かります。同じ動作を上手側に行い、ローホリ全体が赤く染まることを確認します。

4

仮に、装置への適用を解除するには、各装置のR/G/B項目を再度クリックすることで、赤反転が通常色へ戻り、解除されます。

今は「赤all」というシーンでしたが、「緑all」「青all」でも同じ方法でシーンを作成していきます。
これでシーン自体の作成は完了です。

次に、シーン実行器を用いて、シーン再生の方法を決定していきます。
「U」コンソールのメニューバー[シーン]→[実行器を追加]
をクリックします。シーン実行器ウィンドウが起動します。

5

コンソールで作成した3つの間接シーンをドラッグ&ドロップします。

6

これで、シーンのスタンバイができました。実行ボタンを押下することで、シーンを再生することができます。
使用感そのものは、「静態」と同様にシーンを作成して再生していくというシンプルなものです。違いは、シーンを作成する前段階に“設定”を作成しておき、任意の設定を任意の機種に適用させる、ということです。今回のレポートでは2台の灯体で設定を適用させていましたが、複数の灯体の場合には、この「間接」を利用する方が効率的となります。





10台限定特価セール GONG GOBOMASTER Index"A" 税別¥78,500.-〜明日まで!

※DMX対応パワーサプライ(1台用)付属。
googoboカタログからお好きなデザインを2枚をもれなくプレゼントします!
※googoboは下記サイトのPDFカタログからお選び下さい。
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00203
※9月末日までの期間限定、台数限定価格となります。
※予定数量に到達次第、終了となります。
※送料別途。
※お代引き(佐川急便eコレクト)もしくはご入金確認後出荷となります。代引手数料、振込手数料別途。

ご注文はこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp


googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!〜明日まで!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html




cpiblog00465 at 07:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月24日

製品レポート「U」。その4〜間接。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

コンセプト版のDMX統合制御アプリケーション「U(ユー)」の特徴をお伝えするレポートの続きです。
kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

前回までの3回のレポートを読んでもらえれば、シーンの作成とシーンシーケンスの組み方がお分かり頂けると思います。

製品レポート「U」。その1〜基本的な設定とOSC出力まで。
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52280427.html
製品レポート「U」。その2〜シーンを作成する。
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52281557.html
製品レポート「U」。その3〜継起を使ってシーンを連続再生する。
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52282054.html

シーンの作成時に使用した機能は、「静態」と「継起」でした。
静態は、静的なシーンを記憶する際に使用します。その静態を連続して再生するのが継起となり、シーケンスを組むことが可能になります。
今回は3種類目の機能「間接」を確認していきます。

まず「間接」を説明していく為に、復習をかねてセッティングから始めていきます。
「U」を起動し、初期画面のメニューバーから[ファイル]→[新規]を選択します。コンソールが起動します。

1

次に、今回の間接の説明に使用する装置として“ホリRGB”を選択します。上手・下手に1台ずつ配置します。DMXスタートアドレスを1系統目の1chと4chとし、個別に制御するものとします。
コンソールのメニューバー[装置]→[汎用]→[ホリ]→[ホリRGB]

2

「U」の出力をPrefLightで視覚化します。「U」とPrefLight間はOSCを使用しますのでOSC接続を設定します。
コンソールのメニューバー[ウインドウ]→[OSC出力を使用...]
UDPポートに「51002」を入力し、「使用」をクリックします。

3

今度はPrefLight上に「ホリRGB」を上下に配置します。
設計ウィンドウのメニューバー[装置]→[汎用]→[ホリ]→[ホリRGB]
を選択し、まずは2台分を表示させます。

4

適当な位置に移動させますので、以下のように入力します。
縦:0.5、奥行き:-4.7、仰角:84、電力:20、径:0.50、横広がり:90、集中:2.00、間隔:0.12、灯数:30
を上下共通で入力します。
さらに、下手側には横:-2.0と設定します。
上手側は横:2.0、チャンネル:1-4と設定します。この状態で、以下のように表示されることを確認してください。

5

最後に「U」と連動させる為に、OSCによる接続を行います。
設計ウィンドウのメニューバー[ウインドウ]→[DMX接続...]
最上段のプルダウンメニューから「OSC」を選択し、アドレスには「/dmx1」と入力します。

6

これでセッティング完了です。

早速、間接シーンを作ってみます。
「U」コンソールのメニューバー[シーン]→[シーンを追加]→[間接]
をクリックします。適当な名称として「赤」とします。このシーン「赤」をダブルクリックし、シーン設定ウインドウを起動します。起動した「赤(間接)」設定ウインドウの左側が適用一覧、右側が設定一覧となります。

7

設定一覧はパレットのように、特定の機種の、特定の設定を記憶していきます。
適用一覧は、記憶された設定一覧から任意に組み合わせてシーンを構成していきます。

ここでは、単純に下手側の灯体を赤、緑、青の3色にする設定一覧を作成してみます。
設定一覧の上部にある「+」ボタンをクリックします。

8

設定名を「R」と入力し、下手側のホリRGBを選択、Rをフル出力にします。その状態で、設定項目のR/G/Bをそれぞれ選択し、赤く反転させます。

9

この状態で設定一覧に「R」が記憶されました。同様に「G」「B」という設定を記憶します。
3つの設定を作成したところで、動作確認してみます。



次回へ続きます。



10台限定特価セール GONG GOBOMASTER Index"A" 税別¥78,500.-

※DMX対応パワーサプライ(1台用)付属。
googoboカタログからお好きなデザインを2枚をもれなくプレゼントします!
※googoboは下記サイトのPDFカタログからお選び下さい。
http://www.gonginternational.jp/product/detail.php?eid=00203
※9月末日までの期間限定、台数限定価格となります。
※予定数量に到達次第、終了となります。
※送料別途。
※お代引き(佐川急便eコレクト)もしくはご入金確認後出荷となります。代引手数料、振込手数料別途。

ご注文はこちらまで↓
gong01@gonginternational.jp


googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!〜今月末まで!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html






cpiblog00465 at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月16日

基本から学ぶ!DoctorMXワークショップ 第83回〜機種別コントローラ その3。&"U(ユー)"コンセプト版更新。

浪花亭馬彦です。

夏季休業が終了いたしました。
本日よりまたよろしくお願いいたします。

前回のDoctorMXワークショップでは、機種別コントローラを使って5台のTourZ CAM を個別に制御するところまでみました。

今回はその続きをみていきます。

機種によって機能が異なるので、ウィンドウに表示されるパラメータもそれぞれ異なるのですが、共通しているパラメータにBaseがあります。

Baseは各スポットのスタートアドレスを表示しているもので、装置を追加した際に自動的に使用するアドレス分だけずらして割り振られます。

kisyu831

この状態ではアドレスを変更することができますが、データ打ち込みの際に誤って上書きしてしまう恐れがあります。
それを防ぐ方法として表示を切り替えることができます。BaseをクリックするとUnitという表示に切り替わります。
Unitの表示に切り替えるとBaseの数値の若い順に1、2、3…と表示が変わり、数値の変更もできなくなります。
スタートアドレスが決定したらUnit表示に切り替えておくと、Baseを間違えて変更してしまう、といった打ち込みのミスを防ぐことができます。

kisyu832

それでは、メニューバーにある項目の説明をしていきます。

選択範囲
…これまでに度々登場してきていますが、追加(登録)をすることで複数台のスポットを同時に選択できるようになります。
画像ではUnit1と5のスポットが選択されています(それぞれ反転表示で強調されています)。Unit1または5のスポットのパラメータのレベルを変更すると、選択したスポットのレベルが連動して変更されます。

kisyu833

全装置を選択
…ウィンドウ内のスポットを全て選択します。全て選択した状態でどれか1つのスポットのパラメータを変更すると、他のスポットも連動して変更されます。

kisyu834

装置変更
…Base順でない場合、数字の若い順に並び替えます。

装置を追加(複製)
…使用するTourZ CAMを追加(複製)することになります。他の機種を追加する場合は流れ図のウィンドウから機能を追加を選択します。

シーンモード
…TourZ CAMを使ってシーンを作成していきます。

kisyu835

MIDI
…MIDIに対応した機材を繋げて、鍵盤などに各パラメータを割り当てることができます。

次回に続きます。



夏休み中に"U(ユー)"コンセプト版に更新がありました。

2012/8/14
v0.0.1
シーン実行器の混合動作を修正。
Windows 版の操作性を改善。
ゴボやシャッターなどの不連続制御値の選択機能を追加。
DMX 入出力に対応。




googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html





cpiblog00465 at 08:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月27日

製品レポート「U」。その3〜継起を使ってシーンを連続再生する。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

コンセプト版のDMX統合制御アプリケーション「U」(ユー)ですが、前回までの製品レポートでシーンの作成と選択実行までお伝えしました。

kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

今回は、前回作成した複数のシーンを組み合わせて簡単なシーンの連続再生を試してみます。

前回までの例題と同じく、PrefLight上で4台のPARライトを下手からDMXアドレス1ch(赤)、2ch(緑)、3ch(青)、4ch(白)と振ります。
そして、前回作成した
1.赤
2.緑
3.青
4.白
のシーンを連続再生していきます。

まずコンソールウィンドウの右側シーンリストに連続再生したいシーンが登録されていることを確認し、新たに連続再生用のシーンを作成します。
メニューバー[シーン]→[シーンを追加]→[継起]
を選択します。

console1

シーンリスト最下段に、これまで作成した「静態」ではなく、「継起」のシーンが追加されます。

console2

この「継起」は、複数のシーンを「ステップ」として連続実行する機能を持ちます。シーンリストに追加された継起シーンに、ここでは「シーケンス」と名称をつけてダブルクリックします。
すると、「シーン設定ウィンドウ」が起動します。

scene(seq)

この新たに起動した「シーン設定ウィンドウ」の右側に設定可能な複数のシーンが一覧で並んでいます。
該当するものを左側のステップ一覧へ移動し、ステップリストを作成していきます。
今回は、簡易作成なので画像のようにシーンを一括で丸ごとステップ化します。
1秒刻みでチェイスさせていくので、左の遅延欄に「1.0」を入力します。
(最上段の「赤」シーンは最初のステップなので、遅延は「0.0」のままです)

これで、継起シーン「シーケンス」の作成が完了しました。
次に、このシーン「シーケンス」を動作させる為のトリガ機能を用意します。
「シーン実行器」がそれにあたります。

jikkouki1

メニューバー[シーン]→[実行器を追加]
をクリックして、シーン実行器ウィンドウを起動します。

jikkouki2

このシーン実行器は、作成したシーンを並べてトリガするための機能です。操作性はDoctorMXのキューシートに近いと思います。
シーン実行器ウィンドウに任意のシーンをドラッグ&ドロップします。



リスト化されたシーンの左側のボタンを押下することで、作成したシーン、および連続するシーンを再生することができます。




googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html




cpiblog00465 at 08:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月24日

製品レポート「U」。その2〜シーンを作成する。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

コンセプト版の「U」、前回の製品レポートで基本設定とOSC出力までを紹介し、ひとまず「U」からの出力がPrefLight上で視覚化されるところまで確認しました。

kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

今回は「U」で簡単なシーンを作成してみます。

前回同様、4台のPARライトを並べています。下手からDMXアドレス1、2、3、4chと振ります。
さらに各灯体の動作を分かりやすくするために、下手から赤、緑、青、白の色に発光するように設定しています。
そして
1.赤
2.緑
3.青
4.白
5.暗転
という5つのシーンを作成することを、今回の目標とします。

前回の「U」コンソール上に配置された4台のPARライトを使って確認出力しましたが、そこからシーンを作成していきます。
メニューバー[シーン]→[シーンを追加]→[静態]
をクリックします。コンソール右側のシーンリストに作成したシーンが表示されます。

u_seitai

受け皿となるシーンを作成したので、内容を編集します。
4台のPARの設定項目「光量」をクリックします。光量の部分が赤色に点灯します。
この状態でDMXレベルを調整します。変更した値は別の項目に移動した時点で登録されます(何度でも変更することができます)。



完成したシーンに名前を入れます。ここでは「赤」とします。
次に、全く同じ操作で「緑」「青」「白」「ブラックアウト」を作成します。仮にどこかで間違えてしまったとしても、後からの修正も効きますので、気にせずシーンを作成していきます。

u_kansei

5個のシーンが完成したら、作成した各シーンを選択してシーン再生していきます。



次回は作成したシーンを使って応用していきます。



googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html




cpiblog00465 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月18日

製品レポート「U」。その1〜基本的な設定とOSC出力まで。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

昨日に引き続き、コンセプト版が公開されたばかりの「U」について、早速製品を触ってみました。
一体どんなことができるのか?初歩的な設定から始めてみます。

kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

まず、ダウンロード、インストール後に起動すると総合ウィンドウが起動します。

u1_0718

総合ウィンドウのメニューバー[ファイル]→[新規]をクリックするとコンソールウィンドウが起動します。

u2_0718

コンソールウィンドウの左側には灯体を割り当てる欄です。まず今回はPARライトを4台展開してみます。
コンソールウィンドウのメニューバー[装置]→[Ushio]→[Ushio PAR64]をクリックします。画面上の表示域を拡大します。

u3_0718

割り当てるだけでDMXアドレス(1系統目の1ch目)が割り振られています。4台を1、2、3、4とそれぞれ異なるDMXチャンネルに設定します。

u4_0718

ここでPrefLightで実際の動きを視覚的に確認してみましょう。
「U」のコンソールウィンドウのメニューバー[ウィンドウ]→[OSC出力を使用]をクリックすると、OSC出力ウィンドウが出現します。UDPポートに「51002」を入力し「使用」をクリックします。

u5_0718

次に「PrefLight」ですが、PARライトの設定/配置に関しては上記「U」の設定方法とほぼ同様ですので割愛します。

u6_0718

次にOSC入力を設定し、「U」との同期を完了させます。
「PrefLight」のメニューバー[ウィンドウ]→[DMX接続]をクリックし、DMX接続ウィンドウを起動します。
1(=1系統目)のところに「OSC」を選択し、アドレスに「/dmx1」を入力します。右側に「動作中」と表示されるのを確認してください。これで「PrefLight」の設定は完了です。

u7_0718

それでは、テスト出力を実行してみます。
「U」のメニューバー[装置]→[確認出力]をクリックします。

u8_0718

この時点で、「U」のコンソールウィンドウ上でPARの光量を変化させると、それに追従してPrefLightの4台のPARライトが、消点灯します。



次回は最も簡単なシーンの作成と再生を紹介します。



googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html



cpiblog00465 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月17日

"U"ってなに?

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

先日コンセプト版発表されたばかりのクワテック株式会社様の(仮)新製品「U(ユー)」について、紹介いたします。

kuwatec U
http://www.kuwatec.co.jp/u/jp/index.html

まず最初に、この「U」とは何なのか?
という根本的な疑問を解決するため、「U」を開発中のクワテックの桑原さんに、インタビュー形式でお話を伺いました。
皆様ご存じでしょうが、桑原さんはDoctorMXやSynVisum、PrefLightなど様々なアプリケーションを開発されてきた方です。

(カルーセル彦)
「U」のマニュアルを一読し、アプリケーションを初めて動作した際に感じたのはDoctorMXのキューシート構成、PrefLightのコンソール仕様に近い印象でした。本質的にはDMXによる舞台照明装置の制御を念頭に置いていることから、「U」とは既存のDoctorMXの機能拡張もしくは発展系なのでしょうか?

(桑原さん)
基本的には、これまでDoctorMXのユーザから頂いた演出に使用する際の不便な点、および対応不可能な点を、根本的に改善することを目的として開発しました。
そのため、既存の機能の拡張/発展系ではありません。
ただし、部分的に再利用している箇所もあります。
たとえば「実行器」の「時間制御」は、「DoctorMXキューシート」のコントロール部と同様であり、「装置定義」はPrefLightと共通化しています。

u1

(カルーセル彦)
それでは、具体的なDoctorMXとの機能差、相違点を具体的に教えてください。

(桑原さん)
・「制御対象」の概念。
u2

・いわゆる「パレット」のような使用法が可能。いくつかの「制御対象」だけで構成された1つのシーンデータを、複数個所で実行できる。
・「線(系統/ユニバース)」を横断的に使用できる。ひとつの「コンソールウィンドウ」に全体が集約されている。
u3

・装置のモード変更を、チャンネルの変化を意識せずに行える。
・シーン名などを、動作に影響なく、いつでも変更できる。DoctorMXキューシートは、各機能のシーン名で識別しているので、あとから変更できない。
・「シーン」による操作方法や動作の統一(=習得しやすさ)の向上。

(カルーセル彦)
現状はOSCによる、他アプリケーションとの連動が用意されているが、それ以外の今後の拡張性はどうなるのでしょうか?

(桑原さん)
DoctorMXやPrefLightと「U」との連動については「OSC」を使用することで可能でしょう。
またローカルDMX接続についてはDoctorMXインタフェイスBOXの使用を想定しています。

u4



上記のように「U」は、DoctorMXユーザの意見を汲み取りながら、DoctorMXプラットフォームから抜け出した、照明演出の統合制御アプリケーションと言えるようです。
従来のDoctorMXが苦手な部分を補完し、得意な部分をより洗練させた「U」。
次回からは「U」を実際に触ってみて、順にレポートしていきます。



googobo一周年記念キャンペーン"googoboをタダであげちゃうぜェ〜ワイルドだろぅ?"実施中!
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52277603.html



cpiblog00465 at 08:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)