MADRIX

2018年11月09日

MADRIXでDVI出力を試してみよう〜その9。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

MADRIXDVI出力(映像信号出力)についての連載ブログ、第9回です。

1

前回のブログでは、DVI出力とDMX出力へ、それぞれ異なるエフェクトパターンを出力する方法をお伝えしました。
さらに踏み込んで、今度は、同時にDVIとDMXへ出力する方法を解説します。

解説の前に、まずMADRIXの仕様構成をおさらいします。

まず、MADRIXのエフェクトパターンは、この場所に複数スタンバイすることができます。
この四角いボタンを押すことで、登録したエフェクトパターンを出力します。
これを「プレイス」と呼びます。

2

前回は各プレイスのMap機能を使って、出力先の範囲を左側に寄せたり、右側に寄せることでDVI出力とDMX出力を区別していました。
例えば、プレイス1はDVI出力、

3

プレイス2はDMX出力、となります。

4

Map機能を使わないプレイス3の場合は、DVI出力とDMX出力を同時に出力することができます。

5

これで、同時出力自体は可能ですが、この場合は、連続するエフェクトパターンを横100x縦50の画角に出力しています。
つまり、DVIには左側50x50部分を、DMXには右側50x50部分を出す、という状態です。

6

それでは、DVIにもDMXにも、エフェクトパターンを同時に、そして全く同じエフェクトパターンをミラーリング出力するにはどうすればよいでしょうか?
ここで使うのは、前回のMap機能と、新たに「Layer(レイヤー)」機能です。
Layerを使うと、一つのプレイスに複数のエフェクトパターンをレイヤリングする(重ねる)ことができます。

7

プレイス4にLayer機能を使ってみます。
通常のプレイスには一つのLayerが割り当たっています。
初めに、前回同様Map機能を使って、DVIの位置(左半分)に割り当てます。

8

次に、Layerを一つ追加します。
レイヤータブ上で右クリックし、Newを選択します。

9

新しいLayerにもMap機能で、今度はDMXの位置(右半分)を割り当てます。

10

これにより、2つのポジションに、2つのエフェクトパターンを出力することができます。

11

異なるエフェクトパターンでも、

12

同じエフェクトパターンを、ミラーリング出力も、

13

一つのエフェクトパターンを全体にわたって出力も、できるようになりました。

14

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


DoctorMX更新。

2018/11/8
v4.5.0
macOS 版で、音楽プレーヤーとの同期の不具合を修正。


SynVisum更新。

2018/11/7
v3.2.7
macOS 10.14 に対応(64bit 版のみ)。



25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月06日

もっと知りたい!MADRIXハードウェア(5)〜USB ONE

おはようございます、S姉です。

エフェクトジェネレーターソフトのMADRIXの、ハードウェアラインナップ紹介連載の第5回。
今回は、手軽にMADRIXソフトウェアとフィクスチャ/ノード/コンソール間でDMXの入出力を行いたい場合にお奨め!「MADRIX USB ONE」をご紹介します。
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-usbone
1

MADRIX USB ONEは、一方にUSB Type-A(USB 2.0)、
もう片方には DMX 5pin XLRキャノン(メス)を搭載したDMX入出力用ケーブルです。
コンソール等の外部装置からMADRIXソフトウェアへDMX信号を入力
あるいはMADRIXからフィクスチャやノード等へDMXを送信する用途でご利用いただけます。

出力に関しては、DMX512チャンネル(1ユニバース)を出力可能です。
PCを直接フィクスチャに接続して簡単に制御できます。
なおDMX信号の出力には、別途MADRIX KEYが必要となります(最小グレードの MADRIX startがおすすめです!)。

ただし、このUSB ONEは、どちらかと言うと、MADRIXへのDMX入力用に活用いただく機会が多いかもしれません。

MADRIXは、ソフトウェア上のコントローラを操作するだけでなく、外部機器からの信号をトリガーにして、あらかじめ作成しておいたエフェクトを再生することが可能です。
またそれだけでなく、MADRIX 5で新規追加されたエフェクトカテゴリ“TRI Effect”を使うと、外部からの入力信号により、MADRIXエフェクトにリアルタイムで変化をつけられます。
USB ONEは、MADRIX制御用コンソール・コントローラを直接コンピュータに接続でき、配線面でも非常に便利です!

2

DMX IN/OUTどちらにも活用できる USB ONE、少量ですが在庫もございます!
気になった方はお気軽にゴングまでお問い合わせください!

MADRIX USB ONE
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-usbone

25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:16|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月05日

MADRIXでDVI出力を試してみよう〜その8。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

MADRIXDVI出力(映像信号出力)についての連載ブログ、第8回です。

1

前回Patch Editorの設定により、

左側の50x50の領域:DVI出力
右側の50x50の領域:DMX出力

というパッチが完成しました。

2

横100ピクセル、縦50ピクセルの横長の長方形の中に、MADRIXのエフェクトパターンを出力してみます。
この場合、コンテンツはDVIにもDMXにも、どちらにも出力しています。

3

他のエフェクトパターンでも、同じくDVI出力とDMX出力は2つで1つの画面を構成します。

4

それでは、DVIとDMXのそれぞれに異なる出力をするにはどうすれば良いか?
これを解説します。

まずは、エフェクトパターンを、左側あるいは右側のどちらかに出力する方法です。
エフェクトパターンを出力する「プレイス」を選択します。

5

次に、Mapを選択します。

6

Mapは、出力する場所を指定します。
例えば、ここで左50%の画角サイズに縮小すると・・・

7

このように、横100ピクセル×縦50ピクセルの中の左側半分(つまり今回で言えばDVI出力だけに出力されます。

8

当然ながら、Mapの設定値を右側にずらせば、

9

右側半分(今回の場合はDMX出力だけに出力されます。

10

次回に続きます。

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:21|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月30日

もっと知りたい!MADRIXハードウェア(4)〜ORION

おはようございます、S姉です。

エフェクトジェネレーターソフトのMADRIXの、ハードウェアラインナップ紹介連載の第4回。
今回は、2018年夏に発売を開始したばかりの新製品、「MADRIX ORION(オリオン)」をご紹介します!
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-orion

1

MADRIX ORIONは、本連載でこれまで紹介してきた3つのデバイスとは異なり、入力機能の拡張用デバイスです。
主にセンサー系装置からのアナログ入力信号を、デジタル信号であるDMX(ArtNetまたはsACN)に変換し、制御用ソフトウェアや各種ハードウェアへ送信する役割を持っています。

センサーの他、スイッチトリガー装置等をORION本体に直接接続できます。
明るさ、温度、赤外線等のセンサー類との連携を想定されており、インタラクティブなプロジェクトの構築に活躍します!
2ポートの入力ポートから、計8系統の入力信号を受信可能です(スクリューターミナル付属)。

2

RJ45ポートが2つ搭載されており、複数デバイスのデイジーチェーン接続に対応しています。
1台だけの利用も良し、複数台を繋げて大規模プロジェクト向けに活用するも良し!
プロジェクトの規模感を選ばずご利用いただけます。

縦92mm x 横70mm x 高さ45mm、重さ105g。
サイズ感はNEBULA
STELLAと同じです。
もちろんDINレール規格にも対応しています。

3

ORIONは、MADRIXのその他のハードウェアと同じように、MADRIXソフトウェア・デバイスだけでなく、サードパーティ製ソフトウェア・ハードウェアとも連携してお使いいただけます。
MADRIXソフトウェアが動作するPCとは、イーサネットケーブルだけでなく、USBケーブルでも接続が可能です。

昨今、大いに盛り上がりを見せている、体験型アトラクションにもうってつけの本商品。
デモ機も入荷いたしました!
お気軽にゴングまでお問い合わせください!

次回、手軽にDMXを出力したい!そんなニーズを満たす商品をご紹介します。
ご期待ください!

MADRIX ORION
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-orion


PrefLight更新。

2018/10/25
v2.1.5
動画やレーザーの動作を改善。



25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:17|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月29日

MADRIXでDVI出力を試してみよう〜その7。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

MADRIXDVI出力(映像信号出力)についての連載ブログ、第7回です。
前回まで、で「DVI出力」だけを行う設定が完成しました。

1

次に、MADRIX5の特徴でもある、DVI出力とDMX出力を同時に行う方法です。
DVIとDMXの同時出力の設定の場合は、Patch Editorを使用します。
Patch Editorは、
メニューバー[Preferences]→Patch Editor
あるいは
F3(ファンクションキー)
を押します。

2

今回は、わかりやすい例として、
横100ピクセル、縦50ピクセルの横長の長方形を「一つの画面」とし、左側の50x50の領域をDVI出力、右側の50x50をDMXで出力する、というシンプルな構成にしてみます。

3

まず、Patch Editorを起動すると、以前の設定、あるいはデフォルトの設定が残っている場合があるので、今回は全設定をまっさらの状態に戻します。
メニューバー[Select]→Select All
あるいは、
Ctrl+A
を押し、すべてを選択してから、
メニューバー[Edit]→Removed Selected Fixtures
あるいは、
Del
を押します。

4

次に、マトリクスの最大サイズ(今回は「100x50」)を入力します。
メニューバー[Edit]→Matrix Setteings
を選択します。

5

Size Xには100、Size Yには50、Size Zは1、Color Depthは3としてOKボタンを押します。

6

すると、先ほどのPatch Editor画面で、100x50のピクセルがアクティブになります。
やや分かりにくいですが、100x50に該当する部分のグリッドラインが白っぽく変化します。

7


続いてパッチしていきます。
左半分にはDVI出力を割り当てるので、
メニューバー[Edit]→Add Fixtures
を選択します。
ここで重要なのは、ProtcolはDVIを選択すること、サイズはCount X:50、Count Y:50という点です。

8

同じ要領で、半分も設定します。
メニューバー[Edit]→Add Fixtures
を選択し、DMXフィクスチャを割り当てるのでProtcolはDMXを選択します。
サイズはCount X:50、Count Y:50と同じですが、
重要なポイントは、Start Position Xに「51」を入力する、ことです。

9

これにより、右半分のDMXフィクスチャ(50x50)は、左から51ずれた場所からスタートします。

10


次回に続きます。

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月25日

もっと知りたい!MADRIXハードウェア(3)〜LUNA

おはようございます、S姉です。

エフェクトジェネレーターソフトのMADRIXの、ハードウェアラインナップを紹介する連載、第3回目の今回は、ArtNet to DMXノードの「MADRIX LUNA(ルナ)」シリーズを紹介します。
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-luna
1

MADRIX LUNAシリーズは、仮設・常設、どのような規模間のプロジェクトでも活躍する ArtNet/sACN to DMXノードです。
ArtNetの入力信号を受けてDMXに変換します。
ただしMADRIX STELLAとは異なり、DMX OUTポートはXLRコネクタが採用されています。

2

LUNAの注目ポイントは、搭載ポート数の異なる3種類のノードが用意されていることです。
LUNA 4には4個、LUNA 8には8個、そしてLUNA 16には何と16個ものDMX OUTポートが搭載されています!
なおいずれの筐体もラックマウントタイプで、LUNA 4LUNA 81ULUNA 162Uサイズとなっています。

3

MADRIXのその他のハードウェアと同じように、LUNAはMADRIXソフトウェアだけでなく、サードパーティ製ソフトウェア・ハードウェアとも連携してお使いいただけます(汎用的なDMXノードとして活躍します)。

ですが、やはり、1番のお勧めはMADRIXソフトウェアとの連携です!
MADRIXソフトウェアで作成したエフェクトを手軽に出力できます。
また、LUNAの装置の設定変更(IPアドレスの変更等)も、MADRIXソフトウェア上から簡単に行えます。
MADRIXソフトウェアが動作するPCとは、イーサネットケーブルだけでなく、USBケーブルでも接続が可能です。

STELLA同様、DMXの出力にはMADRIX KEY(ライセンス)が別途必要となります。
LUNAにお勧めのKEYは、8ユニバース出力のentry、および32ユニバース出力のbasicです。
大規模プロジェクト向けにLUNA 16複数台設置したい場合には、上位ライセンスのprofessional(128ユニバース出力)やultimate(512ユニバース出力)もお勧めです。

4

XLR5P対応の、ありとあらゆるLEDを接続できるMADRIX LUNA
用途が限定されないため幅広い現場で活躍します!
ご興味のある方は、お気軽にゴングまでお問い合わせください!デモ機もございます!

次回、2018年夏にリリースされたばかりの新ハードウェアをご紹介します。
ご期待ください!

MADRIX LUNA 4/8/16
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-luna


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:13|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月23日

MADRIXでDVI出力を試してみよう〜その6。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

MADRIXDVI出力(映像信号出力)についての連載ブログ、第6回です。

23-1

前回に引き続き、DVI出力の設定項目の後半です。

23-2

Stretch Pixels

これは2D出力している場合に有効な項目です。
ウインドウのサイズに対して、実際のピクセル数で表示されるのを、

23-3

ウインドウの大きさ/形に引き伸ばして表示する機能です。

23-4

Show Status Information

サイズやフレーム数の情報を画面の最上段に表示します。

23-5

Show Clock

コンピュータのクロックを表示します。

23-6

Show Grid

これは2D出力している場合に有効な項目です。
この機能を使用しない場合は、このように滑らかなスクリーンとして表示しますが、

23-7

グリッド機能を使うと、このようにLEDスクリーンと同じような雰囲気で確認することができます。

23-8

Show Pivot Element

3D出力している場合に有効な項目です。
3Dオブジェクトをマウスで移動する際に目安となる、X/Y/Z軸を、赤/緑/青の矢印で表示します。

23-9

Show Background Image

背景に画像を当て込むことができます。

Default View

3D出力している場合に有効な項目です。
2Dと違い、3D出力の場合はマウスクリックで画面上のアングルを調整できます。

23-10

360度あらゆる角度に視点を移動できますが、このDefault Viewでは、26種類のアングルから選択することができます。

23-11

Restore Default View

3D出力している場合に有効な項目です。
これを選択すると、マウスクリックしてアングルを移動する前の状態に戻ります。

Close

External Preview画面を終了します。
フルスクリーン出力している場合などは、このCloseを選択することで出力を停止することができます。

次回に続きます。

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 07:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月18日

もっと知りたい!MADRIXハードウェア(2)〜STELLA

おはようございます、S姉です。

MADRIXの、ハードウェアラインナップを紹介する本連載、第2回です。
今回は、前回紹介したSPI信号出力用デバイス「MADRIX NEBULA」に外見上は良く似ている、DMX出力デバイスの「MADRIX STELLA(ステラ)」をご紹介します。
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-stella

1

MADRIX STELLAは、NEBULAと同じく主に常設プロジェクト向けの利用を想定されています。
ただし出力される信号はDMXです。
ArtNet/sACNの入力信号を受けてDMXに変換します。
縦92mm x 横70mm x 高さ45mm、重さ111g。
DINレール規格対応等、ハード面のスペックはNEBULAと同様です。

2

STELLAの最大の特徴は、2IN/OUTのDMXポートがXLRコネクタ形式ではないことです。
多くのArtNet/sACN to DMX512ノードとは異なり、STELLAにはXLRキャノンを挿すことはできません。
その代わり、装置本体に直接テープLEDやクラスタLED等を結線できるようになっています(スクリューターミナルが付随します)。

3

なお、1台の装置で2DMXユニバースの出力に対応していますが、DMXの出力にはMADRIX KEY(ライセンス)が別途必要となります。
MADRIX startなら、1ライセンスでちょうど2ユニバースを出力可能です。
もちろん、ネットワークスイッチを活用して複数のSTELLAを接続し、大規模プロジェクト向けにマルチユニバースを出力することもできます。
8ユニバース出力のentryや、32ユニバース出力のbasic等、STELLAの設置台数に応じて最適なライセンスをお選びください。

4

STELLAはMADRIXソフトウェアだけでなく、サードパーティ製ソフトウェア・ハードウェアとも連携してお使いいただけます(汎用的なDMXノードとして活躍します)。
もちろん、MADRIXソフトウェアとの連携も非常にお勧めです!
MADRIXソフトウェアが動作するPCとは、イーサネットケーブルだけでなく、USBケーブルでも接続が可能です。

これから本格的にシーズンを迎えるイルミネーションの他、室内インテリア照明等、NEBULA同様常設プロジェクトに最適な MADRIX STELLA
ご興味のある方は、ゴングまでお気軽にお問い合わせください!実機でのデモも可能です。

次回も、まだまだありますMADRIXハードウェアのご紹介を続けます。
ご期待ください!

MADRIX STELLA
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-stella


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq



cpiblog00465 at 08:09|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月17日

MADRIXでDVI出力を試してみよう〜その5。

ご機嫌いかがですか?カルーセル彦です。

MADRIXDVI出力(映像信号出力)についての連載ブログ、第5回です。

1

DVI出力の設定項目をさらに詳しく紹介します。

2

前回は、[External Preview Settings...]ウインドウについて説明しました。

3

今回は、そのExternal Preview Settings...の下に続く、
Lock Position、Keep Always On Top、Move To Next Screen、3D Mode、2D Mode
に関してです。

Lock Position

DVI出力位置を固定します。
ここにチェックを入れると、DVI出力ウインドウはマウスで動かすことができなくなるので、間違って移動してしまう(ずれてしまう)ことが無くなります。
(外部ウィンドウ設定で位置の変更は可能です)

Keep Always On Top

ここにチェックを入れると、他のすべてのウィンドウよりも最前面に表示します。
DVI出力ウインドウと他のウインドウが重なることはありません。
これも誤って、他のアプリケーションを起動させてしまっても重なって表示されることを回避します。

Move To Next Screen

Full Screenを選択している場合に、接続している複数の外部ディスプレイの対して、
Move To Next Screenを選択する、あるいは「Tabキー」を押すたびに、次の外部ディスプレイまたはグラフィックカードの出力ポートに移動します。

3D Mode

DVI出力を3Dオブジェクト風に表示します。

4

2D Mode

DVI出力を平面で表示します。
スタンダードなDVI出力画面です。

5

次回に続きます。

MADRIX 5
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-5


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:11|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月12日

もっと知りたい!MADRIXハードウェア(1)〜NEBULA

おはようございます、S姉です。

MADRIXと言えば、様々なLEDフィクスチャの制御をお手軽に実現し、かつ複雑な演出にも対応できるエフェクトジェネレーターソフトウェアです。
そのMADRIXですが、ソフトウェアとの相性も抜群の各種オリジナルハードウェア製品がラインナップに揃っているのをご存じでしょうか?
本ブログでは今回から数回に分けて、それらMADRIXハードウェアを改めて1つずつご紹介させていただきます。

まず1回目の今回は、今夏に装い新たにパワーアップした、SPI信号出力用デバイス「MADRIX NEBULA(ネビュラ)」を紹介します!
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-nebula

1

MADRIX NEBULAは、主に常設プロジェクト向けの利用を想定された、ArtNet/sACN to SPIノードです。
縦92 x 横70 x 高さ45mm、重さたったの111g。
非常に小型サイズのデバイスです(DINレール規格対応)。

2

NEBULAには2つのRJ45ポートが搭載されています。
ネットワーク上のPCで動作するMADRIXソフトウェア、あるいはコンソール等からArtNetやsACNの入力信号を受け、それをSPI信号へコンバートします。
SPIポートも2つ搭載。
NEBULA本体に、SPI対応のクラスターLEDやテープLEDを直接接続することもできます。
1台のNEBULAから、最大1,360RGBピクセル分の出力が可能です!

3

NEBULAはMADRIXソフトウェアとの連携はもちろんのこと、サードパーティ製ソフトウェア・ハードウェアとも連携してお使いいただけます。
いわゆる「汎用的なSPIノード」として活躍します。
ただし、やはりMADRIXソフトウェアとの相性は抜群で、凝ったエフェクトを簡単にLEDへ出力できます!
MADRIXソフトウェアが動作するPCとの接続には、イーサネットケーブルあるいはUSBケーブルのどちらかをお選びください。

2018年夏にリリースされたリニューアルモデル、いわゆる第2世代NEBULAは、RJ45ポートが2つ搭載されたことにより、複数デバイスのデイジーチェーン接続にも対応しました。
大型プロジェクトへの導入も容易に行えます。
また、複数デバイス間での出力データ同期も可能です。

MADRIXが公式にサポートを行っているLED製品は、2018年夏時点で30種類以上!
サポート機器のリストは製品ページよりご覧ください。
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-nebula

イルミネーションやインテリア照明等、常設プロジェクトに最適なMADRIX NEBULA
ご興味のある方は、ゴングまでお気軽にお問い合わせください!

次回、引き続き既存のMADRIXハードウェアを1つご紹介します。
ご期待ください!

MADRIX NEBULA
http://gonginternational.jp/archives/product/madrix-nebula


25執念

《ゴングインターナショナル創業25“執念”セール!》

詳細はこちら↓
http://gonginternational.jp/archives/brand/25_sale


《オータムセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq




cpiblog00465 at 08:07|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加