S姉のステージネットワーク講座

2017年08月04日

S姉のステージネットワーク講座(1):DMXチャンネル数の増加とArt-Net。

おはようございます、S姉(えすねぇ)です。

6月の弊社主催イベント、および7月の機材展東京にて、「インテリジェントスイッチ GBS」をご紹介するセミナーを開催いたしました。
お忙しい中お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。

本日のブログより、主にご都合がつかずセミナーにご参加いただけなかった方に向けて、GBSセミナーの内容を少しずつ振り返る連載をスタートします!
この連載では、セミナーでお話しし切れなかったような細かいネタも取り扱う予定ですので、セミナーを受講いただいた方も再度お楽しみいただけるかと思います。

GBSセミナーの内容について少し前置きをします。
本セミナーは主に照明業界のネットワーク初心者の方をメインターゲットにしておりました。
本連載をお読みいただくことで、「ネットワークは難しい」という先入観が少しでも和らげば何よりです。

それでは早速ですが、「GBSセミナー」の流れに沿って話を進めてまいります。

1

本セミナーは2部構成となっており、第1部のタイトルは「ハブとスイッチについて知ろう」です。
GBSという製品についてお話しする前に、照明業界でネットワーク機器が浸透し始めてきた経緯について、および「ハブ」や「スイッチ」といったネットワーク機器でできることに焦点を当ててまいります。
「GBSセミナー」と謳っていながら、製品についてのお話は少し先になってしまいますが、気長にお付き合いください!

■DMXではチャンネル数が足りない!Art-Netの台頭によるネットワーク化の波

舞台用照明機材は日々進化を続けています。
複雑な制御を実現するため、1台の機材の制御に必要とされるDMXチャンネル数はどんどん増加し、ものによっては100chを超す制御モードが搭載されている製品も珍しくなくなりました。

▼制御チャンネル数が100chを超える製品の例 (EK PRO ChromaPix 55
http://e-spec.co.jp/lights/chromapix-55/
2


DMXケーブル1本で伝送できるチャンネル数は512ch(1ユニバース)です。
チャンネル数を多く消費する照明機材をたくさん設置すると、ノードを介して大量のケーブルを配線しないといけません。
そこでArt-Netが活躍します。
Art-Netはイーサネットケーブルや光ファイバーケーブルでDMX信号を伝送できる通信規格ですが、DMXケーブルよりも一度に大量のチャンネル数を伝送できます。
その数なんと、32,768ユニバース!
チャンネル数に換算すると、約1600万(!)チャンネルに相当します。

3


■イーサネットケーブルの伝送距離をカバーするための装置が「ハブ」

Art-Netは、DMXチャンネル数の増加に対処できる手段である一方で、使用するケーブルによっては伝送距離を稼げない場合があります。
DMXケーブルの理論上の伝送可能距離は400m程度までとされています。
それに対して、イーサネットケーブルの伝送可能距離の理論値は約100mまでとされ、それ以上の長さでは信号が減衰するといわれています。
つまりイーサネットケーブル1本では、DMXケーブルと同じだけの距離へ信号を伝送することができません。

4

Art-Netで、より遠くへ信号を送信したい場合には、長距離伝送に対応した光ファイバーケーブルを使用する選択肢もあります。
あるいは、通信経路上に信号を増幅する装置を配置して、伝送距離を伸ばすことも可能です。
それを実現するのが「ハブ」と呼ばれる装置です。

5

「DMX 512チャンネルで足りないなら Art-Net!」

次回は、「ハブ」の定義や性能について、もう少し掘り下げます。
ご期待ください!


《サマーセール第1弾》

Antari社純正リキッド「FLG-5x4本セット」
定価OPENのところ→セール価格9,200円!(税別)
1本あたり2,300円!数量限定!
製品詳細は↓
http://gonginternational.jp/archives/product/antari-smokeliq

《サマーセール第2弾》

PAR-J-64 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487216.html
PAR-J-56 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487458.html
PAR-J-36 ¥4,200-(税別) 詳細は↓
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/52487559.html





cpiblog00465 at 08:04|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加