DoctorMX 便利な使い方

2020年05月26日

照明家さん発信! このYouTubeライブ配信動画が面白い!

こんにちは、タキ子です。

今回もごんぐ日報番外編です。
先日YouTubeで大変面白くてためになる動画を見つけたので、ご紹介させていただきます。

舞台照明家の岩城保さんが先日ライブ配信されていたこちらの動画です↓
「『Capture』を使って小劇場の照明プランについて考えてみる(前編・後編)」
前編:


後編:


この動画はタイトルの通り、照明プランの考え方についてシミュレーションソフト「Captute」を使用して視覚的にご説明されているものです。
シミュレーションソフトを使用されることで、例えば、タッパ8mの場所から灯体を点灯したときにどう見えるか等、モデルとした劇場では物理的に不可能なことも検証できたり、客席からの視点を、一時的に上空からの視点に切り替えたりと、非常にわかりやすくなっています。
また、後半の方にweb会議ツール「Zoom」を使って視聴者の方の質問にリアルタイムで回答されるなど、ライブ配信動画としても面白く視聴できます。

今回はタッパが低い小劇場において、限られた機材で効果的な明かりを作る方法について、前編は基本的な考え方、後編は実際の公演をモデルに明かりを作るといった手法でご説明されています。
タッパが低い小劇場ってわんさかありますよね。しかもそういう小屋に限って電気容量が少なくて一度に点灯できる灯体が限られる…。
そのような環境下で照明プランをしたことがある人は、動画を見ながら思わず何度も頷いてしまうことでしょう…。
なお、タイトルの通り、この動画は照明プランについて「考えてみる」という内容なので、照明プランについての”レクチャー”というよりも、”こういうやり方もあるよ”という考え方を、ご説明されている動画になっています。(岩城さんも後編の冒頭におっしゃっています。)

この動画、特に、照明を学んでいる学生さんが見ると非常に勉強になるのでは、と思いました。
私タキ子も学生時代サークルで照明プランをやっていましたが、学生時代にこの動画を見ておきたかった…!と強く思いました。
もちろん基本的な地明かり/CL/FR等も大切ですが、お芝居にとっての照明で大事なことって、まずは演者さんの顔や演技がストレスなく見えることだと、私も昔教えられてきたので…。

また、この動画でシミュレーションされた劇場は、ご存じの方も多いであろう、アトリエ春風舎さんをモデルにされています。
完全に余談ですが、タキ子の学生時代話で恐縮ですが、昔こちらに照明オペで小屋入りさせていただいたことがあり、DFのレンズを抜いて明かりを広げたり、T-1を曲吊りしていたなあ…なんてことを思い出しました。

ちなみに、この動画では、Captureの制御にDoctorMXが間接的に使われています。

(物理的な)12chフェーダー卓→(DMX出力)→DoctorMX→(Art-Net出力)→Capture

というように、DMX-Art-Net(USB)への変換用に使われています。
動画では後編の49:02頃にシステムの説明がされています。
唐突の宣伝ですが、DoctorMXはこういう使い方もできますので、ご参考になれば幸いです!

1

また、岩城さんはほかにもYouTubeにライブ配信された動画をUPされておりますので、ぜひご覧になってみてください。
少々複雑な気持ちですが、このコロナ禍だからこそ、今回ご紹介した素敵な動画を見る機会ができたわけです。
こういった”今だからできること”に取り組まれているスタッフさんたちを、ゴングは陰ながら応援しております!

ではまた〜!


P.S.

岩城さんのTwitterによると↓、今週木曜日に次のYouTubeライブ配信を行われるそうです。
https://twitter.com/TamotsuIwaki/status/1264784364707053570
東京デスロックさんの公演「LOVE」で三原色フットスポットをどのようにDoctorMXで制御したかについて、Captureを用いてご紹介されるとのこと。
日時は5/28(木)21:30〜
下記URLよりご覧いただけますので、ご興味のある方はぜひ!
https://youtu.be/NaAI9KOwIOk


《有限会社ゴング・インターナショナル〜新事務所に移転しました!》

新事務所は;

〒135-0004
東京都江東区森下3-20-8 クライム山勢201
TEL.03-5600-7763 FAX.03-5600-7764

*TEL・FAXは従来通りです。

住所録の書き換えをお願いいたします!


《緊急事態宣言中の営業体制について》

↓リンク先をご覧ください。ご協力に感謝いたします。
https://gonginternational.jp/archives/40048




cpiblog00465 at 08:19|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加