DoctorMX 更新報告

2021年05月06日

5月の『月刊ゴング』は、ワイヤレスDMX機器の"City Theatrical Multiverse"シリーズです!

gongです。

今週末までお休みの会社のあるようですが、とりあえず連休も終わりまして。

今月の『月刊ゴング』第115号は、このたび新しく販売を始めた、City Theatrical社のワイヤレスDMX機器"Multiverse"シリーズいろいろ、です。

115-F2rgb

"Multiverse"シリーズの特徴はなんといってもそのバリエーション
シンプルに使いたいならこれ、複雑な構成ならこれ、多ユニバース屋外バッテリー型‥‥‥といったふうに、使用環境やお好みにあわせてセレクトできるとことです。
つい先日カルーセル彦が当ブログにおいて、そのあたりのことも含め、シリーズ各製品の詳細を書いております。
あわせてご覧ください。

バラエティ豊かなワイヤレスDMXシリーズ「City theatrical Multiverse」の紹介。(2021年04月28日)
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00465/archives/2021-04-28.html

ところで。
注目の「ETC SourecFour(ソースフォー)LED"シリーズ3"」ですが、このMultiverseが標準装備されています。オプションじゃないよ!
↓動画の3:33あたりからそれについて触れています。



ETC SourecFour(ソースフォー)LED"シリーズ3"をワイヤレス制御するには、
Multiverse Node
もしくは、
Multiverse Transmitter
が必要、ということになります。

ワイヤレスDMX界で、"ETC & City Theatrical連合軍"の猛進撃がはじまる予感。
乗り込んだ劇場が、どういったワイヤレスDMX環境が多いのか、というのも、機器選びの大きなポイントですよね。
劇場がSourecFour(ソースフォー)LED"シリーズ3"を導入すれば、いきおい、ワイヤレスも"City Theatrical Multiverse"になってしまう、という。
うまいことやらはるわ〜。

"Multiverse"シリーズをはじめ、City Theatrical社各製品のお求めは、"ゴング・インターナショナル オンラインストア"の↓こちらからどうぞ!
https://gongitnl.ocnk.net/product-list/19
ここに掲載されていない製品もお取り寄せ可能です。お気軽にお問い合わせください!
gong01@gonginternational.jp


DoctorMX更新。

2021/5/5
コンソールの「チャンネル動作」設定が、次回起動時に動作に反映されない不具合を修正。



《トッティー チャンネル2.0 [Totti channel2.0]にご注目!》

照明技師でありユーチューバーであるトッティーさんが、
当社取り扱い製品である撮影用照明機器"VIJIM R316 Foldable RGB Video Light"に関して、レビューをしてくださいました。
ぜひご覧ください!




《GOBO(ゴボ)担当スタッフ募集中!》

ご愛顧いただいております"googobo"シリーズの、今後のさらなる発展を目指し、GOBO担当スタッフを増員することにしました!
募集要項はこちら(Indeed)をご覧ください↓



あなたがデザインしたGOBOで、ステージ、ライトアップ、各種イベントをバーンと盛り上げちゃいましょう!


《ゴング・インターナショナル オンラインストア営業中!》

DoctorMXをはじめとするクワテック製品、DMXking配信用照明機器ダボから
「キムタクマスク」でおなじみBLOCHソフトストレッチマスクまで!
ステージ、スタジオ照明で便利かつユニークなアイテムを取り揃えております!
↓バナーをクリック!
onlinestorebanner


〜2021年4月25日の緊急事態宣言を受けての営業体制ついて〜(2021年4月25日記)

↓リンク先をご覧ください。ご協力に感謝いたします。
https://gonginternational.jp/archives/41785




cpiblog00465 at 08:14|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加