地獄谷野猿公苑 ふぃーるどのーと

お猿の温泉でお馴染み、長野県は地獄谷野猿公苑のニホンザルの生活や季節の動植物の話題など、毎日を猿と共にする公苑スタッフの日記です。

おんとの日

7月26日(火)あめ時々くもり

最低気温15℃最高気温23℃
サル来苑時間8:30

良い勢いの雨です。傘をさしても横から雨粒が飛んで、衣服を湿らす程の勢い。自然と、お客さんの姿も少ない日になりました。
苑内でサルたちの様子を見ていると、
「ん?なんか今日のサルたちの様子が違うなあ」と、なんとなく違和感。

IMG_0744IMG_0761IMG_0750IMG_0767










ああそうか。今日はみんな「おんと」しているんだ。「おんと」は方言で、「座る」の意味です。
いつもはサルの誰か誰かが寝転がっている姿を見ますが、今日は転がっているサルを見ません。水たまりが多く出来るほど雨が強いから、寝転がるのが嫌なのかな?

IMG_0754





1オス、トグラ95。男の背中といった雰囲気で、格好いい。「おんと」して周りを見渡しているのかと思いきや、目を瞑って寝ていました。

IMG_0748





最近よく訪れるカモシカも、お気に入りのポイントで子供と「おんと」




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

夏休み

7月23日(土)晴れ

最低気温13℃最高気温25℃
サル来苑時間8:30

県内の学校の夏休みは来週くらいからですが、学校が夏休みに入った地域の方は多いのではないでしょうか。林間学校や、お子さんが夏休みといった雰囲気の家族の方が増えました。

IMG_20160723_112122[1]





黄色の学校帽が鮮やか。ボスはどれ?産まれたばかりの赤ちゃんはどんな感じ?サルのオスメスの見分け方は?興味をもったことをいっぱい聞いてくれます。いい思い出を作ってほしいですね。

IMG_0729





カモシカが川原まで降り、川の中ほどまで渡ってきました。かなり近くで観察できた方もいました。距離をとって観察してくださいましたので、カモシカも落ち着いて行動ができました。
多くの人が集まり、人だかりが出来ると進行方向を妨げてカモシカにとってストレスになってしまいます。カモシカの様子がおかしいようなら、いる場所からさらに離れて観察してあげましょう。

IMG_0717





夏休み。サルにもありませんが(笑)



営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

7月20日(水)晴れ

最低気温14℃最高気温24℃
サル来苑時間8:30

日差しが強く、夏日です。しかし、吹く風が梅雨のじめついた風ではなく、さらりとした風です。東海地方まで梅雨明けし、甲信越での梅雨明けの発表はまだですがそれも近いことを感じさせる日でした。本格的な夏です。

IMG_0699





メスの1トックリ00。どういう理由かはっきりしませんが、頭のサイドの毛が抜けてしまい、いわゆる「モヒカン」のヘアスタイルに。オス顔負けの肝っ玉お母さんの性格に似あったファンキーなヘアスタイルでしたが、毛の生え変わりのシーズンで抜けていた部分に毛が生えてきました。赤ちゃんがお母さんのトサカをいじる様が可愛らしい。

IMG_0712





じゃれあいながらお互いの足を噛む。トックリ00は去年、トラブルによって他のサルの赤ちゃんを育てる事になりました。いわば養子です。この噛み合っているサルはトックリ00の2歳の子♀と、1歳の養子の子♂。トックリは去年も出産しているので1歳の実子♀もいますが、2歳のお姉さんは実の妹よりも養子の弟と遊んでいる姿が多い。顔を見ていると、トックリの子供同士は似ていますが、養子はトックリ系の顔とは違います。事情を知っている人間側から見ると、面白い光景です。無邪気に遊ぶ子供たちやそれを育てる母親には関係のないことですが。




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

毛づくろい

7月15日(金)あめ時々くもり

最低気温15℃最高気温20℃
サル来苑時間8:30

深夜から雨がふり、朝方まで降り続けました。激しい雨音がする強い勢いの雨。僕が公苑に着く頃に雨の勢いは弱まりましたが、止む気配はなし。湿っぽい中のサル探しに、足取りがやや重くなりましたが、公苑を出発前にサルの鳴き声。サルたちの方から、早くに来てくれました。
今年は梅雨に入っても雨が少ない状況でしたが、久しぶりに長時間降り続ける雨です。全国的に大雨の地域も多いようで、特に降水量が多い地域の方はお気を付けください。

IMG_0682IMG_0683IMG_0684IMG_0685











毛づくろい。拡大してアップで見ていても何をとっているか見えません。探す→掴む→食べるという行動を確かに行っていますが、肉眼では何をやっているかほとんど分かりません。
よくノミをとっていると言われたり、所説色々言われますが、実際は「サルジラミ」と言われるシラミでニホンザルにのみ寄生するシラミです。

グルーミング





サルたちの一日の行動の多くは、この毛づくろいを行っています。
群れの中心にいるサルたち=強い家系のサルたちは、頻繁にお互いの毛づくろいをしているので寄生されていることは少ないようです。




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

恐る恐る

7月12日(火)はれ

最低気温13℃最高気温27℃
サル来苑時間8:30

今日も開苑時間前に登場。遠いポイントに行くことも少なくなり、遠くまで行っても朝早くから公苑に向かって動いているようで、遅刻することがなくなってきました。これでしばらくは大丈夫でしょうか?
日差しが強く、鳴くセミの声が大きくなってきました。帽子や日傘が役に立っています。

IMG_0640





川の中に浮かぶ岩の上から恐る恐る手を探り入れています。川は「流れ」があり、危険を感じるせいか川の中に入って遊ぶという姿は少ないです。まいたエサが風で舞い、川に入り、流れの緩やかな所にエサが留まっているようで、拾っては口に運んでいます。

IMG_0583IMG_0586





仰向けになって。ヒトが歩く、すぐ道の脇でこんな姿を見せてくれています。歩くスピードを緩めて、こういったところに目を向けるとかわいらしい姿が見れるのですが。「温泉」が目的になってしまうと、どうしても温泉に意識がいってしまい見逃してしまう光景です。

IMG_0569





花を食べる。おいしいのでしょうか?




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

カモシカ

7月9日(土)雨

最低気温15℃最高気温18℃
サル来苑時間9:00

最近のサル来苑状況
8日(金)8:30

このところ安定した状態ですが、念のため山へ入りました。近間のポイントにいなかったので、さらに奥に入っていきましたが、しばらくするとサルたちが公苑に来たという報告を聞きました。どうやら途中ですれ違ったようです。

IMG_0558





今日は一日雨。空気が少しひんやりして寒くもありますが、じめっとした蒸し暑さが時々あったり、着ているものを脱いだり着たりを繰り返すような日。
サルたちの毛は、濡れると「クセ」が強く出ます。見慣れた顔つきのサルも、ちょっと雰囲気が変わります。

IMG_0563





先日、山の中で子供を連れていたカモシカが、公苑にも子供を連れてやってくるようになりました。
運が良ければ、可愛らしい姿を見ることができるかもしれません。



営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

七夕

7月7日(木) 晴れ

最低気温16℃最高気温27℃
サル来苑時間9:30

最近のサル来苑状況
4日(月)9:30
5日(火)8:30
6日(水)8:30

サルの動きが安定しています。今日はやや遅めの登場でした。

IMG_0483





暑いです。動くのがだるいのか、横になって眠っている姿が目立ちます。作業をしていたスタッフが一時休憩をしていると、道具の柄を枕に眠っていました。眠る光景にも様々な姿があります。

IMG_0491





お母さんのお腹から、毛づくろいの様子を観察。少しずつ覚えていきます。




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

7月突入

7月3日(日)くもり時々はれ

最低気温16℃最高気温25℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
1日(金)9:00
2日(土)8:30

ここ数日は順調に公苑に来てくれてます。今日も開苑時間には公苑に登場してくれました。
7月に突入です。ついこないだ年明けをした感覚ですが、今年ももう折り返してしまったのですね。早く感じます。

IMG_20160703_081231[1]




サル探しに山へ入り公苑から遠くないポイントでカモシカを発見。よくカモシカにでくわす所です。そのまま素通りしようとしたのですが、どうも様子がおかしいと思ったら、カモシカの横に小さな子カモシカが。この春に産まれた子供のようです。とっさに持っていたスマートフォンで撮影しましたが、遠い…。近づきたい気持ちもありましたが、幼い子供を守ろうとするカモシカに、刺激を与えることになりそうなので断念。公苑内や遊歩道で皆さんも出会うことがあると思いますが、距離をとってかわいらしい姿を観察したり撮影してください。

IMG_0525





群れの2オス・トラヤ93。名前が示していますが、93年産まれの彼は今年で23歳。オスの中では最高齢。背中も曲がり、おじいさんという雰囲気。

IMG_0515





蒸し暑くなってきました。赤ちゃんは元気。




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

足元にご注意を

6月30日(木)くもり時々はれ

最低気温14℃最高気温24℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
27日(月)9:45
28日(火)11:20
29日(水)8:30

今週に入って、雨の日が多くなり梅雨らしい週になりました。本日は久しぶりに雨にならない日。このところ不安定な動きを再度始めたサルたちも開苑前からスタンバイしていました。

IMG_20160513_141419[1]




マムシ。サルを探しに山を登る最中に遭遇。
草が茂っていると、ヘビたちが潜みやすくなるので、道脇の長くなった草などを刈ったりしていますが出現することもありますのでご注意を。好戦的な性格ではありませんので、発見した場合、距離をとって刺激しないよう静かに行動すれば問題はありません。

IMG_0495





葉を噛む赤ちゃん。おっぱい以外のモノに関心が多くなる頃。いろんなモノを口に入れてみます。だけど、しばらくするとおっぱいへ。まだおっぱいの方がおいしいようです。

IMG_0506





前回ブログの頬の腫れていたサル。腫れが少し引きました。顔の判別がしやすいです。





営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください

メスたちの衣替え

6月26日(日)くもり時々はれ

最低気温13℃最高気温21℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
25日(土)9:00

24日に不在だったサルたち。前日25日の朝は早い時間に公苑に来てくれました。本日は僕が公苑に出勤した時にはすでに公苑に来てくれていました。
また2日に一度遠出する…という状況。
サルたちが夕方山へ帰る方向は極端に2方向。その方向によって、遠出するルートと朝早くから登場するルートとあったのですが、ここ最近はその遠出するルートが逆になってしまいました。
どうやらお目当てはヤマザクラの実のようで、実のなるポイントの辺りまでこのところ出没しています。しかし、そのヤマザクラの実もほとんど終わりを迎えていますし、サルたちのフンにも実の種が入っていないところから、お目的のヤマザクラの実も多く食べているようではありませんし、日中の苑内にいる時のサルたちは非常にお腹を空かしている様子です。
何を目的にそこまで遠出をするのか少し謎な部分があります。ひょっとしたら、今まで旬の食べ物を探しに行っていたルートは一通り見て回って食べるものが終わったのを確認したので遠くまで動かず、逆のルートは少し遠出すれば食べ物が残っているのかも…と大きく動くのかもしれません。
サイクルでいうと、明日は遠出して遅くなるルート。早くに公苑に出てきてくれると良いのですが。

IMG_0472





メスの毛の生えかわり。オスに少し遅れ、メスのサルも毛の生えかわりです。しかし、出産のサルの衣替えははもう少し先です。向かって右が生えかわったメス。向かって左が出産をして生えかわりしていないメス。
同じ家系の似たようなメス同士、同じような格好をしているので(生えかわり前・生えかわり後)のような画になっていて、分かりやすいと思います。

IMG_0466





顔が腫れてしまったサル。右ほほ(向かって左)が腫れています。傷のようなものが見えますが、腫れだした頃にはなかったもの。かゆいのか、気になって触っているうちに傷になってしまったのでしょう。




営業時間は8:30〜17:00です。
サルの来苑が遅れたり、早めに山へ帰ってしまうという事があります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になります。サルたちにはサルたちの、野生生活をしていく上での都合がある事へのご理解をよろしくお願い致します。


遊歩道は未舗装です。自然豊かな環境で野生動物を観察する場所になりますので、サンダルやスリッパは適しておりません。おやめください


Profile
Archives
livedoor 天気
ギャラリー
  • おんとの日
  • おんとの日
  • おんとの日
  • おんとの日
  • おんとの日
  • おんとの日
  • 夏休み
  • 夏休み
  • 夏休み
  • 夏
地獄谷野猿公苑

Facebookページも宣伝
Twitter プロフィール
地獄谷野猿公苑の公式アカウントです。ここは野生のサルを間近で観察できる施設です。カワイイおサルさんがあなたを待っています!是非お越しください。
  • ライブドアブログ