地獄谷野猿公苑 ふぃーるどのーと

お猿の温泉でお馴染み、長野県は地獄谷野猿公苑のニホンザルの生活や季節の動植物の話題など、毎日を猿と共にする公苑スタッフの日記です。

地味だけれど

7月23日(日)あめ時々くもり

最低気温16℃最高気温19℃
サル来苑時間10:20

最近のサル来苑時間
20日(木)10:20
21日(金)8:30
22日(土)8:30

早くも夏休みに突入している学校もあるのではないでしょうか。県内の学校は夏休みに入るのが遅めなので、近隣の子供たちは来週から夏休みのようですね。
夏休みに入った背景もあり、今日は林間学校で公苑を訪れる子供たちが多くいました。
雨の影響もあり、サルたちは遅めの公苑到着。サルを観察できなかった学校の子供たちもいたようですが、多くの子供たちがいる間にサルは間に合ってくれました。

IMG_1302





雨。昨日は上林で32℃にまで気温が上がっていました。暑い。今日は久しぶりの雨で幾分か涼しい日和。山の中では霧も立ち込めていてサルを探すのが非常に困難な状況でした。結局、スタッフが山の奥へ奥へ進んでいる最中、「公苑にサル到着」の報。ずぶ濡れのカッパが更に重たく感じましたが、とりあえず良かったと安心しました。

IMG_1311





今日は遅い到着でしたが、ここ数日はスタッフが山に入る前にサルたちの方で山から下りてくる事がほとんどとなってきています。

IMG_1309





地味?1♂トマム95。先代1♂トグラ95や歴代の1♂を知る人からすると、現1♂トマム95は「なんだかぱっとしないボス」という印象があります。実際、おじいちゃんな風貌は威厳があるとは言いづらい雰囲気です。
しかし、ここ最近はメスのケンカの仲裁に積極的に入ったり、頼りがいのある一面も感じ取られます。「立場が人を作る」という言葉があります。サルたちにとってボスとは役職のようなものではありませんから改まって「ボスの座に就いたからには」という気持ちはないでしょうが、先代の1♂がいなくなった事で自分が一位の立場にいることをなんともなしに察し、自然と行動として現れているのかもしれません。



夏シーズンです。地獄谷野猿公苑には給水器はございますが、販売機等ございません。ジュース、お茶などの飲み物はご持参ください。苑内での食べ歩きは禁止させていただいておりますが、ペットボトルや水筒を飲んで水分補給していただく事は問題ありません。こまめに水分をとって熱中症対策を心がけてください。その際にペットボトル等を置いて離れてしまうと子ザルの遊び道具にされてしまいますので、手元から離さないで持ち歩きましょう。

遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

梅雨明け

7月19日(水)はれ時々くもり

最低気温14℃最高気温20℃
サル来苑時間9:10

最近のサル来苑時間
17日(月)9:50
18日(火)9:40

三連休が過ぎ、少し静かな日。今日は林間学校の見学もなく、寂しいです。週末辺りからいよいよ夏休みという子供たちもいるようですね。多くのお子さんたちが来るのを我々も楽しみにお待ちしております。

IMG_1267





口に痕。口の周りが黒ずんでいるのがお判りでしょうか?クルミを食べることで、皮に含まれるタンニンが口の周りに付いたり手に付いたりしています。クルミの生っている所でもサルたちの食べ歩いた痕跡がありました。口の周りが黒くなるのは、サルたちの順位の下の者が多いように思います。

IMG_1282IMG_1284





開いた口が塞がった。一位♂トマム95。先月右頬にケガをしていて、穴が開いてしまう程で口に入れたリンゴのかけらが抜け落ちてしまうような状態でしたが、きれいに塞がってしまいました。少し傷が残っていますが、脅威の治癒力。

IMG_1273





小さい子たちだって涼しい場所はなんとなく分かっている。気象庁で本日甲信地域の梅雨明けが発表されました。本格的に暑いシーズンとなります。熱中症対策は十分に行ってください。



夏シーズンです。地獄谷野猿公苑には給水器はございますが、販売機等ございません。ジュース、お茶などの飲み物はご持参ください。苑内での食べ歩きは禁止させていただいておりますが、ペットボトルや水筒を飲んで水分補給していただく事は問題ありません。こまめに水分をとって熱中症対策を心がけてください。その際にペットボトル等を置いて離れてしまうと子ザルの遊び道具にされてしまいますので、手元から離さないで持ち歩きましょう。

遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

夏の思い出

7月16日(日)くもり時々あめ

最低気温16℃最高気温21℃
サル来苑時間8:30

今日も涼しく過ごしやすい日。時折雨が降りましたが、小雨程度で本格的な雨にはならず、連休中日として良い天候となりました。
サルたちはここ数日早い時間に公苑にやってきています。これで落ち着いたのかな?


IMG_1235





グルーミング屋さん。連休中日という事もあり、多くのお客様が来苑くださいました。お子さん連れの家族の方が多く、赤ちゃんや子ザルの遊ぶ姿を楽しんでくださった様子です。夏休みは来週から始まるところが多いようです。地獄谷に来た際は夏の楽しい思い出を持って帰っていただきたいです。


夏シーズンです。地獄谷野猿公苑には給水器はございますが、販売機等ございません。ジュース、お茶などの飲み物はご持参ください。苑内での食べ歩きは禁止させていただいておりますが、ペットボトルや水筒を飲んで水分補給していただく事は問題ありません。こまめに水分をとって熱中症対策を心がけてください。その際にペットボトル等を置いて離れてしまうと子ザルの遊び道具にされてしまいますので、手元から離さないで持ち歩きましょう。

遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

水面

7月15日(土)はれ

最低気温16℃最高気温23℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑時間
14日(金)9:00

日差しは弱め。涼しげな空気の中、ヒグラシが鳴き、穏やかな日。
今週は17日月曜日が海の日で、三連休の方も多いのではないでしょうか。海なし県の長野県には「海」という言葉自体縁の遠いもので、僕にとっては子供のころからピンとこない祝日でした。祝日の意味合いはともかく休みになればただ単にうれしい気持ちになったものです。
文字通り海に行かれる方もいらっしゃると思われますが、山の中でる野猿公苑へサルを観察に…という方もおおくいらしています。

IMG_1175






水面に移る不思議な相手。温泉の淵で子ザルが水面を見て水面をパシャパシャと触ってみる。子ザルは何を気にしているんだろう?自分の姿?水面に触れることで揺れる波?単に小さなゴミ?
子ザルの姿を見ているといろんな「?」が浮かんできます。

IMG_1205





大人は現実的。同じ水面を見る光景でも大人はやはりクールな印象。「見慣れた光景」とばかりに気にもとめません。こんな風に池のほとりのような場所で過ごす動物を見ることなんて、本来はあんまりないんだろうなあ。しみじみ感じました。


甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

林間学校シーズン

7月13日(木)はれ時々あめ

最低気温17℃最高気温23℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑時間
12日(水)9:20

日中は晴れますが、夕方から夜にかけて雨降りとなる日が続いてます。今日も、夕方から天気が崩れるような予報が出ていました。
サルたちは今日は順調。昨日も、時間だけ見ると少し遅れていますが早い時間から群れとスタッフが合流することもできてました。動きが読みやすく、探すのが楽になった感じです。

P7130207






苑内の橋に人の列。林間学校で訪れた中学校生徒たちです。林間学校の波はまだ序盤で、7月の後半になるにつれ多くなります。もうじきに夏休みも始まりにぎやかなシーズンとなります。



甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

真夏日

7月11日(火)はれ

最低気温16℃最高気温28℃
サル来苑時間11:00

最近のサル来苑時間
9日(日)8:30
10日(月)8:30

ここ数日、非常に暑い日が続いています。山ノ内町でも30℃を越える気温。今年はこそさらに暑い。おととい昨日とサルの登場は順調でしたが。今日は遅め。今日行ったポイントでは少しだけサクランボが残っていましたが、それも終わり。

IMG_0908






消耗。暑い中のサル探しは非常に体力を消耗します。山に登る時は、水筒は必須。こまめに水分補給をして行動しております。公苑内は木陰等少なく、陽を浴びながらの観察が主になります。公苑事務所には給水器とうございますが、手元にペットボトルなど水分を持ちあるくと安心かもしれません。ただし、苑内の観察の際にペットボトルを地面に置くなどすると子ザルの遊び道具にされてしまいますので、ペットボトル・荷物は手元から離さないで観察してください。


甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

不調和

7月8日(土)はれ

最低気温13℃最高気温25℃
サル来苑時間9:50

サルたちの食べるものは旬を終えていますが、動く範囲が大きくなってます。
今日のサル探しは、先発で僕が山へ入り、後から続いたスタッフがサルを発見したので、公苑への誘導をまかせていました。サルたちは順調に公苑に向かっていたので、より奥にいた僕は念のためサルたちの発見ポイントに行ってみる事にしました。連絡から察するにサルたちはもう公苑にいる頃。自分のいる位置でサルを目にすることはないだろうと思っていましたが、サルたちの一部が最初の発見からほとんど変わらない場所でじっとしています。
そこにはめぼしい食べ物があるという訳ではなく、辺りの固くなってきている葉っぱを食べているところでした。
状況としては癸吋ス癸殴ス癸灰スの上位オス陣を中心として公苑側に到着していたようですが、僕が山で発見した時点では癸吋瓮后Ε肇奪リ00の家族、一族、トックリをあてにしているメスの多くが残っていました。
今週の月曜日に群れが2分する騒ぎがあり、そんな状況になっているのかなと感じました。
トックリ00の様子を見ていると、少し緊張しているようでした。それははっきりとしませんが、その辺りに残っていた若いオス連中を気にしているのかな?
トックリ00は勝気なお母さん。オス相手にもケンカで引けを取る事はありませんが、それも後ろ盾となるオスの存在もあっての事。現状の癸吋スはお爺さんの雰囲気で、頼りがいがあまりない。癸沖癸海發泙戚そ蓮ついてこうかどうしようか考えているうちに林の藪の中、足を止めてしまう原因ができてしまったのか。
先月変わった癸吋スの影響が少しずつ出ているのかもしれないな。
そんな事を考えました。
今後も動向をチェックする必要があります。

IMG_1125





遅めの赤ちゃん。昨日出産しました。これで今年は最後かな。

IMG_1138





VIPなけづくろい。初夏の旬が終わってきて落ちついてくるだろうと見越していましたが、もうしばらく慌ただしい状況は続くかもしれません。



甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

いよいよ

7月6日(木)はれ

最低気温12℃最高気温21℃
サル来苑時間9:30

山の林の中からは、ミンミンゼミが鳴きだしています。ハルゼミとは違ったにぎやかな鳴き声。いよいよ夏。

IMG_0615





トマイチ。公苑にやってくる群れの中で一番の長老のサルですが、先週から姿が見えなくなりました。オスの離群は一般的ですが、メスは基本的に離群しません。メスが離群する際は頼りにしているオスが群群する時に、そのオスを頼って一緒に離群するという事はあります。
姿を消す前の様子からも、他のオスを頼って出ていった風でもないですし、トマイチは今年で26歳という高齢である事からも、山の中で生涯を終えた可能性が高いでしょう。

IMG_0344





トックリ92♀。メスの上位家系なので何度かブログでも触れていますが、トマイチに代わって最長老となります。92年生まれの25歳。メスの中では癸欧箸覆蠅泙后衰えは見えますが、年齢の割に体格もしっかりしていてまだまだ元気。長生きしてほしいですね。

甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

台風一過

7月5日(水)はれ時々くもり

最低気温15℃最高気温21℃
サル来苑時間10:20

最近のサル来苑状況
3日(月)10:45
4日(火)8:30

台風3号の上陸が懸念されましたが、台風自体の進路が逸れた事もあり、雨量が多かったこと以外は特別な被害はありませんでした。
今週に入り、サルたちは行動範囲をやや広めています。初夏の食の旬はもうわずかですが。特に今日は遠い場所まで足を運んでいました。そこは、例年サクランボのポイント。今年は一度も来ていなかったのでその辺りのサクランボの様子は「不作なんじゃないかな」と想像するだけでしたが、予想通り見える限りにサクランボの実は生っていません。サルたちも、サクランボのポイント目当てというよりはその手前で生えている笹をよく食している印象。一生懸命になるほど食べたいという物でもなく、スタッフの姿を目にすると公苑側にさっさと移動。遠い場所にいたわりには、早めの到着となりました。

IMG_0782






不調和?3日月曜日、サルたちが分裂したそうです。1オス3オス含む主要オス派と1メス・トックリ002オス含むメスボス家系派にて二分。オス主要派が公苑にいて、メスボス家系派は遠く離れた場所に居たそうです。3日の日には結局二つのチームは合流しなかったそうですが、翌4日火曜日に朝公苑で合流したそうです。現場に居合わせてないので詳細は不明ですが、現状のサルたちの動きの中でもそういった事態になった気配が感じ取られます。サルたちの仲が悪いという訳ではないのですが、行動がばらつく雰囲気があります。

IMG_0965





わらわらと集まる。赤ちゃんたちはあっという間に成長していきます。台風も去り、もうじき梅雨明け。



甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

激しく雨が降った翌日

7月2日(日)くもり

最低気温18℃最高気温20℃
サル来苑時間11:30

最近のサル来苑状況
1日(土)8:30

一昨日の夕方から雨が降りだし、強い勢いで降った雨は昨日一日中降り続けました。今朝のサル探しの頃には雨が止んでいましたが、険しい斜面を登る事となり、地面が緩み危険が生じる為、安全ルートを迂回しました。迂回等に時間がかかってしまった為、公苑にサルたちが来るのはお昼近くになってしまいました。

IMG_1021





雨の中。昨日は一日中雨が降っていましたが、そんな天気もなんだか久しぶりのような気がします。梅雨とはいえ、本格的な雨は少ない。

IMG_0951





もしゃもしゃ食べる。雨の日、サルたちは草をもしゃもしゃと食べます。もちろん、普段も種類を問わず草を食べますが、雨の日のサルたちはいつも以上によく草を食べているように思います。草木も成長し、固くなってきているので草を食べることが少なくなってきていたので、なおさら雨の日の草に対する食欲に気づきます。どういった理屈があるのでしょうか?

IMG_1121





ハグ。今週もしばらく天気が崩れやすいようです。また、昨日までに多く降った雨も、遊歩道や公苑に影響が出るかもしれません。ご来苑の際はお気をつけください。



甲信越地域が梅雨入りしました。
遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないです。大気が不安定なシーズンですので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。
Profile
Archives
livedoor 天気
ギャラリー
  • 地味だけれど
  • 地味だけれど
  • 地味だけれど
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 夏の思い出
  • 水面
  • 水面
地獄谷野猿公苑

Facebookページも宣伝
Twitter プロフィール
地獄谷野猿公苑の公式アカウントです。ここは野生のサルを間近で観察できる施設です。カワイイおサルさんがあなたを待っています!是非お越しください。
  • ライブドアブログ