地獄谷野猿公苑 ふぃーるどのーと

お猿の温泉でお馴染み、長野県は地獄谷野猿公苑のニホンザルの生活や季節の動植物の話題など、毎日を猿と共にする公苑スタッフの日記です。

トグラ95がいない

6月8日(木)はれ時々くもり

最低気温10℃最高気温17℃
サル来苑時間10:30

最近のサル来苑状況
7日(水)8:30

IMG_1117






群れの一位オス、トグラ95の姿が前日7日から見えない。
何となく、姿が見えない、だけど2,3日経ってみるとやっぱりいた。…そういったケースはよくある事ですが、そういった場合は取り巻きのサルたちも姿を見せないものです。例えば、トグラ95であれば姉であるトグラ93が一緒に姿が見えなかったり、トグラ93が見えないという事はその娘たちの姿が見えない…といった具合に取り巻き何頭かが一緒がいない。そんな様子になります。
ところが今回のトグラ95の不在は、トグラ95のみいない状態です。
オスは群れから出ていくのがサルたちの習性。ごく自然な事なので、サルたちにトグラ95がいないという混乱はあまりないようです。我々サルの生活を見守るスタッフも同様。…と言いたいところですが、寂しいと感じる気持ちはどこかにあります。
ひょっこり現れることもあるので、まだ群れを出た(離群)と判断するには早いので、もう少し動向をチェックする必要があります。

IMG_0783




今日はサルたち遅めの登場。山に入り、やや遠いポイントでサルを発見した際、群れの動きが妙だなと感じました。トグラ95がいないせいかな?そう思っていました。よくよく見てみると、メスの一位トックリ00が抱える赤ちゃんが2頭います。トックリ00は5月5日に出産しており、出産時は当然一頭です。何かのきっかけ、トラブルで他のお母さんザルの赤ちゃんがトックリ00のお腹に来てしまい、トックリ00は自分の子供として認識してしまっているのでしょう。トグラ95の不在はああまり影響ではなく、2頭抱えた身重になったトックリ00が今日の登場が遅くなった一因になったようです。

IMG_0785






トックリ00の周りを見ていると、いました。出産したはずの母ザルが子供を持っておらず、トックリ00をしきりに見ています。どうやらこのお母さんの子供がトックリ00に移ってしまったのでしょう。

IMG_0786






おっぱい。吸わせるべき対象がいなくなり、お乳が出てきてしまっています。
こういったトラブルは時折サルたちの中で起きることがあります。実は2年前にもトックリ00はこのケースで子供2頭育てました。
しかし、サルたちの出産は基本的に一頭。サルたちが野生生活する中では育てるうえで2つ以上の赤ちゃんを育てるのはリスクが大きいからでしょう。一つしか出産しないのは、「一つしか育てられない」から。
以前トックリ00が「双子もどき」になったときは無事育てる事ができましたが、過去のケースからもあまりいい結果になる事はありません。とはいえ、こうなってしまっては見守る事しかできません。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

エゾハルゼミの声

6月6日(火)はれ時々くもり

最低気温6℃最高気温18℃
サル来苑時間10:30

最近のサル来苑状況
5日(月)8:30

P6060004





朝のサル探し。サルのフンなどの痕跡がないか足元を見ながら歩いていると、鮮やかな花弁。

P6060005





見上げると藤。周りが濃い緑の木々ばかりなので際立って目立ち綺麗。辺りはエゾハルゼミの鳴き声。夏の最中に鳴くセミと雰囲気が違い、ヒグラシのような鳴き声を出すエゾハルゼミ。木々の陰の中は爽やかで、その中で聞いていると穏やかな気持ちになります。…が、目当てのサルたちが見つけられない事態に、あまり穏やかになってもいられません。
山の中を駆け巡るうちに、公苑側でサル発見の報。どうやら近場にいたようです。どこかですれ違ってしまったのでしょう。

IMG_0763





日差しは暑い。でも木陰だとちょっと寒い。木陰で日光を避けながら、抱き合って体温調節。

IMG_0766





幼い母親トックリ00‐12。左の大きめの子は3歳になる妹。仲良く休憩中です。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

ハリエンジュの頃

6月4日(日)はれ時々くもり


最低気温4℃最高気温13℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
3日(土)8:30

暑さと寒さが極端です。こないだまで真夏日の気温でしたが、ここ3日程は天気の悪さもあって肌寒い気温。志賀の頂上では雪がふったという話も聞きます。
昨日、今日のサルの登場は順調。2日間の様子では朝早くに山から下り、ハリエンジュの木のあるポイントへと動きます。ハリエンジュの花をサルたちは食べるので、それを求めて動くシーズンでもあります。
しかし、花の開き具合がまだ未熟な様で、スタッフの気配を感じるとすぐに動き出し、公苑側に移動します。本格的に花を食べていると、誘導してもなかなか動いてくれないものですが。依然としてヤマザクラの実を食べている痕跡がありませんし、初夏の動きとして次の「お目当て」を求める動きにはなっていないようです。

IMG_0733





フンのチェック。山でサルを探す時も、苑内にいる時も、フンはサルの動き方をある程度教えてくれます。サルたちは特定の場所でフンやおしっこをする習性はなく、トイレというモノを覚えれない動物。それは、そもそも住み家という特定の寝所を持たない事に関係します。
山の中でサルの姿が見つけられない時、新鮮なフンがあると一安心します。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

サル探し難航

6月2日(金)あめ時々くもり

最低気温8℃最高気温12℃
サル来苑時間12:00

最近のサル来苑時間
1日(木)10:55


天気予報等でも大気が不安定になるという予報でしたが、今日の午前中の天候の変わり具合は目まぐるしかったです。雨は激しく降り、止んだかと思うと強い日差しが差し、そうかと思うとまた激しい雨となる。そういった落ち着かない空模様。そんな中、サルたちの探索は大変に困難しました。
サルたちの手がかりはまったくなし。気配を探ろうにも雨音は強く、霧も濃い状況。足取りをたどる為の痕跡もありません。
時間が12時を過ぎ、かんばしくない状況だったのでサル探しを断念しよう。…そう判断したところでサルが公苑側に下りているという無線が入りました。

IMG_0746





茎を食べる。そろそろヤマザクラの実を食べに大きく動く季節でもあるので、そその可能性も考えましたが、今日は単に天候が悪すぎて林から動きたくなかったような雰囲気。ヤマザクラの実を食べるとその種がフンの中に残っているものですが、その様子も見れません。割とお腹をすかしているようですし、食べ物関連で遅くなった可能性は低いでしょう。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

鶺鴒の尾

5月31日(水)はれ時々くもり

最低気温 最高気温
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
29日(月)8:30
30日(火)10:00

長野市では30℃を超えるなど真夏並みの天候が今週も続きます。サルたちの動きは、今週は一旦落ち着きを見せています。今日も早くから公苑に登場。

IMG_0723





今日で5月は終わり、衣替え。まだ毛が替わり切っていないサルたちがほとんどなので、ここ最近の暑さはサルたちも堪えるでしょう。サルのクールビズはもう少し先になりそう。

IMG_0689





木陰で休憩。葉が大きく成長し、その中でサルたちが休憩をすると、姿が隠れてしまって、ぱっと見ただけでは、サルの数が少なく感じてしまいます。よーく見れば木陰で休憩するサルが見えます。

IMG_0736





キセキレイ(黄鶺鴒)。特徴のある鳴き声を出しながら川の石にぴょっと乗りました。しきりに尾を上下させながら鳴きます。
ある剣術には、剣の先端を細かく動かす…という動作があるそうで、常に剣先を動かす事で初動作を悟られないようにするのが狙いなんだとか。その剣先の動きの極意が「鶺鴒の尾のように…」といったものでした。他にも日本神話のイザナギイザナミがその動きから性交を学ぶ…などユニークなエピソードもあります。鶺鴒の尾の動きを見ていると特徴的で面白いです。そんなところから日本人の興味を引き、様々なイメージにつながったのでしょうか。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

霧の中

5月28日(日)くもり時々はれ

最低気温8℃最高気温16℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑時間
27日(土)11:00

前日27日は不安定な天候。雨そのものは降っていませんでしたが、数日の雨の影響で、森の中は湿った空気。濃い霧が立ち込め、周囲が見えにくく、サルたちの声は聞こえていても姿を発見できず、手こずってしまい、公苑に下ろすまで時間がかかってしまいました。
今日も霧が濃い中でのサル探しとなり、先行きに不安を感じていました。山に入り、早々にサルの声が聞こえましたが、やはり霧で見通しがききません。しばらくすると、公苑側からサル発見の報告を受けました。サルはすでに一度山を下り、川を渡り対岸に行っていたようです。聞こえていた声は対岸から反響した声でした。




濃い霧の中。サルたちの動きが安定していれば、こういった状況でもすんなりサルを見つけることができる事もありますが、不安定になっている最近の状況ではなおの事苦戦する原因となっていまいます。
サルの来苑が遅い確率が高くなってきています。しばらくは、朝はゆっくり目に準備していただいた方が良い状況です。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

今日は順調

5月26日(金)くもり時々あめ

最低気温8℃最高気温14℃
サル来苑時間8:30

どんよりした雲が空を覆い、湿った空気。今日は全国的に雨の地域が多いとの事。地獄谷周囲はくもりの合間に雨が降ったり、止んだり。時折強い勢いで雨が降ったりと、あまりよろしくない天気。週の頭から真夏日の高温が続きましたが、今日はひんやりとして肌寒く、薄手のジャケットでも少し寒いくらいです。
嫌な天候の中でのサル探しになりそうだと思っていましたが、今日は早くから登場。開苑時間には公苑に来てくれました。

IMG_0674





今回は普通の毛色。2年前に白い赤ちゃんが生まれました。そのお母さんがこちらの個体。今回の赤ちゃんは他の赤ちゃん同様の色。

IMG_4577





2年前の白い子。改めて見ると、本当に白い色をしています。肌色も普通の赤ちゃんよりも薄く、ニホンザルとは違う種の様。白い子は3カ月ほどで毛色も肌色も他のサル同様になり、その特色はなくなってしまいました。

IMG_0683





今回の赤ちゃん。毛の色は違いますが、顔立ちが白い子とやはり似ています。特に、おでこセンターの毛のない部分。分け目のようなラインになっているのが一緒。色は違えど、お母さんから受けた遺伝子の影響は同じようです。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

今日も遅刻

5月25日(木)あめ時々くもり

最低気温10℃最高気温12℃
サル来苑時間11:10

今日もサルたちは遅い登場。朝のスタートは、雨の中のサル探索となり、雨音でサルの気配を探るのが困難な状況。近いポイントではサルの気配がなく、険しい斜面を登ったポイントで、発見。サルたちを誘導して公苑に下ろし、僕自身が公苑に帰る頃にはもうお昼になってしまいました。
今日のサル発見ポイントから公苑まで、直線距離では500〜600mくらい。ですが、手元のGPSで計測した標高の差は300m程。
険しい斜面を登り、サルを探して…となると、どうしても時間がかかってしまいます。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

IMG_0661





少しの成長。2週間ほどの赤ちゃん。顔立ちもはっきりしてきてお母さんのお腹からしきりに周囲を観察しています。

IMG_0466






心配。お母さんのお腹からよちよちと歩き出し冒険したくなる頃。お母さんは成長を見守りながらもあまり遠くへ行かないようにそばに寄り添います。サルたちにとって、脅威となる動物はいませんが、赤ちゃんくらいならアオダイショウなどの蛇でも捕食できるでしょう。また、不意に起こったサル同士のケンカに巻き込まれるとケガをすることもあります。このお母さんは目を離さないように注意深く赤ちゃんを見守っています。

IMG_0645





遊び仲間。年上の子供と遊んでいるのか。あるいは遊ばれているのか。緑の中、めいめい遊ぶ子供たち。そういうシーズンとなります。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

産後模様いろいろ

5月24日(水)くもり

最低気温11℃最高気温21℃
サル来苑時間11:00

最近のサル来苑状況
22日(月)8:30
23日(火)…サル不在

今週に入り、この時期にしては気温の高い日が続きました。今日はくもり空となり、気温はやや落ち着きております。
さて、昨日私はお休みをいただいておりましたが、どうやらサルたちは公苑に来なかった…との事。山深いポイントにてサルを発見することはできたようなのですが、サルたちの気持ちが公苑に向かなかったようで、重い腰を据えて動かなかったそうです。
とりあえず、朝は前日と同じポイントに向かってみました。すると、サルたちは前日同様同じ場所にいました。
さて、素直に公苑側に動いてくれるかな…と心配しましたが、今日はすんなり動いてくれました。
山深い場所で、行きと帰りに手間取った分、公苑に来るのも遅くなってしまいましたが、無事公苑へ。とりあえず、良かった。
昨年も春先に遅刻や欠席もあったので、これからのサルたちの動きが気になるところです。

IMG_0628





幼い母親。まだあどけなさも残るメスの出産。お母さんはトックリ00‐12。お母さんはメスの第一位トックリ00で、今年5歳になります。サルの出産可能な年齢は5歳くらい。若い年齢での出産です。お母さんの体も小さく、初産ですが、上位の家系の娘のせいか、落ち着いた様子。
昨日サルを発見した際にはすでに出産していたようで、この個体の産後の体調不良が、もしかしたら群れの動かなかった一因となったかもしれません。

IMG_0653





こちらも出産。今年9歳になりますが体も小さく、幼い雰囲気があります。3度目の出産となりますが、かなり周りを気にしながら警戒している様子。ピリピリしています。トックリ00‐12の産後とは随分と違います。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。

夏日

5月21日(日)はれ

最低気温10℃最高気温23℃
サルら会陰時間9:15

サルの登場がやや遅くなりました。予想通り…と、あまりうれしくない予想通りですが。
昨日は、本州の広い範囲で高気圧に覆われ、今年の最高気温の更新された地域が多かったようです。今日も前日同様気温が上昇。夏日の天候となりました。

IMG_0457





多くのサルが日陰へ退散。毛替わりもこれから。まだ長い毛をふさふさとさせているサルばかりですから、ヒトよりも余計に暑いでしょう。

IMG_0452





「ハッ!」リラックスして隙だらけに見えても、こちらの動作を察知し、目覚めと同時にさっと走り去る事もあります。野生生活をしていく中で、いついかなる時に危険が生じるか分かりません。そういう時に瞬時に反応できます。

IMG_0461





1♂トグラ95。まばらに毛が抜けて生え替わっているのがお判りでしょうか?今年はオスの毛替わりが遅いような気がします。メスの毛替わりの早いものがいて、いち早くさっぱりとした短い毛に替わってしまってます。オスの中でも毛替わりの早かったトグラ95。高齢になってきて、老化してきたゆえの変化でしょうか。



初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。
Profile
Archives
livedoor 天気
ギャラリー
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 夏の思い出
  • 水面
  • 水面
  • 林間学校シーズン
  • 真夏日
  • 不調和
地獄谷野猿公苑

Facebookページも宣伝
Twitter プロフィール
地獄谷野猿公苑の公式アカウントです。ここは野生のサルを間近で観察できる施設です。カワイイおサルさんがあなたを待っています!是非お越しください。
  • ライブドアブログ