地獄谷野猿公苑 ふぃーるどのーと

お猿の温泉でお馴染み、長野県は地獄谷野猿公苑のニホンザルの生活や季節の動植物の話題など、毎日を猿と共にする公苑スタッフの日記です。

冬シーズン終盤

3月4日(土)晴れ

最低気温‐7℃最高気温1℃
サル来苑時間9:00


朝から晴れ。いい天気です。ここ最近の様子として、晴れた朝は日当たりのよいポイントに動く傾向ですが、今日もその多分に漏れず、日当たりを求め小高い場所へ移動している途中でした。早い段階でサルたちと合流できたので、9:00までに公苑にやって来て、開苑時間に間に合いました。昨日3日の午前中に雪が降り、15センチ程の積雪となりましたが、午後には晴れてすぐに溶けてしまいました。雪が積もり続けるシーズンは終わり、徐々に雪が少なくなっていく冬終盤。とはいえ、まだ遊歩道は滑りやすいので、履物は滑りにくい物をご用意ください。

DSC_0013[1]





サルたちを呼びに行ったポイント辺りは一般の人の歩くような所ではなく、積もっている雪には動物の足跡だけ。見た限りではサルの足跡ばかりでしたが、他の動物のモノもあったのかな?

DSC_0016[1]




身をゆだねて。されるがまま。




*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。16:00にはサルは山へ帰ってしまいますので、16:00に来苑していただいても十分に観察ができません。20分くらい前には来苑できるよう余裕のある来苑をご計画ください。
また、朝の早い時間にはサルたちが遅く公苑にやってくることもあります。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

3月

3月1日(水)晴れ

最低気温‐6℃最高気温1℃
サル来苑時間9:00

3月。1月2月と冬期の忙しいシーズンを終え、気が付けば三月…という感じです。
辺りは雪も多く残っていますが、日和が良いと春めいてきました。そうなってくるとスギ花粉が出てきます。公苑周辺は杉林なので黄色い煙が立つのが見えるほどにもなります。僕はアレルギーの症状があまり出ない質ですが、敏感な人には煩わしいシーズンでもあります。

IMG_9352





大柄なオス。冬の始まり頃から群れにいます。群れに入った当初、大柄な体に似合わず控えめでおどおどした性格で、メスザルにも追いかけまわされていました。群れの端の方にいることが多かったのですが、2オスがいなくなってから群れの中央にいることが増えています。相変わらず大人しい性格ですが、移動の際などメスが彼の後を追っていく姿もあり、頼りにされている気配もあります。



*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

4

2月26日(日)晴れ

最低気温‐6℃最高気温1℃
サル来苑時間9:00

晴れる日も多くなり、暖かい日が続きます。日の当たるポイントも日に日に増え、サルたちが温泉に入る姿は少なくなりますが、子供たちが元気に遊びまわっている姿が多くなります。2はいなくなり、情勢がやや変わってきたのか、いままで単独で動く事の多かった4の周りに連れ立って共に行動するメスの数が増えたように見えます。高齢になってきた上位オスの中で、若く元気のあるオスです。期待のホープとして頼られるようになったのでしょうか。

IMG_9343






温泉に入る時の顔も気持ちよさそうですが、日向ぼっこの顔も気持ちよさそう。今まで、お客様の観察できるエリアから遠い場所にしか日が当たらなかったので、日向に当たりたいサルたちは自然、人から離れたポイント日光浴をしたり子供たちが遊んでいる様子を見れませんでした。これから近くでもその様子が観察できます。




*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

2

2月24日(金)はれ時々くもり

最低気温‐7℃最高気温‐4℃
サル来苑時間9:00

群れの2オス「トラヤ93」の姿が見えなくなりました。先週の15日から一週間以上になります。

IMG_9340





特に行動を共にしていたトラヤ93の妹。2がいた頃は、近しい親族関係で小さなグループのように行動していましたが、頼りになるオスを欠いて散り散りに過ごしているようです。ですが、兄を失ったというような感傷にひたっている様子はありません。
単純に2が抜ければ、次席の3が繰り上がるだけですが、その中でサルたちの立場関係が変わる事もあります。この後の行動も気になるところです。


*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

足跡

2月19日(日)はれ

最低気温-8℃最高気温-2℃
サル来苑時間9:20

前日夜から深夜にかけて、ほんの少し雪が降り、うっすらと雪が積もっていました。朝には天気が良くなり、晴れていたのでサルたちの登場は日向ぼっこで少し遅くなりました。

IMG_20170218_080812[1]






痕跡。公苑に近い遊歩道から苑内に向け、点々と足跡がありました。サルとは違う足の形。タヌキでしょう。日中タヌキを見かける事はありませんが、このように通った痕跡を見つけることはあります。



*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

落雪

2月17日(金)あめ時々くもり

最低気温-1℃最高気温0℃
サル来苑時間9:00

雨となった地獄谷周辺では溶けた雪が斜面を転がり、雪の塊となり通路に落ちてきています。

IMG_20170217_150909[1]





苑内の危険個所も看板を出して注意を呼び掛けております。危険個所は警戒しながらお進みください。

IMG_20170216_090536[1]





太陽の位置が上がり、サルたちの動きも少し変わってきました。晴れた日などは、暖かいポイントを目指して朝から動き、そこでひと時を過ごす様になっています。今日は雨でしたが、昨日は天気が良く、日当たりのいい場所で少しのんびりしていて朝の来苑が遅れ、開苑の時間は9:20頃となってしまいました。
サルたちは9:00前に公苑にやって来る事がほとんどですが、そういった「サルたちの事情による遅れ」がございます。早い時間にお越しの際はそういった点もお気を付けください。

IMG_20170216_085055[1]





鹿。カモシカはよく目にしますが、鹿はあまり目にしません。


*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

日当たり良好

2月15日(水)晴れ

最低気温-8℃最高気温-2℃
サル来苑時間9:00

快晴。太陽の位置が随分上がったので、苑内でも日の当たるポイントが多くなりました。積もった雪から陽の光の照り返しが強く、まぶしくもあります。晴れる時は、サングラス等あった方が快適に過ごせます。人によっては紫外線対策も必要です。


IMG_9297





拾ったものをいじる。子供は好奇心旺盛なので、何にでも興味を持ちます。ゴミのようなので回収です。子供が拾ったものをおもちゃにして遊びだすと、その最中に回収しようとしても驚いて拾ったものをもったまま逃げてしまいます。人の行けないような所に逃げられてしまうと、その後の処理ができなくなってしまいます。ゴミなどは捨てないのはもちろんですが、うっかり落とさないように気を付けましょう。

IMG_9339





人の混み合いが少なくなり、少し寂しい。人だかりが少ないので撮影をされる方はゆっくりと出来るかもしれませんね。


*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

トックリ92

2月9日(木)晴れ

最低気温-7℃最高気温-1℃
サル来苑時間9:00

団体の数が少なくって来たので、苑内が広く感じます。混雑のシーズンのピークは一段落といった感じです。多くの降雪になる雪が最近少ないので圧雪された氷を少しずつ片付けられるようになってきました。もっとも、まだまだ雪のシーズンなので、できうる限り少しずつ、ですが。

IMG_9244





トックリ92♀とその子供。最長老のメス猿が2頭いましたが、そのうち1頭の姿を見ていません。随分弱っている状態から見ていないので、寒さに耐えきれず死んでしまったのかもしれません。トックリ92は春で25歳最長老のメスが26歳になるので、2番目の長老です。一昨年に体調を崩したことがありますが、今年は今のところ元気そうにもうすぐ1歳になる子供と過ごしています。




*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

珍しい

2月6日(月)雨のち雪

最低気温-4℃最高気温0℃
サル来苑時間9:00

朝降りだした雨は10時頃に雪になりました。雪は強く吹雪く時もありましたが、気温が高めでしたので、すぐ溶けてしまいました。

IMG_9269





珍しい。秋のシーズンから群れにいるオス。大きな体ですが、怯えた性格でメスにも怒られる場面もあります。ぽつんと単体でいることが多い個体ですが、今日は彼の周りがサル団子になって固まって温まっていました。

IMG_9265






壁際でうっとり。地熱が暖かく、壁も暖かい場所で休憩。



*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。

陽を求めて動く

2月4日(土)晴れ

最低気温-7℃最高気温-1℃
サル来苑時間9:00

今週は雪のマークが続いていましたが、実際に雪になった日は少なく、雪もあまりたくさんの量ではなく、とりあえず安心の状態。冬期のシーズンは海外からのお客様をよく見ますが、今日は日本人のお客様もよくいらっしゃっていました。春節に関係したお休みが終わりになって来たのか中国系のお客様のツアーなどが少し減ってきたかな?という印象です。

IMG_9228





陽を求めて。苑内では陽の当たるポイントが限られているので、サルたちは陽を求めて動きます。午前中は日の当たるポイントが斜面の高いになるのでサルたちとの距離が少し遠くなってしまう事もあります。お昼頃には低い位置でも陽が当たるので、子供たちが遊んでいる姿を近くで見ることができます。


*冬期の営業時間は9:00〜16:00となります。遊歩道は灯りがありませんので、日没後は暗く、足元も見えなくなります。夕方に来苑のご予定の際は時間に余裕をお持ちになり予定をご計画ください。またヘッドライトや懐中電灯、ペンライトなどご用意ください。
地獄谷野猿公苑は野生のサルが公苑に訪れ、生活する様子を観察する場所になりますので、施設の特性上へのご理解をよろしくお願い致します。
Profile
Archives
livedoor 天気
ギャラリー
  • 食さない
  • 食さない
  • 食さない
  • 食す
  • 食す
  • 食す
  • 食す
  • 志賀草津ルート開通
  • 志賀草津ルート開通
  • 5と6
地獄谷野猿公苑

Facebookページも宣伝
Twitter プロフィール
地獄谷野猿公苑の公式アカウントです。ここは野生のサルを間近で観察できる施設です。カワイイおサルさんがあなたを待っています!是非お越しください。
  • ライブドアブログ