地獄谷野猿公苑 ふぃーるどのーと

お猿の温泉でお馴染み、長野県は地獄谷野猿公苑のニホンザルの生活や季節の動植物の話題など、毎日を猿と共にする公苑スタッフの日記です。

食さない

4月25日(火)はれ時々くもり

最低気温3℃最高気温13℃
サル来苑時間8:30

時折吹く風は冷たく感じますが、日差しが暑いくらいの気温になってきました。サルたちも、日差しをさけて木陰で涼む姿もあります。

DSC_0226[1]




福寿草。苑外で少し群生している場所があり、鮮やかできれいな花が開いています。

DSC_0220[1]





春を告げる花で、ガンジツソウ(元日草)ツイタチソウ(朔日草)という別名もあります。別名の名の通り、1月1日の誕生花でもあります。

DSC_0218[1]





サルにとって花はもっぱら「食べれるか、食べれないか」。福寿草は毒性があり、ヒトも死に至るケースがあります。それを知ってか、花には目もくれず素通り。食べている姿を見ません。


地獄谷周囲は雪もほとんどが消え、遅い春を迎えます。
サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。
遊歩道の状況は、雪解けの水気がかなり解消されています。所々に水たまりやぬかるむ箇所もございますのでお気を付けください。地獄谷野猿公苑は遊歩道、公苑内と野外での行動が主となります。アウトドアレジャーに適した天候に合わした装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

食す

4月24日(月)はれ

最低気温0℃最高気温14℃
サル来苑時間8:30

前日23日、サルたちが登場するのが少し遅れ、開苑時間は9:00頃となりました。今日は8:30に公苑にやってきましたが、少し遠くのポイントにいました。春先の活発さが増してきています。

IMG_9829





IMG_9830





IMG_9832





苑内にいてもエサ以外のモノをしきりに食します。草、雑草。気のままに動き、なんとなく座り、目の前にあったものを食べる。そんな風に見えますが、サルたちはこういった雑草でも選び、好んで食べているのでしょうか。


IMG_9919





木の皮を食す。お母さんがかじっていた枝を子供が拾い上げ、またかじる。


地獄谷周囲は雪もほとんどが消え、遅い春を迎えます。
サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。
遊歩道の状況は、雪解けの水気がかなり解消されています。所々に水たまりやぬかるむ箇所もございますのでお気を付けください。地獄谷野猿公苑は遊歩道、公苑内と野外での行動が主となります。アウトドアレジャーに適した天候に合わした装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

志賀草津ルート開通

4月21日(金)

最低気温4℃最高気温10℃
サル来苑時間8:30〜

周囲が春めき、サルの食する物が増えてきています。朝の登場は相変わらず順調ですが、日中はそわそわと動く場面や、夕方に早めに山へ帰ってしまったりと、やや不安定な動きをしています。今年は残雪が多く残っていたのと、その雪がなかなか消えなかった影響で、夕方サルたちが山へ帰る方向が限られていました。ほとんどの雪がなくなってきたので、サルたちも色んな場所に出歩くことができるようになってきましたし、雪が消えてさらに食べ物が増えることで、朝の動きも活発になっていきそうな気配です。

地獄谷野猿公苑のサルたちの上位オスをご紹介いたしましたが、今回は番外編

IMG_9774





昨年12月頃から群れにいるオス。体の大きさゆえか、誰が呼んだか「デラックス」という愛称があります。オスの中でも大きな個体。黒っぽい毛。一見すると一位のオス「トグラ95」と見間違う事もあります。しかし、群れの外から入って来ているので、サルたちの基本的な強さ「母親の社会的強さ」が反映されませんので、立場はかなり弱い。体の小さなオスにも気を使っている様子や、時にはメスに怒られて退散しています。

IMG_9776





おでこの辺りの毛が長いのか、少し毛が目におおいかぶさっているのが、特徴。


本日4月21日より、国道292号線「志賀草津高原ルート」が開通いたします。草津からも志賀高原を通して来苑できるようになります。
昨日20日夕方に志賀高原で雪が降ったようで、しばらくはルートをご利用になるには冬用タイヤ・チェーンが必要な場合もあります。
詳しくは下記のWebサイトをご覧ください。

http://www.shigakogen.gr.jp/


地獄谷周囲は雪もほとんどが消え、遅い春を迎えます。
サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。
遊歩道の状況は、雪解けの水気がかなり解消されています。所々に水たまりやぬかるむ箇所もございますのでお気を付けください。地獄谷野猿公苑は遊歩道、公苑内と野外での行動が主となります。アウトドアレジャーに適した天候に合わした装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。

5と6

4月19日(水)くもり時々はれ

最低気温2℃最高気温12℃
サル来苑時間8:30

山ノ内町も桜が満開です。雪の残りもほんのわずかになり、ようやく春らしい雰囲気になってきました。ここ数日強い風が吹くことがあり、その影響で志賀側の雪解けが進んだようで、苑内を流れる横湯川がかなり増水し、濁っています。特段、営業に問題はありません。

さて、今回も上位陣のオスのご紹介を…

IMG_9819





5♂トアミ96‐07。体もまださほど大きくなく、毛の色は茶褐色で他のサルとの区別は少し難しいかもしれません。ツリ目の目つき。やや腫れぼったい顔が印象的。覚えるとしたら顔の特徴をしっかり認識できないと、判別の難しい個体。この辺りの順位から、少し上下の関係が曖昧になってきます。

IMG_9767





6♂トワノ99‐07。サルの判別も難易度もかなり上がります。この6は、以前ご紹介した4と非常ににた特徴を持っています。黒っぽい毛並み、面長の平たい顔。強面。我々スタッフでも、一見しただけでは即座に判断するのも難しい個体です。一番分かりやすい見分け方は

BlogPaint





鼻の筋に、一筋の傷跡のような線があるところです。苑内で観察している中では確認の難しいポイントですが。



4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。

3と4

4月15日(土)はれ時々くもり

最低気温‐1℃最高気温9℃
サル来苑時間8:30

サルたちのフンが水っぽくなってきました。木々の新芽、若葉、若草など春の旬をよく食べている結果と思われます。新しい芽吹きは水気を含んでいるので。
残雪が日に日に少なくなるのと相まって辺りを飛ぶ花粉が多くなっているようです。花粉症の症状の敏感な人には、鬱陶しいシーズン。ましてや、地獄谷周辺は杉林。遠くから見ると黄色い煙が立つこともあります。

先日、上位のオス、1位と2位をご紹介しました。もう少し、上位陣の紹介です。

IMG_9780






3♂トアミ00。2000年生まれの17歳。今までの上位オスが1992年〜1996年生まれと、90年代生まれのオスが多かったので、少し若い世代となります。顔の特徴は、おでこの出っ張り。

BlogPaint





このラインです。お分かりになるでしょうか(笑)体はオスとしては、1位2位たちと比べると、やや小ぶり。メスの大きな個体と同じくらいに見えるので、印象はやや薄いかもしれません。若く、勢いがありますので、2位♂トマム96は苦手そう。今後の動向が気になります。

IMG_9816





4♂トケイ95-05。2005年生まれ、11歳。こちらもやや小ぶりの体。やや黒い毛が特徴。顔は面長、凹凸の少ない平たい顔をしています。ちょっとこわもてな顔つきが特徴です。こちらも若くて元気ですが、3ほどの勢いはなく、2トマム96は、「こっちならなんとかなりそう」という気配が伺えます。


4月1日より、渋温泉からの地獄谷有料駐車場が冬季閉鎖が開場されご利用いただけるようになりました。比較的近場まで自家用車で来ていただく事が可能ですが、歩いていただく事は変わりありません。

お問い合わせ 地獄谷駐車場
0269-33-5733

4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。

順位

4月13日(木)はれ時々くもり

最低気温‐1℃最高気温5℃
サル来苑時間8:30

所用にて、少々不在にしておりました。久しぶりにサルの姿を見ると、やはり妙にテンションが上がってしまいます。
メノマエニ、サルガイル。
普段、そんな事を当たり前のように生活していますが、そういう物から遮断された世界から帰ってくると、なんと奇妙な事か。
そんな感じで、今日は新鮮な気持ちでサルたちを観察していました。

さて、この冬の2月。2オスであったトラヤ92の行方が不明となりました。しばらく不在という事で様子をみていましたが、さすがに戻ってこないと判断しました。改めて上位のオスたちのご紹介をします。

IMG_9785





1♂「トグラ95」。このブログにも何度か登場しているサル。周囲のサルよりも大きく、地獄谷は褐色や灰色の毛のサルが多い中で黒い毛をしていて目立つので初めて見たお客さんも印象の残りやすいサルです。顔立ちも端正で、体つきも筋肉質。カッコいいサルとしてリピーターの方にもファンが多いサル。2011年5月から一位の順位となっており、じきに6年目。最近では、少し老け込んだ様子も見えますが、些細な事で怒り散らす姿をみていると、元気だなと感じています。愛称は「クロちゃん」

DSC_0129[1]






2♂「トマム96」。トラヤ92がいなくなった事により順位が上がったサル。群れの中心より離れた場所にいることが多いので、苑内で発見することは少ないかもしれません。今日も直接会う事が出来なかったので以前の画像を使用しました。1同様周囲のサルよりも大きい体。顔には向かって左側の口に傷がある「スカーフェイス」が特徴。あと…ぼーっとしてけだるそうな目ですかね(笑)1より1歳若いですが、こちらは体力の衰えをふつふつと感じるようで、「無理なことはしない」という様子が見受けられます。前々2であったトライチの系統がトマムを頼りにしているようで、そのメスたちを引き連れている姿が多いです。なぜが発情期には多くのメスにもてる傾向。

今日のところは、変動のなかった1、変動した2をご紹介しました。これから数日、上位のオスたちをこちらのブログにて、ご紹介いたします。



4月1日より、渋温泉からの地獄谷有料駐車場が冬季閉鎖が開場されご利用いただけるようになりました。比較的近場まで自家用車で来ていただく事が可能ですが、歩いていただく事は変わりありません。

お問い合わせ 地獄谷駐車場
0269-33-5733

4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。

雪解け

4月7日(土)はれ後くもり

最低気温 最高気温
サル来苑時間8:30

例年、4月の上旬と言えば残雪はわずかに残る程度…だったと思う。今年は、日陰の残雪は多く残る個所もあり、改めて雪の多い年だったのだと感じる。
とはいえ、ここ最近は暖かい陽気が続き、日に日に雪解けが進んでいます。気温も高くなり、ジャケットを脱ぐ場面も多くなってきました。
谷間を流れる横湯川は雪解けの水でやや増水。いつもより水かさが増し、川の音がにぎやかになってきました。

DSC_0122[1]






朝。いつもより少し水の量は多いが、水も澄んでて音は穏やか。

DSC_0124[1]





昼。水がやや濁っています。

DSC_0126[1]





夕方。濁りは増し、茶色。「ごうごう」という音が周囲に響き、会話をしているとうまく聞き取れない時もある。
遊歩道でも雪解け水でぬかるむ箇所の他、水が流れている箇所があり、防水素材の履物でないと湿ってしまいます。日陰の残雪の多さから、しばらくは足元の悪い状況は続きます。

IMG_9700 (2)





穏やかな日々。冬を乗り切ったトックリ92♀。体は痩せ、おぼつかない足取りをしていますが、暖かくなり調子が回復している様子。ここ何年かの春先は、目の具合が悪くなるのか目ヤニだらけになったりもしますが、それも治ったようです。



4月1日より、渋温泉からの地獄谷有料駐車場が冬季閉鎖が開場されご利用いただけるようになりました。比較的近場まで自家用車で来ていただく事が可能ですが、歩いていただく事は変わりありません。

お問い合わせ 地獄谷駐車場
0269-33-5733

4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。

めいっぱい遊ぶ

4月6日(木)はれ後くもり

最低気温0℃最高気温5℃
サル来苑時間8:30

陽気が良くなり、子供たちが元気いっぱいに遊んでいます。苑内様々な場所でレスリングごっこで取っ組み合いをしたり、追いかけっこをしている。温泉は、子供たちの格好の遊び場にしています。

IMG_9685





IMG_9686





IMG_9687





飛び込みをして遊ぶ。泳いで遊ぶ。もぐって遊ぶ。

IMG_9704





お母さんが毛づくろいをしてくれている時も、気になるモノをさわる、くわえてみる。寒さから解放された子供たちは、めいっぱい遊んでいます。


本日4月1日より、渋温泉からの地獄谷有料駐車場が冬季閉鎖が開場されご利用いただけるようになりました。比較的近場まで自家用車で来ていただく事が可能ですが、歩いていただく事は変わりありません。

お問い合わせ 地獄谷駐車場
0269-33-5733

4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。

山の天気

4月4日(火)くもり後はれ

最低気温‐3℃最高気温5℃
サル来苑時間8:30

昨日不在だったので、聞く限りの情報ですが、雪だったようです。麓は雨でした。朝は少し冷え込みましたが、晴れるとジャケットを着ているのが暑いくらい。しかし、午前中は天候がコロコロと豹変します。

DSC_0097[1]




晴れて暑くなったからジャケットを脱ぐと…
DSC_0096[1]





一気に霧が立ち込め、急に冷えてきます。こういった天候の急変化が短時間でコロコロと変わりました。ジャケットを脱いだり着たり慌ただしい。
「山の天候は変わりやすい」の言葉通り。
遊歩道、苑内と野外での行動がほとんど。特に季節の変わり目は天候の変化がすぐ気温に影響します。
風を通さないジャケット等はまだ必要です。



本日4月1日より、渋温泉からの地獄谷有料駐車場が冬季閉鎖が開場されご利用いただけるようになりました。比較的近場まで自家用車で来ていただく事が可能ですが、歩いていただく事は変わりありません。

お問い合わせ 地獄谷駐車場
0269-33-5733

4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。

旬を追い

4月2日(日)晴れ

最低気温‐6℃最高気温2℃
サル来苑時間8:30

DSC_0091[1]




先日見かけたフキノトウは、翌日にはサルに食べられてしまっていました。芽が小さい頃合いに食べてしまってます。ヒトが食す好みは、もう少し芽が大きくなってからですが。こういった春の食に誘われているのか、日中に山へ動いてしまう事があります。なんとなく、食べ物のありそうな方へ少しずつ移動するうちに、公苑から離れそうになる。そういう気配です。ただし、サルたちの動きもさほど活発的ではないので、不意に山へ帰ってしまうという事は、今のところありません。

IMG_9674





サルを怒らせてしまい、その様子を楽しんでいるのを時折見かけます。
面白かったからもう一度怒らせてみよう。そういう場面もあります。もちろん、最初は故意で怒らせるわけではないのですが。
ハプニングとして面白い、そういう気分は分かります。ですが、「怒る」というのはうれしいから「怒る」訳ではありません。
少なくとも、サルに対し「嫌な気分」にさせてしまった事は理解し、それを察して静かに離れてあげましょう。



本日4月1日より、渋温泉からの地獄谷有料駐車場が冬季閉鎖が開場されご利用いただけるようになりました。比較的近場まで自家用車で来ていただく事が可能ですが、歩いていただく事は変わりありません。

お問い合わせ
地獄谷駐車場
0269-33-5733



4月より、営業時間が8:30〜17:00となります。ですが、サルたちがそれを理解することはありません。ここ最近の傾向では朝は順調に動いてくれますが、夕方に関しては徐々に慣らしてコントロールしていくようになります。夕方の来苑をご計画の方はしばらくは16:00頃を目安に、早めの来苑をご計画ください。
公苑周辺は雪も残り、冬の季節から抜けていません。暖かい格好が好ましいです。遊歩道は雪の残る個所は凍結し滑りやすく、雪の溶けている箇所はぬかるんでいます。
スニーカー・革靴、ましてやサンダルは適していません。野外での自然観察に適した服装・装備をご準備ください。
Profile
Archives
livedoor 天気
ギャラリー
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 梅雨明け
  • 夏の思い出
  • 水面
  • 水面
  • 林間学校シーズン
  • 真夏日
  • 不調和
地獄谷野猿公苑

Facebookページも宣伝
Twitter プロフィール
地獄谷野猿公苑の公式アカウントです。ここは野生のサルを間近で観察できる施設です。カワイイおサルさんがあなたを待っています!是非お越しください。
  • ライブドアブログ