晴れ、最低気温4℃、最高気温11℃。

10月31日の森朝、公苑で辺りの様子を伺うと微かにサルたちの声が聞こえた。近くに居るようだが念の為サルたちの声のする方向に登ってみる。直ぐにサルたちの姿が目に入った。サルたちは公苑に向かって森を下っている。
今朝は幾分冷え込んだ、もう少し冷えれば霜が下りていただろう。サルたちが夜を過ごした辺りは霜が下りていたかもしれない。サルたちは夜が明けると朝日の当たる南向きの斜面に出て時を過ごす。森の中は落ち葉が積もっていて、サルたちが居た辺りは落ち葉を掻き分けてドングリを探した跡が残っている。

10月末日、気が付けば谷底の公苑の大部分には日中でも日差しが入らなくなっている。秋の虫たちの声も聞こえない。はて、いつから虫の声がしなくなっただろう。