曇りのち晴れ、最低気温16℃、最高気温23℃。

谷渡り一晩中ひどい雨降りだった。公苑に着く頃やっと雨が止んだ。
またサルたちが来ない。見当を付けた方向に向かい、耳を澄ますと遠く微かにサルの声が聞こえる。しばらく待ってみたが一向に近付いてくる様子がない。仕方なく声のする方向へ向う。急斜面を下り、沢を渡り、急斜面を這い上がる。やっとの事でサルたちに合流。サルたちは森に散らばって木の実やキノコを食べている。「キョッ、キョッ」と警戒音が聞こえる。近くにクマでもいるのだろうか。それはさておき、サルたちを公苑に誘導しなければ。やっとの事で這い上がってきた急斜面を下り、また沢を渡り、再び急斜面を登る。いざ動き出すとサルたちの足は速い。苦労して急斜面を登っている私を尻目にどんどん先へ行ってしまった。後は斜面の上で待っている職員に任せてゆっくり帰る。サルたちから30分遅れて公苑にたどり着いた。