3月30日(土)

くもり
0℃〜-2℃

さて、今回のおサル紹介は…

DSCF7885






「ケロキュウ96♀」

ケロキュウとは、ちょっと間の抜けたような名前ですが、これも暗号ですね。
「ケロキュウ=ケロの89年の子」「96=ケロキュウの96年産まれ」です。
白い毛。左鼻が切れて少し欠けています(写真向きでは右鼻)。目の輪郭がはっきりとしたぱっちりとした目が特徴的です。
これまでとはやや違い、かなり弱い家系のサルです。


DSCF7889







周りのサル達を気にしてきょろきょろしながら…

DSCF7890






静かにエサを食べます。

他のサルとの無用な争いを避けるように、気配を隠しながら動いています。
サル達は危険から身を守る為に、敏感です。彼女のような弱い家系のサルは特に敏感です。背後に気配を感じると、すぐにビクっと反応します。
たとえ、背後からケロキュウ96に近付く理由が毛づくろいの為だったりする場合でもビクっと反応して、その意図を理解し、そうっと身をゆだねる…その姿を見ていると微笑ましくなってきます(彼女からすると笑いごとではないのかもしれませんが)
サルのメス達は群れを成す事で身を守ります。強い家系のサル、弱い家系のサル…と、群れの中にはありますが、危険が訪れた時には協力し合う関係にあります。
彼女が弱い家系の立場であろうと、仲間の手を借り、時にはその手を貸すことに変わりありません。
よく、「弱い立場のサルはかわいそうだ」と言われますが、そう思ってしまうのは人間の尺度ではないでしょうか。

左鼻の欠けたサルが、周りを気にしながら動いてるけど、あれって「ケロキュウ96?」
答え合わせはお近くの公苑スタッフまで。