晴れ、最低気温ー6℃、最高気温ー1℃。

未だにニホンザル=ボスザルと言う図式が通説として浸透しているようだが、そうでない事は昨今の著書や動物園などの解説でも触れられている。このブログでも何度か触れているが野猿公苑を訪れる多くの人が先ず口にするのは未だにボスザルは?だ。
私が野猿公苑に勤めるようになってから20数年、ナンダ、トム、トリカブト、トラシチ、トラヨ、そして今回のトケイ89と第1位のオスの交代を見てきた。そのほとんどがある日突然、第1位のオスが群れからいなくなる。そして群れに残っているオスたちの順位が一つ繰り上がると言うだけの事だ。未だに神話の様に語られる壮絶なボス争いなどと言うものは無い。若い勢力が台頭し、争いに敗れたボスが惨めに群れを追い出されるなどと言う事は実際には無いのだ。壮絶なボス争い、群れを追い出される、そんな事を書いている本を私は読んだ事もないしTVでも見たことが無い。にもかかわらず未だにまことしやかに語られているのはなぜでしょう。多くに人はサルに関する専門書も目にする事は無いだろうし、TVでサルが登場してもその一部分しか記憶に留めてはいないのでしょう。以前TVで見たような気がする、誰かから聞いた、と言った不確かな情報に人間社会をすり合わせた伝説に近いものなのでしょう。

何か物事を見るとき、先入観や不確かな知識は忘れた方が良いでしょう。自分自身の目で見たものが事実です。

それにしても今回の順位の変動はレアなケースです。その辺りは又後日‥