1月11日(金)

雪→晴れ
−8℃

ここ最近は、冬のシーズンも沢山のお客さまに来苑いただきとてもありがたく思っています。
しかし、人が多い分『公苑内でのルール・マナーを守らない』という人が出てきます。
触らない、なるべく離れて観察する、目をじっと見つめない、エサを絶対にあげない。これらを守ってもらえないと、サルたちが人間に危害を加えてきます。
マナーを守らなかった方自身はもちろん、マナーを守っている他のお客さんにまで迷惑をおかけする事になります。
特にエサをくれるという行為は、サルが『モノをとるサル』になるので絶対に絶対におやめ下さい。
これは野猿公苑にいるサルだけではなく、野生動物すべてにお願いします。
『エサをあげる』=『動物が喜ぶ』=『動物は幸せ』
というのは安易な考え。その先には『人との共存ができない』があり、『駆除』という結果に至った野生動物も少なくないはずです。

こういった事を理解してくださるお客さんが多く、苑内のルールを守ってマナー良くしてくださる方がほとんどなんですが。
CIMG0235