6月10日(土)くもり後あめ

最低気温7℃最高気温20℃
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
9日(金)8:30

一位オストグラ95がいなくなって3日経ちました。サルたちの動きに多少の変化は見られますが、群れとしての動きは安定しており、昨日今日とサルたちの登場は順調。

IMG_5049





梅雨入り。湿っぽい今日この頃、そろそろ梅雨入りかな〜?と思っていましたが、すでに6月7日に甲信越地域の梅雨入りが発表されたそうです。天気が崩れやすい季節。特に山の天気は変わりやすいのでお出かけ前には予報等のチェックを。

IMG_0798





納得できない…という顔。「双子もどき」の状態になっているトックリ00は、2頭の子供を完全に我が子と認識し、育てています。片方の子供の母親トグラ93‐98‐07はトックリ00の周囲でチラチラと子供を見ています。トグラ93‐98‐07の赤ちゃんは、自覚意識がないためかトックリ00のお腹の中でお乳をしきりに飲んでいるだけ。トックリ00の本来の赤ちゃんは少し早めに生まれているので、早く成長しているので母親から離れて遊んだりしています。トックリ00の赤ちゃんが無邪気にトグラ93‐98‐07のお腹に近づくと、トグラ93‐98‐07はそっと体を開きお腹の中に迎え入れるしぐさをしますが、トックリ00の赤ちゃんはすでにある程度の自覚意識があるので自分の母親と違う事に気づき鳴き声を上げてしまいます。
事情を知って、はたから見ているとじれったい気持ちにもなります。
トグラ93‐98‐07はかわいそうですが、いずれ赤ちゃんの事は忘れてしまうでしょう。それを人の物差しで測ると「薄情」と映るかもしれませんが、厳しい野生の世界で新たな命を残していく事が重要な彼らにとって、取り返しのつかない事にいつまでも執着するという事は、「意味のない事」であり時には己の命取りになる可能性すらあります。
何かのきっかけでトグラ93‐98‐07の元に赤ちゃんが帰ってくることが一番ですが、それが望めないのなら忘れて次の命をつなぐ事も大事な事ではないでしょうか。




初夏となりました。涼しい日、暑い日と天候によって気温がかなり変化します。
天候の悪い日は、長袖に薄手のジャケットがあると便利です。
暑い日は日差しが強くなってきました。苑内は日差しを避ける物も少なく、日差しを浴びやすい環境です。水分の携行、帽子・日傘等の日差し対策等ご自身で行い、熱中症にお気を付けください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑は適しておりません。おやめください。


サルたちは春先、食べ物となる草木や新芽を食しに動きがやや活発になる傾向にあります。現状、朝の動きは安定していますが、夕方の動きがやや不安定となっています。夕方遅くに来苑されるご予定の場合は早めに来苑できるようご準備ください。