9月5日(火)くもり

最低気温 最高気温
サル来苑時間8:30

最近のサル来苑状況
3日(日)11:30
4日(月)8:30

3日日曜日はかなり遠いポイントまで足を運んでいたサルたちですが、昨日と今日は順調。様子見が終わったのかな?たまたまかもしれませんが。依然お腹を空かしている様子なので、山の食べ物はあまり食べていないようです。

IMG_1424





カモシカ。ここ最近姿を現しています。カモシカは子供の内は黒く、長じるにしたがい白っぽいような灰色がかった毛になります。子供のカモシカと山で出くわすと、黒い毛ゆえに一瞬クマと見間違えヒヤリとすることがあります。サルだけでなく、他の生き物にとっても秋は大切なシーズン。最近クマと出くわすことも痕跡も見なくなりましたが、山の中を巡っているのでしょう。

IMG_0962IMG_1494





春先から見ると、随分成長した赤ちゃん。これからもう少し成長すると1歳や2歳の子ザルたちと見分けがつかないほどになります。目に見えて「生まれて間もない子供」と分かるのはあと少しだけ。



秋が始まり、空気感が変わってきました。風がやや冷たく感じ、朝の通勤時は薄手のジャケットが必要になってきました。残暑も厳しい日もありますが、日中もジャケットがないとじっとしていられない時があります。
日没も早まり、6時30分くらいには真っ暗になります。

秋は山の食べ物が多くなることや、サルたちの発情期となる事で、サルたちの動きが活発化するシーズンとなります。山の実り方や発情状況によってその年の動き方にバラつきがありますが、例年このシーズンはサルたちが公苑にやってくる時間や山へ帰る時間が不安定となります。ブログやFacebook等参考の上、来苑予定をご計画ください。
地獄谷野猿公苑のサルたちは野生の動物であり、サルにはサルの山で生きていく上での都合があります。絶対的なコントロールの出来ない生き物であることを前提に、だからこそ何物にも縛られない自由な生き生きとした姿を観察できるという事への楽しみをお持ちただけるよう、施設の特性へのご理解ご協力をお願いいたします。



地獄谷野猿公苑には給水器はございますが、販売機等ございません。ジュース、お茶などの飲み物はご持参ください。苑内での食べ歩きは禁止させていただいておりますが、ペットボトルや水筒を飲んで水分補給していただく事は問題ありません。こまめに水分をとって熱中症対策を心がけてください。その際にペットボトル等を置いて離れてしまうと子ザルの遊び道具にされてしまいますので、手元から離さないで持ち歩きましょう。

遊歩道〜公苑内は野外での行動が主です。急な雨を避けるような建物は少ないので、天気予報をチェックし雨具等必要な場合は準備ください。
アウトドアレジャーに適した天候に合った装備が必要です。雪のないシーズンでもサンダル・スリッパでの来苑
は適しておりません。おやめください。